てあて整体スクール スクール通信



                              Tel 03−3922−7230



 てあて整体スクール


 【目次】
 資料請求・体験説明会
 コース案内
 入学から卒業まで
 月別カリキュラム
 指導内容
 スクールQ&A
 授業風景 
 卒業生の声
 院長ブログ
 触診セミナー
 マッスルエナジーテクニック・セミナー

 卒業生の整体院

 卒業後の進路
 スクール生用 ページ
 
 骨格調整専科 募集中

 
METセミナー










 ご質問等のある方は
 下のメールで
 連絡下さい。
 お名前・ご住所を
 お忘れなく!

 
問合せはこちら



 てあて整体スクールサイトで以前使っていたページです。
 最近は院長ブログを書いているのでそちらにどうぞ。

 てあて整体スクール・院長ブログ >>>




■有風庵 ・ 熊谷先生

上石神井駅から数分の赤いレンガのマンションにある有風庵に行ってきました。
中国武術を長く鍛錬されている熊谷先生は、整体院に通わなくても良い健康な身体作りを目指し、東洋的なストレチを取り入れた運動を考案中。
これを患者さんに広めていくことが夢だと語ってくれました。
とても雰囲気の良い和室での施術は、患者さんも安心して受けられると思います。

   




■an=do pilateis ・ 安地先生

地下鉄新宿御苑駅から徒歩3分の好立地にある、安地先生のピラティススタジオに行ってきました。
安地先生はもともとはダンサーで、ピラティスの勉強をし痛みを持ったクライアントに対して自分に出来ることを増やしたいという目的で整体の勉強をされました。
現在はダンスの指導とピラティスの指導を行なっていますが、整体だけというのもたまにやっているそうです。

ワンルームの室内に所狭しと置かれたピラティスの器具を使ってするセッションは、僕のような筋肉オタクにはたまらないものでした。
高い技術・知識と経験に裏打ちされた施術は、必ず多くの患者さんをに必要とされるようになると思います。


  

 

■Body Factory NANAKO ・ 熊原先生

出張整体を経て8月1日にめでたく自宅開業をされた熊原先生の治療院『Body Factory NANAKO』を訪問しました。
京王線千歳烏山駅から徒歩10数分の閑静な住宅街にある整体院は、とても清潔で地域に根ざした整体院になられることと思います。

  
左:外観    中:施術部屋    右:デトックス部屋

 ← 熊原先生(右)と僕


■ひさしぶりの認定者

  
 左 2006年5月21日21:00認定Nさん、右 2006年5月22日13:00認定Mさん

 左のNさんは過去最長在籍、右のMさんは過去最短在籍での認定です。
 Nさんは年末から山口で整体を活かしながら介護の仕事を続ける予定です。
 Mさんは来年の開業目指して、6月から内弟子二号として修行の日々が始まる予定
 です。
 整体の手技だけでなく、問診や検査の技術、整体院の経営・運営などについても
 勉強してもらいます。
 がんばりましょう。


■春の大遠足 → 入力系と出力系

4月23日(日)・5月11日(木)と横浜で開催されている『人体の不思議展』に行ってきました。
プラスティネーションもしくはプラストミックという手法で固定された人体標本は、標本というよりは模型のように見えてしまうほどきれいに整えられていました。
民間手技療法を学ぶものにとっては、実際の解剖標本を見る機会は本当に少ないので、参加者はそれぞれに勉強になったことと思います。
僕(あら木)は今回で4回目の見学になります。
この他に慈恵医大・横浜国大と北京中医薬大学(在北京)の解剖標本室の見学にも行ったことがあります。
でも、ここで伝えたいことは解剖が重要だということではありません。
(もちろん解剖は重要なんですけどね。)

行動することが重要です。

標本は何度も見たことがあったとしても、解剖学アトラスで写真を良く見ていたとしても、また行って見ると別の情報があり別の刺激があり、その後のあなたの行動に変化が生まれます。
人間は脳で情報を処理します。
処理された情報に基づいて、行動に移るわけで。
「外部情報→脳への入力→情報処理→行動(出力)→新たな外部情報→入力→出力」という循環の中で新たな展開が起こったり、行動が洗練されていったりします。
(解剖学者の養老先生の受け売りですが・・ ちなみに、出力系は主に筋肉だけです。)

つまり、行動を起こさないと新しい情報も入らず、新しい展開も行動の洗練も人間としての成長もないということになってしまいます。
整体師はインドアでの仕事がほとんどで、外出が少なくなる職種です。
機会と時間を見つけて外に出る(行動)ことを、ことさらやるようにして下さい。

 初回参加メンバー         おいしい食事の福満園
  


■手を作る

最近のスクール授業では、基本手技の練習前に”触診”をするようにしています。
肩甲骨下角・脊柱棘突起・腸骨稜・PSIS(上後腸骨棘)・坐骨結節・脚長差です。
入学したばかりの方は何のことやらさっぱり分からないと思います。
骨格調整の勉強が済んでいる人でも、最初は戸惑っていました。
でも、続けることに意義があります。
左右へのズレ・高さの違い・熱感・膨らみ等等、ある日突然見えてくるものがあります。
(全てではなく一つ一つですけどね。)

手は患者さんの状態を感知する調査器官であり、手技を施すための道具であり、患者さんと術者をつなぐ媒体です。
その手の感覚が鋭くなければ、何も感じることが出来ず体の中で起こっていることもわからず、最終的にはきちんとした調整・施術が出来ないということになります。

「見ようとしなければ目の前にあっても一生見えない」という一文を、2年くらい前に書きました。
僕が何故、触診やパルペーション(検査)をするのか、というのはこのことにあります。
触診や動的な検査を行なっていると、患者さんの状態が部分部分で分かるようになります。
それは検査結果・触診の結果から分かるということです。
これを続けていると、「パッと見ただけで、なんとなくここが原因というのが分かる。」という境地に繋がるのだ思っています。
(そうなったら検査は必要ないということではないですよ。)

先ず「手」をつくって下さい。
そして、患者さんの状態を細かく見る「目」を作って下さい。

手の感覚は1000分の1ミリ(1ミクロン)単位まで、感知することが出来るらしいですよ。


■合格!・合格!

 
 おめでとうございます。
 認定試験にひさびさの一発合格(右Mさん)と、ちょっと時間のかかったKさんです。
 Mさんはすでに別の整体学校も卒業して、整体師として働いています。
 これから独立するにあたって、新たな核となる手技を求めててあて整体スクールに
 やってきました。
 Kさんは全く別の業界からの転職組です。
 既に自宅には施術部屋が作ってあるとか・・
 これからが勝負です。 がんばりましょう!


■最近のスクール事情

 

 

 写真上左から「骨格調整」「座位PNF@」「座位PNFA」(台湾の床屋じゃないですよ。)
 下左から「仰臥位PNF」「ストレッチ@」「ストレッチA」「ストレッシチB」です。
 ストレッチAは上級者向けのものですが出来る人がいたので写真を撮りました。
 どんな格好になってるんですかね〜 不思議な感じ・・
 普通はダンサーにしか教えません。
 ストレッチBもストレッチです。 ただ寝っころがってるだけではありません。

 普段は基本手技の練習が多いんですが、骨格調整や筋肉の調整・ストレッチなんかも
 時間を取るようにしています。
 最近は毎回必ず触診をするようにして、指の感覚を磨くようにしてますね。
 卒業生の方も練習に来てにぎやかに授業をやっています。


■調整用ベッド(調整2号)登場 
 
 調整用のベッドです。  通称 弟子部屋に登場しました。
 日曜コースの骨格調整でお知らせしていたベッドです。
 これで、授業中は3台のベッドが使えます。
 あとは練習あるのみ!


■ビデオ登場! 
 
 TVモニターです。
 スクール((整体院)入ってすぐ左の部屋に登場しました。
 インターン生・スクール生・卒業生の方が、ビデヲを見るためです。(ついでに僕も)
 ビデヲはPNF・治療関係・PIR(MET)関係が今のところ9本くらいあります。
 授業に少し早めに来て見ていても良いし、インターンに登録して日曜日の午後に
 ゆっくり見ても良いですよ。


■苦節3ヶ月
 
 昨年10月くらいから認定試験を受けていたMさんが、ついに昨日(1.15)合格しました。
 おめでとうございます。

 彼は早い時期から”きれいな刺激”がはいる生徒さんでした。
 ところが、頚椎だけがうまく出来ませんでした。
 昨年10月の時点で、すでに上肢・下肢・体幹は問題なく出来ていたのですが、頚椎の
 ところで足踏みをしてしまいました。
 極端な言い方をすれば、がさつな手技になっていた感じです。(首だけですよ)
 ところが、昨日は別人にように繊細な指使いで、頚椎の調整をして頂きました。
 
 てあて整体スクールは、簡単には認定が出ません。
 それはつまり、僕が卒業する生徒さんに責任があるからです。
 簡単に卒業させてしまえば簡単なんですが、そうすると卒業した人のレベルが落ちて
 しまいます。

 なかなか卒業出来ませんが、卒業時にはなんとか施術が出来る技術を身につけていら
 れると思います。
 
 皆〜 がんばろうぜ!!


■METセミナー開催 (2005年10月23日) 

  

 METセミナーを開催しました。
 今回は針灸・あま学生さんと開業整体師の方も参加されました。
 ここで一言

 ”とにかくMETはどの部位でも良いので使って下さい。
  使い続けることでMETの効果も分かるし、一部位できちんとできるようになれば
  他の部位への応用も効きます。
  また、現在、開業されていない場合も、手技を忘れてしまうということがありません。
  METは筋肉の起始・停止、または関節の可動性の悪い方向さえ分かれば、応用
  範囲の非常に高い手技なので、忘れないように使い続けて下さい。”
 
 指針の生徒さんも基本手技の中に、梨状筋・腸腰筋・腰方形筋・大腿四頭筋などの
 METをどれか一つでも入れて練習するだけで、将来必ず力になります。


■合格 !!

  昨年11月入学のOさんが、認定試験に合格しました。
 おめでとうございます。
 
 途中、1ヶ月ほどのブランクを乗り越えての合格です。
 非常にストレートな気持ち(気分)の良い刺激のはいる整体師さんです。
 あとはもう少し臨床経験を積んで、”こなれた”施術が出来るようになると、更によくなると思います。 がんばりましょう。


■感想を頂きました。 

先日行なったMET(マッスルエナジーテクニック)セミナーに大阪から参加された柔整師の山本先生から感想を頂きました。

「今回このセミナーに参加したのは、METが非常にソフトである
という面と関節モビライゼーションの要素に興味があったからです。
実技中心のセミナーでしたので体感で充分理解出来る内容でした。

特に骨盤調整については、検査から調整までが非常にシンプルかつ安全な流れにまとめられており、これだけでも受講した価値があると思わせるものでした。

受講前に考えていた以上に実際はソフトな手技で、患者さんにも施術者にもやさしいですし、等尺性収縮をつかって関節を梃子の作用で動かすという、これまで余りお目にかかった事のない原理は新鮮で治療の幅が広がりました。

ただ、良い内容だっただけに、時間はあっという間に過ぎ、もう少しあったらなと思います。
特に私は関節モビライゼーションの要素にかなり興味があったので、後半の胸椎、頚椎の調整はもう少し時間をかけてやってほしかったように思います。

とにかく、体を通して知る事が出来、さらにMETに興味を持つことができました。
絶版になって手に入りにくい様ですが本も購入して更に深く勉強したいと思っています。
また現在、AKを勉強しているのですが、筋肉の受容器障害にもMETを応用できそうなので、今後とも臨床研究していきたいと思います。」

山本先生、ありがとうございました。
これからも内容の充実を図っていきたいと思います。
(内容の掲載については了解を頂いています。)



■骨格・筋肉調整練習会

 次回は9月10日(土)17:30〜、11日(日)16:30〜

 日曜コースの人は8月に骨格調整をやっていますので、練習に来て下さい。
 タダなんだから・・どんどん来るように!!


■骨格・筋肉調整練習会
骨格調整やMETなどの筋肉調整は、練習が命です。
頭では理解していても、身体がついてこないということがあります。
ということで、今後毎月練習会を開催することにしました。
毎週、というわけにはいきませんが、出来るだけ数多く練習できるように、手技に特化した時間を用意しますので、スクール生の皆さん時間を作ってきて下さい。

 次回は、8月13日(土)17:00〜18:00、14日(日)16:00〜17:00
 もちろ無料です。


■合格!!!
実は、Tさんの次の日、男性Tさんが合格しています。
写真を撮っていないので、告知していなかったのですが、やっぱりお知らせしておきます。
男性Tさんは、横浜(ほぼ鎌倉)から毎週土日に2時間かけていらしていました。
としは最近の定年退職の年齢でしたが、ゴルフとヨットで鍛えた体は体力的には問題のないものでした。
来年早々にも開業を予定しているTさん!
応援します!
がんばりましょう。


■合格!! 

  昨年12月に入学したTさんが、今日認定試験に合格した。
 おめでとう!!

先月からずっと挑戦して、2ヶ月目にして指針整体師として認定されました。
見た目は温和な感じですが、芯のしっかりした女性です。
現在は都内の整体院で修行中ですが、将来の開業に向けて一歩踏み出したことになります。

さてさて仕事を始めて数ヶ月も経つと、つい目の前の患者さん(お客さま)を次々と「こなして」しまうことがあります。
以前も書きましたが、 ”Don't let your hands job ! ”(>>>) です。
今日一日を目標の途中と思ってすごして下さい。
リラクゼーションサロンなどで仕事をしていて、開業の意思のある方は、今日一日の施術人数を記録すると良いですよ。
その数字が将来、自分の自信になります。
また、調整はしなくても、PSISの位置や脊柱の歪み・肩甲骨の位置などを確認して下さい。
しばらくすると、必ず手を当てただけで、身体の状態が分かるようになります。
日々のそうした積み重ねが、将来のあなたの手技の幅になり臨床経験になります。
がんばりましょう!


■どうすれば「太ももの前の筋肉」を使わずに脚を上げることが出来るか。 

この質問は見学に来ていた、ダンスとピラテスの先生をやっている人からのものでした。
ちょうどスクール生の皆さんにも参考になると思い色々な角度から解説をしました。

ダンスをやっていると「太ももの前の筋を使わないで脚を上げて!」と言われます。
解剖学の本には、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の作用は、股関節の屈曲(脚を上げること)と膝関節の伸展(伸ばすこと)と書いてあります。
ダカラ無理・・ というのは、ダンスを知らない整体師の答えです。
股関節を屈曲させる(脚を上げる)筋肉は他にもあります。
腸腰筋や恥骨筋、そして内転筋(これは屈曲の補助)です。
それらの筋肉を使ってあげていくことになります。
でも、そこまでは頭で分かっても、実際には感じるのは非常に難しいことです。

で、例えばこんなことをします。
床に膝を立てって座ります。
そこから、骨盤を寝かせていって、背骨を丸くしてゆっくりと後ろに倒れていきます。
途中の太ももの前に力をいれなくても脚が浮く場所を見つけて下さい。
このとき股関節を屈曲させているのが腸腰筋です。
(深層筋なのでほとんど知覚できないんですね。)
そしてもう一つ
脚を肩幅にして立った状態から、腰を後ろに引きながら身体を前に倒していきます。
このとき背中をまっすぐにします。(ジャズダンスではこれをフラットバックと言います。
この状態だと太ももの前の筋肉が使われます。
次に、まっすぐ立った状態から腰を後ろに引かないで、前に倒れます。
(腕でどこかを掴んでおいて下さい。)
このときは太ももの前にの筋肉をほとんど使わず、腰筋などを使って股関節を屈曲させています。
同じ筋肉を働かせて身体を立てておけば理論的には脚が上がってきます。
(そうとうなくんれんが必要ですけどね。)

ということで、どんな質問でもして下さい。
身体の使い方を説明することは、整体師にとってとても大切なことです。
皆で勉強しましょう。


■" Cure himself , You don't cure "

先日、ヨーロッパのいくつかの大きな舞踊団で、セラピスト・トレーナーとして働いている先生のセミナーを受けていて聞いたことばです。
「彼自身が治るのであって、あなたが治すのではないですよ。」という意味のことだと思う。

整体院を開業してしばらくすると、患者さんに対する施術の効果も高くなり、治癒率も上がってくる。
そうすると、どうしても「僕が」「治してやる」という思いが浮かんでくることがある。
でも、治っていくのは患者さん本人だ。
整体師はその手伝いを少しでも出来れば良い思う。
導くというとえらそうだが、患者さんの身体と心の持ち方・方向性について、より良い可能性を提示し、健康になる・パフォーマンスが上がる後押しが出来ればよいと思います。


■整体の勉強 

誤解しないで下さいね。

てあて整体スクールを出た後も、どんどん他のセミナーや勉強会・スクールなどに行ってください。
それは、てあてスクールで学んでも、整体の技術・知識が見につかないということではありません。
てあてスクールの認定試験に合格したら、1時間の施術をして患者さんから5000円程度のお金を頂くことの出来る技術が身に付いたと思って下さい。
その点では全く問題ありません。

しかし、卒業したばかりの整体師は、新参者で新米です。
既に開業したり就職して仕事をしている先輩から比べたら、比べることさえはばかられるくらいに未熟です。
様々な知識・技術を勉強していく中で、新しい仲間とであることも出来るし、様々な症例を知ることも出来ます。
もちろん、指鍼やマッスルエナジー・テクニックに加えて、取り入れることのできる手技が見つかることもあります。
時間があったら本を読み、お金があったらセミナーに参加して下さい。
(METセミナーなら在校生・卒業生は無料なんだから、どんどん練習に来て下さいね。)


■骨格調整 

5月の土曜コースは骨格調整を行っていますが、骨格調整で一番重要なのは何でしょう?
いつも言っていますが、骨格調整は検査で7〜80%が決まります。
骨格の位置(アライメント)がどうなっているのか、が分からなければ調整は出来ません。
そうは言っても、最初はPSIS(上後腸骨棘)でさえどこにあるのかわからない。
ましてや脊柱の棘突起のゆがみなんで、どうなっているのやらさっぱり分からないものです。
でも、あきらめてはいけません、以前も書きましたが「見ようとしなければ何も見えない」ものです。
同じように施術をしていても、骨格のゆがみや筋肉の変調は、感じようとしなければ感じられるものではありません。

指鍼基本手技の練習をしているときも、METやPNFで患者さんの身体に触れているときも、「この人の身体は今どうなっているのか?」と頭に???を描きつつ、練習をしてみて下さい。
必ず分かるようになってきます。
そういうものです。


■癒快堂

4月21日、卒業生の中島さんがオープンした、癒快堂に行ってきました。
地下鉄丸の内線新大塚駅から1分、JR大塚駅南口から6分の通り沿いにありました。
1階がイタリアンレストラン(カフェのような感じ)の2階です。
オレンジを基調にした看板や内装であたたかい雰囲気のサロンになっていました。

   

■METセミナー

4月16日METの1日セミナーを開催しました。
参加した皆さんお疲れ様でした。
当日はPTや歯科医の方の参加もあり、なかなかするどい質問もありました。
PTの方の質問のように、技術を自分で使えるようにするために「どの筋肉に」「どうやって」ということの疑問は非常に大切なことです。
たとえセミナーに参加して、何かを指導されていても、自分の中にある疑問や不明確な点はクリアにすることが将来の自分の施術に生かされることになると思います。
次回は6月です。 がんばりましょう。

 


■かたこり整体院

3月11日、卒業生の松田さんがオープンした、かたこり整体院に行ってきました。
代々木上原の駅から徒歩3分くらいの静かな住宅街(と言っても人通りはかなりある)の整体院でした。
とても落ち着いた雰囲気で、オープン1週間で20名近くの来院があり、先ずは上々の船出となりました。

   
 
 ※左から、カウンセリングコーナー、施術コーナー、松田先生と僕でした。


■2004年 お疲れ様でした! (2004.12.27)

    

今年、最後の授業&忘年会、お疲れさまでした。
来年も厳しく楽しくがんばっていきましょう!


■練習は強めにやります。 

指鍼の練習は強めに行います。

テキトウな力加減で練習していると指や腕の使い方も分らないし、肩が上がっていても「力で押して」いてもある程度出来てしまいます。
目一杯で練習していると、肩に力が入っていたり、息をしていなかったり、指の力でゴリゴリ押していたりしると、疲れてしまって1時間の施術が出来ないようになります。
それに、指鍼をする体作りのためにも、最初は筋力のトレーニングのようなつもりでも、強めの方が良いのです。

また、強めに出来るということは弱めにも出来るということです。
患者さん毎に強さを変えるということは本当はありませんが、腰部(膀胱系)と腕(小腸系)や下肢(胃系)などでは当てる感じが少し違います。
その時に、強く出来る人は場所や人によって、少し加減することが出来ます。

ま、大は小を兼ねる、ということですかね。
最初は辛いものがありますが、必ず出来るようになります。
「脇を占めて」「背中を伸ばし」「前を見ながら」「腕を伸ばして(腕から指先までのベクトルが真っ直ぐ)」練習しましょう。


見ようとしなければ目の前にあっても一生見えない! ('04.11.18) 

例えば、膝痛の患者さんが来たとします。
で、その患者さんに仰臥位または伏臥位になってもらいます。
患者さんの膝蓋骨の左右差・爪先の開き具合・臀部の膨らみ・ハムの貼り等等・・
それぞれ、膝痛の原因を考えるために、手を添え触診をして調べます。
こういったことって、毎日毎日やっていないと分らないものです。

例えば、脊柱の触診だって、最初は全く分りません。
そんなもの、最初から分る人は居ません。
でも、毎日毎日、毎回毎回、触ってみて疑問に思ってみて確認するから分るようになるのです。
重要なことは、「問題はどこにあるか?」「左右差はあるか?」というようなことに、気をつけながら施術を行うということです。
それは、肩こりや疲労回復で来院された患者さんの施術を行う時にでもです。

気にして注意していなければ、一生わかりません。
見ようとしなければ、目の前にあっても一生見えないものです。


■何故、指鍼では鎖骨下・肋間筋にも刺激を入れるのか? ('04.11.15) 

毎日自然に行っている呼吸って、どうやってしているか分りますか?
「肺が膨らんで、その中に空気が入ってくる。」と思っている方が多いと思います。
肺が膨らむ・・というのは正確に言うと間違いです。
肺は細かく分けていくと、肺胞というぶどうのつぶのような組織の集まりということがわかりますが、その肺胞自身が膨らむということはありません。

胸郭という肋骨で構成される鳥篭のような部位が広がることと、横隔膜が腹腔に下がることで胸腔の中の容積が大きくなることで空気が肺の中に流れ込むようになています。
では、胸郭というのはどうやって広がって容積を大きくするのかというと、肋骨と肋骨の間にある外肋間筋が収縮することによっています。
(内肋間筋が収縮すると、胸郭が狭くなります。)
ようするに、当然のことではあるのですが、呼吸も筋肉の働きで出来ているのです。

猫背の人や呼吸が浅い人、そして肩こりの人は、肋間筋が硬くなり上手く伸び縮みできなくなっていることがあります。
これを改善するために、指鍼では鎖骨の下や肋間筋にも刺激を入れるようにしています。


Don't let your hands job !  ('04.10.19)

ジャズピアニストの小曽根真という方が、先日ラジヲ番組で言っていた言葉です。
ジャズピアニストは、デビューしてしばらく経ちライブなどにも出演し、ある程度経験を積んでくると、「自然に」「何も考えなくても」手が動くようになってくるといいます。
つまり手が勝手に仕事を始めるということです。

そして、これが一番怖いことだと言います。
つまり、何も考えずに演奏をしてしまうということは、何の注意もなく何の発見もなく何の創造もないということで、例えばトリオを組んで演奏をしているとしたら、”予定調和”に向かって演奏をしてしまうということです。
それでは、自分自身の進歩もないし、観客に感動を与えることも出来なくなるということでしょう。

手技療法もそうですね。
スクールでの勉強が終わって仕事(開業・就職)を始めてしばらくすると、何も考えなくても自然に手が動くようになる時期が来ます。
慣れてくる時期ですね。
3ヶ月で来る人もいるし半年で来る人もいますが、誰しも必ずその時期が来ます。
その時に、その流れにまかせて、何も考えず「いつも通りの手順で」「いつも通りの手技」を怠っていたら・・
失敗・見落としの可能性が増えるということだと思います。


先日、温泉施設で整体を受けました。
非常に手馴れた手技でしたが、主訴(腰痛)を訴えたにも関わらず何の検査も何の調整もされませんでした。
聞くと5年くらいこの仕事をしていると言います。
雇われているからということは言い訳にはならないと思います。
「整体」を標榜するのであれば、慰安行為が前面に出ているとしても、時間内で出来る限りの調整は行うべきだと思います。
そのためには、自分の「頭」で考え「手」を使って手技をすること必要ですね。

手に勝手に仕事をさせるなということです。


■危険な手技・危険な部位('04.10.1)

平成3年の厚生省の通達によれば、「・・カイロプラクティック療法の手技には様々なものがあり、中には危険な手技が含まれているが、とりわけ頚椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要があること。 後略」とあります。
しかし、カイロプラクティックの団体は、スラスト法についてきちんと訓練をし臨床を積めば効果も高く危険性はないと言っているようです。
僕もそう思います。(訓練と経験を前提とすれば、危険性は低くなるという考え)

指鍼にはそういう手技は含まれませんが、勉強会で行っているMETに使う「虚血性圧迫」については充分な訓練を行った後、十二分な注意の上に施術を行う必要があるでしょう。
特に梨状筋・腸腰筋に対する虚血性圧迫は、それ自体が筋肉に損傷を与えるということはありませんが、「痛み」が大きいために患者さんが予想不可能な動きをする可能性があります。その予想不可能な動きが新たな故障に繋がる可能性があることを忘れてはいけません。
虚血性圧迫をする際には、痛みがあるということ、かなり痛いということを告知した上で、徐々に圧を大きくしていくようにして下さい。
間違っても当てた肘や指を左右に動かすようなことはしないで下さい。



■常識が邪魔をする('04.9.23)
 
施術の練習風景です。
ここで気付くことは、姿勢の問題で、お二方とも姿勢が悪い。(失礼)
目線を上に上げ背中を反るような感覚で施術に当たるようにしましょう。
背中を丸めていては、腕や肩の力で「押そう」としてしまい、患者さんに的確な刺激が伝わりません。
自分の手元を見るのではなく、ポジションを作り美しい施術姿勢(フォーム)を作るようにして下さい。
美しい施術姿勢は必ず正しい技術に繋がります。
また、どうしても当てた指を引く前に押してから引くようになり勝ちです。
指は当てたら「そのまま何もしないで引く」ことがとても重要です。

これらは、常識が邪魔をしていることになります。
「手元を見なければ、指を当てる場所が分らない。(違う場所になる)」「指で押さなければ、刺激は伝わらない。」というものです。
しかし、それでは指鍼になりません。
この常識を捨てることが、指鍼の正しい技術を身に着ける近道です。
必ず出来るようになります。
だまされたと思って、「姿勢を正しく」「指はそのまま引く」ようにして下さい。



■方法ではなく原理を覚えよう。('04.8.29)

手技の勉強をしていると、ついつい順番や方法を覚えようとしてしまいます。
とにかく順番を覚えて出来るようになりたいと思ってしまいます。
でも、意味も分らず覚えた手技は、忘れてしまうことや順番を間違えてしまいます。

手技の勉強は必ず「理論・原理」を理解するようにして下さい。
例えば骨盤調整をするときに、何故患者さんの上半身をひねったり膝を曲げて屈曲してきたりするのか。
例えば、梨状筋の調整をする時に、何故膝を曲げて下肢を外旋させるのか。
何故・なぜ・ナゼ・・

その何故が分っていれば、患者さんの状態に合わせて、手技を応用し使うことが出来るようになります。
ただ、順番を覚えただけでは、応用が利かず患者さんの状態に合わせた施術が出来なくなってしまいます。



■マッスルエナジー・テクニック、面圧(04.8.22)

マッスルエナジー・テクニックはPIRという筋肉の持っている独特の性質(※)を利用した非常に効果的で安全な手技です。
これは患者さんに制限のある筋肉(関節)を使ってもらい、これに対して抵抗をかけますが、この抵抗が「おおよそ20〜50%くらい」という非常に軽い抵抗だからです。
これくらいの力の使い方なら高齢の方や痛みのある方でも使うことが出来ます。

また、面圧についても同じで、強く圧力をかける必要はなく、ごく軽い力を関節面に対してかかるようにしていきます。
これは、構造医学会が提唱しているバイオトライポロジー(生体潤滑理論)を元にした手技だからで、関節は負荷(自重)が掛った状態が生理的な状態だという考え方です。
自重と言っても全体重ということではなく、関節から上の部分でしかも足なら1/2(2本あるから)になります。

逆に考えればてあてスクールの手技は、患者さんに大きな負担をかけないことで効果が高くなるとも言えますね。

 ※PIR = アイソメトリック収縮後弛緩 = 筋肉は静的な収縮後に緩むという性質



■揉み返し(04.8.8)

揉み返しはその言葉通り、ほとんどは揉むために起こります。
筋肉を揉むことによって他動的に動かすため、翌日に起こる筋肉痛ではないかとも言われています。
では、どうすれば揉み返しを無くすことが出来るのか?
それは、揉まないことで可能になります。
筋肉を「掴んで」「押したまま」「左右に動かす」ということをしなければ、ほとんど揉み返しは起こりません。
したがって指鍼整体では、筋肉を「掴んだり」「左右に動かしたり」(揉んだり)ということをしません。
刺激だけを入れるように、力で圧力を加えないように、細心の注意を払って技術を習得します。







------------------------ このページのトップへ戻る -------------------------


●整体関係のトップページに戻る
(てあて整体院・整体師応援サイト)
●トップページに戻る