患者さんからの質問

整体院をやっていると患者さんから色々なことを聞かれます。
突然聞かれてあわてないように、これまで僕が聞かれたこととその答えについて書いてみたいと思います。
ただし、この考え方は僕が今まで学んできたことと、質問をしたその患者さんを想定していますので、そのまま皆さんの患者さんにあてはまるかどうかは分かりません。
質問・答えをよく理解したうえで、自分なりにアレンジして頂ければと思います。
また、この答えに対する質問がある場合は、自分なりの考えをまとめてから僕に質問してください。



 1.私の体曲がってますか?   2.どうやって鍛えれば痛みが取れますか?   3.腰を冷やしていいんですか?
 4.揉み返しって何ですか?   5.骨がポキポキ鳴るのは何故ですか?     6.経穴(ツボ)って何ですか?



 1.私の体曲がってますか?

  この質問に対しては様々な答え方がありますが、「痛み・故障は上下左右のアンバランスではなく、バランスの
  崩れが原因」と、「少々の骨格のズレは誰にでもある」という基本の考え方を元に答えるようにしています。
  したがって、少々骨格のサブラセーションがあったとしても、筋肉のバランス取り(METなど)を行えば、症状が
  抜けていくという場合は、
  「少しはズレていますけど、普通、皆さんこれくらいのズレはありますからね。ズレてること自体に心配はいりま
  せんよ。」というような答えになります。
  また、明らかに脊柱に側湾がある場合は、
  「少し側湾気味ですね。でも、思春期の突発性側湾症の時期を過ぎれば、進行する心配はほとんどありません
  から、心配することはないと思いますよ。疲れが出て側湾がひどくなっている可能性もありますね。」というような
  答えをします。
  
  他のカイロプラクティックや整体院では、骨格のサブラクセーションをことさら強調して不安をあおり、患者さんの
  リピート率を上げようとするところもあるので、そういった心配は取り除いてあげる必要があると思います。


 2.どうやって鍛えれば痛みが取れますか?

  腰痛や肩凝りなどで、筋肉が弱くなって痛みが出ていると思い込んでいる人に多い質問です。
  腰痛の場合、ほとんどは筋肉の硬さが原因のことが多く、トレーニングよりもストレッチのほうが有効なことが多い
  ようです。 そんな場合は、
  「あなたの腰は○○(前傾・後傾)の状態になっているので、△△・□□(ハム・臀部・腸腰筋・クワド等)等の筋肉を
  ストレッチすることで、正しい姿勢になりやすくなります。 だからトレーニングではなくストレッチをやりましょう。」
  また、若年層などにまれに筋肉が弱いために痛みが出ている場合は、
  「筋肉が弱くて腰や頭を支えられないようなので、トレーニングが必要ですが、そんなにきついものが必要という
   わけではないので、ウォーキングなどをやって下さい。」
   などの答えをします。

 3.腰を冷やしていいんですか?

  ぎっくり腰や腰痛で来院された方にアイシングを指示したときに聞かれることがあります。
  これに対しては、
  「アイシングにはいくつかの効果があります。炎症を抑える効果、痛みを感じにくくする効果、疲労物質の発生を
  抑える効果、血行を良くする効果などです。 炎症は組織細胞が壊れていく過程ですが、アイシングで組織の
  温度を0度にすると、生命活動がいったん止まったような状態になり細胞が壊れていくのがとまることになります。
  また、氷の冷たさは痛みよりも先に神経に伝達されるため、痛みを一時的に感じにくくなります。 筋肉を動かす
  エネルギーの80%くらいは熱に変換されると言われていますので、熱があるうちは疲労物質が発生している
  ということになります。そこで熱の発生を止めることで疲労物質の発生も止めてしまうということを行います。 
  アイシングで冷やされた部分の血管は収縮し一時的に血行が悪くなりますが、生体反応として血液が幹部に
  集まるようになり結果として血行が促されます。また、血行が促されることで組織を再生するための栄養分が
  補給されることになります。」という答えです。


 4.揉み返しって何ですか?

  揉み返しは、筋肉を揉むことによって毛細血管や筋繊維が傷つくことによる筋肉痛というのが一般的な考え方です。
  したがって、筋肉を揉まない指鍼では、ほとんど揉み返しがありません。
  指鍼で揉み返しがある場合は、その方の筋疲労が激しい場合で、2回目以降はほとんどなくなるはずです。


 5.骨がポキポキ鳴るのは何故ですか?

  あれは骨が鳴っているのではありません。
  関節の中(関節包の中)は滑液で満たされています。この滑液は関節の滑りをよくするために関節包から分泌
  されるものですが、骨の動きにともなって関節包の中で位置を移動します。
  例えば膝を伸ばしている状態から曲げていくと、骨と骨の間(関節包の中)の空間の形が変わります。
  その空間に満たされているのが滑液ですから、滑液は場所を移動していきます。
  その時に、滑液の中にあるキャビテーションと呼ばれる気泡がはじける時の音が、あのボキボキという音だと
  言われています。
  したがって、指を鳴らす音も、首を鳴らす音も、腰を鳴らす音も、音の高低はありますが同じ種類の音だと言わ
  れています。
  では、音が鳴る時と鳴らない時はどう違うのかというと、関節の位置が通常よりも大きく動いた時に、滑液の移動
  も大きく、音が出やすいようです。
  音が出た後、ボキボキと鳴った後は、関節の動く範囲が一時的に大きくなっています。

  → 指を鳴らしてみると、鳴らす前と後で関節の位置が違うのが分かります。

  ボキボキという音は気泡が弾ける音ですので、関節面に物理的な刺激を与えます。
  そうすると、ごくごく微量ですが骨がけずられるようになり、粉となった骨が骨端の周りについてしまいます。
  よく指を鳴らすと節くれだってくるのはこのためです。
  首でも腰でも同じことが起こっているので、気持ちが良いからと言ってあまり音は鳴らさない方がよいようです。


 6.経穴(ツボ)って何ですか?

 東洋医学では「ツボは診断点で治療点」などと言われます。
 西洋医学で確認されている、血管や神経と関係があるのではないかと思われ勝ちですがそうではありません。

 東洋医学には経穴(つぼ)や経絡について様々な考え方(流派)がありますが、一般的には六臓六腑をまとうと
 言われている12の正経(せいけい)と、身体の前側の中心を通っている任脈と後ろ側の中心を通っている督脈
 の14本の経絡があるといわれています。
 そして、その経絡上に経穴があると考えられています。
 経絡は身体を流れる「気・血・水(き・けつ・すい)」の通り道と考えられていて、この流れが悪くなると身体の調子
 が悪くなるなどと考えられています。

 経穴(つぼ)はおおよそ360くらいあると言われていて、10円玉くらいの範囲をさすとも言われています。
 (ツボの数には諸説あって2000を超えるという考え方もある。)
 実際に、拇指と人差し指の付け根にある「合谷(ごうこく)」というツボなどを調べたところ、ツボがない他の部位
 と比べ毛細血管と末梢神経の分布密度が高いという研究結果もあります。
 したがって、ここを刺激することが他の部位を刺激するよりも、身体になんらかの影響を与えるということも考え
 られます。




●「てあて整体スクール」のページに戻る。
●「てあて整体院・整体師応援サイト」のページに戻る。
●「がんばれ整体する人される人」TOPページに戻る。