整体院オープンその後

整体師応援サイトTOP


がんばれ整体
する人される人TOP



てあて整体スクール



 これまで「僕はこうやって整体師になった」では、学校探しから勉強中・卒業後の開院準備期間を経て整体院を
 オープンするまでを書いてきました。
 また、「整体院の作り方」では整体院を作るときに考えてきたことを書き留めました。
 でも、このサイトを読んでいる方が一番知りたいのは、本当に食っていけるのか?
 どうやって生活するだけの患者さんを集めることが出来たのか?
 そんなにトントンと上手くいくものなのか・・・   というところでしょう。
 で、そこんところを書いていこうと思います。
 話は前後するかもしれませんが、しばらく続けるつもりですのでお楽しみに。



 ■最初の1ヶ月
 ■何時ごろ黒字になったのか・・
 ■患者数ゼロ・・
 ■どうやって患者さんを集めたか
 ■インターネット・紹介・クチコミ
 
■紹介・クチコミ

 ■Don't let your hands job !




 ■Don't let your hands job ! 

 整体院をオープンして約1年(正確には10ヶ月半)経ったころのことです。
 いつも予約を入れていただいていた女性から、ひさしぶりの連絡が入りました。
 
 「ありがとうございます。 その後どうですか? 腰の調子は・・」
 「腰は良かったんだけどね・・ この前やってもらった次の日に”揉み返し”が出たわよ・・」
 「そうですかっ  すみませんでした。」
 「いえいえ、いいのよそんなに気にはならなかったから・・」

 というような会話がありました。
 前回、腰痛(腰が重い)ということでいらした際に、肩が非常に張っていたので、少し時間を取って肩関節
 周囲の筋肉群をいつもより強めに動かしたりしたために、揉み返しのような症状が出たのだと思います。

 本当に冷や汗ものでした。

 開業して1年近くたち、患者さんにも慣れほとんどの症状にも対応出来るようになっていた(と思い込んで
 いた)時期のことでした。
 たぶん、”いつものように”施術を行い、要望のなかった肩についても”自然に”楽にしてあげようという気持
 ちがあったのだと思います。
 ”普通”に施術をしたという記憶があります。
 そこに落とし穴がありました。

 ” Don't let your hands job ! ”というのは、ジャズピアニストの小曽根真さんが、NYで仲間のジャズマンから
 聞いた言葉だそうです。
 ジャズピアアニストなどは、デビューして数年も経つと、何も考えなくても”自然に”手が動くようになるそうです。
 周りのドラムスやベースなどに合わせて、”いつものように””普通に”演奏することが出来るようになる時期
 が来るそうです。
 ところが、その時期にそういう風に演奏をするのが一番良くないことだそうです。
 「お前の手に勝手に仕事(演奏)をさせるな!」というのは、お客様の前でより良い演奏を追及するために
 慣れに入っていかないようにいさめた言葉だそうです。

 同じようなことが起こっていたのだと思います。
 患者さんを目の前にしても、特に緊張しなくなった時期・・
 肩や腰などの症状のある部位に対して、自然に施術が出来るようになった(と思い込んでいた)時期・・
 
 細心の注意を払って行なうべきことを忘れていたのだと思います。
 その日以来、バックヤードの神棚の下に、「初心忘れるべからず!」という張り紙が貼ってあります。
 毎日、神棚に手を合わせるときに、思い出して患者さんの施術に当たるようにしています。

 諸先輩からも同じようなことを聞かされていましたが、まさか自分がそうなるとは思っていませんでした。
 これから開業をされる方、開業1年目くらいの方は気をつけてみて下さい。


 ■紹介・クチコミ

 クチコミのために何かをやっているか・・と聞かれると、特にこれと言ったことはありませんが・・
 心がけていることがあります。

 患者さんが僕の整体院(もしくは僕)を、知人に紹介するときに、どんなことを思って紹介してくれる
 のかということを考えました。
 で、結局は「良くなる」とか「雰囲気が良い」とか「料金に見合った施術内容」だとか、「回数券を売りつけ
 られない」とか「安心」だとか、そういった印象を持っていただけたければ、紹介につながるのではないか
 と思いました。
 そのために、やったことというのはあります。

 それは僕自身が整体院に言って心配に思っていることを解消することでした。
 三段論法のようになりますが、患者さんにはこんなことをお話させて頂いています。

 @施術は○○回くらいは週1回で、その後2週間に1回・3週間に1回と間隔を空けても大丈夫なように
  なってきます。
  これは整体の効果が長く持続するようになるということと、自分でやってもらうストレッチ等の効果です。
 Aおおよそ間隔が1ヶ月に1回くらいになったら、自分でストレッチをすれば痛みや故障は出にくくなる
  ので、来院しなくてもよくなります。
 B僕としては、「なるべく通院しないですむような。」施術を心がけます。
 
 ここで、患者さんは、通う回数が少なくても良いなんて本当?という感じになります。
 (ならない方もいますけど・・)

 Dそうなると、患者さんの通う回数が少なくなるので、調子が悪い人がいたら紹介してくださいね。
  という話をします。

 来なくても良いですよといのは、商売としてはやせがまんのようですが、患者さんの支持を頂くという
 ことからは必要なことだと思います。

 こういった内容の話をして、出来るだけ患者さんが通う回数が分かりやすくなるようにしています。
 そうすると、僕が整体院に行って心配に思っていた、「何回来なければいけないのか」「いつまでも
 治療は続くのか」「お金は最終的にいくらくらいかかるのか」「来なくなる時はこちらでは決められない
 のか」というようなことが解消されます。(と思う)
 でも、本心は患者さんにリピートをしてもらいたいという部分もありますので、「月に1回くらいはメンテ
 ナンスに来ても良いですよ!」という話はするようにしています。
 もちろん、その場合は痛みや症状の改善が目的ではなく、体の調子を整える・疲れを癒す・元気を
 回復するということが目的だということをお話しています。

 今は月1回の患者さんの割合が多くなってきています。
 そういった方々は1ヶ月の間に”溜め込んだ”疲れや、少し調子が悪い所を調整していかれます。

 これが、紹介・クチコミに繋がっている、僕の方針というか方法です。



 ■インターネット・紹介・クチコミ

 開業してしばらくはポスティングや駅看板・電柱看板・フリーペーパーと、同業の方々がやっていることと
 同じことをやっていました。
 結局、今も続いているのはインターネットと紹介・クチコミそれに入り口の看板ということになります。
 看板は見やすく覚えやすいものというところがポイントで、あとはそれぞれ皆さんの思いによって違った
 ものが出来ると思うのですが、インターネットと紹介・クチコミについては、やっていることにかなり差がある
 ように思います。
 僕の場合はどうやって来たのかについてちょっと書いてみたいと思います。

 先ずはインターネットです。

 インターネットは整体院をオープンして1ヶ月目にアップしました。
 今思えばもっと早くやっていれば良かったと思いますね。
 HP自体はオープンの1ヶ月前には自宅のPCの中に出来上がっていました。
 ご存知の方もいるかと思いますが、ウィンドウズ95に標準装備されていたフロントページというソフトで作りました。
 1冊の本を読んで、ページの指示にしたがって順に作っていたのです。
 早くアップしようと思っていたのですが、開業の準備でなんとなく遅れ遅れになっていました。
 開業直後に整体院用のPCを購入し、フロントページを立ち上げようとしたら・・ないのです!
 フロントページが・・
 僕が買ったPCには、当時発売されたばかりのウィンドウズXPがOSとして搭載されていました。
 いつも言っているように、PCにひどくうとい僕は、XPではフロントページは動かないということを知りません
 でした。
 で、結局、新しいソフト(HPビルダー)を購入してインストールし、新たにサイトを作り立ち上げるのに1ヶ月
 経ってしまったということです。

 最初は1日当たりのアクセス数は10件にも満たないものでした。
 そこで、アクセス数をアップすることを考えました。
 とにかく、僕が作ったサイトを見てもらい、整体院のことを知ってもらう必要があると思ったからです。
 そこで先ず行ったのが、「登録出来る検索エンジン一覧」というサイトに掲載されている検索エンジンに
 片っ端から登録を行っていきました。(このページは現在はないようです)
 その時、ちょっとした工夫をしました。
 検索エンジン毎に違いますが、同じサイトの複数のページを登録出来る場合は、トップページと整体の
 ページ、それにダンス関連のページの3ページを登録しました。
 登録手続きをしたサイトは3〜400くらいありましたので、全部で700くらいの登録を行ったと思います。
 この作業を開業から1年近くはずっとやっていました。
 おかげで、サイトをアップした月に134件だったアクセス数も、7ヶ月目には1016件になり1日当たり
 30件を超えるようになり、このころから少しずつHPからの問合せが増えてきました。
 ちょうど1年目くらいに、当時行っていた整体に関する掲示板が荒れたことがありました。
 このときは色々なことを書かれましたが、逆にこれがきっかけでアクセス数が倍増しました。
 
 登録を続けながらも、更新を心がけるようにしていました。
 結局、一度サイトを覗いてもらっても、何度も来てもらわなければアクセスは上がらないと思ったからです。
 自分の中の計画・目標としては、1週間に1回はどこかに新しい記事をアップするようにしていました。
 そのため、いくつかの”連載”を抱えることになります。
 「僕はこうやって整体師になった」や「こんな治療院がありました」は当時の連載ですし、「こんなのを観て
 きました」は、現在も続けて連載をしているものです。

 HPについては、SEO対策やググル対策などと言って、お金を払ってアクセス数を上げる方もいるようですが、
 結局はコンテンツだと思います。
 単純にアクセスを上げる対策は必要だとは思いますが、自分のサイトに来た方が「おっここは面白いな」
 とか「何かありそうだ」とか「これは役に立つかも・・」とか思わなければ、再来もないし、将来の患者さんや
 問合せには繋がらないと思っています。
 ちょっと、大変ですが、やりはじめるととても面白い仕事(楽しみ!?)になると思います。

 紹介・クチコミは次回ということで・・


 ■どうやって患者さんを集めたか 

 宣伝は何が一番効果的ですかね?

 これは開業間もない方やこれから開業しようと思っている方によく聞かれることです。
 で、僕の場合、どんな宣伝をやってきたのか・・
 これまでも色々と書いてきましたが、ここでもう一度確認をしておきたいと思います。
 ここに書く内容は、おおよそやってみた順番です。
 
 @ポスティング  ×××
  ポスティングは最初の1年間は、効果があろうがなかろうがとにかく続けました。
  僕の整体院は正午からオープンにしていますので、午前中にポスティングを行います。
  ポスティングとは商圏内のお宅に一軒一軒チラシを投函するというものです。
  だいたい、1時間で2〜300枚投函することが出来ます。
  で、合計すると30,000枚くらい投函しましたが、結果としては2名の患者さんにしかなりませんでした。
  これはかなりひどい結果だと思います。
  業界の先輩や知人の話を聞くと、1000枚で2名くらいというのが一般的なレスポンスです。
  でも、とにかく続けました。
  他に毎日出来ることが無かったということと、何かをやっているという実感がほしかったのかもしれません。

 A置き看板  ○○○
  店舗の入り口に看板を置きました。  看板にはチラシを入れられるようにしておきました。
  これはボチボチと反応があり、週に1名くらいの新患さんに繋がりました。
  現在はちょっと思うところがあって、看板にチラシはつけてありません。

 B駅看板  ×××
  大泉学園ホームの上り(池袋行き)側に、90cm×180cmのものを9ヶ月掲載しました。
  結果は1件の問合せだけで、患者さんには繋がりませんでした。
  ちょっと信じられませんでしたが、とにかく全く何の反応も無かったので、掲載を取りやめました。

 C電柱看板  ×××
  駅から店舗までの間に、おおよそ1年間4本掲載しました。
  結果は1件の問合せにも繋がりませんでしたので、やめてしまいました。

 Dインターネット HP ◎◎◎
  店舗をオープンしてから1ヶ月目にサイトをアップしました。
  最初のころのアクセス数は1日当たり数件から10件くらいで、全く反応がありませんでしたが、一日当り
  30件を超えるあたりから問合せが入ってくるようになりました。
  現在はこのサイトからの問合せだけが唯一の宣伝広告になってしまいました。
  インターネットについては、一度やったことについて書いてみたいと思います。

 Eフリーペーパー  ××
  某有名フリーペーパーに4ヶ月連続で掲載しましたが、全く反応がなく1名の新患だけしか問合・来院に
  繋がりませんでした。

 F店舗へのショップカード設置  △△△
  近所のタイ料理屋さんやコーヒーショップにショップカードを置いてもらいましたが、来院はゼロで効果は
  ありませんでした。
  但し、目白にある輸入バレエ用品店だけは効果があって、置いてもらったショップカードを見たという方が
  来院されることがあります。
  これは、僕がダンスをやっているという特殊な状況があってのことだとは思います。

 G紹介・クチコミ ◎◎◎
  結果としてインターネットと同じくらい効果の高い宣伝方法になりました。
  紹介をして頂くために、特に何かをやっているということでもありませんが、患者さんとの話の中でポイント
  となるようなことを話ています。
  これについては次回ということにします。


 ■患者数ゼロ・・ 

 「あら木くん開業するの? だったら、先ずは患者数ゼロの日を減らすことだね。」

 これは、僕が通っていた整体の学校で講師をされていた先生から頂いた言葉だ。
 何を言っているんだろう・・というのが当時の印象で、整体院を開業して患者数がゼロなんてことが
 あるわけがないと思っていました。
 その講師の方は、すでに開業されて4・5年経過している方で、個人での開業を目差していた僕への
 アドバイスでした。

 さて、開業してみると・・
 患者数ゼロの日というのは、最初は週に何度かありました。
 これは驚きでした。
 整体院が多いと言っても、自分の整体院に患者さんが来ない日があるなんて考えてもみませんでした。

 最初に患者数ゼロの日がなくなったのは、整体院をオープンして5ヶ月目で、ということは4ヶ月目までは、
 月に数日間は患者さんが1人も来ない日があったということです。
 これは本当にキツカッタ。
 肉体的には楽でしたが、精神的に非常にきつい日々でしたね。
 
 朝、整体院について掃除をし、HPを更新してコーヒーでも飲む・・
 そうすると、やることがなくなってしまうわけです。
 で、何をやっていたかと言うと、僕の場合は毎日数ページ専門書を読むということと、当時はポスティング、
 それでも時間があると、新しいセミナーの内容をまとめたりしていました。
 患者さんが1人でも来院された後の時間が余るというのであれば、映画を見に行ったり散歩に行ったりと
 けっこう優雅な時間を過ごそうとしましたが、1人もいないとなるとなかなかそういうことも出来ず、悶々と
 しながら一日整体院の中にいました。
 でもま、そういう経験があるので、時間を有効に使うことがいかに大切かということは身にしみています。
 何もやらなければ、何もやらないままに一日は過ぎていくし、そのまま一週間も一ヶ月も過ぎて言ってしまう
 と思います。

 さて、患者数の推移ですが、経験と同業の仲間との話の中で以下のようなことを感じています。
 (但しこれは整体院を1人でやっている場合です。)

 患者さんが1日も来ない日がなくなるには、1ヶ月の患者数がおおよそ「営業日数×2人」を越える必要が
 ある。
 つまり25日の営業なら、平均して月に50人を超えていないと患者数ゼロの日はなくならないということです。
 もうひとつは、1ヶ月で平均すると、1日の患者数の上限は「時間稼働率50%まで」ということです。
 これは、1人の患者さんが来院されてから出て行くまでに1時間30分かかるとすると、1日9時間営業で
 絶え間なく予約が入ったとして6人の施術が可能ですが、実際にはその50%の3人にしかならないという
 ことです。
 もちろん、6人の日もあるし2人の日もあるわけですが、月平均をするとそうなるということです。
 たとえば、25日営業で1人に1時間30分掛かり、9時間営業だとすると、75人が上限に近い数字になる
 ということです。
 この数字はけっこう知られていませんが、実際に営業していくと、その数字で頭打ち現象が起きてきます。
 そこで、これから開業する人に気をつけていただきたいのは、営業の計画を立てるときに無理な患者数を
 想定しないということと、患者さんに掛ける時間です。
 先ほどの例で言えば、1人の患者さんの時間を1時間にすれば、月平均では4.5人/日まで患者数は
 伸びるということになります。
 つまり、次の患者さんが1人で待合室で待っていることが出来る、というような状況を作れば患者数を
 伸ばすことが出来るということですね。
 そこで料金や施術内容との兼ね合いが出てくるのだと思います。


 ■何時ごろ黒字になったのか・・
 

  だいたい整体師になろうかな・・とか、脱サラして起業しようかな・・とか考えている人が、一番最初に
  心配するのが、「本当に食べていけるのか」ということだと思います。
  僕もそうでした。
  で、実際に開業してから、どれくらい経ったら黒字になったかというと・・

  僕の場合、開業してから1年6ヶ月目に黒字になりました。

  この黒字というのは、施術などの売上から整体院の家賃や水道光熱費を支払って残ったお金で、生活が
  出来るということです。
  これは、たぶんかなり遅いのだと思います。
  それまではというと、赤字ということになります。
  赤字というのは、収入に支出が追いつかない状態です。
  そんなことは誰だって分ります。
  が、開業してみて、実際に赤字になってみると、そんな他人行儀のようなことではありませんでした。
  ようするに、赤字というのは、毎月貯金残高が少なくなっていくということでした。
  これは怖かった。 正直なところ・・

  あ〜あ、なんだか暗い話になって来ましたね。
  しかし、これが現実です。
  整体で開業しようという方は、ここのところを肝に銘じておく必要があります。
  その間、色々なことがありましたが、それはまた別の機会に御報告します。

  この間も月によって施術数・売上には出こみ引っ込みがあり、季節的には春と秋が良く、冬と夏は良く
  ありませんでした。
  このころの患者数は月に80名前後、その他に患者さんむけセミナーや講座の売上が少しありました。
 
  最初にも書きましたが、たぶん黒字(店舗・個人合わせて)になるのが1年半というのは、ちょっと遅いと
  思います。
  それだけの期間赤字が続くと、精神的にもあまり良くないし、金銭的にも良くない状態になります。
  出来れば半年から1年の間に黒字化を達成することが出来れば良いのではと思います。

  黒字化してからは、けっこう気が楽になります。
  施術人数は季節によって変化しますが、極端に減るというこもなく、徐々に前年よりも良くなるという傾向
  が続いていました。
  そのころには、色々と考えていたことの種まきをはじめていました。
  種まきについては次回・・



 ■最初の1ヶ月


  11月初旬のオープン
  これから開業しようという人は、整体院のオープンというとどんな感じを予想されるのだろうか?
  僕の場合、初日は患者数ゼロ
  お祝い電報とメール10通、お花が10鉢くらい届いて、その整理で終わってしまった。

  立地は駅から3分の通り沿いのビル4階で、比較的良いロケーションだとは思うが、4階にエレベーターが
  なく、3階か5階から階段で来なければならない。
  通りも駅から見える表通りというよりは、3番手くらいの通りだ。
  こういった地味な場所でのオープンの場合、いくらチラシやHPで告知を行っても最初からそんなに
  患者さんが来ることはない。
  ある程度覚悟はしていたが、最初の一般患者さんが来たのが3日目というのは少し遅かったような気が
  します。(2日目には友人数名が来ましたけどね
  その患者さんは僕が以前から所属しているダンスの団体の名簿で出したDMを見て来てくれた方だ。
  つまり、自然に看板を見て入ってきたというわけではなかったということです。

  最初の1ヶ月目になにをやっていたか・・
  その頃の営業日報を見ると、とにかく毎日「ポスティング」「DM書き」「近隣企業への挨拶」など宣伝告知
  を行っていました。
  結果的にはほとんど効果はありませんでしたが、大泉学園(所在地)の地理にはかなり詳しくなりました。
  それと、自分自身の手技のまとめのようなものを作っていました。
  それまでの臨床経験がクイック系の所と、自分自身の出張施術だったということもあり、オリジナルの
  施術方法を確立したくて、勉強してきた内容をまとめていたのだと思います。
  これが最終的にはスクールの一部の教科書の土台に繋がっていったように思います。

  このころの気分としては・・
  やっと整体院をオープン出来たという喜びと、1ヶ月経って患者さんが思うように伸びないというあせりが
  あったように思います。
  日報にも「必ず○○ヶ月で立ち上げる!」なんて意気込んで書かれていました。
  施術に関しては、責任の重さを痛感していました。
  アルバイトで雇われてやっている時は、「人のふんどしで相撲をとっている」ようなところがありましたが
  自分の整体院に来てもらったからには、結果を出しとにかくリピーターになってもらいたいというような
  気持ちがあったように思います。

  ま、最初の1ヶ月は気分的には浮かれているにも関わらず、患者さんの数が少ないので、不安や期待が
  頭の中でグルグル回っていたという感じです。
  今考えても、事前に計画を立てて毎日やることを決めておいたのは良かったなと思います。
  そうしないと、結局何もやらないまま無為に日々が過ぎていったような気がします。

  ちなみに、最初の月の患者数は42人でした。 (7.5坪・施術者1人・4階・エレベーター無し・駅歩3分)
  店舗段階で若干の赤字でしたが、収益で生活費は出ませんでした。
  店舗での赤字はこの1回だけです。(これはちょっとだけ自慢)




●整体関係のトップページに戻る(てあて整体院・整体師応援サイト)
●トップページに戻る


try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-5443287"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}