整体スクールは少人数で安心の「てあて整体スクール」

 

  60分2980円は整体なのか?

                              Tel 03−3922−7230



 てあて整体スクール


 【目次】
 資料請求・体験説明会
 コース案内
 入学から卒業まで
 月別カリキュラム
 指導内容
 スクールQ&A
 授業風景 
 卒業生の声
 院長ブログ
 触診セミナー
 マッスルエナジーテクニック・セミナー

 卒業生の整体院

 卒業後の進路
 スクール生用 ページ
 
 骨格調整専科 募集中

 
METセミナー














 ご質問等のある方は
 下のメールで
 連絡下さい。
 お名前・ご住所を
 お忘れなく!

 
問合せはこちら



2015年夏
整体やサロン業界に数年前から新しい流れが出てきています。
これから整体やセラピーを学ぼうとする人たちにとっても、興味の深い問題だと思います。
このことについて考えてみました。


■60分2980円は整体なのか。

ここ数年、新たな業態として「揉みほぐし系」の整体!?が増えてきました。
60分2980円で硬くなった筋肉を揉みほぐし疲れた身体を緩めます。
これまでは整体と言えば60分6000円が相場でした。
これだけ揉みほぐし系が多くなると、整体は60分2980円になってしまったんでしょうか。
受ける側としては嬉しいことですが、整体師としては死活問題です。


結論を先に言います。
半分はそうです。
でも半分は違います。


どう言うことでしょう。
出来るだけ手前味噌にならないように恣意的にならないように、客観的に考えたいと思います。
ここを間違うとこれからの業界で、自分は何をどうやって行くかを考える時に間違ってしまいますから。


問題は60分2980円の揉みほぐし系が整体かどうかと言うことです。
既に整体院を始めている業界の中にいる人(我々も含め)は、揉みほぐしは整体ではないと言う人が多いように思います。
整体は身体の調整をして痛みや症状に対応して行くものだから、筋肉を緩めリラックスだけを目的とするのは整体ではないと言う考え方です。
そして実は揉みほぐし系の中で働いている人も、多くの人が整体とはちょっと違うと思っているようです。
揉みほぐし系サロンの中では、慰安行為であって調整やもちろん治療はしないとうたっていたりします。
ではそれを受けに来ている人はどうかと言うと。。。


実は「揉みほぐし系は整体」と思っている人が多いと思います。


これがややこしくなるポイントです。

(ついでに言うと経営している人は整体なのかそうでないのかは関係ないと思っているフシがあります。)


■60分6000円の整体は何をやって来たか、または何をしているか。

では今既に開業して60分6000円位でやっている整体院の整体は何をしているかと言う問題です。

これが一筋縄ではいかない。
業界の中にいる整体師の先生は知っていると思いますが、実に沢山の種類の整体があります。
そしてその整体と呼ばれているものの目的も多種多様です。


骨格の調整を主な目的として行っているところ。
筋肉の調整(バランス・硬軟・可動域等)を目的としているところ。
血流の改善や調整を目的としているところ。
経絡の流れの改善を目的としているところ。
身体の呼吸(様々な意味で)の調整を目的としているところ。
自律神経の調整を目的としているところ。
恒常性の調整を目的としているところ。

エネルギーを流すことを目的としているところ。
筋肉を緩めることを目的としているところ。
疲れを抜くことを目的としているところ。
などなどなど


書いてあるように60分6000円位でやっている整体院でも、筋肉を緩めたり揉みほぐしたり疲れを抜くことダケを目的としているところもあります。
(最近は少なくなりましたが、20分40分60分など内容は同じで時間で区切っている整体院などがそうです。)
この部分は60分2980円と同じ目的と言うことになります。
でも見ても分かるように一般的な整体院の目的は、揉みほぐしではなく違うところにあることも多くあります。
結論として「半分はそうです。でも半分は違います。」と言うのはこういう意味です。


『ちょっとまて、一緒くたにするな。』

と色々な先生にしかられそうです。
すみません。
でも患者さんやクライアントさんから見たら、こんな感じではないでしょか。
だから我々は、これだけでなく別に考えなければいけないことがあります。
でも、ここを前提として考えておく必要があります。
患者さんの多くにとって、「整体とは最近流行っている揉みほぐし系で、他のところは昔ながらの古い感じの整体院。」ってことです。


■整体院やサロンに来る理由。。。


腰痛・膝痛・五十肩・関節痛などになったらどこに行くか。

先ずは整形外科と言うのが普通でしょう。
整形外科で骨に異常はありませんと言われて湿布を出され、リハビリ的に行くのが接骨院だったり整骨院だったり。
接骨院で電気をかけてもらって10分位マッサージをしてもらい、何週間か通ってもなかなか良くならないと言う時に、最後に探すのが整体院だったりカイロプラクティックだったり。
現状はそんな感じだろうと思います。
整体などの民間療法は最後の最後。
その上、接骨院をやっている柔道整復師の先生やあん摩マッサージ指圧の先生、理学療法師・作業療法師の方々などは、国の方針もあって年々増えている現状です。
そうなると、揉みほぐし系ではない整体院やセラピー・サロンにはいったいどういう人が来ているのか。
ここからは、あら木の推察です。


『相談に来ている。』のだろうと思います。


腰痛や膝痛などで痛みがなかなか消えない、病院や接骨でも良くならない、その上どこに行っても診療は短い時間でササッと終わる。

そうなると「自分の痛み」を聞いてくれて分かってくれて対応してくれる人(先生)を探している人が、最後に辿り着くのが整体院であったりその他のサロンだったりする。
梅雨時になると何故か調子が悪くなる、病院に行くと更年期だと言われ、運動をしろ漢方を飲めと言われる。

でも、なかなか調子は良くならないし、自分で何をどうすれば良いのかも分からない、だいたい身体がどんな状態になっているのか分かったようで分からない。
そんな人がとりあえず腰痛や肩こりだけでもと思って整体院や近くのサロンに駆け込んで、「先生実は・・・」と切り出して話をしてくるようなパターン。
子供がバレエや水泳をやっていて、先生に○○が出来ないとか○○にしてと言われるが、どうも言っていることが分からない。

スタジオで一緒に練習している生徒さんや時間外に先生に聞くことは出来ない。
探してみたら整体院やサロンの先生がバレエや水泳の経験者だった。
ひょっとしてとメールで問い合わせたら話を聞いてくれる、と言うところから来るようになったり。
ダイエットや小顔やO脚矯正を、大々的に宣伝しているところに行くほどではないけど、それらが原因で腰痛や膝痛が出ているんじゃないかと思っている。

整体院やサロンのホームページを見たら、最後の方に「小顔」とか「O脚」などの文字が見える。
電話やメールで問い合わせたら、先ずは来てみて下さい、同じ料金で対応しますよと言われて、来るようなケース。


結局、整体やサロンで、話を聞いてもらって相談に乗ってもらっている、と言うのが、「腰痛・肩こりでもなく揉みほぐしでもない理由」で整体院やサロンに来ている患者さんたちの理由や内容だろうと思っています。

60分2980円的な揉みほぐし系整体はこれからもしばらくは増えていくと思います。
でも、頭打ちになる時期は早晩来ます。
チェーン展開をされているところが多く、オーバーストアとは言いませんが、飽和は以外に早いと思います。
でも無くなることはないし、減ることもないと思います。


■これからの整体院やサロンは。。。


この現状で整体院やサロンは次に何をすべきなのか。

いくつかの選択肢があるように思います。


揉みほぐし系もそうですが、マニュアル化(指示書)され低価格化されたサービスを提供するサロンは、最近の流行りでもありニーズもあり継続していくと思います。

個人で60分2980円を継続するのは難しいので、この形態でするなら人を雇うことになると思います。(もしくは繁華街などでの営業。)
また、主婦や子育てママ向けの姿勢やダイエットや産後ボディケアや健康管理的なサロン。
これはもう少し短時間で低価格、ただし沢山の人を集めることが出来る可能性です。


もう一つのマニュアルは『手』です。

相談される身体の専門家としての整体師あるいはセラピストです。
現在でも生き残っている60分6000円以上の先生方です。
ここで大切なのは確実な手技と知識。
これから整体師として開業される場合は、患者さんの状態を見て分かる触れて分かること、歪みや硬さや動きの悪さのアンバランスを調整出来ること、それらを分かりやすく説明ることが必要になります。


もう一つ

スタイルのないスタイル。
整体と言う形態に囚われないことです。
患者さんが相談したいことは多岐に渡ります。
身体と一言で言っても様々です。
トレーニングやストレッチは当然、歪みや動きは当然、最近は食事やサプリメントも当然なのかもしれません。
整体師や○○サロンと技術(テクニック)の名前を全面に押し出してしまうと、そこで制限がかかってしまう。
自分が受けたいことやりたいことを混ぜこぜにしてしまう。
従来の○○と言う形にこだわらない形です。


一部で始めている人が出てきているように思います。
身体の調子を診るついでに占いもし料理の作り方教室もやってしまう。
整体とカフェを同時にやる。
雑貨店の中でカフェをやりながら身体の調整をする。
身体を診るだけでなく、肌につけるものを一緒に作る。


人には向き不向きがあります。
あら木は『手』を作る指導をしたいと思っています。
自分自身も手を当てる仕事をしたいと思っています。


●整体関係のトップページに戻る(てあて整体院・整体師応援サイト)
●トップページに戻る