僕はこうやって整体師になった

2001年11月 てあて整体院を開業したが、それまでどうやって整体師になったのか
学校選びから自宅・出張・アルバイトを経て開業に至るまでのドキュメントです。



整体師応援サイトTOP


がんばれ整体
する人される人TOP



てあて整体スクール


脱サラ・転職・開業
私が考えたことや
悩んだこと、
整体師になるために
やってきたことを
公開します。

整体師を目指している方は、
ぜひお読み下さい。






2001年暮から続いた「僕はこうやって整体師になった」も、整体の勉強を始めてから学校を卒業し開業するまでを一応経過を追って書き終わったことになります。
次は何を?と考えていましたが、時代をさかのぼって先ずは「どうやって学校を選んだか?」に続いて「何故整体師だったのか?」について書いていこうと思います。
これから勉強しようかどうしようかという方々に少しでも参考になればと思います。


【 第一部開業準備 】
第1回 独立まで 第2回 整体を学ぶ 第3回 学科授業 第4回 実技授業@ 第5回 実技授業A
第6回 自宅・出張施術@ 第7回 自宅・出張施術A 第8回 指鍼を学ぶ 第9回 治療院で働く(面接)
第10回 治療院で働く(施術) 第11回 物件探し@ 第12回 物件探しA 第13回開業ドキュメント@
第14回開業ドキュメントA

【 第二部学校選び 】
第15回資料収集 第16回学校見学@ 第17回学校見学A 第18回学校見学B

        ☆☆ このページは下にある方が古く、上に来るほど新しくなっています。 ☆☆
        ☆☆ 始めて読む方は、一番下からお読み下さい!!             ☆☆

【第二部学校選び】

第18回 学校見学B
なかなか、これという学校にめぐり合えないまま時間ばかりが過ぎていた時にその学校にめぐりあいました。
資料が欲しいと電話をしたところ、資料は送っていないので取りに来て欲しいと言われ、なんだか勿体つけているようで最初は電話を切りましたが、いくつか学校見学に行くということを続けているうちに、一度行ってみようかと思い、再度電話をして資料を取りにいくことにしました。

その学校は通勤途中の駅にあり、通学という点では交通費の心配をすることも時間的な問題もないのではないか、というくらいのつもりで見学に行きました。
資料をもらうだけのつもりでしたが、「奥で説明をしましょう。」と言われ、応接コーナーのようなところで簡単な説明を受けることになります。
授業内容・履修方法・入学から卒業までの話をしていたときに、何故か「卒業後の開業」についての話になりました。

当時の僕は業界の動向・成熟度などから、マーケッティングを行いコンセプトを決めてターゲットを絞り、技術だけでなく居住性を追及した内装や応接のマニュアル化・サービスの提供方法を洗練させることで、成功できるのではと思っていました。
ところが、それまでのどの学校もそういった視点で開業を捉えているところはなかったのですが、その学校のその担当者だけは違っていました。
ここは話が出来る人がいるのかな・・と思ったことを覚えています。

結局、その学校に入学することになりますが、その時は資料を頂いて帰りました。
家に帰って、いくつか見学に行った学校やもらった資料を一覧表にし、最終的には「通学が確実に出来る」ということを確信できたのがその学校だけだったので入学を決めました。

技術・知識はどんな学校でも自分がしっかりしていれば身につくと思います。
問題は長い期間、継続して通学することが出来ることだと思います。
そして、入学をする学校とは、何か一つでも共感する部分があると尚良いと思います。




第17回 学校見学A 内容確認 (2.28)
前回の学校の経験もあって、次の学校へは電話をして日時を決めすぐに見学に行きました。
カイロプラクティックを指導しているその学校では、紫色ををしたスーツを着た担当者に説明を聞くことになります。
JRのターミナル駅に近いその学校は、期間が1年プラス1年で実技中心ということで興味があり休みを利用して話を聞きにいきました。

マンションの1室という感じのその学校では、先ず実技室を案内され、次に学科室をチラッと覗いて応接室に通され、担当の方から話を聞くことになりました。
話の内容ではとにかく実技が中心で徹底的に技術を磨くということと、指導している講師がアメリカのカイロプラクティック大学を卒業したD.Cであるということなどを聞きました。

ここは良さそうだな〜 というのが第一印象でしたが、まだそんなに学校見学をしていない時点でしたので、もう少し考えたいので質問をしたいというように申し出ました。
質問をした内容はだいたい以下のようなものでした。

 @実技・学科の授業時間数と主な内容
 A学科の教科書はどんなものか見せてほしい。
 B受講期間・卒業試験の有無・授業料
 C授業の時間割と必要な登校日
 D在校生の数と卒業生の数

ほとんどの質問にスラスラと答えて頂いたのですが、そこで問題が生じました。
当時、仕事をしていた関係で授業に出られない可能性がありそうだということが分かったのです。
そこで、「もし授業時間数が足りずに卒業出来なかったらどうなりますか?」という質問をすることになります。
その答えは・・

「補講などは若干考えられますが、もう一度入学してもらう必要があります。」

というものでした。
その日に結論を出すことはしませんでしたが、最終的にはこの学校には入学しませんでした。
会社には知られないように通学をするつもりでしたので、当時は授業よりも会議を優先させるであろうことがかなり明確だったということと、再入学には授業料の再納付が必要ということがネックになりました。
技術がきちんと身につけば、法的には卒業証書や認定証がなくても開業出来るということは知っていましたが、勉強をする前の状態で「卒業出来なくたって、技術・知識が身につけば良い」とはなかなか思えませんでした。

学校選びの時に、設備や講師陣・授業内容などを考慮するのは当たり前だと思いますが、「授業に本当に通えるのか?」というのもかなり重要なポイントだと思います。
通学に掛かる時間や、通学する曜日を入学から卒業まで継続して確保出来るのかどうか、というのは物理的な問題として確認すべきではと思います。




第16回 学校見学@ 電話番号  
「あの〜、資料を送ってほしいんですが・・・」
比較的近いというだけの理由で、ある整体の学校に電話をしてみました。
とにかく資料を見てみないことには学校選びも始まらないと思い、通える可能性のある学校へ電話をしていたときのことです。

「取りにいらっしゃいますか?それとも郵送しますか?」

そうか、取りに行けば良いんだ!
それまで、資料は送ってもらって、内容を見てから見学しようと思っていたので、「取りに来るか?」という答えにはちょっとびっくりした記憶があります。
じゃ行きます。と言って、だいたいの場所を聞きました。
この時、いつ取りに行くということは言わなかったと思います。
普段の姿を見たいなということもありましたが、なんとなく日時を決めると「取り込まれてしまう」というような感じがしていました。
別に怖がることはないんですが、何となくまだ腰が引けていたのでしょう。

次の休みにその学校に行って驚きました。
資料でしらべた時は自社ビルのような外観が掲載されていたのですが、実際にはその上層階のワンフロアーだけを使っていて、しかも半分以上は整体院として営業をしていたのでした。
受付で資料が欲しい旨話をすると中に通され、ベッドが並んだ施療室の反対側にある折りたたみ机の並んだコーナーに座るように言われました。
「こちらに住所・氏名などを書いて下さい。」と受付票のようなものを渡されて、そこに内容を書込みました。

「電話番号も書いて下さい。」

当時、個人情報を安易に集めるということに疑問を感じていて、電話番号をなるべく書かないようにしていたのですが、その学校では書いて下さいと言われました。
まだ、入学すると決めたわけでもないので・・と、やんわりお断りすると、それでは資料は渡せないと言われてしまいました。
入った時の雰囲気や応対、施療室と講義室が同じ部屋だった等、この学校にはたぶん入らないとすでに判断していたので、「じゃ帰ります。」と言って帰ってきてしまいました。
つまり、この学校で資料は受け取っていないということで。
もちろん入学もしませんでした。

学校選びの方法は掲示板などでもいつも書いていますが、先ず見学に行って資料を見てみることだと思います。
整体学校業界も他業種と変わらず競争の激しい業界です。
当然、自校をなるべく良く見せたいと思うでしょうし、他校に比べてのメリットを打ち出していることと思います。
それ自体は別に悪いことではありませんが、「選ぶのは自分」で「自分にとってのメリット」があるかないかが重要なことです。
電話応対や資料ではなく、実際に見ることがとても重要だと思います。


---------------------- このページのトップに戻る ---------------------

第15回 資料集め
最初は何をどうやっていいかさっぱり分からなかった記憶があります。
そこで、先ず僕が起こした行動は、本屋さんに行くということでした。
そのころ既に「転職」「独立開業」「起業」などについてはある程度話題になっていましたが、今ほどそのコーナーが広く取られてもいませんでしたので、先ずは専修学校などの一覧が置いてあるコーナーに行ってみました。

そこで困ったのが、本が沢山ありすぎて選べないということでした。
学校が沢山掲載されている本は説明が少なく、説明の多い本は掲載数が少ないという状態で、帯に短し襷に長し。
結局、何軒もの本屋さんに行っては立ち読みするということを数週間続けていました。
こんなこと続けていても、ラチがあかないなと思い始め、ちょっとセコイとは思いましたが、目についた学校名を覚え、電話番号を覚えるようにしました。
一軒の本屋で覚えては外に出てメモするということを続け、10数校の連絡先を手にすることが出来ました。
この時点で「目についた学校」というのは、なんとなくですが「規模が大きそう」「なんとか通えそう」「カイロプラクティックを教えている(含んでいる)」というようなことだったと思います。

新聞やチラシに学校の案内が掲載されていることもありましたが、そういった所は何故か全く興味がなく、気にしていませんでした。
なんとなくですが、高い広告料を払うということは、当然その分授業料に跳ね返るのだろうな〜と感じていたようです。

そんなことで、10数校の電話番号を控えたわけですが、その後は直接電話をして資料請求をすることになりました。
幾つかの学校に「先に切手を送れば返送します。」というようなことを言われ、半数くらいの学校に「取りに来て下さい。」というようなことを言われました。
面倒だなというのが第一印象でしたが、一つの学校に資料を取りに行き、その後は自分から直接資料を取りに行くようになりました。

幾つか資料を取りに行った学校で受けた印象と、どうやって学校を選ぶことにしたかを次回お知らせします。




【第一部開業準備】

第14回開業ドキュメントA  
さて、開業1週間程前になりました。
この時点で内装はだいたい出来上がり、いよいよという雰囲気になって来ました。
開業の直前には以下のようなことを行っていました。

@机・カーテン・棚などの備品を調達し、室内にレイアウトしました。
A電話工事・看板工事がはいりました。
B神主さんを呼んで、お払いをしました。(神棚も作りました。)
C警察にチラシを手配りするために「道路使用申請」をしました。
D備品が整ってから、タオルや患者着・カルテなどをセッティングしました。
Eチラシが到着したので、開業2日前からポスティングを始めました。
F商店会に挨拶に行きました。
G2日間休みをとってキャンプに行きました。

だいたいこんなことをやっていましたが、いくつかのトラブルもありました。
ひとつは、更衣室の壁です。
料金を安く安くと言い過ぎたためか、工務店の倉庫にあるものでも良いと言ったためか、壁を扉板で代用していました。
そこまでは許せたのですが、取っ手の穴が開いたままになっていたので、「社長!これでは開業jできない!」と泣きついて結局取り替えてもらうことにしました。(もちろん追加料金ナシ)
頻繁に連絡を取ったり差し入れをしていたのが良かったと思います。
もうひとつはパーテーションです。
結局、オープン前々日まで探して見つからなかったので、もしなかったらこれにしようと決めていたものを東急ハンズで購入して前日に備え付けることが出来ました。
毎日、5時間くらいは色々なところを回りましたが、結局、雰囲気と値段が合うものがなく、最終的には最初に見ていたものに決めましたが、1年以上経った今でもそんなに悪くはないと思っています。
(左上の写真の入口の中にある、三連のついたてです。)

お払いは絶対にやろうと思っていました。
最近はあまり気にする方もいないようですが、やはり人の身体を預かる仕事ですし、神棚を奉っておけば毎日手を合わせて「初心にかえる」時間も作れます。
神主さんから「この整体院には一度神様がいらっしゃいましたから・・」と言われると、なんとなく心強い気持ちにもなりました。
手配りチラシは妻の友人が「早く早く」とせかすように言ってくれて、前日には駅前で5人体制で行いました。
直接、すぐに効果が出るというものでもありませんでしたが、心強くがんばろうという気持ちになりました。

新聞折込チラシや雑誌広告など派手な宣伝をしませんでしたので、静かなオープンになりましたが、直前1週間はなんとなくソワソワしていたように覚えています。
ついついあれも必要ではないか、これも置いておいたほうが良いのでは、と思いましたが、あえてすぐに必要でないものは揃えないようにしていました。

開業までは計画通りに進みますが、それは「患者さん」がそこに居ないからだと思います。
僕達の仕事は「患者さん」がそこに居て、初めて始まるものです。
開業して整体の施療が始まれば、計画通りにことが進むことはほとんどないと言っても良いでしょう。
自分の整体院がより多くの患者さんを呼ぶことが出来て、今年も来年も施療を続けていけるのかどうかというのは、自分で立てる計画に書いてあるのではなくて、今日来院された目の前にいる患者さんが決めることなのです。
気に入らなければ二度と来ないし、良くなったと思えば他の方に話をしてもらえると思います。

やっとこれから整体の仕事が出来るようになったのがこの日だったと思います。
開業までの話はここで一旦終わりますが、この後は「何故整体師だったのか?」「開業その後」など新しい連載を検討していますので、お楽しみに。


---------------------- このページのトップに戻る ---------------------

第13回開業ドキュメント@(11.15)
さて、いよいよ開業準備に入ります。
この時期には週に数回、青山にある某クイック整体でアルバイトのようなことをやり、また、自宅へも週数人の患者さんを呼んで施療を行いながらの準備となりました。

物件が決まってから開業までに約3週間の時間がありましたが、最初の1週間で行ったことは以下のようなことでした。
@店舗の契約
A内装工事、電話工事、看板・チラシ・名刺の打合・依頼
Bショップカードを自作して100枚程度、友人知人に渡しました。
CHPは作成済みで、プロバイダーのサーバースペースを借りるということろまできていました。
あれはまだ?ということもあるかと思いますが、この時点ではこんなものでした。

その次の週(開業2週間前)には以下のようなことを行っていました。
@床工事(フローリングの工事を行いました)
A電話・ラジカセ・冷蔵庫・机・タオルなど大きな備品の購入
BDMを作成して順次投函して行きました。(合計約300枚)

一人で動いていると、備品の購入はけっこう時間がかかります。
最初から「気持ちがあせる」と思っていましたので、事前に購入品の予算と大きなもの(机・冷蔵庫等)の寸法を決めて一覧表にしておき、購入した順にチェックをするようにしました。
内装・備品にお金を掛けるつもりはありませんでしたが、病院風にはしたくない、気持ちが和らぐ雰囲気にしたいということから、フローリングにあわせて「備品は木目で統一感を出す」「なるべく備品を少なくしてこまごましたものは置かない」「汚れが目立つように薄い色(白・生成り)を基調にする」ようにしました。
前の仕事をやめてから再度、勉強をする時間がありましたので、整体の勉強をしながら内装や備品についてはだいたいの雰囲気を考えていました。また、備品をどこで買うかということも、色々なショップを見て探していました。
ま、実際には予算の関係で、DIYショップやディスカウントショップで探すことになりますが、全体のムード・雰囲気だけは崩さないようにしました。

この時期に気を付けていたことは次のようなことです。
@2〜3週間前からの日別のスケジュールを作り管理する。
 →床工事・備品納品・電話工事・看板工事・DMなどと、自分がその日どこにいるべきかの分かる表です。
A備品は絶対に予算内にする。
 →運転資金もありましたが、金を掛ければきりがないと思い予算をきっちり守りました。
B1日に1回は誰かの身体を触る。
 →変な意味ではないですよ!? 手の感覚が逃げないようにというつもりでした。
C床工事の立会いは必ず毎日(3日くらいでしたが・・)顔を出す。
 →出来上がりが違うようです。 手直しもお願いしやすいので、差し入れを持って来てました。

内装を失敗しないために気をつけたいことは。 (これリフォーム番組の受け売りですね・・)
*基調となる色を統一する。
 →床・壁などと施術ベッドなどの色を、2色くらいまでにまとめる。
*備品はなるべく少なく、必要最低限のものではじめる。
 →時間が経過すると、放っておいても備品は増えます。 最初は少なく少なくします。
*とりあえずで妥協しない。
 →素材・金額は多少妥協しても、色・大きさは絶対妥協しない。

「この時期から開業1ヶ月くらいがが開業者にとって一番楽しい時期だ。」と、会計士に言われたことがありますが、確かに気分は浮いていたように思い出します。
ただ、浮かれてだけいると、地道な宣伝や患者さんへの応対など、つい失敗してあとで後悔することもありますので、スケジュールやチェック表を作るというのは良かったと思っています。
次回は開業1週間前から開業にかけての時期です。




第12回 物件さがしA すぐに見つかると思っていたら・・・

さてさて、前回のような市場調査を経て大泉学園で物件を探すことになりましたが、実は、この時既に開業の期日を決めていました。

なんで物件が決まってもいないのに開業日が決まっているのか・・・

開業してすぐに軌道に乗ればそれにこしたことはありませんが、なかなかそううまくいくものではありません。
半年や1年は少しずつ患者数が増えていくことを考えると、新規開業の数値の伸びとは別に季節指数が気になります。
過去の経験から東京では何故か、11月と1月・2月が悪い(数値的に)という印象を受けていました。
開業するにあたって、この最悪の時期をどうしようかということが頭をよぎりました。
そして患者数が伸びてくる春(3〜5月)には、ある程度の実績を残しておきたいということと、資金的なことから、11月という一般には最悪の時期を開業の時期として選びました。
ちょっと自虐的な感じもしますが、最悪の時期から始め半年後の3月から大きく飛躍するということを考えました。
それにちょとカッコいい言い方をすると、半年以上仕事をしないということが耐えられなかったというのも事実です。

そうなると物件探しの期間は限られてきます。
僕の場合3週間程度しか時間はありませんでした。
整体学校にいたときには、「2〜3ヶ月は掛かると思ったほうが良いよ。」なんて指導していたのに、自分の時は全く別の状況になってしまいました。

さて、それからが大変です。
大泉学園にある地元の不動産業者を片っ端から訪問して条件を言ってまわりましたが、この条件にあう物件がほとんどありませんでした。
その時の条件とは、「10坪程度」「なるべく1階」「整体院が営業出来る(大家の許可)」「家賃坪単価 10,000円程度以内」「ある程度の人通りのある場所」「駅から5分以内」「なるべく内装が綺麗」というものでした。
不動産屋さんからは「10坪・駅2分・5階・ただし単価が高い」「15坪・3階・駅5分・ただし汚い」「15坪・1階・駅8分・ただし人通り殆どなし」などという物件の情報を貰いましたが、そういった物件は不動産屋さんと見学にはいきませんでした。
場所を覚えておいて、不動産屋さんには内緒で一人で場所の確認だけを行いました。
中を見てしまうと色々考えて「出来るかもしれない」などと、安易な方向に走ると思ったからです。

そんな中、条件を言って回っていた時にある一軒の不動産屋さんが、「この物件は難しいですよね〜、エレベーターも止まらないし。」と言って内容も確認していない物件のことを思い出しました。
「あれって、どういった条件で・・・」と話を聞きに行くと、「7.5坪・駅3分・4階・内装リフォーム済・ただしエレベーターが止まらない」という物件でした。
予感がしたというのか、他になかったからというのか、この物件は不動産屋さんと見に行き、内装を見た瞬間、「これに決めることになりそうだな・・・」と思いました。
北向きではありましたが、1面の壁がほとんど窓になっていて、すぐそばに空(そら)があり非常に開放的な印象を受ける部屋でした。
4階にエレベーターは止まりませんでしたが、3・5階には止まるし4階にはトイレがありました。
また1フロアーに1室しかなく、目的をもって来院される方には問題がないと直感的に思ってしまいました。
そして結局この部屋を借りて営業することになります。

物件探しの時に「時期を決める」「妥協しないほうが良いと思っている条件(家賃・内装等)をクリアしていない物件は見ない」というのは重要かなと思います。
それと、入った瞬間の感じ、そこで施療している状況が見えるような感じというのは大切かなと思います。

さて次は開業準備です。これもけっこう大変でした。


---------------------- このページのトップに戻る ---------------------

第11回 物件さがし@ どこで物件をさがすのか・・・   

いよいよ開業のための物件探しを始めようとして、ハタと気付きました。
ドコデサガセバヨイノカ・・・

そうです、漠然とこの辺がと考えていた場所はありましたが、「ココダ!」という場所は決めていませんでした。
開業の時期は決めていたので、先ずは市場調査と4箇所を歩いてみました。
最初考えていたのは、「吉祥寺」「目白」「大泉学園」「保谷」でした。
吉祥寺は正直言って憧れが強かったと思います。
目白は山手線沿線で比較的近くに住宅街があり街の雰囲気が好きということがありました。
大泉学園・保谷は自宅から近いということと住宅街が多く、比較的奥行きの深い駅だと思ったからです。

歩いてみて吉祥寺はすぐにやめました。
最初から分かっていましたが、あまりにも競合が多く家賃も高いということがわかったからです。
結局目白・大泉学園・保谷という西武線沿線にしぼって場所を決めることになりました。

次に行ったのが、世帯数の調査です・
新宿区や豊島区・練馬区といった区の出先機関に行って、世帯数の書いてある書類を調べました。
区によって対応が違うのに驚きましたね。
ある区では無料でコピーをしてくれ、区の地図まで無料配布しているところがあるかと思えば、資料は閲覧だけでコピーなどは各自でやってくれといったところまで様々でした。
調べて驚いたのは大泉学園駅を使うと思われる世帯数の多さです。
もちろん正確にはわかりませんが、大よそ目白駅を使う世帯の倍の世帯が住んでいることがわかりました。
こういう調査をどうやるのかというのは様々な考え方があると思いますが、私の場合、ある駅から1kmの範囲の町名を地図で調べ、その中の世帯数を調べるという方法をとりました。
その時に1kmの中でも別の駅のほうが近い場合には、二次的な商圏としてとらえることにしました。
駅まで歩いて15分くらいまでを商圏と考えたわけです。

これで物件を探す場所が決まりました。
西武池袋線の大泉学園駅です。
自宅の最寄駅の隣、徒歩でも30分の場所です。
世帯数が多く高級なイメージのある街ですが、駅前には整体院はあまりないという印象でした。
後から思えば、なんとなく最初から決めていたような気もしますが、世帯数や市場調査のデータもあり安心して物件探しが出来ると思いました。
これから物件を探す方も、物件をさがす場所をきちんと決めるべきだと思います。
思いつきだけで開業してしまって、後で後悔することのないようにして下さい。

次回は大泉学園での物件さがしです。




第10回 治療院で働く(施術)  
(7.7更新)

前回の面接で働くことになったサロンは、都心の一等地で山手線内側、競合が林立するものすごい場所というのが当時の印象でした。

そのサロンで週に数回、夕方から夜中の12時頃まで働かせてもらい、平均して1日に3〜4人の施療jを行いました。
施術は整体15分・30分・45分・60分・90分・120分というメニューだったと思いますが、ほとんどの方が30分か60分でした。
それまで15分や30分という時間で区切る施術というものをほとんど練習していませんでしたが、主訴のある部位を中心に出来るだけ全身に一度は手を当てるということを目標に行っていました。
このサロンでの施術は、今も本当に良い経験になっています。
施術の際に僕が気をつけていたことは以下のようなことでした。

 *施術中は出来るだけ話をする。
 *最初に手を当てた後に、押圧の強弱を確認する。
 *臀部・脚などに手を当てる時は事前に一言掛ける。(男女とも)
 *肩こりでも1回は下半身を押圧する。

もちろん主訴を取るということを最大の目標に施術を行う前提で、このようなことに気をつけていました。
ほんの数回ですが、施術の途中で「時間を延ばして下さい。」(延長)と言われたときは嬉しかったですね。

ところで勉強中やこれから整体師になろうという方で、15分よりも60分の方が難しいという方がいますが、これは全くの勘違いだと思います。
15分という限られた時間の中で、受け手である患者さん(お客様)に満足をしてもらわなければいけません。
ただ手を当てているだけなら15分の方が60分よりも短いし、色々なことが出来ない分簡単だと思うのかもしれませんが、我々は結果を出さなければ意味がありません。
結果とはつまり患者さん(お客様)の満足感ということで、「痛みが取れた」「軽くなった」「気持ちよい」という感想です。
15分という限られた時間の中で、的確な部位に的確な強さで手を当て、どこまで満足感を抱いてもらえるか、そこが重要だと思います。
わたしは絶対にリラクゼーションは行いません。という方は別として、時間で区切る整体で少しでも働く可能性がある場合は、先ず15分で一応満足感を与えられる手技を目標にしてはどうでしょうか?

さて次回からは、ついに開業準備にはいります。




第9回 治療院で働く(面接 ('02.6.6更新) 


会社も辞め手技も学び、そろそろ開業の時期を考えていた頃、やはり一度は外の治療院かサロンのようなところで働いてみようかというようなことを考えていました。
自分から探すということはしませんでしたが、勉強仲間から「人が足りないから来てみてよ」という誘いを受け、その知人の働いている整体・マッサージサロンの面接を受けることにしました。
初めて整体の手技で外で働くかもしれないと思ったとき、突然、不安がよぎりました。
「ひょっとして、面接で落とされるのではないか。」「僕の手技は通用しないのではないか。」など、他人のことなら大丈夫ダヨと言えることでも、こと自分のことになるとそうはいきませんでした。

不安を隠して面接を受けに行くと自分と同年代の院長が、「あ、アラキさんね。とりあえず背中を少し押してみてもらえますか?」と、ベッドにすぐに横になります。
どんな手技でも良いんですか?と了解を貰い、軽摩法を行って腰部と肩甲骨内縁に少し手を当てたところで、「大丈夫ですね。充分、カネが取れますよ。」と言われ面接が終わりました。
給料と出勤日の打合せをして、その日は帰ることになりました。

実を言うと、その時は本当にうれしかった。
これから開業しようという者が、こんなことでと思われるかもしれませんが、自分の手技が問題なく外でも通用するということが確認できたことが大きかった。
患者さんの施療については自宅や出張を行っていましたが、独りよがりになっていないか、金の取れる手技なのかということについては一抹の不安があったことは確かです。

これから、開業しようかという方には、一度は外で仕事をすることをお勧めします。
僕の場合は幾つかの手技を学んでいたので、外で使っていたのは指鍼やPNFなどではなく、実際の開業の時に直接役立つ「手技」ではありませんでしたが、患者さんの扱いや自分の実力を知る上では重要なことだと思います。
自分の手技が認められなかったら素直に勉強しなおすことも必要だろうし、外で働くことで沢山の患者さんにあたることも出来ます。

個人で開業する場合、一番ムツカシイのが自分の技量に対する評価です。
どうしても甘くなりがちになります。
外で働くということは、自分の労働力・技術力を「売る」ということで、対価に見合うだけの力がなければ当然雇ってはもらえません。
最低限でも「一般的な治療院で働けるだけの力」を持って開業したいものです。


---------------------- このページのトップに戻る ---------------------


第8回 新しい手技を学ぶ 
('02/5/9 更新)

整体の学校も卒業し自宅での施術も行ってはいましたが、もう一つ何かが欲しいという欲求がありました。
それは、脱サラから開業への時間があまり無かったことや、開業した際の「他院との差別化」をどうしていこうかという問題・即効性のある手技はないものか?といった「けっこう甘い考え」からのものでした。
そこで考えたのが「指鍼(ししん)」という手技でした。
指鍼という手技があるということは聞いていましたが、それがどんなものなのか、実際に効果が高いのかということは分からなかったので、とりあえず1日セミナーに参加してその内容を見てみることにしました。

セミナー参加者はそれぞれに自分の手技を持っている方々で、そのそれぞれの手技を使って腰痛や肩こりなどを治すための考え方・方法などを説明するもので、指導者の方は手技は「指鍼をを使っている」というようなものでした。
これは使えるかもしれないと直感的に感じ、しばらくして本格的に学ぶということになりました。

指鍼を直感的に「使えるかもしれない」と考えた背景には、幾つかのことがあると思います。
第一に僕が勉強した他の手技との併用が可能だと思ったからです。
たまたま僕が勉強していた他の手技が、カイロプラクティックであったり、PNFやMETなどという患者さんの身体に負荷をかけて運動させることによる手技であったことや、冷却・テーピングなどという物理的な療法だったためで、これが同じような効果を出すマニピュレーションであったらそうは思わなかったかもしれません。
次に指鍼では「全身」を触るということがありました。(体幹だけでなく、上肢・下肢・頭部もです。)
痛みの原因を特定または考えるとき、筋肉や腱の状態・関節の可動域を調べるときに、施術の流れの中でそれが可能ではないかと思えたのです。

勉強をしていくうちに僕の考えはある程度正しかったと思うようになりました。
開業をしてからも指鍼を柱に骨格調整やPNF・METなどの療法、冷却・テーピングなどを併用して施術を行っていますし、リピーターが多いということも「他にない療法」ということが一因になっていると思います。

大きな学校と小さなセミナーを両方受けるということは経済的にも負担が大きいものです。
全ての皆さんにお勧め出来ることではありませんが、しっかりとした基礎的な技術・知識と特徴的な手技や理論を併せて持つということは、こと開業を目標にされる場合は一つの選択肢だと思います。
また、手技を選ぶ場合にはターゲットをある程度設定した上での選定が必要だと思います。
僕の場合は経験のあるダンス関連をある程度想定していたので、運動療法のようなものを重視して考えていましたが、高齢者や女性など想定した場合には違う手技を選択していたのかもしれません。

※ PNF(神経筋促通法)
  リハビリから発展した考え方・手技で、はスポーツの現場などで多用されている、ストレッチとトレーニング
※ MET(筋エネルギー法)
  PNF理論や筋肉の様々な性質を使った手技で、PNFより患者負担の少ない手技
※ 大きな学校
  東京療術学院というところでで学びました。(http://www.ryojutsu.co.jp/home.html)
※ 指鍼
  葉山コンディショニングというところで学びました。(http://www.youtsuu.co.jp/)



第7回 自宅・出張施術A (’02/4/7更新)

自宅で施術を行った最初の患者さんは、4年ほど前からダンスの関係で知り合った主婦の方でした。
折りたたみ式の簡易ベッドを購入して、休日に患者さんを自宅に呼び施術を行いました。

症状を聞くと「腰が痛い」とのこと、どこがどのように痛いのか・どうすると痛いのかなどカンタンな質問をして、先ずは軽擦法からと思いベッドに横になってもらい、足のポジションを作って手掌を当てようと思ったところ ・・・ ”自分の手足が少し震えている” のが分かりました。
正直言ってビックリしました。
自分の奥さんの施術は何度もやっていたし、その患者さんも何年も前から知っている人なのに”手足が震える”というのはどういうことなのか・・・などと思いながら、でも「悟られてはまずい」と思い平静を装っていました。

患者さんに聞こえないように、静かに深呼吸をして、ゆっくりと手掌を胸椎のあたりに当てました。
どんな施術を行ったかはほとんど覚えていません。
その時自分に出来ることを全てやろうとしていたような気がします。
施術が終わった後に、「とても良かった。腰が”軽く”なったわ。」と言われましたが、次の予約はされませんでした。
たぶん、痛みが少し残っていたのでしょう。
予後のストレッチ方法や、施術内容の説明も不十分だったと思います。
(幸いなことに、2週間後に「またお願い」と予約が入りました。)

この日の経験は今でも忘れません。 たぶん一生忘れられないと思います。

整体を開業しようと思う方は、臨床経験を積む必要があることはもちろんですが、誰の後ろ盾もない状態での臨床経験が重要だと思います。
整体院や接骨院での施術はもちろん大切な経験ですが、自分ひとりで施術を行うというのはまた、全く違う意味を持っています。
患者さんの質問にはその場で答える必要があり、痛みが取れなかったり軽くならなかった時の責任も全て自分にあります。
次の予約が取れなければそのまま患者さんをなくすことにもなりますし、施術が満足のいくものでない場合、「あの人ヘタよ」という噂が流れる可能性もあります。

先ず、身内の施術をやってみて、大丈夫これならいけると思ったら、友人知人の施術を有料でやらせてもらうことをお勧めします。


---------------------- このページのトップに戻る ---------------------


第6回 自宅・出張施術@ 
'02/3/5更新)

卒業後の開業を目指していた僕は、「臨床経験」というものの必要性を感じていました。
整体の勉強をする前は、「インターンなんてなくたって、きちんとした技術と知識があれば大丈夫」と、タカをくくって学校の付属治院でのインターンを申し込んでいませんでした。
しかし、技術を学び様々な先輩や先生の話を聞くうちに、「これは絶対に臨床経験が必要だ!」と思うようになっていました。
そうなると、あとは簡単です。
当時会社に勤めながら勉強していましたので、どこかでアルバイトするわけにはいかない。
そうなると誰か知り合いを捕まえて、「勉強したから、施術をさせてくれ」と頼みこむことになりました。

先ず最初に1時間程度かけて施術を行ったのは奥さんでした。
反応は「まあまあじゃない?」というもので、これと言った緊張感もなく終わったのを覚えています。
「まあまあって、どういう風に?」という質問に、「まあ、普通の整体院くらいの感じ。」との答え。
「じゃあ、いくらくらいなら払える?」という質問に、「う〜ん、普通だったら1時間で4〜5千円だけど、特徴がないからな〜。3千円くらいだったらまた頼むかな〜」というような答えがいくつか返ってきました。

自分としても、まあ普通の整体院(クイック系)くらいの手技にはなった、という安心感もありましたが、特徴がないということと特に症状がない身体に対する施術だったため、「これではだめだな!」という思いが強くなりました。
「悪いけど、1人千円でも2千円でも良いから、腰痛や肩こりの人を探してきてよ!」と、奥さんに頼み、直接自分の知り合いではない人の施術をすることにしました。

ここで、お金を頂くことにしたのは、僕が通っていた整体の学校の院長が「タダで施術はしない方が良い。いくらでもいいから頂くようにしなさい。」と言っていたからです。
これは、よかったと今でも思っています。
普通なら「勉強中だからタダ」と思い勝ちですが、それでは施術に責任も持てないし、受け手側も「タダなんだから、こんなもんか。」と思ってしまいます。
いくらか料金を頂くことで、緊張もあり受け手もそれなりの要求をするようになるものだということが分かりました。
具体的には「今日はここが痛い」「ここが動かない」「こんな風にしてほしい」等です。

それから、会社を辞め整体院を開業するまで、約2年間に20人くらいの人に100回くらいの施術を行いました。
ほとんどは腰痛・肩こりなどの症状でしたが、開業した今でもほとんどの方々が「てあて整体院」の患者さんに繋がっています。
これから開業しようという方は、開業前に必ず自宅か出張で施術を行ってみてください。
自分の良いところ悪いところが本当に良くわかります。

次回はその中で特徴的だった、開業前の患者さんについて記載します。



第5回 実技授業A ('02/2/12更新)

実技授業も何度か出ているといくつかのことに気が付いてきました。

ひとつは「第3回学科授業」でも書きましたが、学科、特に解剖学の重要性です。
例えば、今触っている筋肉がどんな作用をするのか、どこからどこまでをつないでいる筋肉なのかといったようなことです。
なんとなくは分かっていても、単語・名称・言葉が出てこない、場所が特定出来ないということに気が付きました。
手や膝が上がりにくい、曲げにくいと言ったときに、どの筋肉が使えていないのか、どこを緩めるべきかといったことが「解剖学の本に書いてあった。」ということに気が付きました。

もう一つは、このHPを読んでいる方にはショックかもしれませんが、「手技療法に向いていない人がいる。」ということです。
一緒に学んでいた方に、「自分の身体を触ったことがない。」「ましてや、人(異性)の身体は出来れば触りたくない。」「筋肉痛などになって、自分で痛いところをマッサージしたことがない。」というような人が居ました。
そういった方の中に、「手を当てる場所が全く違う」(ツボに当たらない)「強さの加減が全く出来ない。」
といった方がいます。
全てとは言いませんが、そういう方の中に手技を覚えて順番が出来ても、「場所が違」ったり、「強さが無茶苦茶」だったりで、効果的な施術が出来ない人がいます。
つまりどんなに練習してもダメという人がいるということに気が付いてしまいました。
もちろん、そんな方でもじっくりと練習をし、アルバイトや修行をすることで、立派な施術家になられている方もいます。
少なくともこれから手技療法を学ぼうとする方は、自分の身体や家族の身体を触ってみることです。
とにかく手とその感触が私たちの武器になります。



第4回 実技授業@ ('02/2/2 更新)

学科の授業が終わっていよいよ実技の授業に入ることになりました。
実技と一口に言っても、カイロプラクティック・整体・PNFなどいくつかの授業が行われており、それぞれを順に出席して履修していくというもので、私の場合はカイロプラクティックと整体の授業を平行して履修していました。

先ずはカイロプラクティックの授業です。
最初の授業に出て驚いたのは、いよいよ実技だと思って参加した授業で、先ず解剖学的な位置関係の表記法・サブラクセーション・リスティングなどについて、座学が行われたことです。
学科・実技という区別に無理があるということだとは思いますが、また学科に逆戻りかと少々ウンザリしたことを覚えています。

これが終わると「触診」です。
「触診で施術の7〜8割は決まる。」というようなことを先生から言われ、そんなものなのかと思いながらやっていましたが、ほとんど人の身体をさわるのは初めてというような状態で、皮膚・皮下組織・筋肉の下にある骨の状態がわかるはずもありません。
この時期はとにかく人の背中を見ると手を出して、「触らせて〜」などとアブナイことを言っていた時期でした。
ほどなくして、矯正法へと移っていきました。
今にして思えば、「触診で施術の7〜8割は決まる。」というのは実に本当で、骨や筋肉の状態を手で感じられるようになれば、それを元ある状態に戻すという手技は、現在でも新しい手法が生まれていくくらいですから、なんとかなります。
怖いのは、「患者さんの状態や痛みの原因が分からない」または「推測がつかない」ということです。

私たちは手技で人の健康を取り戻し、痛みを取ることを標榜するものです。
手で感じられない原因や痛みを、手で治すというのは土台無理なことでしょう。
これから勉強しようと思っている方は、手と指先を大事に、感覚を磨いていって下さい。



第3回 学科授業

私が学んでいた教育機関では、手技の勉強・練習を行う前に学科を受講しました。
学科は解剖学・生理学・病理学と整体師に必要な法規と経営の授業に分かれていました。
最初はこの学科が実にツマラナイ。
とにかく手技を勉強しようと思って入学した訳ですから、ナンデコンナコトヲとしばらくの間思いつつ勉強をしていました。
ところが開業した今となっては、もっと一生懸命やっておけば良かったナと思う毎日です。
 
患者さんの様々な症状を聞いて原因を考えるときに、解剖学や生理学は必ず必要になります。
1+1=2などということは絶対にありません。
「この腰痛の場合はこう」「この肩こりの場合はこう」といった定理や決まりごとはないのです。
もちろん東洋医学でいう経穴(ツボ)のように、腰痛や肩こりの特効穴というものもありますが、これは「多くの場合にあてはまる」というもので、「全てにあてはまる」というものではないと思います。
筋肉の性質や関節の可動域、神経の走行、内臓などの解剖学的位置などいくら勉強してもしすぎるということはありません。
特に、手技を学び始めてからは学科の授業はありませんでしたが、何度か解剖学の教科書を紐解いたことを覚えています。
実は今でも毎日専門書を再読している最中です。

これから勉強しようと思っている方はゆっくりじっくりと勉強するようにして下さい。
臨床を経験しながらの勉強はより一層自分の力になると思います。
いずれにしても一生勉強です。


---------------------- このページのトップに戻る ---------------------

第2回 整体を学ぶ

整体を勉強しようかどうしようかと思い悩んでいたころ、専門学校のパンフレットを見ていた私に妻が言いました。「勉強するだけなんだから、とりあえずやっちゃえば
これには驚きました、私たち男の多くは「勉強する=転職する=退職=新しい仕事=経済的不安・・・」といったことが頭をよぎります。
勉強することを決めるだけなのに、開業のことやその後の生活のことを考えていました。
そうだ勉強してみてもし自分に向いていなかったり、業界の状況が今持っている情報と違っていたら次のことを考えればいいか。
そう思って先ず「勉強すること=入学すること」を決めました。

私が最初に学んだ学校は、入学生・教授陣・設備のどれをとっても業界最大手と言われる学校だと思います。
ここに決めるにはそれほど時間はかかりませんでした。
仕事を続けながら土日を使って通える・基本的な学科を網羅している・入学後に新たな手技や療法を付加することが出来るというようなことがその理由でした。

今でもこの学校で学んだことは正解だったと思っています。
私たち手技療法で開業する者は、その大半が1人かまたは数名での開業となり、開業後の横のつながりというものが非常に重要だと思っています。
これは多くの教授陣と多くの学生がいる学校でなければ、フォローできない部分だと思っています。
たとえば、わからない症例や問題にぶつかったときに相談する相手や、開業までの就職・アルバイトなどを決めるような場合のことです。

よく、大きな学校での授業はその他大勢になってしまい、一人当りの濃度が薄いのではという方が居ますが、そういう方はマンツーマンで勉強しても結局「教え方がヘタ」「先生が気に食わない」などと言って結局技術も知識も身につきません。
結局は自分で勉強をして身に付けるしかないのだと思います。

いよいよ学校に入学し、勉強を始めることになりました。
学科や手技の勉強をしていていくつかの疑問・不安にぶつかることになりますが、それについては次回以降に紹介したいと思います。



第一回 整体師として独立するまで 〜 入学・転職・卒業・退職 〜

当院紹介ページでも触れている通り、その頃僕は某紳士服専門店の本部で働く平凡なサラリーマンだった。
将来実家に帰る時のために「手に職を・・・」と考え始めたのはたぶん30歳前後のことだったと思う。
子供のころから身体にだけは自信があり、また、社会人になってからダンスを始めた僕がカイロプラクターや整体の先生に興味を持つのにさして時間は掛からなかった。
「40歳を前にはそろそろ・・・」と考えて学校探しを始め、勉強を始めたのが39歳の頃だったと記憶している。「よし、この道で」と強い意志があったわけではなかったが、今から思えばなんとなく会社(某紳士服店)をやめ、ひょんなことから自身が学んでいた学校の事務に入ることになった。転職をした後に事務を行いながらその学校で卒業し、すこしづつ勉強を続けながら開業の時期を考えていた。

そして今年、43歳になったのを機に開業を目指して整体の学校を辞め、ついに念願(!?)の独立を果たしたことになる。
勉強を始めてからここまで、振り返ってみると順調に来ているようにも見えるが、結果としてこうなったからといって何の問題もなくここまで来たわけではない。

次回以降、これまでどうやって開業まで来たのかということを記載していきたいと思います。


---------------------- このページのトップに戻る ---------------------

●整体関係のトップページに戻る(てあて整体院・整体師応援サイト)
●トップページに戻る