東京・練馬区・大泉学園の整体院/肩こり腰痛はおまかせ下さい。
バレエやダンスの故障はダンスを知っている整体師のいる整体院で。
 
  てあて整体院

                  
  電話 03‐3922‐7230
  整体院TOP  ■どんな整体院?  ■てあて整体の方法  ■ダンスの故障  ■メニュー・料金  ■内装  ■地図 ■皆様の声

 ■整体院TOP

 ■どんな整体院?
 ■てあて整体の方法
 ■ダンスの故障
 ■メニュー・料金
 ■内装はこんなです。
 ■地図
 ■皆様からの声
 ■舞台でケガを
   しないためのケア

 ■プロフィール

 ■名古屋分院

 ■からだからだ
  ・ダンス Q&A
  ・ストレッチのすすめ  
  ・トレーニングのすすめ
  ・歩行のすすめ
  ・セルフケアのすすめ
  ・O脚を美脚に
  ・マスコミ掲載
  ・コア・ストレッチ教室
  ・ダンサーズセラピストネット

 ■てあて整体スクール

 ■大泉学園生活情報


 
  院長 あら木です!
 よろしく!


 がんばれ整体Top



 てあて整体院

 営業 12:00〜21:00

 休日 不定休

 住所 練馬区東大泉
     5-27-18

 予約 03-3922-7230
     teate@nifty.com


■ダンスの故障。


てあて整体院には本当に様々な症状をお持ちの方がいらっしゃいます。
中でもダンス(特にバレエ)をしている方の来院が多く、40%くらいの方がバレエかダンスをされています。

ダンスやバレエには独特の体の使い方があり、当然、独特の故障もあります。
これまで診てきた患者さんを分類してみると、いくつかに分けることが出来ます。



□疲れが溜まって・・・

今まで診て来て、故障の原因で一番多いのは『
疲れ 』だと思います。
大人からバレエ・ダンスを始めると、どうしても仕事との両立・家庭との両立の問題があります。

ストレス解消のために始めたダンスも、週に1〜2回では疲れが溜まる一方です。
バレエやダンスを始めてみると、普通の人よりは運動をしているという感覚になります。
だから、これ以上は運動をする必要はない…、もう体を動かすことは足りている、そんな風に思います。
でも、ココに落とし穴があります。
筋肉中の疲労物質は、筋肉を少しずつ動かすことで血液中に流れ出て行きます。
ところが、週1〜2回ダンサーさんは、レッスンが終わるとストレッチする間もなく、すぐに着替えて帰らなければいけません。
レッスン後も出続けている疲労物質は、次のレッスンまでどんどん溜まり続けます。
結果として、筋肉の動きが鈍い部分が出て来てしまい、故障に繋がっていくということになります。

これとは別に、ダンスにハマってしまう場合もあります。
週に5〜7回は当たり前、スタジオもあっちこっちにあるために移動時間もかなり取られる。
これでは疲れは溜まる一方です。
それでも、やらずにはいられない。
それも分かりますが、たまには自分の体のケアをする必要もあります。

身体に良く聞いてみて下さい。
そろそろ助けて〜なんて聞こえてきませんか。



□テクニックの問題で…

テクニックの問題と言っても、ピルエットやピケ、グランジュテやフェッテなど、大きな華やかな動きの問題と言う訳ではありません。

それよりもターンアウトやプリエやロンデジャンプなど、バーで行っている『
基本的な動き 』に問題があることが多いんです。
大人からバレエを始めると、先生の言っていることが理解不能になることがあります。
「ターンアウトはお尻は締めずに一つにして。」「脚はももの後ろから動かす。」「プリエは下がらずに、脚の付け根を引き上げながら。」など、なんとなく雰囲気は分かっても実際にどこをどう動かしてい良いのか分からないことが多いですね。

例えばここに2枚のイラストがあります。
この一番の違いは分かりますか?
 
  

脚が上がっている・・・
そうです、実際に脚が上がっていますが、一番のポイントは右の股関節がターンアウト(外旋)していると言うことなんですね。
横に上げた脚の踵が見えていることからも分かります。

また、プリエでは重心が拇指だけに乗っていないか、小指にも踵にも均等に乗っているか、そんなことに気付きそれを目で見て分かる必要があります。



□バレエ・ダンス独特の故障

バレエやダンスは独特の動きをします。
それは単に踊るということが日常的ではないと言う意味ではありません。
プリエは腰を下ろすと言う運動ではないし、脚を上げるのは前モモではありません。
日常的に使っている筋肉を使わないで踊るということが前提となっています。
ようするに『
いつもとは違う筋肉を使っている。 』ということです。

だから、バレエやダンスには独特の故障があります。
思いもよらないところに原因があったりします。


・首の故障

 
 
 このイラストを見て下さい。
 首(頸椎)の位置は頭のほぼ中央・真ん中です。
 でも、意識としてはもっと後ろの方にあって、顎の下から肩くらいまでを首だと思いがちです。
 実際の場所とイメージが違うと、筋肉を実際とは違ったように使いがちです。
 先ずは首(頸椎)と頭(頭蓋骨)の出会う場所を正確に知ることから始める必要があります。

・腰の故障

 一般的にダンスは人に見せるものです。
 舞台上では客席から見て表現が見えることが要求されます。
 特にジャズダンスなどでは、上半身と下半身を逆方向に捻る動きを多用します。
 腰の骨(腰椎)は前後に倒したり起こしたりするには向いた形をしていますが、捻りには不向きな形です。
 ではどこで捻りの運動を作るか。
 骨盤と胸の骨(胸椎)が大きな役割をしています。

 バレエではカンブレなどで上半身を前屈させたりします。
 体幹を前屈させる時に、一番大きく動き関節はどこかご存じですか?
 答えは股関節。
 でも、実際に体を前に倒す時、股関節を大きく使って前に倒れている人は割合に少ない。
 つい、腰の骨を前に倒してしまいます。
 ここに腰痛の大きな原因の一つがあります。

・膝の故障

 膝が曲がっている時、膝から下は捻ることが出来るように出来ています。
 でも、膝が伸びた時、膝の関節は捻りが出来ないようになっています。
 これは関節の構造上の問題で、訓練しても捻ることが出来るようにはなりません。
 ところが、ターンアウトをする時に、つい先に爪先の形を作って(足裏の位置を決めて)いませんか。
 これでは、膝から下は外を向いているのに、股関節は広がっていないということになります。
 プリエから上がって来る時、膝には捻りの力が加わってしまいます。

・足首の故障

 アキレス腱の周囲が痛くなった時、どこに疑いを持つか。
 バレエをやっている人の場合は、ルルベが原因になっていることが多いようです。
 バレエで爪先と足首を伸ばす時、ふくらはぎの筋肉も使いますが、それより指を掴む筋肉を使います。
 足指を掴む筋肉は、ふくらはぎとすね骨の間にあるため、外側の筋肉を触るだけでは分かりません。
 これらの筋肉の腱が炎症を起こす時、アキレス腱周囲の痛みや炎症となって現れることがあります。



この他にも沢山の、バレエやダンス独特の痛みがあります。
どんなことでも聞いてみて下さい。







 整体院TOP | どんな整体院?   てあて整体の方法   ダンスの故障   メニュー・料金
 内装   地図   プロフィール 
 ダンス Q&A  ストレッチのすすめ  トレーニングのすすめ  歩行のすすめ
 セルフケアのすすめ  O脚を美脚に   マスコミ掲載  コア・ストレッチ教室 
 ダンサーズセラピストネット 大泉学園生活情報



 ご予約は03−3922−7230まで。
 てあて整体院は予約制の整体院です。
 営業時間 12:00〜21:00 定休日は特に決めていません。

 ※全ての文章は2009年に、恭クティブケアコンサルティングにて作成されました。
  てあて整体院のサイト内に掲載された内容について、転載、複製、複写、使用は構いません。
  ただし、事前にご連絡をお願いします。