てあて整体スクール Q&A
 
 てあて整体スクール


 【目次】
 資料請求・体験説明会
 コース案内
 入学から卒業まで
 月別カリキュラム
 指導内容
 スクールQ&A
 授業風景 
 卒業生の声
 院長ブログ
 触診セミナー
 マッスルエナジーテクニック・セミナー

 卒業生の整体院

 卒業後の進路
 スクール生用 ページ
 
 骨格調整専科 募集中

 
METセミナー








 
ご質問等のある方は
 下のメールで
 連絡下さい。
 お名前・ご住所を
 お忘れなく!

 
問合せはこちら




 1−どんなことを学ぶのですか?
 2−受講期間は6カ月なんですか?
 3−整体は全く初めてなのですが、自分(私)にも出来るでしょうか?
 4−費用はどうしてこの金額なのですか? 分割は出来ますか?
 5−私は女性ですが、大丈夫でしょうか?
 6−卒業後はどうなるのでしょうか? フォローなどはあるのでしょうか?
 7−ベッドなどは使うのでしょうか?
 8−整体の資格が取れるのですか?
 9−授業に出られない場合はどうなるのですか?
 10−いつから勉強出来るのでしょうか? (いつ入学していつ卒業出来るのか)
 11−指鍼ってどんな手技ですか?
 12−運動療法(PNF・MET)って聞いたことがないのですが・・
 13−解剖学などの学科の時間が少ないようですが、大丈夫ですか?
 14−入学・見学はどうすれば良いのですか?



 1−どんなことを学ぶのですか?

   指鍼整体という独特の手技をベースに作られた「基本手技」を元に、患者さんの
   症状を取るための施術方法を指導します。
   この技術でプロのダンサーやバレエ教師にも高い効果を得ています。

   ・基本手技=指鍼の手技が、整体施術の基本となります。
   ・骨盤・筋肉を調整する手技として「カイロ手技」「面圧」「MET」の基本
   ・筋肉の動きを良くし身体のキレを良くする「PNF」の基本
   ・腰痛・肩凝り・膝痛他の症状に対する施術方法
   ・開業講座(開業まで、顧客獲得のために)
   ※MET=筋エネルギーテクニック  PNF=神経筋促通手技


 2−受講期間は6カ月ですか?

   授業は月4回×6カ月で24回あります。
   ただし、これは卒業に必要な最低限の授業時間数です。
   24回の授業を受けると、てあて整体スクールでやっている授業を一通り受けた
   ことになります。
   ここで卒業試験の受験資格が得られます。
   卒業試験は本人の申告制なので、もうちょっと勉強したい場合は勉強を続けて
   もらいます。(もちろん追加授業料などはありません。)
   よしそろそろ卒業しようと思ったら、卒業試験を受けてもらいます。
   試験は院長あら木に整体をやってもらい、技術が身についていたら合格です。
   まだもう少し練習をした方が良い場合は、授業をまた何度か受けて試験を受け
   直します。
   実力がつくまでは何度でも通うことが出来る為、6カ月で卒業する方は少なく、
   ほとんどの方が10カ月前後かけて卒業していかれます。


 3−整体は全く初めてなのですが、自分(私)にも出来るでしょうか?

   誰でも最初は初めてです。
   指鍼・PNFなどの力を使わない手技を指導しているのは、年齢や性別・経験に
   関わりなく身に付きやすいという点があるからです。
   また僕自身、サラリーマンからの転進なので、初めての人が何に苦労をするの
   かはよく分っています。
   指が痛み始める時期・勉強でつまずく内容・理解しづらい手技の理論など、噛み
   砕いて説明しますので安心して下さい。
   誰しも困ったり悩んだりすることはあると思いますが、いっしょにがんばりましょう。


 4−費用はどうしてこの金額なのですか? 分割は出来ますか?

   実技授業は1時間6000円の単価で計算されています。
   これに消費税を加えた額が授業料です。
   オリジナルのテキスト(6冊)は、僕からのプレゼントですので無料になっています。
   分割は可能です。
   回数などは相談して下さい。


 5−私は女性ですが、大丈夫でしょうか?
 
   指鍼の手技は「力」を使いません。
   「技」によって刺激を入れて行きます。
   「技」をもう少し分り易く言うと、「接点(位置)」「角度」「方向」と「引きのスピード」
   です。
   てあて整体スクールは女性の多いスクールで。
   2012年実績では入学生の6割以上が女性でした。
   指鍼を使って開業されている女性整体師は沢山います。
   安心して下さい。


 6−卒業後はどうなるのでしょうか? フォローなどはあるのでしょうか?
 
   卒業後は授業のリピート受講が1回1000円で出来ます。
   卒業しても会社はまだ辞めていないとか、開業するまでには時間があるなど
   の理由から、整体の練習をするためのリピート受講をされる卒業生が多く
   いらっしゃいます。
   また当然ですが、質問はいつでも受付けているし、物件や内装など開業の
   相談から開業後の患者さんの相談までやっています。

   また、2カ月に1回程度は勉強会をやっていますし、セミナーなどの案内も
   メールでお知らせしています。
   気軽に声をかけられるのは、院長自身が開業していることと、小さなスクール
   のメリットだろうと思います。


 7−ベッドなどは使うのでしょうか? 

 
   メインの手技はベッドを使わず床の上で行ないます。
   手拭1本あれば世界中どこでも整体が出来る技術です。
   ただし、骨格調整・筋肉調整はベッドを使って練習をします。
   ベッドを使っても使わなくても出来るように、応用のきく技術を教えています。


 8−整体の資格が取れるのですか?

   整体は国家資格になっていないので、民間の資格で開業が出来ます。
   問題は身につけた手技と知識だと肝に銘じておいて下さい。
   つまり実力の世界です。
   整体の資格(民間)を取るためには、当スクールで勉強・練習をして認定試験に
   合格する必要があります。
   合格者には認定証を発行します。
   しかし、そんなに簡単には卒業出来ません。
   当然ながら患者さんを施術出来る技術が身につくことが前提です。


 9−授業に出られない場合はどうなるのですか?

   授業に出られない場合は、別の曜日に振り替えてもらっています。
   また別の曜日が難しい場合は、同じ曜日の6カ月後の授業に出てもらいます。
   授業は24回出たから卒業出来ると言うものではないので、認定試験に合格
   するまでは「何度でも無料」で授業を受けて練習してもらいます。
   卒業するまで(=技術を身につけてもらうまで)は、最後まで指導をします。
   認定試験に合格出来ないのは、教える側の責任でもありますからね。
 
   過去には3年間も在籍して通ってきた方がいました。
   途中、半年のお休みが2回ありました。
   お子さんの受験が重なったんですね。
   それでも通いなおして卒業し、今は開業されています。
   もちろん授業料はそのまま、新たには掛かりません。


 10−いつから勉強出来るのでしょうか? (いつ入学していつ卒業出来るのか)

   勉強はいつからでも始められますので、都合の良いときから初めて下さい。
   思い立った時に始めるのが、上達の一番の近道です。


 11−指針整体ってどんな手技ですか?

   先ず力を使いません、そしてボキボキやりません。
   こう言っても中々わかりにくいと思いますが、押す力を伝えるのではなく「引く力」を
   伝えるという印象です。
   力ではなく「接点・角度・方向」を決めて「引くスピード」が問題になってきます。
   そして、経絡を使って施術を行っていきます。
   全身を流れる12の正経と任脈・督脈(身体の正中を流れる)に順に刺激を入れる
   ことで、全身の調子を整えバランスをあわせていきます。

   手技療法には本当に様々な手技がありますが、中でもかなり独特の手技です。
   筋肉に「揉む(こねる)」刺激を与えず、押し引きの刺激だけを伝えるので、筋繊維や
   毛細血管に損傷を与えることが無く、「揉み返し」がほとんどありません。

   全身の筋肉と神経に刺激を入れることで、筋肉の動きと血行を良くし、関節の
   動きを良くします。
   だから指鍼整体を受けると身体が軽くなるんですね。
   また、血行が促されることで、痛みを発生させる物質を流し、組織の修復を促し
   ます。


 12−運動療法(PNF・MET)って聞いたことがないのですが・・

  スポーツの現場・医療の現場では一般的な療法です。
  PNFは神経筋促通法と呼ばれ、元来はリハビリのための療法として開発されましたが、
  筋肉や身体・全身の動きを改善させる効果からスポーツの現場でトレーナーの方
  などが使っています。
  また、METは筋エネルギーテクニックと呼ばれ、PNF同様リハビリの現場で開発されて
  きましたが、PNFよりもソフトな手技として見直されつつあります。
  両方の手技とも患者さんに動いてもらいながら行います。


 13−解剖学などの学科の時間が少ないようですが、大丈夫ですか?

  小さなスクール(学校)では珍しく、オリジナルテキストと解剖の授業があります。
  オリジナルの解剖学テキストは、普通の解剖学のテキストと違い、手技療法に
  独特の考え方などもワンポイントとして記載されています。
  授業では基本的な骨格・筋肉の話と解剖の勉強方法などを話します。
  また、指定図書を購読していただくことで、少しずつ知識をつけていっていただきます。
  指定図書には月刊誌もあり、継続して購読することで知識は必ず広がっていきます。


 14−入学・見学はどうすれば良いのですか?

  入学・見学は随時受付けています。
  毎月、無料見学会もありますので、メールか電話で申し込んで参加して下さい。
  見学会にスケジュールが合わない場合は、事前に予約をして見学にいらして下さい。
  1時間くらい時間を取って、手技の体験・スクールの説明をさせて頂きます。
  入学申込書を提出して頂けば、次の週から授業に参加出来ます。



------------------------ このページのトップへ戻る -------------------------


●整体関係のトップページに戻る
(てあて整体院・整体師応援サイト)
●トップページに戻る