整体師のための解剖学入門

整体師応援サイトTOP


がんばれ整体
する人される人TOP



てあて整体スクール



















 【目次】
 ■人体の構造 
                ■呼吸器系 
 ■骨格系                    ■泌尿器系   
  □部位別の骨格について         ■内分泌系   
  
□骨の連結                 ■脈管系   
 ■筋系                     ■リンパ系 
 ■内臓系                    ■神経系 
 ■消化器系                  ■感覚器系



解剖学っていったい何を勉強する学問なのでしょう?
簡単に言ってしまえば、正常な状態の人体がどういう風に出来ているのかを考える学問です。
先ずは、骨格・筋・消化器などに分けて見ていきたいと思います。


■人体の構造

1.細胞が組織を構成し、組織が器官を構成しています。

2.器官系には以下のものが含まれます。

  1)上皮組織 = 皮膚・内臓の膜
  2)筋組織 = 伸び縮みすることで動きを作り出している。(骨格筋・内臓筋・心筋)
  3)支持組織 = 骨組織・軟骨組織結合組織・骨髄・(液状組織)
  4)神経組織 =脳・脊髄(人間の身体を統合する)


■骨格系
骨格系は骨と骨の結合からなり、身体の支持・受動的運動・諸臓器の保護・造血作用などを行っています。

1.成人の骨格を構成している骨は約200個で、連結して骨格を形成しています。

  骨格 − 体幹骨 − 頭蓋(23個)・脊柱(26個)・胸郭(37個=胸椎12個含む)
      − 体肢骨 − 上肢骨(32対)・下肢骨(31対)
      * 骨盤=4個(仙骨・尾骨・左右寛骨で形成)

2.骨の形状による分類

 1)長骨 : 管状をなしている骨で骨端(両端)と骨幹(中央)を区別します。
 2)短骨 : 塊(かたまり)状をなす骨
 3)扁平骨 : 板状をなす骨
 4)含気骨 : 外界と連絡する洞をもつ骨
 5)混合骨 : 一種類の骨に他種の骨を組み合わせたような骨

3.骨の基本構造

 1)骨膜 : 繊維性結合組織からなる骨被膜で、血管・神経が多く骨端では徐々に無くなっていきます。
        骨の保護・栄養・成長(太さ)・再生などに関係しています。
 2)骨質 : 骨組織から出来ていて、硬質で、緻密質(外層)・海綿質(内層)からなる。
  @緻密質=骨幹で厚く、骨端では薄い。骨層板と骨栄養管は骨質表面の栄養孔に富んでいます。
  A海綿質=骨質で厚く、骨幹では薄い。内部には髄腔を作り、骨髄を容れています。
  B骨髄=髄腔内を満たす柔軟な組織で、造血(血球産生)を行い、成長期では赤色骨髄だが、老年期
       では黄色骨髄となります。
  C骨端軟骨=成長期の長骨・骨幹端に認める軟骨板で20歳くらいで骨化します。
          骨の成長(長さ)に関与し、別名「骨端線」とも呼ばれます。

  One Point
  ※種子骨とは、一般に骨と腱の間にある骨で、骨と腱の摩擦を少なくしている。
  ※骨膜は骨と骨の連結するところにはありません。

4.軟骨は骨格の構成、関節の構成、および内臓の一部で、以下のように分類されます。

 1)硝子軟骨 : 関節軟骨・肋軟骨・気管・気管支軟骨等
 2)弾性軟骨 : 耳介・外耳道軟骨・喉頭蓋軟骨等
 3)繊維軟骨 : 椎間板・恥骨軟骨・関節円板・関節半月等


□部位別の骨格について

1.頭蓋

 1)頭蓋は脳頭蓋と顔面頭蓋に分類されます。
 2)頭蓋の主な名称
  @眼窩 A鼻腔  B外耳孔  C頬骨弓  D大孔  E乳様突起  F外後頭隆起  G下顎角
  H眼窩下孔  Iオトガイ孔  J冠状縫合  K矢状縫合  Lラムダ縫合  M鱗様縫合
  ※乳様突起・外後頭隆起など経穴(つぼ)の位置と繋がる部分が多くあります。
 3)泉門
  新生児の時に見られる骨化していない膜のような部分で、動脈拍動が分る部分。
  @大泉門 = 冠状縫合と矢上縫合の間で生後2年くらいで骨化する。
  A小泉門 = ラムダ縫合と矢上縫合の間で、生後3ヶ月くらいで骨化する。

2.脊柱
 体幹の支柱となっている骨格で、32〜34個の椎骨で構成されている。
 成人の骨格では、仙骨・尾骨は骨結合し5種26個の骨となる。
 (頚椎=7個、胸椎=12個、腰椎=5個、仙骨=1個、尾骨=1個)
 脊柱は側面から見ると成人では、頚椎部で前湾・胸椎部で後湾・腰椎部で前湾を持っている。
 ただし、胎児では全体にゆるやかな後湾となっています。

 1)基本的な椎骨の形
  円柱状の椎体と、その後方で椎孔を囲んでいる椎弓からなる。
  椎体は上下に椎間板がついて軟骨結合されている。
 2)椎骨の特徴
  @頚椎(C)
   横突起には椎骨動静脈が通っている。
   第一頚椎(環椎)は椎体がなく輪状になっており、上関節突起は上関節顆と言って環椎後頭関節を
   構成します。第二頚椎(軸椎)は椎体から歯突起が出て環軸関節をつくり、頭の回転運動の軸とな
   っている。第七頚椎は隆椎とも言われ、頚椎を前屈させると背側に突出する。
  A胸椎(T)
   肋骨が連結する椎骨で、椎体後側面と横突起の外側に肋骨関節面がある。
  B腰椎(L)
   上半身の体重をささえるため、椎体・棘突起とも大きく幅広くなっている。
 3)椎骨の連結と脊柱管
  各椎骨の椎弓の部分は上下関節突起で椎間関節を作り、椎体部分は椎間板で連結しています。
  椎間板は繊維性の軟骨で繊維輪と髄核で出来ており、脊柱の運動を可能にしています。
  脊柱管は椎孔の上下の連結によって出来ており、1本の管があるわけではない。
 4)脊柱の運動
  屈曲(前に曲げる)・伸展(後に反る)・側屈(横に曲げる)・回旋(ひねる)運動が出来ます。

3.胸郭
 
 1)胸骨・肋骨・胸椎で構成されています。
 2)胸郭は胸部内臓の保護・呼吸運動・上肢骨との連結を行っています。
 3)胸郭の主な名称
  @胸腔     胸郭の内
  A上口     上方の小口で、第一胸椎・第一肋骨・胸骨上縁で囲まれた部分
  B下口     下方の大口で、その大部分は横隔膜で閉鎖されている部分
  C胸骨角   第二肋骨の高さで胸骨柄と胸骨体の境で前方突出部。
  D胸骨下角  左右肋骨弓の胸骨下部における会合部角のこと。
  E肋間隙   各肋骨間のことで、内外肋骨間筋で閉鎖されていて、通常は肋間という。
  
  One Point
  ※肋骨はそれぞれ椎骨2本と連結していますが、第一と十一肋骨だけは一対一の連結になっている。

4.上肢骨

 1)上肢帯を構成するものとして、鎖骨・肩甲骨があります。
  自由上肢骨を構成するものとして、上腕骨・前腕骨・手根骨・中手骨・指節骨があります。
 2)上肢骨の主な名称
  @肩甲骨 : 肩甲棘・肩峰・烏口時・関節窩
  A上腕骨 : 上腕骨頭・大結節・三角筋粗面・内側外側上顆
  B尺骨  : 肘頭・茎状突起
  C撓骨  : 撓骨頭・茎状突起

5.下肢骨

 1)下肢帯を構成するものとして、寛骨があります。
  自由下肢骨を構成するものとして、大腿骨・膝蓋骨・脛骨・腓骨・足根骨・中足骨・趾節骨があります。
 2)下肢骨の主な名称
  @寛骨  : 腸骨稜・上前腸骨棘(ASIS)・腸骨窩・恥骨結合・坐骨結節
  A大腿骨 : 大腿骨頭・大腿骨頚(部)・大転子・内側顆・外側顆
  B脛骨  : 内側顆・外側顆・内果
  C腓骨  : 腓骨頭・外果
  D足骨  : 踵骨隆起・足弓(土踏まず)


6.骨盤

 1)成人では寛骨・仙骨・尾骨で構成される。
 2)男性は全体に深く狭い。 女性は全体に広く浅い。


□骨の連結

1.分類

 1)不動結合 → 結合により骨の位置に動きが無い。(整体・カイロでは一部動くと考えられている。)
  @繊維性結合  脛腓靭帯結合・縫合などのことで、靭帯で結合している。
  A軟骨結合   恥骨結合・椎体間結合などで、骨間に軟骨がある結合。
  B骨結合    融合とも呼ばれ、寛骨や仙骨などで成人では1つの骨となっているもの。
 2)可動結合(関節)

2.関節

 1)基本構造
  @関節面  骨結合部で一方は関節頭、一方は関節窩となっていて脱臼を拇指している。
  A関節軟骨  骨端の関節面を覆う軟骨板で、関節面の安定と緩衝の役割がある。
            関節によっては関節円盤や関節半月があることがある。
  B関節包  関節の周囲を取り巻いて関節腔をつくって骨を連結している。
          関節包は滑膜と繊維膜からなり、滑膜は滑液を分泌して骨の摩擦を防いでいる。
  C靭帯  骨と骨の間につく帯状の協力な器官で、骨の連結と運動制限の役割がある。

 2)関節の種類
  @関節を構成する骨の数により、単関節(2つの骨)と複関節(3つ以上)に分類される。
  A関節面の形状により、球関節・臼状建設・楕円関節・庫関節・蝶番関節・車軸関節・平面関節
   半関節・ラセン関節に分類される。
  B関節の運動軸により、1軸性間接・2軸性間接・多軸性関節に分類されます。

 3)関節運動の種類
  @屈曲と伸展  矢状面に対して行われる運動で、関節を構成する骨の間の角度が小さくなる運動を
             屈曲、大きくなる運動を伸展といいます。
  A内転と外点  正中面に対して行われる運動で、正中面から遠ざかる運動を外転、近づく運動を
             内転といいます。
  B内旋と外旋  正中軸に対して行われる運動で、内方に動かす運動を内旋、外方に動かす運動を
             外旋と言います。
  Cぶん回し    描円ともいい@からBの総合運動のこと。

 One Point
 ※軟骨を養う固有の血管はありません。
  したがって、一旦水分量が少なくなると回復は難しいことになります。(加齢によるものなど)

 One Point
 ※関節を形成する骨の、関節窩が浅く関節唇という軟骨で関節を形成している部位があります。
  これは骨と骨で結合の深い関節を形成すると、脱臼の心配はないが可動域が少ないが、関節唇と
  いう軟骨で関節を形成していると可動域が広くなるからとも考えられます。



■筋系 
筋には横紋筋(骨格筋)・平滑筋(内臓等)・心筋があるが、ここでは骨格筋についての説明を行う。

1.骨格筋の作用

 1)筋の収縮により関節運動を行う。
 2)筋の収縮により熱を発生し、体温を上昇させる。
 3)筋の収縮により静脈・リンパ管を圧迫し、静脈血・リンパ液の還流を促します。
 
2.筋の補助装置

 1)筋膜    結合組織性被膜で筋を保護し、筋肉の運動を助けます。
 2)滑液包  筋や腱が骨・軟骨などに接する部位にある小嚢で、滑液を分泌しています。
 3)腱鞘    滑液包が長く腱を取り巻いたもので、上肢下肢に発達し腱と骨の摩擦を防いでいます。

3.筋の神経
筋の感覚(深部知覚)や運動を支配するもので、筋の中央1/3の運動点から入っている。

 1)運動神経   筋が収縮する命令を伝える遠心性神経で、脳または脊髄から出る1個のニューロンから
           なり、運動終板を介して筋繊維と接続してます。
 2)知覚神経   筋の深部知覚を中枢神経に向かって伝える求心性神経で、終末部は筋紡錘・腱紡錘
           を介して筋繊維と接続しています。
 3)交感神経   筋内の血管に分布して血流の調整を行っています。

4.筋の各部

 1)起始      筋の端で、収縮の時固定されているか動きの少ない端のこと。
 2)停止      筋の端で、収縮の時動きの大きい端のこと。
 3)筋頭・筋尾・筋腹  起始=筋頭、停止=筋尾、中央部を筋腹といいます。・

5.腱と剣幕
筋の骨付着部は腱または腱膜によって仲介されています。
腱はロープ上に束ねられた結合組織繊維束で、腱膜は結合組織膜です。

6.各部の筋肉

 1)頭筋
  @表情筋  頭蓋表筋 = 後頭前頭筋・側頭頭頂筋・耳介筋
          目瞼筋  = 鼻根筋・皺眉筋・眼輪筋
          鼻筋    = 鼻孔開大筋・鼻孔圧迫筋・鼻中隔下制筋
          口筋    = 口輪筋・頬筋・上唇鼻翼挙筋・上唇挙筋・大小頬骨筋・笑筋・口角挙筋
                   口角下制筋・下唇下制筋・オトガイ筋
  A咀嚼筋  咬筋・側頭筋・内側外側翼突筋

 2)頸筋
  @浅頸筋  広頸筋・胸鎖乳突筋
  A前頸筋  舌骨上筋  顎二腹筋・茎突舌骨筋・顎下骨筋・オトガイ筋
          舌骨下筋  胸骨舌骨筋・肩甲舌骨筋・胸骨甲状筋・甲状舌筋
  B深頸筋  頸長筋・頭長筋・前頭直筋・外側頭直筋・前斜角筋中斜角筋・後斜角筋

  One Point
  ※斜角筋隙 前斜角筋と中斜角筋の間隙で、腕神経叢・鎖骨下動脈が通過しています。
   頸・肩の凝りがある人が、硬くしていることがあります。

  One Point
  ※斜角筋症候群
    女性に多く、上肢の痛み・知覚異常・筋の萎縮・手指のチアノーゼ(血行不良)が起きる。
    手を90度(水平)に上げ頸を反対側に向けると、生理的に斜角筋隙が狭くなり、異常があれば
    手がしびれることがあります。

  One Point
  ※斜頸
    筋性斜頸・骨性斜頸・寝違い・炎症性斜頸などがあり、胸鎖乳突筋のひきつれや頸の骨の問題
    可動などで起こることがあります。

 3)胸筋
  @浅胸筋  大胸筋・小胸筋・鎖骨下筋・前鋸筋
  A深胸筋  外肋間筋・内肋間筋・肋舌筋・胸横筋・肋骨挙筋・横隔膜

  ※横隔膜の腱中心はどこにもついておらず、筋が収縮すると腱中心が下がり胸腔の容積が多くなる。

 4)腹筋
  @前腹筋  腹直筋・錐体筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹横筋
  A後腹筋  腰方形筋

  ※肋間神経は胸椎から出ています。

 5)背筋
  @浅背筋  僧帽筋・広背筋・肩甲挙筋・菱形筋
  A深背筋  上後鋸筋・下後鋸筋・板状筋・脊柱起立筋・横突棘筋

 6)上肢筋
  @上肢帯筋    三角筋・棘上筋・棘下筋・小円筋・大円筋・肩甲下筋
  A上腕筋      上腕二頭筋・烏口腕筋・上腕筋・上腕三頭筋・肘筋
  B前腕筋・屈筋  円回内筋・撓側手根屈筋・長掌筋・尺側手根屈筋
              浅指屈筋・深指屈筋・長母指屈筋・方形回内筋
        ・伸筋  腕撓骨筋・長撓側手根伸筋・短撓側手根伸筋・総指伸筋・小指伸筋
              尺側手根伸筋・回外筋・長母指外転筋・短母指伸筋・長母指伸筋・示指伸筋
  C手筋・母指球筋  短母指外転筋・短母指屈筋・母指対立筋・母指内転筋
      ・小指球筋  短掌筋・小指外転筋・短小指屈筋・小指対立筋
      ・骨間筋   虫様筋・骨間筋

 7)下肢筋
  @下肢帯筋     腸腰筋・大臀筋・中臀筋・大腿筋膜張筋・梨状筋・内閉鎖筋・双子筋・大腿方形筋
  A大腿筋・伸筋  縫工筋・大腿四頭筋・膝関節筋
        ・屈筋  大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋
        ・内転筋  恥骨筋・薄筋・長内転筋・短内転筋・大ない点筋・外閉鎖筋
  B下腿筋・前側  前脛骨筋・長母趾伸筋・第3腓骨筋
        ・外側  長い腓骨筋・短腓骨筋
        ・後側  下腿三頭筋・足底筋・膝窩筋・後脛骨筋・長母趾屈筋・長趾屈筋
  C足筋・足背筋  短母趾伸筋・短趾伸筋
      ・母趾球筋  母趾外転筋・短母趾屈筋・母趾内転筋
      ・中足筋   短趾屈筋・足底方形筋・虫様筋・骨間筋

------------------------ このページのTOPに戻る -------------------------------


■内臓系 
内臓系とは消化器・呼吸器・泌尿器・生殖器・内分泌器の体腔内にある器官を総称して言います。
各器官は中腔性器官と実質性器官に分けられます。

1.中腔性器官

 内部に腔洞を持っていて、管状・嚢状になっている。
 例えば、胃・腸・気管・卵管・子宮などです。

 1)粘膜
  その壁は次の層からなります。(原則)
  @粘膜上皮
   内表面を被っており気管の性質・機能・部位によって上皮の種類は異なります。
   上皮中には粘液を分泌する腺があり、導管によって粘膜表面に開いています。
  A粘膜固有層
   結合組織からなり血管・神経に富んでおり、リンパ小節をつくることがある。
   また、粘膜の表面に突出して、絨毛や乳頭を作っている。
  B粘膜下組織
   疎性結合組織からなり血管・神経に富んでいる。
   この組織が豊富なときは粘膜表面に粘膜ヒダが生じる。

 2)筋層
  一般に平滑筋からなるが、部位によって横紋筋からなる。
  筋層は2〜3層からなり、筋層間には筋層間神経層を形成していて、器官の運動を行う。

 3)外膜または漿膜
  @外膜は結合組織膜で外表面を多い、臓器を保護するとともに、周辺臓器と結合させています。
  A漿膜は通常、可動性の臓器を被っています。
   臓側葉は臓器表面を、壁側葉は体壁内面を被っていて、一定部位で連絡しています。
   臓側葉と壁側葉の間には漿膜腔があり、少量の漿液があって摩擦や癒着を防いでいます。
   漿膜には腹膜・胸膜・心膜があります。

2.実質性器官

 内部が充実している器官のことで、例えば肝臓・肺臓・腎臓・甲状腺などです。

 1)被膜(支質または間質)
  結合組織性で外表面を被い、実質内にはいって多数の葉に区分し、さらに葉を小葉に細分して
  います。
  実質細胞を栄養している血管・神経・導管などの通路となります。
 2)実質
  小葉内を満たして、それぞれの臓器特有の形態と機能を持つ実質細胞からなっています。

 One Point
 ※内分泌器官を「腺」といい2種類に分類分かれています。(例外あり)
  @外分泌腺 = 導管をもって分泌物を一定部位に出す腺(耳下腺・肝腺など)
  A内分泌線 = 導管がなく分泌物を直接分布する毛細血管・毛細リンパ管に送る線
             (甲状腺・下垂体など)
  →膵臓・精巣・卵巣などは内分泌と外分泌の方式で分泌物を出している。


■消化器系 
食物の消化・吸収・排泄を行う器官の総称で、消化管は口腔・咽頭・食道・胃・小腸・大腸へと続いています。
この消化管に唾液腺・胃腺・肝臓・膵臓などの消化腺が開いています。

1.口腔

 口腔は口腔前庭(口唇・頬部)と固有口腔(口蓋・歯・舌・扁桃)で構成されています。

 1)歯 
  @種類と構成
    切歯8本・犬歯4本・小臼歯8本の乳歯、切歯8本・犬歯4本・小臼歯8本・大臼歯12本の永久歯で
    構成されています。
  A構造
   エナメル質 = 歯冠の表面を被う骨質でもっとも硬い
   セメント質 = 歯根の表面を被う骨質
   ゾウゲ質 = エナメル質・セメント質の内の骨質で、歯髄腔とゾウゲ細管をつくり歯髄を容れている。
            また、ゾウゲ質の下端部には歯根尖孔があり血管神経の通路となっています。
           (歯髄には三叉神経が入っています。)
   歯根膜 = 顎骨とセメント質の間を満たす結合組織膜で、連結の補強をしています。

 2)舌
  @舌の前2/3を舌体、後方を舌根、前端を舌尖といい、舌体の上面を舌背といいます。
  A構造
   舌粘膜 = 舌の表面を被い舌尖・舌背・舌側縁には舌乳頭と舌扁桃があります。
           舌乳頭には味蕾を容れています。
   舌筋  = 舌の実質をなす部分で横紋筋で作られています。

 3)唾液腺(口腔線)
  @耳下腺 = 咬筋の外側、外耳孔の前舌方にあって、導管は耳下腺管といい上顎第二大臼歯に
           向かう頬粘膜に開いています。
  A舌下腺 = 口腔底の粘膜と顎舌骨筋の間にあり、導管は舌下腺管といい舌下小丘に開く。
  B顎下腺 = 顎舌骨筋の下で皮下にあり、導腺は顎舌腺管といい舌下小丘に開きます。

2.咽頭

 鼻腔・口腔・咽頭の後で頚椎の前にあります。(C6の高さまで)

 1)鼻部
  鼻腔後部で後鼻孔を介して鼻腔とつながり、また上壁の両側には耳管咽頭口があって、耳管を介して
  鼓室(中耳)と繋がっています。
 2)口部
  口腔の後部で口峡を介して口腔とつながっている。
 3)咽頭部
  咽頭の後部で咽頭蓋を介して咽頭とつながり、下方は食道に続き境界部は狭窄しています。
  これは嚥下反射と関係があります。

3.食道

 咽頭下方連続部で、頚部・胸部・腹部にいたって胃に連なっています。
 第6頚椎から第11胸椎の高さにあって、約25センチの長さがる。
 普段は前後に扁平な形になっているが、食塊が入ると円筒状になります。

 1)食道三狭部
  @起始部 = 咽頭との境でC6の位置
  A気管分岐部 = 気管が左右気管支に分かれる部分で、T5の位置
  B横隔膜部 = 横隔膜貫通部で、T10の位置

 One Point
 ※筋肉は二層で温感がない。
  食道は上半分が横紋筋で意思が働くが、下半分は平滑筋(内臓筋)で自律運動を行っています。

4.胃 

 腹腔内で横隔膜の下に位置し、全体としては正中線より3/4は左1/4は右にあります。

 1)形は生体と死体で違い、生体では鉤型・牛角型・死体では西洋梨のような形をしています。
  普段は固定されておらず、位置・形とも変化しています。
 2)各部名称
  噴門=胃の入口(胸椎11番)   胃体=中央嚢状部分   胃底=左下方の突出部
  小彎=上縁   大彎=下縁   幽門=胃の出口(括約筋)
 3)胃壁の構造
  @胃粘膜(内膜)=粘膜面には縦横の襞があり、多くの胃小窩(胃腺開口部)がある。
  A胃筋層(内膜)=平滑筋層で縦走筋(外)・輪走筋(中)・斜走筋(内)で出来ており、幽門では幽門
              平滑筋を作っています。
  B漿膜(外膜)=腹膜のひとつで全体面を被っている。
  C神経=交感神経(抑制)と迷走神経(促進)によって、胃液の分泌・運動が支配されています。

5.小腸

 腹腔内で胃と大腸に連なっており、全長6〜7メートルあります。
 区分としては「十二指腸」「空腸」「回腸」に分けられています。

 1)十二指腸
  腹膜後腔内にあってC字形をしていて、長さは25〜30センチあります。
  上部「下行部」の後内壁に総胆管(膵管郷りゅ)と副膵管が開講しています。
 2)空腸・回腸
  空腸(左上部)と回腸(右下部)は、腸間膜に覆われていて可動性があります。
 3)小腸壁の構造
  @小腸粘膜
   粘膜面には輪状襞があり、腸腺(腸液・粘膜分泌)が発達しています。
   十二指腸粘膜の下行部後内壁に総胆管開口部(ファーテル乳頭)があり、オッディ括約筋を形成。
   ファーテル乳頭の上方には副膵管が開いています。
   小腸粘膜にはビロード状の小腸絨毛がつくられ、小腸扁桃が発達しています。
  A小腸筋層  平滑筋で内輪走筋・外縦走筋があります。
  B漿膜     腹腔の一部で十二指腸を除く空腸・回腸を被っています。
            (空腸・回腸=腸間膜小腸)
  C神経     交感神経(抑制)と迷走神経(促進)によって支配されています。

6.大腸

 消化管の最終部分で腹腔を一周し、骨盤腔に至り肛門に終わります。 全長は1.5メートル
 区分としては「盲腸」「結腸」「直腸」に分けられています。

 1)盲腸   右腸骨窩内にあり、大腸始部嚢状部で腹膜により固定されています。(5〜6センチ)
  @盲腸の後内側壁より小指大の虫垂が突起しています。虫垂には大腸扁桃が発達しています。
  A回盲部には回盲弁があります。
 2)結腸
  上行結腸・横行結腸・下行結腸・S字結腸に区分され、水分吸収を行っています。
 3)直腸   骨盤腔内で仙骨の前面を下り、肛門に終わっています。 長さ20センチ
  @直腸膨大を作り肛門を形成しています。
   肛門は直腸と会陰筋・皮膚などの混合により構成され、内に静脈叢・括約筋などを供えています。
  A直腸にはくびれがありません。

7.肝臓

 人体の中で最大の腺で、横隔膜のすぐ下、腹腔の右上部にあり、一部は左上部に延びています。
 重さは男性で1200g・女性で1000グラムくらいで、形はくさび状になっており、右葉(全体の3/4)と
 左葉(1/4)に分かれています。

 1)下面
  全体に浅くくぼみ、中央にH上の溝があります。
  横溝を肝門と呼び、門脈・固有肝動脈・肝管・リンパ管・神経などが出入りしています。
  また、右縦溝前部には胆嚢窩があり胆嚢を容れています。
 2)構造
  @肝繊維膜  肝表面を被う結合組織膜で、肝門から肝実質に入り、実質を多数の肝小葉に分け
           血管・神経の通路となっています。
  A肝小葉  直径1oの多角柱状をしています。
          中心に中心静脈があり、小葉間静脈(門脈枝)・小葉間動脈(肝動脈枝)は小葉内に入って
          洞様毛細血管(クッペル星細胞)につながり中心静脈に注いでいます。
          中心静脈は小葉外に出て小葉下静脈となり、集合して肝静脈となって肝後部から出て
          下大動脈に注いでいます。
  B肝細胞と肝管
   肝の実質細胞で中心静脈を中心として放射線状に配列されています。
   これを肝細胞索といい、隣接の細胞索と繋がって網状をなしています。
   また、肝細胞は胆汁を分泌します。 これは細胞胆管といい、小葉間胆管となってしだいに集合し、
   胆管となって肝門を出て総肝管となり、胆嚢管と総胆管に続いています。

8.胆嚢と胆路

 肝臓右葉の下面(胆嚢窩)に癒着しています。 長さは8センチでなすび状・暗紫色をしています。
 胆嚢には胆嚢管があり、総肝管と総胆管に続き、総胆管は膵管と合わさって十二指腸に開口している。

9.膵臓

 腹腔内で胃の後下にあり、後腹壁に接着して、第1〜2腰椎の前を横に走っている。
 扁平で細長く色はピンクで長さ15センチくらいです。
 膵臓は頭(右端)・体(中央)・尾(左端)と区別され、膵頭からは膵管と副膵管が出て十二指腸に開口
 しています。

 1)構造
  @外分泌部
   膵液(消化液)を分泌するところで、腺細胞と腺房中心細胞は複合胞状腺をつくり導管に繋がります。
   導管は膵管と副膵管に分かれています。
  A内分泌部
   外分泌部の間に散在する直径2oの丸い細胞塊(膵島またはランゲルハンス島)と呼ばれ、約100万個
   がある。

10.腹膜

 腹腔の内面・骨盤腔の上面および内臓表面を被う漿膜のことを言います。
 内に腹膜腔という隙間をもち、少量の腹膜液があって両面の摩擦や癒着を防止しています。

 1)腹膜に完全に包まれている主な臓器(腹膜内臓器)
  肝臓・胃・脾臓・空腸・回腸・胆嚢
 2)表面の一部が包まれている主な臓器(腹膜後臓器)
  腎臓・副腎・尿管・十二指腸・膵臓
  膀胱・子宮(←これら2つの臓器は腹膜腔の下にあるので、腹膜後臓器とは言いません。)

------------------------ このページのTOPに戻る -------------------------------

■呼吸器系 
人間の生活に必要な酸素を取り入れ、分解産物である炭酸ガスを排出します。

 上気道 : 鼻腔 → 咽頭
 下気道 : 喉頭 → 気管 →  気管支 → 肺

1.喉頭

 前頚部の中央で咽頭下部の前側にあります。(第4頚椎から第6頚椎)
 中央部には喉頭隆起(のどぼとけ)があり、思春期以降の男性では著しく突出しています。

 1)構造
  喉頭壁は喉頭軟骨と喉頭靭帯・喉頭筋・喉頭粘膜・喉頭外膜が被っています。
 2)喉頭腔
  不規則な円筒状で中央に前後に走る上下二本のヒダを作っています。
  上は粘膜ヒダの室ヒダ(仮声帯)といい、下は粘膜内に声帯靭帯と声帯筋を容れているを声帯ヒダ(声帯)と
  いいます。  上下の声帯ヒダの間を咽頭室といい、左右の声帯間を声帯門といいます。
  発生時は声門は閉じ、呼気によって振動して咽頭室で反響します。
 3)神経
  迷走神経

2.気管・気管支

 1)気管
  咽頭下に続く示指大の管で、長さ役0センチで食道の前を通り、第6頚椎から第5胸椎の高さにあります。
  下端では気管が分岐し左右の気管支に分かれています。
 2)気管支
  @右気管支
   気管分岐部から始まり下外方に走って肺門に入り、右上葉気管支と右中は・右下は気管支に別れます。
   長さ2〜3センチで細く長い。
  A左気管支
   気管分岐部から始まり下外方に右より傾斜強く走って肺門に入り、左上葉・左下葉気管支に分かれます。
   長さ4〜5センチで細く長い。
 3)構造
  @気管・気管支軟骨
   C字形軟骨で後方が欠け壁の支柱となっています。
  A輪状靭帯
   軟骨を上下に連結しています。
  B気管・気管支筋
   軟骨欠損部にあって平滑筋層で、内輪・外縦の二層をなしています。
  C気管・気管支粘膜
   内表面を被い線毛・気管腺があります。
  D外膜
   外表面を被い、食道などとの連結を量っています。

3.肺
 
 胸腔内で心臓の両側にあり、胸腔の大部分を占め表面は胸膜で覆われています。
 形は半円錐状で、幼児は淡紅色だが加齢とともに暗赤青色となります。

 1)肺各部
  @肺尖
   肺上端で鈍円をしていて、吸気時には鎖骨上一横指にあります。
  A灰肺門
   肺内側面の中央に見られる出入り口門で、第5から7胸椎の高さにあります。
   気管支・肺動静脈・気管支動静脈・肺リンパ管・神経が出入りしています。
  B葉間裂
   肺は大きい切り込みで肺葉に分かれています。
   右葉には斜裂と水平裂があり上中下三葉に、左肺は斜裂で上下二葉に分かれています。
   斜裂は第3胸椎の高さから下外方に1対あり、水平裂は右葉イのみで第4肋骨沿いに水平に横走して
   います。
 2)構造
  @被膜
   被膜(肺胸膜)で外表は包まれ、葉間からさらに葉ないに入って多数の小葉とつくっている。
  A気管支
   気管支は肺門で分岐したあと枝状に別れ、気管支枝→小葉間細気管支→終末細気管支となり
   呼吸細気管支となります。
   呼吸細気管支は呼吸部(肺胞管と肺胞嚢)となります。
   呼吸部には肺胞がつき、毛細血管網が発達しています。
   気管支枝は軟骨・筋・粘膜は存在するが、経過するに従い軟骨片に変わり、筋・粘膜は薄くなり、呼吸部
   では呼吸上皮と弾性繊維だけで出来ています。
  B肺の血管
   *機能血管  肺循環で静脈血を運ぶ肺動脈が肺門から入り、肺胞で毛細血管を作りガス交換をして
             動脈血となり肺静脈として肺門を出ます。
   *栄養血管  気管支動脈は胸大動脈から分枝し、肺門から肺にはいり毛細管をつくり肺を養い、
             気管支静脈となり奇静脈系に入ります。

4.胸膜(一般には肋膜という)

 肺表面および胸壁内面を被う漿膜のこと。

 1)肺胸膜
  肺門を除く肺全表面を被うもので薄い。
 2)壁側胸膜
  胸郭内面を被うもので厚い。 肺胸膜との連絡は肺門で行われています。
 3)胸膜腔
  肺胸膜と壁側胸膜の両膜間に見られる腔で、少量の胸膜液を容れていて呼吸時の摩擦を防いでいます。


■泌尿器系 
整体の不要物質を排泄(尿生成と排泄)します。

 腎臓 → 尿管 → 膀胱 → 尿道

1.腎臓

 脊柱の両側で第11胸椎から第3腰椎の間にあり、右腎はやゆあ低めにあり腹膜によって後腹壁に固定され
 固有の固定靭帯はありません。(浮かんでいる。)
 色は赤褐色でソラマメ状の形をしています。

 1)構造
  肉眼で見ると
  @被膜 = 脂肪被膜(外)、繊維被膜(中)、筋質膜(内)からなる。
  A実質 = 表質は表層部で暗赤色で顆粒状をしています。
          髄質は深層部で灰白色をしています。
          髄質には10数個の腎錐体があり、その先端は腎乳頭といい腎洞に突出しています。
          腎乳頭の先端には乳頭孔が開いています。
  顕微鏡で見ると
  @腎単位(ネフロン)
   尿生成の機能的最小単位で両側で250万個あり、次の部分で作られています。

   腎小体(マルピギー小体) : 原尿生成部
    → 皮質に認められ、血液濾過装置の球上小体で、糸球体と糸球体嚢で作られています。
   尿細管 : 原尿の再吸収部
    → 皮質から髄質に、髄質から皮質にわたっています。

 2)血管
  @腎動脈 : 腹大動脈の分枝で、腎門から腎実質に入っています。
  A陣静脈 : 陣門から出て下大静脈に注いでいます。
  
  これらの血管系は腎において、血液のろ過(機能血管)と、実質の栄養(栄養血管)を兼用しています。

2.膀胱

 尿を蓄え一定量になると尿道に排泄する嚢状の器官で、恥骨結合の後方にあります。
 構造的には膀胱頂・膀胱体・膀胱底の3部にわけられます。

 1)各部
  @膀胱頂(尖)
    膀胱の上端部で、腹膜で覆われ正中臍索がつき、膀胱固定に役立っています。
  A膀胱体
    膀胱の主な部分で、臍動脈索(胎生期臍動脈)がついて、膀胱固定に役立っています。
  B膀胱底
    膀胱の下にあたる部分で、尿生殖隔膜上にあり、尿道・尿管が連なっています。

 2)構造
  @粘膜
   膀胱底部の内尿道口と内尿管口の間には、「膀胱三角」を作り平滑で腺がすくなく、リンパ小節が
   あります。
  A筋層
   排尿筋(平滑筋)で三層(内縦・中輪・外縦)からなります。
  B漿膜・外膜
   膀胱の大部分は腹膜で被われているが、膀胱底の一部は外膜によって被われています。
  C神経
   交感神経(尿閉)、副交感神経(排尿)


■内分泌系 
恒常性を保って生命を維持します。
整体調節機構には2種類あって、1つは神経的調節で主に自律神経によります。もう1つは科学的(液体的調節)で、この2種類の調節機構相互間の連絡はきわめて密接になっています。
科学的調節を行う物質を作る器官を内分泌器(内ぷんぴつ腺・ホルモン腺)と呼び、その分泌物をホルモンといいます。
ホルモンは導管を経由しないで直接血管やリンパ管に放出されます。
このような分泌方法を内分泌と言います。

1.内分泌腺

  1)頭部   下垂体・松果体
  2)頚部   甲状腺・上皮小体
  3)胸部   胸腺
  4)腹部   副腎(腎小体)・膵島(膵)
  5)骨盤部  精巣・卵巣

2.主な内分泌腺

 1)下垂体  1個で小指頭大の楕円体
         頭骸底で蝶形骨の下垂体窩中にあり、脳の視床下部につづいています。
         前葉(腺葉)・中葉(中間葉)・後葉(神経葉)の3部からなっています。
 2)松果体  1個で小豆大、松の実状
         視床の背方。第三脳質の上壁の一部が中央で後方に突出した部分。
 3)甲状腺  1個でH字状、赤褐色
         喉頭の一部と気管上部を前方から被っています。
         右葉・左葉・峡部の3部からなっています。
 4)副腎    1対、扁平で右は三角形、左は半月形
         左右腎臓の上端にあり、皮質髄質の2部からなっています。


■脈管系 

人体に必要な必要な酸素や栄養物質の補給とともに、代謝の結果生じた炭酸ガスや老廃物を輸送する器官系のことを言います。

構成

 1)血管系    @心臓            循環の原動力
           A血管  a.動脈      動脈血の輸送を行います。
                  b.毛細血管   物質代謝を行います。
                  c.静脈      静脈血の輸送を行います。
 2)リンパ系   @毛細リンパ管       組織液の吸収を行います。
           Aリンパ管          リンパの輸送を行います。
           Aリンパ節          リンパ球の生成を行います。

 One Point
 ※脾臓は、「リンパの生成」「赤血球の生成・破壊」「血液貯蔵」「抗体産生・抗菌・抗異物作用」を行います。
  脾臓は血液とリンパ双方に関係しています。

 One Point
 ※体液とは、血液・リンパ・組織液のことを言います。
  リンパは最終的に静脈に流れ込みます。 (毛細リンパ管→リンパ管→静脈)

1.血管系

 1)血管
  @動脈   管壁は厚く(内膜・中膜・外膜)、弾力性に富み血液は遠心的に流れ出しています。
          動脈は心臓の力(拍動)と動脈自身の力で血液を流しています。
          交感神経が働くと収縮し、副交換神経が働くと拡張します。
  A毛細血管 管壁は薄く(内膜)、物質交換(代謝)を行っています。
           毛細血管では体液が出入りできるようになっています。
  B静脈  管壁は薄く(内膜・中膜・外膜)、弾力性がなく血液は求心的に流れ拍動していません。
        静脈自身で血液を流すことは出来ず、周りの筋肉の収縮・動脈の拍動を利用して血液を流している。
        交感神経が働くと収縮し、副交感神経が働くと拡張します。

  One Point
  ※静脈には静脈弁があり、血液が逆もどりできない構造になっています。
   リンパ管も構造的には同じで、自身ではリンパ液を流せないようになっています。
   したがって、筋肉を使うことは静脈血・リンパ液を求心的があるということになります。
  ※動脈・静脈は手先・足先では並んでおり、静脈は動脈の力を借りないと血液を流せないようになっています。

  One Point
  ※総腸骨静脈は腰椎5番で合流しており、腰椎5番の異常で下肢の動脈・静脈に異常が出ることがあります。

2.血液の循環

 1)体循環(大循環)

  左心室 → 大動脈 → 小動脈 → 物質交換 → 小静脈 → 大静脈 → 右心房
                          毛細血管
                          全身組織

 2)肺循環(小循環)

 右心室 → 肺動脈 → ガス交換 → 肺静脈 → 左心房
                  肺胞

 One Point
  ※肺胞   肺の最小単位で、酸素と炭酸ガスを入れ替える場所

3.心臓 
胸腔内で左右両肺間の縦隔膜中部にありま。1/3は体正中線から右に、2/3は左にあります。
心軸線は後上右方より前下左方に向かって、斜めになっています。
心底(上端)は第二肋間の高さで、心尖(下端)は左第五肋間で乳腺のやや内側にあります。
形は円錐形で大きさは手の拳大と言われ、内腔は内隔と房室弁によって四室に分けられています。
上部が左右心房、下部が左右の心室に分かれています。

 1)構造
  @心内膜
    房室弁 = 二尖弁と三尖弁があり、室から房への血液逆流を防いでいます。
            房室弁には腱索・乳頭筋が関与し弁作用を強めています。
    動脈弁 = 大動脈弁と肺動脈弁があり、動脈から室への血液逆流を防いでいます。

  A心筋層  横紋筋の心筋繊維で作られています。
          心房は内縦・外輪の2層、心室は内斜・中輪・外斜の3層から出来ています。

  B心外膜  心実質表面を被う漿膜で少量の心膜液を容れ、心運動を円滑にしています。

 2)刺激伝達系
  一局所に起こった興奮を、心筋全体に伝道する、神経のような働きをする特殊心筋繊維のこと。

  @洞房系  興奮波は洞房結節に起こり、左右心房に伝わり心房筋の収縮を起こします。
          一部は房室結節に伝わります。
  A房室系  房室結節→房室束→プルキンエ繊維からなり、房室結節は冠状静脈洞開口部の
          前にあって、興奮波はここから房室束によって心房中隔から心室中隔に入り
          2脚に分かれて中隔を下り、その先はプルキン工繊維となって乳頭筋をはじめ
          心室筋全体に伝わり師ン室の収縮が起こります。

 One Point
  ※房と室の筋肉は「線維輪」の上下に別々についています。
  ※心臓は他の筋肉と違い、「自動性」があります。
    →血液中の電解質濃度の刺激によって、刺激伝達系が刺激される。
    →血液の流れにしたがって「房が縮む→室が縮む」となります。
    →神経は洞房結節の調節を行っています。

 3)心臓の血管
  @栄養血管 → 心臓を養う血管
    ・右冠状動脈・左冠状動脈は上行大動脈起部に起こり、心臓に分布します。
    ・冠状静脈洞は心臓の静脈を集め右心房に入ります。
  A機能血管 → 心臓の持つ機能としての血管
    ・右心房 上大動脈1本・下大静脈1本・冠状静脈洞1本が入ります。
    ・右心室 肺動脈1本が入ります。
    ・左心房 肺静脈が2対入ります。
    ・左心室 上行大動脈1本が入ります。

 4)心臓の神経  

  自律神経の交感神経と副交感神経(迷走神経)によって調整されています。
  交換神経は促進神経で、副交感神経は抑制神経です。

4.肺循環(小循環)

 1)肺動脈
  右心室から上左方に向かい、大動脈弓の下で、右肺動脈と左肺動脈に分れ、肺門から肺に入り
  肺胞(肺毛細管)に達します。

 2)肺静脈
  肺毛細管はしだいに集合し、肺静脈を作り肺門から出て左心房に入ります。

5.体循環(大循環)

 1)動脈系
  @大動脈  : 左心室 → 上行大動脈 → 大動脈弓 → 胸大動脈 → 腹大動脈
                                         ( 下行大動脈 )
   ・上行大動脈   左心室大動脈口 → 右第二胸肋関節の高さにまで
   ・大動脈弓    右第二胸肋関節の高さで左に曲がり、第四胸椎の前左で下方に曲がる。
   ・胸大動脈    第四胸椎体前左側から横隔膜大動脈裂孔まで
   ・腹大動脈    横隔膜大動脈裂孔から第四腰椎体の前側まで。

 One Point
  ※大脳動脈輪
   大脳へ行く動脈は、左右の前大脳動脈・左右の中大脳動脈・左右の後大脳動脈と前交通動脈・
   左右の後交通動脈が、頭蓋底のトルコ鞍の周囲に輪状の動脈輪を作っています。
   脳への血液は終動脈となっているので、送る血液の量をバランスよくするため。

 2)静脈系
  @静脈の特徴
   ・壁が薄く圧迫を受けやすい。
   ・静脈弁がある。
   ・深静脈(伴行動脈)があり、四肢には動脈1本に対し2〜3本見られる。
   ・浅静脈(河静脈)がある。皮下に透けて見える。
   ・各所に静脈網および静脈叢を形成している。
  A体循環の静脈は冠状静脈洞、上大静脈、下大静脈に集まり、右心房に戻ります。
   ・冠状静脈洞
   ・上大静脈  主に上半身の静脈血を集め、右第一肋軟骨内端後方で左右の腕頭静脈が合流
   ・下大静脈  主に下半身の静脈血を集め、腰椎4・5番の高さで左右総腸骨静脈の合流で起り
           腹大動脈の右側を上がり、横隔膜の大静脈孔から胸腔に入り右心房に戻ります。

 One Point
  ※門脈  肝下面にある約6〜7センチの静脈で、脾静脈・上腸間膜静脈・下腸間膜静脈の主静脈が
         膵の後で集まり、門脈を形成する。

 3)胎児循環系
  胎児は胎盤で母体の血液から栄養分をとり、炭酸ガスその他の老廃物を排出しています。
  また、胎児の肺・腸・腎は機能していません。


------------------------ このページのTOPに戻る -------------------------------

■リンパ系 
組織細胞の間には組織液があり、大部分は毛細血の管から静脈に入りますが、10%程度は毛細リンパ管に入ります。
これをリンパと呼んでおり、輸送する管系統と付属機関を含めてリンパ系といいます。

1.構成

  毛細リンパ管  → リンパ管 → リンパ本管 → 総管 → 静脈  (付属器官としてリンパ節がある)

2.リンパ管

 1)右リンパ本幹(右総管)
  右胸鎖関節の後で、右頸リンパ本幹・右鎖骨下リンパ本幹・右気管支縦隔リンパ本幹が合流した短いリンパ
  本幹で、右静脈角に注いでいます。
  したがって右半身のリンパを輸送していることになります。

 2)胸管(左総管・左リンパ本幹)
  乳ビ槽 : 胸管の起始部でL1〜2の前右方にあり左右の腰リンパ本幹と腸リンパ本幹の合流からなります。
  胸管  : 腹大動脈とともに横隔膜大動脈裂孔から胸腔に入り胸部を上に、C7の高さで左静脈角に注ぐ。
         この直前に左頸リンパ本幹と左鎖骨下リンパ本幹を受け入れています。
         全長40センチくらいで、また、左半身・右下半身のリンパを集めています。

3.リンパ節
 
 リンパ球の産生・細菌異物を貪食し、抗体を作る生体防御装置の一つです。
 圧平された球形で、長径2〜3センチ位の器官で、数個から数十個が群れをなし、リンパ本幹は必ず
 リンパ節をその経路の中に持っています。

 1)主なリンパ節
  浅頸・深頸リンパ節、腋窩リンパ節、肺門リンパ節、胃リンパ節、大動脈旁リンパ節、肘リンパ節
  ソケイリンパ節 などあります。

 One Point
 ※脾臓 : 腹腔内の左上隅で胃の左側にあります。
        扁平長楕円で赤褐色をしています。

 ※左右のリンパ本幹の流入域
  右リンパ本幹 → 右胸と右腕
  左リンパ本幹(胸管) → 右胸・右腕以外の全身(左上半身と下半身全体)


■神経系  

身体のすべての器官と連なって強調をはかり統率し、環境に対して適応した反応をさせ、恒常性を維持する器官をいいます。

1.神経の分類

神経系 中枢神経 終脳:大脳半球
間脳:視床・視床下部
中脳大脳脚・中脳蓋
小脳
延髄
脊髄・頚髄・ 胸髄・腰髄・仙髄・尾髄
末梢神経 体性神経 脳神経12対 T嗅(知覚)   U視(知覚)
→脳から出ている V動眼(運動)  W滑車(運動)
X三叉 混合)  Y外転(運動)
Z顔面(混合)  [内耳(知覚)
\舌咽(混合)  ]迷走(混合)
]T副(運動)  ]U舌下(運動)
脊髄神経31対 頚神経混合)  8対
→脊髄から出ている 胸神経(混合) 12対
腰神経(混合) 5対
仙骨神経混合) 5対
  尾骨神経  1対
自律神経 交換神経(混合)
副交換神経

   One Point
  ・交感神経 = 感情と交わりつながりが深い
  ・副交感神経 = 交換神経と反対の働きをします。

 1)末梢神経の機能的分類
  ・求心性神経  脳神経    知覚または感覚神経と呼ばれる
            脊髄神経  知覚神経または感覚神経と呼ばれる
            自律神経  内臓知覚神経と呼ばれる

  ・遠心性神経  脳神経    運動神経と呼ばれる
            脊髄神経   運動神経と呼ばれる
            自律神経   運動または分泌神経と呼ばれる

2.中枢神経

 1)脊髄
  @外景
   脊柱管内に入っている。
   小指大円柱状の器官で40〜45センチあり、下端は脊髄円錐を作り、L1・2の高さで終わる。
   脊髄からは31対の脊髄神経が出ています。
   これに体操して、脊髄を便宜的に「頚髄」「胸髄」「腰髄」「仙髄」「尾髄」に区分します。

   One Point
   腰椎2番から下は神経のたば(馬尾)が入っています。

  A内景
   横断面では中央に中心管があり、上方では第4脳室に、下方では脊髄円錐で終室を形成します。
   実質の内部はH字形の灰白質があり、その周囲に白質が囲んでいます。

   ・灰白質
    灰白質は左神経右2脚とこれを結ぶ中央部があります。
    左右2脚の前後方突出部を前角・後角といいます。 また、外方突出部を側角といいます。
    前角には運動神経細胞、側角には交換神経細胞、後角には知覚神経細胞が集まっています。
   ・白質
    白質は前索・側索・後索に区分されます。
    主に神経束(神経路)によって作られています。
    →上行路は脳から脊髄に伝える錐体道と錐体外路があり、前者は随意運動、後者は無意識的な骨格筋
      運動伝える神経束
    →上行路は脊髄から脳に伝える。
      すなわち感覚・温覚・冷・圧覚および深部知覚などをつたえる神経束
   →連合部は書く脊髄間を結ぶ神経束

 2)脳 
  脳が頭蓋腔内で脳幕に包まれて卵形をし、重量は約1300gで体重の1/40くらい。
  加齢により重さは減少する。

 脳の各部
 @延髄
  脳幹の最下部で後頭骨の斜代上にのっています。臨床的には延髄は球と表現されます。
  延髄からは舌咽・迷走・副・舌下神経が出ています。
  また、内部には意識の維持に重要な上行網様体賦活系や、呼吸・心臓・血管運動・咀嚼・嚥下・嘔吐
  発声・せき・なみだ・唾液の分泌に関係する神経中枢や様々な神経路があります。
 A橋(きょう)
  延髄の上方に続く膨大部で、外転・顔面・内耳神経が出ています。
  また、内部には様々な神経核や神経路があります。
 B小脳
  橋と延髄の背側にあり、後頭蓋窩の内面にあります。  手掌大で脳のほぼ1/10の大きさ。
  骨格金の緊張を適度に保ち、身体の平衡と姿勢を調整する。
  小脳の中央を虫部といい、両側を小脳半球といいます。
  小脳は延髄・橋とともに第4脳室を形成し、内部には小脳核および脳の各部と連絡する神経路がある。
 C中脳
  橋の前上方部で前方は間脳に続いています。 背側部を中脳蓋とよび、腹側部を大脳脚といいます。
  中央部を中脳水道が貫通し、動眼・滑車神経が出ています。
  中脳蓋には上丘・下丘各1対があり、同名核を入れています。
  前者は視覚・後者は聴覚の反射中枢をなしています。
  大脳脚には動眼神経核・滑車神経核・動眼神経副核などと様々な神経路が見られます。
 D間脳
  中脳の前方に連なり、大部分は大脳半球に覆われています。
  腹側部を視床下部、背側部を視床といいます。
  視床下部=第3脳室の側壁と底の狭い部分で、諸諸の神経核をもって、自律神経の最高中枢をなす。
  視床脳=間脳の背側で第3脳室の左右両側にある灰白質塊で、内部は神経核や神経路がみられる。
 E終脳(大脳半球)
  脳の前上端部・間脳の両側に位置し卵形をしている。 大きさ前後16cm・左右13cm・高さ13cmくらい。
  ・外景
   表面には多数の大脳溝と大脳回があります。
   大脳溝の主なものとして中心溝・外側溝・頭頂後頭溝があり、これによって大脳半球を5葉(前頭葉
   後頭葉・側頭葉・頭頂葉・島)に区分します。
  ・内景
   大脳半球は表面の灰白質(皮質)と内部の白質(髄質)と大脳核からなっています。
   大脳皮質=神経細胞体によって構成され、さらに機能の局在があります。
   大脳核=髄質の灰白質塊・尾状核・レンズ核・前障・扁桃核があり、尾状核と被殻を線条体とよぶ。
         大脳核群の機能はまだ不明の点もおおいが、錐体外路中枢・自律機能の中枢などに関与
         していると言われています。
   大脳髄質=大脳半球の深部を作る神経線維束により構成されており、連合繊維と交連繊維・投射
           からなります。
 F脳室と中心管
  脳と脊髄内に見られる腔質で、脳脊髄液(髄液ともいう)を容れています。
  ・側脳室=大脳半球の内部にあり室間孔で第3脳室につらなる。髄液の分泌
  ・第3脳室=左右の視床間に見られる裂隙で、後方で中脳水道に続き髄液を分泌
  ・中脳水道=中脳内部の管状部で第4脳h室に続いている。
  ・第4脳室=小脳と橋・延髄間にあり、下方は中心管に続きテント状で髄液を分泌。
          正中口と外側口がありクモ膜下腔に続いている。
  ・中心管=脊髄灰白質の中心をとおり、脊髄円錐部で終室を作って終わっている。
 G脳膜
  脳膜と脊髄膜を総称して髄膜といい、脳脊髄液をいれています。
  ・脳硬膜
   1枚の脳被膜であると同時に頭蓋内面の骨膜である。
   内外2層からなり大部分は両者癒着しているが、ところどころに硬膜静脈洞をつくり、クモ膜との間
   には狭い硬膜下腔(リンパ腔)を作っています。
   また、内方には丈夫は板状の突起・大脳鎌・小脳鎌・小脳テントを作って脳を固定しています。
  ・脳クモ膜
   結果を欠く薄膜で、脳硬膜との間は狭い硬膜下腔で、軟膜との間は広く、クモ膜下面から多数の
   小梁が出て網状をして軟膜と決洞し、クモ膜下腔をつくり血管・神経が通過して髄液を容れる。
   また第4脳室の3孔(正中口・外側口)kとつながっています。
   クモ膜は硬膜静脈洞に多くの茸状の小突起・クモ膜顆粒をだし髄液を放出しています。
  ・脳軟膜
   脳実質表面を被う結果血管に富む薄膜のこと。


3.抹消神経


 1)脳神経(12対)
  主として脳幹から起始して末梢器官に分布しているが、運動神経細胞体は脳幹の起始核(運動核)
  に、近く神経細胞対は脳神経節内にあります。

神経名 性状 神経節 分布
T 嗅神経 知覚 判然としない 鼻腔粘膜
U 視神経 知覚 判然としない 眼球網膜
V 動眼神経 運動 眼筋(眼筋の大部分)
W 滑車神経 運動 眼筋(上斜筋)
X 三叉神経 混合 半月神経節 3枝に分かれる(眼・上顎・下顎神経)
顔面・耳介・外耳道の皮膚
歯・眼球および結膜・鼻腔・口腔粘膜
租借筋など
Y 外転神経 運動 眼筋(外直筋)
Z 顔面神経 混合 膝神経節 表情筋・舌味蕾(前2/3)
[ 内耳神経 知覚 蝸牛神経節
前庭神経節
内耳(コルチ器官、平衡班、膨大部稜)
\ 舌咽神経 混合 上神経節
下神経節
舌味蕾(後1/3)、咽頭、扁桃
] 迷走神経 混合 上神経節
下神経節
頚胸腹部の内臓
(骨盤臓器を除く)
]T 副神経 運動 胸鎖乳突筋、僧帽筋
]U 舌下神経 運動 舌筋

脳神経 副交換神経 神経節 分布
V 副交換神経 毛様体神経節 瞳孔括約筋、毛様体筋
Z 翼口蓋神経節
顎下神経節
涙腺
顎下腺、舌下腺
T] 耳神経節 耳下腺(唾液分泌)
] 器側神経節
器内神経節
頸胸腹部内臓(平滑筋と腺)


 2)脊髄神経(31対)
 脊髄から起始して末梢器官に分布しているが、運動神経細胞体は前角に、知覚神経細胞体は脊髄神経節に
 あります。

 @脊髄神経の構造
  脊髄神経は2根をもって脊髄から出ています。
  前外側溝から出る枝を前根(運動性)、後外側溝から出る枝を後根(知覚性)といい、脊柱管内を走り、後根は
  脊髄神経節を形成したのち、椎間孔部で前根と合流し脊柱を出てさらに前枝と後枝に分かれます。
  また、2本の副枝・交通枝と硬膜枝を出します。

 A脊髄神経後枝
  椎間孔から背面に向かい、頂部以下体幹背部の固有背筋のほか皮膚に分布しています。
  (皮膚分節形成)

 B脊髄神経前枝
  椎間孔から腹面に向かい、胸神経前枝のほかは脊柱両側で上下互いに吻合して脊髄神経叢を作ります。

 C脊髄神経叢
  a.頚神経叢(C1〜C4の前枝で作る)
  b.腕神経叢(C5〜Th1の前枝で作る)
  c.腰神経叢(Th12からL4の前枝で作る)
  d.仙骨神経叢(L4〜S3の前枝で作る)
  e.陰部神経叢(S2〜S4の前枝で作る)
  f.尾骨神経叢(S4〜Coの前枝で作る)

 D胸神経前枝(肋間神経)
  胸神経前枝は叢を作らず、肋間神経(12対)として肋間および腹壁を走行し、胸・腹部の皮膚・深胸筋群
  腹筋に分布します。

 E脊髄神経の主な枝と分布

脊髄神経叢 所在 主な神経 分布
頚神経叢
(C1〜C4)
側頚中部で
胸鎖乳突筋に
覆われている。
小後頭神経
(C2〜3)
横隔神経
(C3からC5)
後頭部の皮膚

横隔膜
腕神経叢
(C5〜Th1)
鎖骨上窩より
斜め角筋隙を
経て脇窩に達する。
肩甲背神経
(C5)
肩甲上神経
(C5〜C6)
尺骨神経
(C7〜Th1)



撓骨神経
(C5〜Th1)
菱形筋・肩甲挙筋

棘上筋・棘下筋

掌側では環指中央より手掌の尺側、手背では中指中央より尺側手根屈筋、深指屈筋の内側、小指屈筋、骨間筋、拇指内転筋
上腕前面、上腕外側下部、前腕後面の皮膚
上腕伸筋金、前腕伸筋
腰神経叢
(Th12〜L4)
腰椎横突起の前で大腰筋と腰方形筋の間にある。 大腿神経
(L1〜L4)
大腿前面、下腿内側、足背内側の皮膚
腸腰筋、恥骨筋、大腿伸筋
仙骨神経叢 骨盤内、仙骨前面、梨状筋起始部の前 坐骨神経
(L4〜S3)
下腿部(内側除く)、足部(足背内側除く)皮膚
下腿筋、足筋、大腿屈筋
陰部神経 仙骨神経叢の下方 陰部神経 肛門周辺、会陰部、陰嚢、陰唇、陰茎、陰核の皮膚
外肛門括約筋、会陰筋、尿道


 3)自律神経 → 3.31 NEW

 @分類
  ・交感神経(胸腰系)    内臓・血管や腺などの不随意的に働く器官に分布
  ・副交感神経(頭仙系)  生命神経・植物神経

 A中枢
  間脳の視床下部(高位中枢)とし、他に脳幹の自律核・脊髄の側角などがある。

 B神経元
  主に遠心性神経からなり、自律核(脳幹)・側角(脊髄)から出て、末梢器官に達するまでに2個の神経元から
  なり、節前繊維(白色で有髄性)・節後繊維(灰白色で無髄性)と呼びます。
  その中継点を自律神経節と呼びます。
  交感神経節には幹神経節と叢神経節とがあり、副交感神経には器側神経節と器内神経節があります。
  また交感神経節後繊維の末端からは、ノルアドレナリン、副交感神経節後繊維の末端からはアセチルコリン
  を分泌しています。

4.交感神経

  交感神経には交換神経幹・横枝・末梢枝からなります。

 1)交換神経幹
  脊柱の両側に沿い縦走しており、上方は第2頚椎の高さで、下方は尾骨の前に達する数珠状の幹で、
  幹神経節と節間枝からなります。

 2)横枝
  脊柱の前を横走し、両神経幹を連絡します。

 3)交通枝
  幹神経節と同じ高さの脊髄神経と交通するもので2種類に分けられる。

  @白交通枝    側角から出て、前根を通り幹神経節に入る節前繊維部
  A灰白交通枝  幹神経節から怒って脊髄神経に合流する節後繊維部

 4)末梢枝
  交感神経管から目的の器官に向かう部分で2種類に分けられる。

  @脊髄神経に入るもの
   幹神経節で中継した神経元は灰白交通枝を経て脊髄神経に入り、末梢の皮膚・節に分布する。
  A内臓に向かうもの
   側角から出た神経元は(節前繊維)前根を経て白交通枝を通り、更に幹神経節を通り末梢に向かうが
   途中、副交感神経とともに自律神経叢を形成する。
   この部で神経元を中継し(叢神経節)節跡繊維となり内蔵に分布する。
   この神経の走行は主に動脈に沿うものが多い。

 5)主な自律神経叢(交感神経と副交感神経で作られるもの)
  @心臓神経叢  A腹腔神経叢  B上腸間膜動脈神経叢  C下腸間膜動脈神経叢
  D下下腹神経叢(骨盤神経叢) など

5.副交感神経

 副交感神経は交感神経のような神経幹をつくらず、脳脊髄神経に伴って走り分かれて交感神経とともに
 自律神経叢をつくり、目的の器官の外部と内部の神経節(器内・器側神経節)で神経元を中継して目的
 の器官に分泌します。

 1)脳神経と走行する副交感神経
  主に頭部・頚部・胸部・腹部内臓(骨盤臓器除く)に分布します。
  → V動眼神経  Z顔面神経  T]舌咽神経  ]迷走神経
 
 2)脊髄神経と走行する副交感神経
  仙骨神経  主に骨盤緒好きに分布します。

------------------------ このページのTOPに戻る -------------------------------

■感覚器 
生体が環境に適応するための刺激を需要する器官を感覚器といいます。
感覚器には視覚器・平衡聴覚器・味覚器・嗅覚器・触覚器があります。(

1.視覚器
 
 眼球と副眼器からなり、視覚が一番良いところ(視軸)と中心(眼球軸)はずれています。
 近視は眼球軸が長くなり、老眼は短くなったものです。

 1)眼球
 眼窩内で球形をなし、直系約2.6センチ
 眼窩内では眼窩脂肪体によって包まれ、脂肪体と眼球壁は眼球鞘(テノン鞘)で隔てられ、鞘と眼球壁の
 間にはリンパが満たされ、眼球の後方には視神経が連なっています。

 構造
 @眼球繊維膜(外膜)
  結合組織膜で眼球の形態維持と内容を保護しています。
  ・強膜=外膜の後方5/6を占め白色不透明な膜
  ・角膜=外膜の前方1/6を占め後方は強膜に続き無血管透明の時計皿状膜で知覚に敏感
 A眼球血管膜(中膜)
  葡萄膜とも呼ばれ血管・メラニン色素に富んでいます。
  外部からの光線を遮断し栄養をつかさどります。
  ・脈絡膜=黒褐色不透明膜で前方で毛様体につづく。
         ぶどうの房房状で、目の中を暗くするため色素が強い
  ・毛様体=中膜の前方海綿様肥厚部で水晶体を輪状に包んでいます。
         内面に多数の細い繊維があり、水晶体をつるされるように支持している。
         毛様体中には毛様体筋があり水晶体の厚みを調節します。
         毛様体からは眼房水が作られています。
         近くを見るときは毛様体は縮んで水晶体は厚くなり、遠くを見るときは緩んで薄くなる。
  ・虹彩=毛様体の前端で、水晶体の前面を囲むドーナッツ状の膜で、中央の円形孔を瞳孔という。
       虹彩内部には瞳孔括約筋と瞳孔散大筋があり、入射光線量を調節しています。
       瞳孔を広げる筋肉は交感神経、縮める筋肉は副交感神経
 B眼球神経膜(内膜)
  一般には網膜と呼ばれ、網膜盲部と視部に分かれます。
  ・網膜盲部=前方部で毛様体・虹彩の後部をいい、光を感じない部をいいます。
  ・網膜視部=前方の後方で3/4を占め光を感じる重要部分
          軟らかくはがれやすい。 生体では透明で紫虹色
          視神経円盤・黄斑・中心窩がある。
 C水晶体
  瞳孔の後方、硝子体の前面硝子体窩にある。
  約1センチの両凸レンズ状。こう面は前面より湾曲が強い。
  血管・神経がなく無職透明で柔らかく弾性に富む。
  水晶体の辺縁は毛様体小帯で毛様体と連なり毛様体を支えています。
  これによって水晶体の厚みが調節され目の遠近調節がされます。
 D硝子体
  水晶体と網膜の間を満たす無職透明ゼリー状の物質で、薄い硝子体膜で包まれています。
  硝子体は眼房水とともに眼球のうち圧を保ちその形を保持しています。
  血管・神経はなく90%が水分
 E眼房と眼房水
  角膜と虹彩および水晶体との間を眼房といい、この腔を満たす透明液を眼房水といいます。
  毛様体で作られ、虹彩角膜間の強膜静脈洞に九州されます。
  血管を欠き角膜や水晶体・硝子体を栄養しています。
 F眼球の神経
  眼球網膜   : 視神経(視覚)
  角膜・強膜  : 三叉神経(知覚)
  瞳孔括約筋 : 副交感神経(光量調節)
  瞳孔散大筋 : 交感神経(光量調節)
  毛様体筋   : 副交感神経(遠近調節)
 G副眼器
  眼筋・眼瞼・結膜・涙器がある。

3.平衡聴覚器→ 4.5NEW

 耳(平衡聴覚器)は聴覚と平衡器をつかさどる器官で、外耳・中耳・内耳の3部から構成されている。

 1)外耳
  集音器き耳介と外耳道からなる。中耳との境には鼓膜があります。

  @耳介
   貝殻状で耳介軟骨からなる。
   耳介周縁を耳輪、その前方の平衡する隆起た対輪、その下前方に外耳孔があります。
   外耳孔の前方で被うように耳珠が、後方で対輪の対珠が突出している。
   耳介下端を耳垂といいます。
  A外耳道
    外耳孔から鼓膜までの約25mmの管状の部分
  B鼓膜
   外耳道と鼓室の境にある真珠様の光沢のある楕円形の薄い膜
   外耳道とは約45度の傾斜があり、外後上方から内前下方に向かいます。
   神経は外面に三叉神経・迷走神経、内面に舌咽神経が分布します。

 2)中耳
  @鼓室
   鼓膜の内にある骨腔で両凹レンス状で、上壁は乳突蜂巣と、内壁は前庭窓・蝸牛窓を経て内耳と
   前壁には耳管が続き咽頭と連なっています。
  A耳小骨
   鼓膜側より、ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨が互いに関節を作っています。
   小豆大の骨で、ツチ骨は鼓膜に付着し、アブミ骨は前庭窓についてます。
  B耳小骨筋
   伝音効果の調節を行なう筋で、鼓膜張筋・アブミ骨筋があります。
  C耳管
   鼓室と咽頭をつなぐ3〜4cmの管で、普段は閉鎖しているが、咀嚼・嚥下・アクビの時には
   開くことで、鼓室内圧と外気圧を調節しています。

 3)内耳
  @骨迷路
   側頭錐体部の中にあつ骨腔で、前庭・骨半規管・蝸牛・内耳路からなります。
  A膜迷路
   骨迷路の内部に納まる不規則形の膜性管系

4.触覚器(外皮)

 人体表面を被う皮膚と付属器(角質器と皮膚腺)を総称して言います。

 1)皮膚
  表皮・真皮・日か組織の3層からなり、体表を多い保護し感覚器・栄養貯蔵器・体温調節器・分泌排泄器
  などのほか免疫など、整体防御作用も持っています。
  皮膚面積は成人で約1.5u、重さは肝の約3倍、厚さは平均2.0〜2.2mmです。

  構造
  @表皮  − 角膜層(離層)   = 表層は角化(フケ・アカ)となって脱落します。
         − 中間層 ・淡明層 = 中間層は皮膚の厚い部分(手掌・足底)だけにあります。
                 ・顆粒層
         − 胚芽層 ・有棘層 = 近く神経はここまで分布
                 ・基底層
  A真皮  − 乳頭層 ・神経乳頭 = 真皮は強靭結合組織からなり、毛・脂腺・汗腺・立毛筋
                 ・血管乳頭    毛細血管・毛細リンパ管・近く神経・自律神経がある。
         ー 網状層
  B皮下組織(皮下脂肪層) =疎性結合組織からなり、皮下脂肪や神経終末があり、皮膚支帯を真皮と
                     ともにつくり、深部の器官と結合しています。
  C神経 − 自律神経と近く神経が分布しています。

 2)付属器
  @角質器 = 毛・爪
  A皮膚腺 = 汗腺 (大汗腺=アポクリン汗腺、小汗腺=エクリン汗腺)
            脂腺
            乳腺(皮膚腺の変形とされています。)
  B知覚神経終末(受容器)
   ・自由終末(表皮) = 痛覚
   ・マイスネル小体(真皮・皮下組織) = 触覚
   ・メルケル小体(真皮・皮下組織) = 触覚
   ・ファータ・パチニ小体(真皮・皮下組織) = 圧覚
   ・ゴルジ・マッツオニ小体(真皮・皮下組織) = 圧覚
   ・クラウゼ小体(真皮・皮下組織) = 冷覚
   ・ルフィニ小体(真皮・皮下組織) = 温覚

解剖学入門の入門ここまで↑です。



●整体関係のトップページに戻る(てあて整体院・整体師応援サイト)
●トップページに戻る


try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-5443287"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}