整体院の作り方




整体師応援サイトTOP


がんばれ整体
する人される人TOP



てあて整体スクール

整体師の皆さんには
施術院作りの参考に

新しい患者さんには
どんな整体院かを
知ってもらうために

どういった思いで
てあて整体院を
作って運営しているのか
お恥ずかしながら
ご紹介します。




資料請求・体験説明会






お問合せ質問はこちら


                              >>> てあて整体スクール資料請求・体験説明会

「整体院の作り方」と言っても、開業のための計画や準備の方法といったノウハウではありません。
僕が「てあて整体院」をオープンし、日々施療を行っていく上で、どんなことに気をつけて来たのか。
どんなことを考えて、施療の内容や料金・内装などを決めてきたのか、ということについて紹介したいと思います。
これから整体師になりたい方々や、てあて整体院で整体を受けてみようかと考えている方々に、私がどんな考え方でこの整体院を作り運営しているかを公開しようと思います。
ただし、この考え方は私の「好み」であって、他の整体院に通じるかどうかは分かりません。
こんな考え方もあると思っていただければと思います。

        ☆☆ このページは下にある方が古く、上に来るほど新しくなっています。 ☆☆
        ☆☆ 始めて読む方は、一番下からお読み下さい!!             ☆☆

■基本的な考え方  ■施療内容   ■物件   ■内装   ■宣伝  ■ユニフォーム  ■整体院名
■患者着   ■定休日  ■BGM  ■料金   ■差別化


■差別化 
開業する前から「差別化」については考えていました。

「ダンスとスポーツ」で他の施術院と差別化していきたい・・

これだけ整体院が多くなってきている中で新たにオープンするわけですから、何か他とは違うものがいるのではないかと思っていました。
他と同じようなことをやっていても、誰も見向いてくれないのではないか・・
そこで、ダンスでした。
ダンスについては20年の経験がありましたし、10年ほど前には現代舞踊協会に入会させても頂いていました。
(現代舞踊協会への入会は、はある条件以上の協会員の複数の推薦が必要でした。)
もちろん、自分自身がダンスで故障をして辛い思いをしていたので、それを何とかして上げられないかという思いもありました。

先ずやったことは、HPを作成アップしダンス関係のページを作りました。
ダンス関係のページでは、今でも連載をしている「こんなのを観てきました。」や「ダンスと故障の関係」など、ダンスをやっていて「僕自身が」知りたいなと思ったことをどんどん連載するようにしていきました。
次に現代舞踊協会の練馬区在住の方へのオープニングDMを送りました。
このときに来院して頂いたプロのダンサーの方とは、その後づっとお付き合いがあります。
そして、ダンス関係の方に対するセミナーを開くようにしました。
現在は「ダンサーズボディケア・セミナー」と題して月に1回のペースで行っています。
ここでは、身体のしくみやダンスで起こし易い故障とその原因・対処方法などをお話させていただいています。

こうやって、だんだんとダンス関係の方々の来院が増えるようになり、正確に調べてはいませんが、新しい患者さんの半数くらいは何らかの形でダンスとかかわりがある方になっています。
ということはつまり、大泉学園の患者さんだけでなく電車を使って来院して頂ける方が半数くらいになっているということです。
ダンスという切り口があったことで、てあて整体院の患者さんの商圏は大泉学園に限定されるのではなく、東京圏ということになりました。

さて、皆さんも差別化についてはお考えのことだと思います。
プライスや施術内容(メニュー)・営業時間・立地等、思い切って設定すれば差別化に繋がることもあります。
でも、個人で開業される場合は、「あなた自身」が差別化のためのツールだと思ってはどうでしょうか。
「自分らしさ」を前面に押し出すことが差別化に繋がっていくと思いますよ。
どんなに小さなマーケットを狙っても、ONLY ONEであれば患者さんは来院してくれると思います。
HPを有効に使って、「○○のわかる整体師って居ないんだよな〜」という患者さんを救ってあげて下さい。



■料金
てあて整体院の施術料金は6000円で、初診料が1000円です。
当初、整体院をオープンした時には5000円だったものを、2年が経過した後に値上げさせて頂きました。
料金は本当に悩みました。
近隣の手技療法の施術院を調査すると、5000円と6000円のところがあります。
また、時間単位で料金を分けてメニューを多くしているところもあります。
僕自身も5000円にしようか6000円にしようか、ずいぶんと考えあれこれ悩んだりしました。

さて、料金って本当はどうやって決めるものなんでしょう。
一般的には需給のバランスから決まるという考えと、コストプラス(原価・利益などの積み上げによる)の考えがあるようです。
大泉学園(東京近郊)では5000円も6000円も一般的ではありました。
そうなると、1ヶ月に施術する患者さんの数と、必要な売上高から決めるということになります。
この双方を計算してみても、どうも5000円でも6000円でもなんとかなりそうということになってしまいました。

で、カミサンに聞いてみました。
「6000円で行こうと思うんだけど・・」
「そんな金額じゃ、一人も来ない!!」
「へっ・・」

主婦の意見は厳しい、というわけで、開業当初は5000円で施術を始めることにしました。
調査もしていたし、一般的な金額だったので、患者さんにも違和感はなく受け入れられる金額だったようです。
では、何故6000円に値上げしたのか。

そらあ、儲けたいからに決まってる・・と思うでしょ。
でも、実際はそうではありませんでした。
というか、本当はかなり違った理由から料金変更をさせて頂きました。
てあて整体院では患者さん一人当たり、だいたい1時間30分の時間を取っています。
施術とその日の施術内容・患者さんの身体の状態の説明、ストレッチやトレーニングの確認などを行っていると、どうしても90分くらいの時間が掛かってしまうようになってきました。
一人で整体院を運営している場合、時間稼働率は50%を上回るということはほとんどないようです。
つまり、9時間の営業時間だと4時間半分の人しか診ることが出来ないということです。(実際にそうでした)
ということは、僕の場合、3人くらいが最終的な平均患者数ということになります。
そして、実際に限りなくその数字に近づきつつありました。

結局、家賃や水道光熱費などを支払い、手元にに残るお金を考えた時、6000円でないと厳しいという結論に達したんですね。
たとえば、患者さん一人当たりの時間を1時間にして、稼働率を上げるという方向性もありましたが、それは僕の目指す方向ではなかったし、すでに定着しているてあて整体院のスタイルとも違っていました。

料金変更当初はかなり患者さんが減ると思っていましたが、それほどではありませんでした。
今後はさすがに値上げするつもりはありません。
皆さんも料金については、とことん悩んでからつけて下さい。あとから変更するのはパワーが必要です。



■BGM
BGMはCD/MDデッキで自分で選んだものをかけるようにしています。
有線放送にするという選択もなくはなかったんですが、どうも自分で選べないということが嫌でこうなりました。
有線は環境音楽やJAZZ・ボサノバなど、選り取りみどりで悪くはないと思うんですが、あまりにもチャンネルが多いし、一つのチャンネルは一つのジャンルということになっていて、自分で選んで変えていくというのも面倒そうな気がしたんですね。
その点、CD/MDデッキであれば、自分で選んだ曲をかけられます。

内容は、ボサノバ・ハワイアン・イージーリスニング(と言うんですかね=歌のない曲です)が多く、患者さんがいる時にはジャズや流行歌のようなものはかけないようにしています。
また、環境音楽はどうしても好きになれないので、かけないようにしています。
施術のじゃまにならず、好き嫌いのあまり出にくい(と僕が思っている)もので、少しは話題になりそうなものを選ぶようにしています。
最近('04.02現在)よく掛けているアルバムは以下のようなものです。

 *THE BEST OF BOSSA NOVA  *BOSSA NOVA BEST SELECTION MC-4005
 *セレソン / 小野リサ  *Breeze dedicate to Antonio Carlos Jobim
 *Bossa Nova Selection  2  *Sunflower Time / ANNA CARAM   〜 ここまでボサノバ
 *HAPA  *Songs of the Hawaiian Islands  〜 ハワイアン(これは夏限定)
 *COMPARSA / Deep ForestV  *KIT / GONTITI  *In the Garden / GONTITI
 *VIOLINISM / TARO HAKASE  *CARAMEL TEA / Afternoon tea Music
 *image 2・3  *My Best Friends / 鈴木重子  *AMAZING GRACE / emiko shiratori 〜その他です。

この他にクラシックをかけたりもしていましたが、クラシックは大音量でないとあまり良くない気がするのと、自分自身が良くわかっていないのでやめてしまいました。
後からわかったのですが、あまりテンポの速い曲は心臓の拍動を早くしてしまうらしく、整体院などでは好ましくないようです。
どのアルバムもほとんどミディアムテンポの曲ばかりで、何かをしながら聞ける曲だと思います。
中にはご自分でCDを持ってくる方もいるので、たまにリクエストなんか聞きながらかけるようにしています。



■定休日 
定休日は今のところ設けていません。
よく大変ですね〜とか、先生も休まなきゃとか言われますが、これも最初から決めていたことです。
「休みを取るために仕事を変えて、脱サラしたわけじゃないしね・・」なんて、歯が浮くようなことを言ってごまかしていることもありますが、実際にはそんなカッコ良いものではないのです。
なので、この先ずっと定休日なしというわけでもありません。

では、何故か・・

理由はいくつかあります。
「定休日をいつにして良いか分らない。」「開業当初に休んでいる余裕はないだろう。(気分的にも)」「時間効率が悪い。」というような理由です。

定休日をいつにして良いかわからない・・というのは、そのままの理由で、初めての場所で開院するわけなので、何曜日に患者さんが少ないのか、何月に患者さんが多いのか、年末はいつまで来院されるのか、などなど、本当にわからなかったということです。
休みを決めるということは、その日営業できないということで、そうなると定休日は患者さんが少ない日にしたいと思ったとき、じゃいつが患者さんが少ないのかというのが分らなかったということです。
これまで3年くらいやってみて、僕の地域では水曜日と日曜日が少ないということが分ってきましたので、将来、定休日を設ける時にはどちらかの曜日になると思います。

開業当初に休んでいる余裕はないだろう・・というのも、そのままです。
石の上にも三年と言います。
軌道にのるまでの三年間くらいは、休みを取らないで多くの患者さんに来てもらえるようにしたいというつもりがありました。
ま、心配性なんだと思います。
友人で週休3日くらいにして、集中的に施術を行い、「にぎわい感」を出すという方法を一時とっている方がいましたが、そこまでのふんぎりがつかなかっただけかもしれません。

時間効率が悪いというのは、休んでいる余裕はないだろうと同じような理由ですが、外に向かって一般の患者さんを取り込むという仕事をしている場合、その店舗が閉まっている時間というのは、「患者さんが来ることが出来ない時間」ということになります。
そして、その患者さんが来ない(=収益が無い・見込めない)時間に対しても、家賃は発生していて払わなければいけません。
ということで、なるべくオープンしている時間を多くするという意味合いで、定休日を設けないということにもなりました。

じゃ何故、てあて整体院は、12時から9時までなのか、午前9時からでも良かったのではないか、と思われると思いますが、午前中の時間はセミナーなど整体以外の仕事の可能性を考えていました。
実際に営業してみると午前中に予約したいという方がいらっしゃるので、午前中の使い方としては、整体の施術(予約)とセミナーなどで使うことになりました。

大変じゃない?とよく聞かれますが、毎日休む暇もないほど予約が埋まっていれば疲れると思いますが、最初はそうでもありませんので、けっこう一人で施術院の中で休んでいることが多く、疲れがたまって大変ということはありませんでした。

もうすぐ最初に考えていた3年が経過します。
そうしたら定休日を決めてみようかなと考えているところです。




■患者着 
整体院では患者さんに着替えををして頂いています。
施術がしやすいようにということと、施術後のストレッチ指導などで患者さんが動き易いためです。
もちろん御自分のものをお持ち頂く場合もありますが、整体院でも用意をしています。

開業前は冬はトレーナーの上下で夏はTシャツとイージーパンツと考えていたのですが、探し初めてみてこれはちょっと違うなという感じがしてきました。
トレーナーはモコモコして患者さんの身体が良く分からず自分自身の指の感覚もあやふやになるし、Tシャツは半袖を考えていたのですが、半袖だと腕に直接触ることになる・・
女性が多いということを考えても、なるべく直接肌に触ることは避けた方が良いような気がしてきました。
カイロプラクティックなどで背中が開いた患者着を使う先生がいらっしゃいますが、僕の場合はストレートカイロプラクティックではないので、なるべく肌を出さずに肌の感覚が分り易いものをと考えたのです。

探してみるとこれがけっこう無いんですね。
色々探した結果、長袖のTシャツとイージーパンツの組み合わせに落ち着きました。
色は派手でもなく地味でもないグレー一色の上下おそろいです。
Tシャツは普通のニット製で、イージーパンツというのはウェストがゴムになったシャツのような生地のもので、1年中これを使っています。
ということは1年中この患者着が使える温度管理をしているということにもなります。

患者着そのものについては、着易く・施術しやすいということ意外にはさほどこだわりはありませんでしたが、一つだけこだわっていることがあります。
それはTシャツに必ずアイロンをかけるということです。
自分が着るTシャツにはアイロンはかけませんが、患者さんが着るものには必ずかけるようにしています。
だからどうしたと言われればそれまでなんですが、何となくそこだけははずせないという感じです。

昔、益田喜頓という喜劇役者さんが居て大好きでした。
益田さんはとてもおしゃれな人で、下着(パンツ)にもアイロンをかけるということをTVで見たことがあります。
あっこれいいな!と思ったのが心に残っていたんだと思います。




■整体院名
 僕の整体院は「てあて整体院」と言います。
 別に額や胸や腹に「手を当て」て施術をするからというわけではありません。
 いくつか考えた中からこの名前に決まりました。
 と、言うか「このロゴ」(↓)に決まりました、というのが正直なところです。
 

 整体院の名前は以前勤めていた会社を辞めることが決まってから、ずっと頭の中にはありました。けっこう優柔不断な性格なので、一生付き合うかもしれない名前を簡単に決めることは出来ないだろうなと思っていました。
 最初に考えていたのは、
 *あら木整体院・療術院 *○○(地名)整体院・療術院 *あら木コンディショニング *○○(地名)コンディショニング
 と言った普通に考えられるものや、
 *健康企画 *健康計画 *からだ計画 *からだ企画 *からだ塾 *○○健康塾
 と言った少し今風のもの(!?)
 そして、もう一つ
 *はわて *はわて整体院 *アクティブケア・アクティブレスト *アクティブケア・コンディショニング
 と言った説明をしないと分らないようなものでした。

 色々考えていても、これ!というものが決まらなかったので、チラシやショップカードの原稿でも作ろうかと思って、ハタと考えました。
 ロゴがないのです。
 ショップカードや看板・チラシで統一しようと思っていたロゴです。
 あ〜ロゴか・・
 と思っていたときに、あっそうだと思いついたのが、現在のロゴというかロゴの枠組みでした。
 右上の緑色は何にするかは決まっていませんでしたが、○○○整体院という文字を四角を組み合わせた枠に入れるというアイディアが浮かんだのです。(療術院では伝わりにくいという判断でした。)
 そうなると、整体院の前は三文字となって、候補としては「あら木」「はわて」という二つに絞られました。
 でもどうもこの「あら木」「はわて」はしっくりと来ませんでした。 「あら木」という自分の名前を出すというのも恥ずかしいし、将来、ひょっとして支店を出すようなときにはそぐわないような気がしました。「はわて」にいたっては、説明をしないとなんのことやら分らないということと、どうも発音をしたときのインパクトが弱いという気がしました。
(「はわて」とは「母の手」の古語です。)

 さて、ではどうして「てあて」になったのか・・
 会社も辞め毎日整体の勉強をしていましたが、気晴らしにとバレエのレッスンを受けに言ったときです。
 「じゃ、最後はテアテです。」と言って、片足を曲げたり伸ばしたりしながら、クルクルと何度も回転する練習が始まりました。
 「テアテ」「てあて」「手当て」・・あ〜、これは響きも・語呂も良いし、バレエやダンスにも関係があって、整体院の名前としては親しみも感じて良いかもしれない・・と思ったんですね。
 レッスンが終わってパソコンに向かい、作っておいたロゴの枠の中にこの文字を入れると、ピッタリとはまりました。
 出来た瞬間に気に入って、これにしようと思いました。
 今でもこの名前は良かったなと思っています。 覚え易いし、親しみやすい、整体にありがちな怪しさもないし、明るい感じがします。そして整体の患者さんに多い女性に受け入れられ易いと考えています。
 
 でも実はバレエの練習の名前は、「フェッテ・ア・テール→フェアテ」というのが正しい発音だったらしいのです。
 勘違いではありましたが、これもまた患者さんとの笑い話になってよかったなと思っています。




■ユニフォーム 
 曰く「患者さんは白衣に信頼を置く」
 曰く「白衣を着なければ整体師に見えない」
 だから・・  
 整体院をオープンしたら白衣を着るべきだ!ということを、整体学校の先生や先輩によく言われました。

 でも、僕は白衣を着ていません。
 通常はベージュのチノパンに、ボタンダウンのシャツかポロシャツ、またはトレーナーで施療をしています。
 最初から全く白衣を着るつもりがなかったんですね。
 色々な理由はありますが、簡単に言うとたぶん「ダサイ」と思ったからです。
 それは白衣そのものということではなく、白衣を着るということが、どうしても「医療関係者」を装っているように感じてしまうんですね。
 装うというのは良くない(カッコワルイ)と感じてます。

 では、ユニフォームはどんなものが良いか?
 機能的には「その仕事がやりやすい」ということだと思います。そして、我々のような民間療法の場合、「施術院の雰囲気作りの一部」になれることだと思います。
 機能的に動き易く整体をやりやすいという点では、白衣よりもカジュアルでスポーティーな服装のほうが良いのは明白です。だって一般的な白衣は腕を上げたり、動き回ったりというよりは、椅子に座って診察することに向いているような形態になっています。アパレルにいたころの知識で言えば、袖ぐりが狭いものが多く、ニット素材のものがほとんどないというのは、整体には致命的だと思っています。(少なくとも僕の手技には向いていない。)
 次に施術院の雰囲気という点では、先述したように明るく広くゆったりとした空間で「くつろいで」頂くために、患者さんに気負いを与えるようなものではないほうが良いと思います。
 ただ、カジュアルでスポーティーと言っても、派手なものになってはいけないと思います。

 ということで、僕が選らんだのはボタンダウンとポロシャツとトレーナーでいずれも「無地」のものです。
 もうすこし細かく言うと、ポロシャツは鹿の子素材ではなくスムース素材のものにしています。
 鹿の子素材(普通のポロ)のものは、提灯袖のものがおおく、また、襟も一重になっているため、毎日洗っているうちに伸びてしまうんですね。 いくらカジュアルで動き易いとは言っても、襟や袖が伸びてしまったポロシャツを着た整体師には施術を受けたくない。
 もうひとつ気をつけていることは、夏でも必ず下着をつけるということです。
 僕はとにかく汗かきで、1回施術を行うと大量の汗をかきます。
 その汗を患者さんに見せないために、必ず下着を着てからポロシャツやボタンダウンを着るようにしています。

 開業してからこれまでのところ、患者さんに「先生なんで白衣着てないの?」と聞かれたことは一度もありません。
 一度だけ学校時代の先生がいらしてくれた際に、「必ず白衣を着るように」と言われたことがあるだけです。
 その先生には申し訳ないと思っていますが、僕はこれからも白衣を着るつもりはありません。
 患者さんが納得出来て動き易く施術院の雰囲気作りの一部になっているという点で、いまのユニフォームが「てあて整体院」にはあっていると思っています。




■宣伝
宣伝については「最初からこれ!」というものは決まっていませんでしたが、ある程度の基本的な考えというものはまとまっていました。
考え方として、ひとつには「知ってほしいことより、知りたいこと」、そして「視覚効果で頭に訴える」というものでした。

「知って欲しいことより、知りたいこと」というのはつまり、自分の整体院ではこんなことをやっているとか、この方法はこんな良い点があるという「自分が患者さんに伝えたいこと」より、何時やってて・幾らでやってくれて・連絡はどう取れば良いかなどと言った「患者さんが知りたいであろうこと」を前面にチラシなどを作ることでした。
だいたい、僕はチラシをほとんど見ないのですが、たまに見たとしても必要なのは、自分の必要最低条件に合っているかどうかということくらいで、あとはチラシの雰囲気・感じを見て良ければ電話で実際に声を聞いてみて判断するというようにしています。
皆が皆そうだとは思いませんが、長々といろいろなことが書いてあるチラシはうっとうしいだけという感じがしているんですね。
だから、なるべく内容は必要最小限にするようにしました。

次に「視覚効果で頭に訴える」というのは、ちょっとオハズカシイ話ですが、CIということを考えていました。
一介の整体院が何をと思われると思いますが、考えたんだからしょうがない・・
つまり「てあて整体院」のロゴを常に宣伝の時には使うことで、ロゴを頭の中に刷り込むことが出来れば良いなと思っていました。
ショップカード(名刺)もチラシも看板もほとんど印刷する宣伝関係のものには全て同じロゴを使うようにしました。
1年半が経って、最近たま〜に「あのロゴがなんとなく見覚えがある・・」という患者さんが1割くらい出てきたので、ヤッタ〜と一人悦に入っています。

では宣伝の方法にはポリシーは無かったのかと聞かれると、これについても正直言ってはっきりしたものはありませんでした。
ただ、インターネットについては時間が掛かっても必ず効果が出るという確信めいたものがあったので、最初から時間を作ってはHPの作成などを行っていました。
また宣伝をする時に避けていた点としては、折込チラシや雑誌広告などでやる期間限定の割引サービスというものだけはやめるようにしていました。
施療内容のところでも書きましたが、最初から治療系を標榜して時間がかかることは覚悟していたので、治療と値引きという整合性のない打ち出しはしないように考えたのです。
患者さんが少ない時はくじけそうにもなりましたが、今のところ正しい判断だったと思っています。

今のところ「てあて整体院」で効果があった宣伝は、インターネットでのHPの公開とクチコミです。




■内装  
内装は物件が決まってから詳細を決めました。
だいたいこうしたい、ということは決まっていたのですが、やはり実際の物件が決まり、部屋の大きさ日当たりなどが分からないとと思っていました。
だいたいこうしたい、というものの基本的な考え方は次のようなものでした。
 
 @施療スペースをカーテンで仕切るようにはしない。
 A経絡図・骨格模型を目に見える場所に置かない。
 Bベッドと床の両方を使えるようにする。
 C更衣室は「安心」して着替えが出来る位置にする。
 D明るく広くゆったりとした雰囲気になるようにする。

施療スペースをカーテンで仕切りたくないというのは、全くの好みの問題だと思います。
そういう施療院もあるとは思いますが、治療系を標榜するからと言って、病院や接骨院のような味気のない内装にはしたくないという思いがありました。
くつろげるムードというか、ゆったりとした気分で施療を受けていただきたいという思いから、カーテンでは仕切らない方が良いと思っていました。
経絡図・骨格模型も同じような考え方からで、治療系なのだからそういった専門的な資料もあるべきだという先生もいらっしゃるかと思いますが、「骨格模型などは一般の人には不気味」ではないかと思っています。
なるべくなら、明るいインテリアの「SHOP」に入ったというようなムード作りがしたかったのだと思います。

ベッドと床の両方を使えるようにしたかったのは、施療の関係もありますが、将来的に健康教室やセミナーなどを開こうと思っていたからでした。
実際にセミナーを開催するようになって、部屋に仕切りがなく、床を使える(フローリング)ために、大変役立っています。机と椅子を使ってのセミナーも出来ますし、床の上でストレッチのセミナーも行っています。

更衣室の位置はいくつか案を考えましたが、入口の外から見えない場所で僕がいつも座っている椅子と対角線の位置にしました。
この位置にすることで、外からと施療者である僕の視線を気にすることなく、安心して着替えをしていただけていると思います。
気にしすぎと言われるかもしれませんが、細かい気配りを積み重ねて作った空間は、居心地の良いものになると信じています。

明るく広くゆったりとした・・については、物件にかなり左右されるので難しい面もありましたが、壁の一面が全て窓という特徴を活かし、その窓をいつも全開に出来るようにしました。
また、施療中に患者さんが目を上げると「窓一面の空」が見える位置に、患者さんの頭を置いてもらううようにしています。

たまたま、壁が全て白のクロス張りであったことも奏功して、施療院の中は明るくゆったりとしたものになったと思っています。
上記のレイアウト以外に気をつけた点は、「什器・備品」は色をある程度統一するということと、収納のための什器をあまり置かないということです。
てあて整体院の場合、壁が白でしたので、机・椅子・棚(タオル等)は全てベージュの木目調にし、カーテンと間仕切りは壁に合わせて生成りにしました。こうすることで、室内の統一感が出て、落ち着きが出てくると思います。
また、収納は場所を作ればその中に入れるものが出てくるという過去の経験則から、棚を一つ置いた以外は置かないようにしています。そうすることで逆にモノが増えるのを防ぐようにしています。

よくよく、読み返してみると、自分の部屋を作っているような感じですね。
自分が居心地が良い空間を造ることで、「アットホーム」な雰囲気が出て、ゆっくりと安心して施療を受けて頂けるのだと思います。特に「什器の色」「レイアウト」は妥協すると、統一感が薄れなんとなく落ち着かない居心地の悪い空間になってしまうので気をつけるようにしました。

次は宣伝(予定)



■物件('03.4.7) 

物件を探し始める前に2つのことを考えました。
地域はどこにするのか、ということとロケーションはどうするのかということです。

「僕はこうやって整体師になった」の中でも書いていますが、地域については世帯数の調査を行って決めました。
施療の内容を治療系で行こうと決めていたので、繁華街で人通りの多い少ないよりは、世帯数が多いかどうかということが患者さんの伸びに将来的に関係してくる、と勝手にそう思ったからです。
目白・吉祥寺・大泉学園・保谷を調査して、結局というか最初から決めていたというか、大泉学園に決めました。
世帯数調査の前に行った、市場調査の段階で「ここはいいな〜」と思っていたんですよね、 何故か。
裏づけをとるためというか、理由を作るために世帯数調査をやったようなところがあります。

大泉学園は池袋から25分くらいに位置する、ベッドタウンのような町です。
開業前後、駅前に大きなビルはなく、駅ビルもありませんでした。
3分も歩くと深い住宅街の入口に当り、20分近く歩いたところからは、最初に区画整理がされたと思われる「お屋敷町」があり、静かな住宅街がつながっています。
ガチャガチャとうるさくない場所で、地元に密着した施療をしていきたいと思っていましたので、理想的ではありました。
思い描いていた町並みがあったという感じです。
吉祥寺もそれに近かったのですが、あまりにも駅前の開発がされすぎていて繁華街が大きくなりすぎていました。

次に考えたのがロケーションです。
その街のどこに施療院を構えるのか・・
条件として幾つか考えていたことがありました。
10坪前後だとか人通りはある程度はあってほしいだとか、出来れば1階が良くて駅から5分以内などなど
考えてみればムシの良い話です。
それでいて家賃の坪単価は絶対に10,000円を超えないなんて言っていたのですから。

最終的に決め手になったのは、「静か」「明るい」「住宅街に入る前の立地」ということでした。
治療系を標榜しているので、人通りは最初から目をつぶっていました。
それよりも、患者さんが施療院に入ってきたときに、リラックス出来る空間が欲しかった。
そのためには「静か」であること「明るい」ということは絶対に譲れないことでした。
外から見てこの条件にはまっていないところは、中を見る前に候補からはずしていました。
そして出来れば「住宅街に入る前」、つまり、会社や学校から帰宅する時に、自分の家に一直線に進む前の立地、電車に乗って他から来ていただくときには、歩いていて「寂しく」なる前の町並みがある立地でした。
地域密着を前提にしていましたが、このHPを見ていただいても分かるように、ダンス関係の方々にも来て頂きたいということも頭にありました。

そして決まったのが、駅から3分、住宅街に入る手前の立地で、ビルの4階、表通りと裏通りの間のような場所です。
誤算だったのは、エレベーターが4階に止まらないということでしたが、1フロアーに1室しかないために、逆に入口前を人が行き来するということがなく、開放感があるのに静かで落ち着いて施療を受けて頂けます。
最近は「誰かの部屋に来たみたい」と言っていただけるようになり、リラックス出来る空間になったのかなと思っています。

物件は施療内容や基本的な考え方ときちんと整合性が取れるということが、とても重要だと思います。
どの点を妥協しないか、どの点は捨ててもよいか目をつぶっても良いかということを考えてきめるべきだと思います。



■施療内容('03,3.12) 

ここで言う施療内容とは一般に「メニュー」などと呼ばれているもののことです。
整体や手技療法の業界というか仲間内では、施療の基本的な分類として「治療系」「慰安(リラクゼーション系)」などという分け方をしています。
よく駅前や繁華街などで「○○分=○○○○円」とか「部分施療30分=□□□□円、全身施療=□□□□円」という表示をしているような所を「慰安(リラクゼーション系)」と呼び、「1施療=○○○○円」などとしている所を治療系と呼んでいます。
目的は症状の改善という意味では同じだと思いますが、症状をメインにするか慰安をメインにするかの違いですね。
もちろん、時間で区切る施療でも治療系という考えの基に行っている先生もいますが、あくまで一般的にはこういう分類だと思います。

僕の場合、全く迷いなく「治療系」を目指そうと思っていましたので、施療の内容としては1施療いくらという設定になりました。
そうなると1回の施療の中で行うことは、患者さんの症状に合わせて決めていくというもので、基本の手技は変わりませんが、部位によって調整する手技など内容が変わってきます。
リラクゼーション系のサロンのような整体院を作ることに否定的というわけではありません。
最初に整体を目指そうと思ったとき、「自分の経験したような腰痛や故障に苦しむ人を助けたい」という気持ちがあったということが、先ずベースになってこんな風に考えたのだと思います。

ただ、迷いが無かったというわけではありません。
治療系を標榜する場合、開業して軌道に乗るまで時間がかかるというこは分かっていました。
施療料金を1本しか用意していないということは、「気軽さ」や「手軽さ」を捨てるということにつながります。
つまり、手軽な金額で「ためしに受けてみようか・・」という患者さんは見込めないということです。

宣伝や整体院の告知を行うにしても、治療系の場合、結局は「口コミ」がメインになるということで、患者さんの数は劇的に増えるということはありません。
地道に少しずつ増やしていくということを前提に考える必要が出てくることになります。
ただ、一旦患者さんがついてしまえば、よほど手技・技術などがひどいものでない限り、将来的にもリピートをして頂けるということが期待できますので、一生の仕事と考えて、この方向で行ってみようと思いました。

施療内容や料金体系を変えるつもりは、今のところありません。
施療内容や料金体系は、患者さんがその整体院がどんなところかというのを判断する材料の大きな部分を占めていると思います。
それを変えてしまうということは、最終的には自分が考えている方向を放棄することだと思っているからです。



■基本的な考え方 ('03.3.1)
整体院をやろうと思ってからは、こんな整体院にしたい、あんな整体院にしたいと色々なことを考えました。
様々なことを考えるうちに、いくつかの問題点が出てくるようになります
つまり、あの考え方とこの考え方の根本となる考え方に、整合性がないのではないかということです。
ポリシーと呼ぶべき基本的な考え方が無い上に、様々なことを決めていくといつか矛盾が生じるということは、サラリーマンをしていた頃にいやというほど知っていました。
僕自身が少しガンコということもあって、先ず、基本的な考え方を統一してしまおうと考えました

 先ず「自分がされたくないことは絶対にしない」というものです。
 次に開業の形態としては、治療系で行くというものです。
 そして今までやってきたことを無駄にしない(仕事や趣味)というものです。

よく色々な接骨院や整体院・カイロプラクティックなどに行って、何でこんなやり方をするんだろう?と疑問に思うことが沢山ありました。
小売業をやっていた経験からか、見なくても良いようなことを見てしまうクセがあるのかもしれません。
自分がされたくないことは、それが一般的であってもやらない・絶対にやらない!と決めました。

整体院などをオープンするに当っては、治療系でいくのか癒し系でいくのかということを決めるようです。
住宅街立地で地道に地元の患者さんを開拓し地域密着型の治療系を目指すのか、駅前立地で高回転を目指す癒し系(リラクゼーション系)かということです。
僕の場合は自分の腰痛の経験などもあり、迷うことなく治療系と決めていました。

そして、整体師になるということを決めたときに、今までの仕事や生活を無駄にしない、逆に役立てることをやろうと思いました。
施療を受けてはいましたが、全く未知の世界に入ることになるわけで、新参者が熟練の先輩方に混じって生きていくために、少しでも得意分野があってそれが差別化になるのなら尚良いと思ったわけです。
また、全く新しい世界でまっさらな状態で始めるということは、「今までを否定する」という感じがして最初からネガティブな感じがしたんですよね。
だいたい、以上のような考えを基本として、施療内容や内装を決めていくことにしました。
施療院の物件などで制約もありましたが、今のところ基本的な考え方から外れた方法は取っていないと思います。

次回は「施療内容」、その次は「物件」になると思います。 お楽しみに。


------------------------ このページのトップへ戻る -------------------------


●整体関係のトップページに戻る
(てあて整体院・整体師応援サイト)
●トップページに戻る

try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-5443287"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}