てあて整体スクール 入学から卒業、そして卒業後まで


                              Tel 03−3922−7230



 てあて整体スクール


 【目次】
 資料請求・体験説明会
 コース案内
 入学から卒業まで
 月別カリキュラム
 指導内容
 スクールQ&A
 授業風景 
 卒業生の声
 院長ブログ
 触診セミナー
 マッスルエナジーテクニック・セミナー

 卒業生の整体院

 卒業後の進路
 スクール生用 ページ
 
 骨格調整専科 募集中

 
METセミナー














 ご質問等のある方は
 下のメールで
 連絡下さい。
 お名前・ご住所を
 お忘れなく!

 
問合せはこちら



見学〜入学
  入学は思い立ったとき。

先ずはスクール見学をします。
資料だけで入学は決めないで下さい。
スクールの説明を聞いて授業を体験して、講師(あら木)と会って生徒さんと話をして、ここで大丈夫かなと考えてから入学を考えます。
スクール選びで大切なポイントは、「これなら大丈夫そうだ。」「なんとなく出来そうだ。」という直感です。
整体は人の体に触れる手技であり技術であり仕事です。
そして自分の体を使って(頭も使いますけど)するものです。
長く続けていくためには、頭で考えたことよりも自分の直感を信じることが大切です。

※骨格調整専科は4回(1か月)集中コースなので、見学をしないでも大丈夫です。


入学手続き
  申し込みは電話かメールで。

 

入学を決めたら電話かメールで連絡をします。
入学は随時出来ます。
最初に通う日にテキストが渡されます。

入学に際しては入学願書と同意書に必要事項を書いていただきます。
これから入学して自分がどうなりたいのか、どうしてこのスクールを選んだのかを記入する欄があります。
あら木がそれを見て、どんな将来を目指しているのかを確認します。

授業料は最初に授業に出た月の最後までに支払います。
分割も出来るので、遠慮なく相談してください。


授業の通い方
  授業に出られなかったら。

授業には基本的には同じ曜日に通います。
(名古屋の授業は毎月平日4日連続です。)
土曜に通おうと決めたら、毎週土曜日に授業に来ます。
もしも仕事や家庭の関係で土曜の授業に出られないときがあったら、日曜や月曜の授業に出ることができます。
卒業試験に合格するまでは、どの曜日の授業に出てもかまいません。
また、卒業までは何回でも授業に出ることが出来ます。

過去には途中で何度か挫けてしまい、3年間通って卒業された方もいます。
月4回×6か月=24回の授業です必要な内容は学ぶことが出来ますが、みなさん納得いくまで通ってきています。
平均すると1年前後位で卒業しています。


基本手技と触診
  ベースとなる授業

 

スクールでは最初の授業から触診の練習をします。
『整体師は手』と言うのがスクールのひとつのポリシーでもあります。
患者さんの状態を知るために、整体師としての手指を作るためにも触診の練習をします。
触診は最初は何を触っているかもわかりません。
それでも毎回続けていて2〜3か月もすると、かなりのことが分かるようになってきます。
歪みや張りが分かれば、あとはそこを何とかするだけです。
調整方法は授業でやりますが、歪みが分からなければ調整も出来ません。

基本手技は『指針整体』という手技です。
全身をめぐる12の経絡を、気血の流注にそって刺激を入れていきます。
と言ってもやっていることは、拇指でトントンと刺激を入れるだけ。
見た目には本当に簡単で力を使わず、患者さんにも術者にも負担の少ない方法です。
患者さんへの筋肉の負担が少ないため、揉み返しがありません。
揉み返しがないのに、全身の毛細血管の流れがよくなり、筋肉と神経のつながりが良くなるので体が軽くなる、安全で確実な方法です。

指針整体はやっていることが簡単で単純な分、奥が深く極めるのが意外に難しい手技です。
決められた順番を繰り返し練習する中で、体の使い方や指の角度、強さのイメージなどが指導されます。


骨格調整・症例別
 人の身体を調整する。

 

整体師としての手指を触診で作り、全身の調整と筋肉を緩める方法を基本手技で学んだら、骨格調整と症例別の授業で患者さん別の整体を学びます。

骨格調整は背骨(頸椎・胸椎・腰椎)や骨盤や膝関節などの骨格の歪みと動きの悪さの調整と、大腿四頭筋・梨状筋・腸腰筋などの筋肉の硬さや動きの悪さの調整を行います。
調整する手技はさまざまありますが、てあて整体スクールではMET(マッスル・エナジー・テクニック)をメインに指導します。
この方法は患者さんに2〜3割の力で動いてもらい、これに最適抵抗をかけることで関節や筋肉にアプローチするオステオパシー療法のひとつです。
受けている患者さんもやっている術者にも安全で負担が少なく、再現性の高い確実な方法です。(再現性とは何度も繰り返し同じことが出来やすい、と言う意味)

基本手技で全身を緩める方法、骨格調整で部位別の調整法を勉強したら、患者さん毎にどんな風に整体を組み立てるのかを考える授業が必要です。
症例別では腰痛・肩こり・膝痛を中心に、患者さんが訴える症状に対してどんな風に原因を探るのかを考える授業をします。
患者さんの症状は千差万別、そして状態も年齢も性別も全然違います。
それらに一律の方法では対処出来なくなることがあります。
自分で考えて組み立てができるように、症例別の授業で人の体に対する考え方を学びます。

骨格調整と症例別の授業は卒業までに何度か繰り返し受講することが多い授業です。
納得いくまで何度でも出て、技術を身に着け自分の考えにして下さい。


開業講座などその他の授業
  他にはどんな授業があるか。

指針整体の基本手技、骨格調整と症例別のほかにどんな授業があるか。
解剖学の授業の他に、2016年からクラニオ(頭蓋仙骨療法)、姿勢と歩き方を加えます。
開業講座と整体師のための法律問題は個別に時間を取って行います。

クラニオは頭蓋仙骨療法。
頭蓋骨と脊椎と仙骨は、人の体をコントロールしている中枢神経の容物です。
この容物が歪んでいたり動きが悪かったりすると、中に入っている脳脊髄液の流れが悪くなる。
その流れを整えるために、頭蓋骨や仙骨の動きを調整します。
頭と言っても軽く触れるだけの療法なので安心して下さい。

姿勢と歩き方は現代人の悩みの根本。
自分の使い方の結果出来上がったものです。
その姿勢と歩き方を指導するために、どうやて見ていくのか、どんな姿勢や歩き方が良いのかを学びます。

アレクサンダー・テクニークは整体師自身が自分の体を整えること。
整った感覚を知ることで、患者さんにも姿勢や歩き方をおしえることが出来ます。
また、自分を整えることで整体の効果も上がり、体を壊さない使い方にもつながります。

解剖学は整体師には必須の座学です。
でも、あまり時間をたくさん取ることが出来ません。
そのため、オリジナルの教科書を作ってあります。
普通の解剖学のテキストでは、手技療法的な考え方は学ぶことが出来ないので、手技療法で一般的に言われているような考え方も含めた教科書を作りました。
また、サブテキストなどの紹介もしています。

最後に法律問題です。
整体師は国家資格ではなく民間療法です。
知っておかなければいけない法律的な問題を解説します。

手技の授業以外にも沢山の授業がありますが、日々、授業の中でもお話をしています。
安心して受講することが出来ると思います。


勉強会・セミナー
  無料で受講



スクールでは一般向けに、マッスルエナジー・テクニック・セミナーやダンスの身体のしくみと使い方セミナーなどのセミナーを主催しています。
これらのセミナーは在学中は無料で参加することが出来ます。
生徒さんの練習のためもあって開催していますので、なるべく受講するようにして下さい。

一般向けとは別に勉強会も開催しています。
写真左はアレクサンダー・テクニークのワークショップです。
講師の先生を呼んでセミナーやワークショップをやります。
あら木が講師の場合は無料ですが、講師の先生を呼ぶ場合は講師料をいただくようにしています。
だいたい3〜5、000円くらいです。
もちろん自由参加ですので、出たいと思うセミナーがあったら参加して下さい。
集まって練習をするだけと言う無料練習会もあります。
その時は危険でなければ他で勉強してきた手技の練習もOKです。


てあて整体スクールで教えているのは、患者さんを前にして困らない、開業するのに必要最低限の技術と知識です。
もっともっと学んで頂くために、その材料としてセミナーやワークショップを主催するようにしています。


卒業試験
  何度でも出来るまで

  

卒業試験は自己申告制です。
授業をひととおり受け終わったら、あら木から卒業試験を受けることが出来ると話をするようにしています。
まだまだもうちょっと練習をしたいということであれば、しばらく通い続けて練習をして下さい。
納得が行ったら試験を受けます。
卒業試験はあら木に整体をしてもらいます。
患者さんからお金を頂けるレベルと判断したら卒業です。
もう少し練習する必要があると判断したら不合格。
また授業を受けて頂きます。
もちろん授業料は新たにはかかりません。
納得行くまで通って下さい。

卒業生には『整体師認定証』となぜか記念の手拭を差し上げています。
がんばりましょう!


祝! 卒業
  ここからが始まりです。

卒業をしたらハイお終い、って分け訳ではありません。

開業に向けて準備を始める方や、将来の開業までしばらくは練習を続けるという方、どこかの整体院や接骨院などに就職をして修行をつむと言う方もいます。
また、自分でやっているパーソナル・トレーニングに取り入れたり、ピレッティスやヨガの指導に生かしたりする方もいます。

卒業後のスクールのリピート受講は1回1000円で受けられます。
無料でも良いのですが緊張感がなくなってしまうし、あら木も指導の甲斐がなくなります。
なので申し訳ないのですが有料とさせて頂いています。
その替りいつでもどこ(東京・名古屋)でも受けられます。

指針整体での就職は難しいですが、就職先を探すお手伝いはします。
手技療法には専門の人材派遣会社や求人もありますので、なんでも相談して下さい。

そしてここからは整体師と整体師のお付き合いです。


開業
 突撃隣の整体院

 

開業した卒業生の整体院は必ず訪問します。
(それにしても昔の写真は髪が長いなぁ。)
遠くは北海道札幌や名古屋・大阪にも行きました。
整体院で開業している方が多いですが、ピラティス・スタジオやスポーツジムを始めた方もいます。
初めて開業した卒業生のところでは、ついレイアウトや照明などにダメ出しをしたりしています。

開業後は患者さんの症例に関する質問や疑問を聞きます。
最初の1年位は面食らうことも多いので、なるべく気兼ねなく質問してもらうようにしています。
後になれば何でもないことでも、質問出来る相手がいることは安心ですからね。
あら木はそう言う先生がいなかったので苦労しました。
そう言うしなくても良い苦労はなるべく避けられるように、卒業生とも付き合っていくことにしています。


 

  



●整体関係のトップページに戻る
(てあて整体院・整体師応援サイト)
●トップページに戻る