舞台への道 〜おじさんダンサー奮闘記〜


ダンスをこよなく
愛するあなたへTOP



がんばれ整体
する人される人TOP




☆ ★ ☆

2003年9月
何故か舞台に
出ることになってしまった
おじさんダンサーの
(僕のこと)
奮闘記です。
笑ってやって下さい。

☆ ★ ☆




















一昨年に整体院をオープンしてからは、時間がある時にスポーツクラブでバレエやジャズをお楽しみ程度にレッスンしていて、整体院オープン以前から計画していた昨年3月の舞台が終わってからは、「しばらくは舞台から離れて、正しい整体師を目指してガンバルゾ〜」などと、ちょっとストイックなことを思いつつ目の前の患者さんの施療をおこなってきました。

が、ひょんなことから2003年9月のジャズ協の舞台に立つことになってしまい、これはひとつ静かにレッスンを続け、何事もなかったように舞台に立ってやろうなどとも思いましたが、ひょっとして仕事を続けながらダンスをやり舞台を踏んでいる人達に参考になるかもしれないと思い、これから始まるレッスン・リハーサルと体調・苦労・健康管理などを公開するのも良いのでは・・と思い始めてしまったんですね。

本番は9月7日、それまでのレッスン状態などを日付を追って連載しますので、良かったらお読み下さい。
「ひょんなこと」と僕を参加させて下さった先生・振付を頂ける先生は、とりあえずナイショ。


        ☆☆ このページは下にある方が古く、上に来るほど新しくなっています。 ☆☆
        ☆☆ 古いものを読む方は、一番下からお読み下さい!!           ☆☆

■9月7日・本番当日

先日、本番が終了しました。
翌日のトップページにも書きましたが、「夢のよう」な出来事でした。
それは、夢のように「すばらしい」「夢を見ているような」ということではなく、なんとなく夢遊病者のような状態で本番当日を向かえ、本番の舞台を踏んだということでした。

午前8時40分劇場楽屋に着到、稽古着に着替えて少し身体を動かしました。 
9時40分から舞台稽古が始まり、衣装に着替えて場当りを簡単に行い、他の出演者の場ミリを行って2回通して踊りました。
11時55分からフィナーレのリハーサルがあり、それが済むと出演時間までフリーとなりました。
午後2時15分 前のスタジオのダンスが終わると同時に、暗転の中で板付き、スタジオ名と演目がアナウンスされてダンスが始まりました。
午後4時5分 最後のグループのダンス終了に引き続いてフィナーレを踊り、拍手の中緞帳が下りるのを見ていました。

あっと言う間の出来事のようでもあり、長い時間が経過していたようでもありました。
今回、2ヶ月余りの間、リハーサルを重ね舞台を踏んだことで、再確認出来たことがいくつかありました。
僕と同じように仕事を持ちながら、ダンスやスポーツを続けている人に参考になればと思いますので、以下に簡単にまとめます。

 身体のこと
 @アマチュアであれば、20歳代は故障はほとんどなく、30歳代以降になると故障をしやすくなる。
  ただ、30歳代は気を付けていればなんとななるが、40歳代からは気をつけていても故障をしてしまう。
 A舞台のリハーサルが始まると、当初は全身の筋肉痛から特定の場所の筋肉痛に移行していく。
  それをそのままにしておくと故障に繋がり易くなる。
 B使った体は毎日ケアをすれば、回復もしやすく筋肉痛も少なく故障も起こしにくくなる。

 僕が今回行った体のケア
 @アイシング → 特に使った筋肉・痛みの出ている筋肉に行った。
 Aテーピング → ヒフク筋など硬くなった場合と、痛みの出ている筋肉
 Bアミノ酸飲料 → 2時間のレッスンで500mlが目安
 Cストレッチ → リハーサル終了後に5分だけでも行った。特に臀部・ハム
 D睡眠時間 → 出来る限り時間を取って寝るようにした。
 E食事 → リハーサル後、夜遅くても必ず一食分は食べるようにした。
 F栄養ドリンク → 仕事でも身体を使うので、疲れを自覚したら迷わず飲むようにした。
 Gファイテンのラクワ → チタン入りのネックレス(効果はなんとなくですが、はずすと調子が悪い)

今回、僕が躍らせて頂いたナンバーは、他のグループとは少し毛色の違ったものでした。
他グループがショウダンス的なナンバーが多い中、我々のものはストーリーのある作品でダンサー個人のキャラクターが色濃く出るようなものでした。
観客の中には戸惑った方もいたと思いますが、踊りにも表現方法・手法は様々あるので、我々のような方法もあるんだなと思ってもらえたら良いのにと思っています。

終演後に振付の先生から頂いた言葉が印象的でした。
「・・・受け止め方は多種多様であったでしょう が ただひとつ自信を持って下さい。
 あのダンスナンバーを表現できるのは貴方たちだけだと言う事を!
 おつかれさま。」

楽しい2ヶ月間でした。
今回の連載はこれでおしまい。 



■8月29・31日、9月5日
本番まで2週間を切って、いよいよだなという感じがしてきました。
この2週間のリハーサルでは、振りの練習というよりは、「ダンサーとダンサーが振りで会話をする時の、ボキャブラリーの確認」という感じのリハサールでした。
ようするに最終的なニュアンスの詰めというか、振付の先生に頂いた振りをどう解釈してどう表現するのかを再確認する作業を行っていました。

実際には「う〜ん」「あぁ・・・」とかなんとかうなりながら、数回通してみることの繰り返しでした。

ということで身体はそんなに疲れているわけではないのに、やはりあちこちに痛みや軽い故障が出てしまいます。
20歳代のころは全く気をつけていなくても故障なんてしませんでした。
30歳代の最初はたまに故障をして、「間に合うのかな・・」などと思うこともありましたが、そのうちに気をつける様になり、気をつけていれば故障をしなくなっていました。
ところがです。
40歳代になると、気をつけていても故障をしてしまいます。
何故なんでしょうか?
やはり日々のレッスン・リハーサルの疲れがすぐに抜けていかないというのが一番の理由のような気がします。
故障に慣れるということはありませんが、少しおかしいと思ったらすぐにケアをするようになっているので、大事には至りませんが、身体の衰えというのはこういうことかと、ちょっと寂しい感じもしますね。
でも、そんなことを感じながらもダンスを続けられているということには、感謝しています。

いよいよ明日になりました。
本番の感想は後日! お楽しみに。





■8月17・23日 照明合せ・フィナーレリハーサル 
振付が上がったと思ったら、もう照明合せになった。
皆さんご存知の「新宿村スタジオ」で、17日午後一番にあった。
午前中に確認のため、1・2度曲に合わせてから新宿村に向かった。

行ってみて驚いたのは、そこにいたダンサー達の年齢の若さだった。
自分の年齢は認識しているつもりだったが、同じ舞台に出るダンサーを見ると改めて「歳取っちゃったな〜」などと思う。
年齢だけを較べると完全に親子の年齢差がある。
そんなことを考えながら、着替えをし衣装を着けてスタジオに入っていった。
たまたま照明を担当する先生が以前から知っている人だったということもあり、あまり緊張することもなく2回ほど通して終わりになった。
ナントナク、アッケナイ・・ という印象。

そして翌週、フィナーレのリハーサルに同じスタジオに集まった。
ここでもまた年齢の差を感じつつ、フィナーレに踊るナンバーの振り写しとレッスンを受けた。
ジャズダンスというと何故か最後に各団体のメンバーを集めて、同じ曲を踊るフィナーレというものがある。
これが楽しいという人も居るだろうが、僕としてはなんとなく馴染めない感じがしている。
自分が踊ってきたダンスとは違うダンスを踊るということからか、それぞれの衣装を着て同じナンバーを踊るということに対する違和感からかはわからないが、なんとなくしっくりこない感じのままリハーサルを終了した。

次はもう本番・・
本番までは2週間ほどである。

筋肉痛や寝不足に夏バテまで加わって、体力的にはきつい日々だったが、モウスグオワルと思うとあっけない感じもする。
本番までに数回のリハーサルを行って無事に9月7日を迎えられるように、体調管理などには気をつけていきたいと思っている。
リハーサルに入って2ヶ月が経過すると、身体も少し変わり筋肉痛もほとんどなくなり本番モードに入ってきた感じ。
レッスン後のケアについては従来通りのことを続けています。




■8月1・3・6・8日 
昨日(8.8)のリハーサルで振付が上がった。(らしい)
振付はおおよそ出来上がってから、二転三転し毎回新しい振りが加わり、それまでやっていた動きがなくなり、展開が変わり、ポーズが変わり・・・ 当然のこと!?とは思いますが、なにせひさしぶりなのでアタフタとレッスンを受けておりました。
そして、「これで振付は一応終わり、あとは皆さんにお任せします・・」という言葉を頂きました。

リハーサルの途中で何度も言われたことは、「1から10まで全て振付をするようなことはしない。」「このダンスを皆さんが解釈して自分で表現を考えてほしい。」「間違った解釈は言うから、とにかく自分で考えて自分で表現してほしい。」ということでした。
言われた通りに踊るのではなく、自分で表現方法を見つけて振りの間をうめ、ダンサー同志の「会話」を成立させる。単なるダンス・ショウを見せるのではなく、ある情景・日常のエピソードを切り取って観客に提示出来るのか・・・

しかし、嬉しいことです。
単にかっこよくキレイに踊るのであれば、僕のような素人とは比べ物にならない上手な人が沢山います。
でも、「あなたの解釈を」と言われれば、僕だけの解釈・表現をすることが出来ます。
これだと上手い下手ではなく、見る方が理解・納得・共感出来る解釈をきちんと考えた上で提供出来るのかということになります。もちろん身体がきいて上手く踊れる技術を持っているにこしたことはありませんが、それだけではないものを要求されたということが嬉しいですね。

これからしばらくは他のダンサーとの「会話」をいかに成立させるかということに重点を置いたリハーサルになっていくと思います。来週にはもう照明合わせです。 もう少しがんばってみます。

ところで、身体の調子は、まあまあと言った感じです。
2ヶ月ちかくレッスンを定期的(週2・3回)受けているせいか、身体が少しずつ変わってきたんのかもしれません。
ただ、膝や腰・首など「ちょっと硬いな〜」という部分も出てきているのも事実ですけどね。

ここのところのケアは次の通り。

 □レッスン+リハーサル : 8/1 3時間半、8/3 7時間(休憩有)、8/6 3時間半、8/8 3時間半
 □身体の状態   : レッスン後は右頚部(首)・左膝に痛み
              家に戻ると腰が極度に硬くなっているのが分る、
 □ケア       : 当日リハーサル後に5分程度のストレッチ(もうサボリ始めている)
              帰宅後1時間くらいアイシング(これは続けてます)
         



■7月9・17・21・24日
7月9日までのリハーサルで全体像がだいたい出来上がってきた様子です。
様子だというのは僕が振付を行っているわけではないので、どういう展開になるのかがまだ分っていないから・・
そして7月10日からしばらくは振付の先生なしでのリハーサルになった。
というのも振付の先生が、地方ブランチの公演やサマースクール開催で東京を離れているからなのです。

僕としては大きな公演は10年ぶりということもあり、この機会に身体をもう一度作りたいということもあって、なるべくレッスンを受けておくことを考えていた。
ところが、やっぱりこういうことがあるんですね。

あるレッスンの翌朝、起きたら背中が痛い。

数日前からちょっと変な感触はあったんですが、ま、大丈夫かとレッスンを受け、何度か振りを合わせるために曲を流して出来ているところまでを繰り返していました。
その日はなんとも無かったわけですが、気の緩みがあったのだと思うのですが、ストレッチを少なめにしてしまい、家に帰ってもアイシングをしないで寝たのです。
そして次の日の朝、イテテ・・ということになりました。
感覚としては胸椎(胸の骨)の5〜8番目くらいのところの肋間筋に痛みが出ている感じで、頭を下げたり身体を前に傾けたりすると、刺すような痛みが走り一瞬息が止まるような感覚になります。
姿勢を正しくすると全く痛みを感じない場所があるので、これは筋肉性のものだなと思い、あわててキネシオテープを貼り、昼の空き時間を利用してアイシングを行いました。
その日の施療が終わって家に帰り、またまたアイシングを1時間ほどして寝ることにしました。
ストレッチをやりたいとも思いましたが、まだ動くと痛みが走るのでその日はやめておきました。
翌朝、痛みは30%くらい引き、70%くらいになっていたので、整体院までを30分歩いていくことにしました。
その日は時間を作って少しストレッチをし、患者さんのいない時間にアイシングを行いました。

皆さん油断は禁物です。
人間というのはすぐに楽なほうに流れてしまいます。(僕だけ!?)
調子が良くてもストレッチやアイシング、身体のケアは必ず習慣にすることですね。
特に僕のような「おじさん」ダンサーや「おばさん」ダンサーは気をつけて下さい。

さて、もうしばらくで先生が帰ってきます。
そして最後の振付を行って、細かいつめに入っていきます。

ここのところのケアは、サボり気味でした。
次から心を入れ替えてがんばりま〜す!



■7月2日・4日・6日
最初のリハーサルが終わってから1週間の間に3回のリハーサルがあった。
水金日とだいたい一日おきである。
体調は面白い(!?)ように変化していく。
週の初めは朝起きると、どこかしら筋肉が悲鳴を上げている。
振付が少しずつ固まってくると、同じ動きをするようになるから尚更ではあるが、左の臀筋・大腿筋膜張筋と腓骨頭(膝下外のグリグリ)がイテーッとうなっている。
次の日は身体が重く、筋肉の重さが増し粘度が高くなるような感触がある。
やっぱ歳だな〜などと思ってしまいますね。
それでもリハーサルを続けていると、慣れというのは恐ろしいもので、そういった体調・状態にも少しずつ順応してきてしまいます。

振付は前半後半に分かれていて、前半部分の動き(振り)はほぼ固まり後半部分の動きに入ってきた。たぶん、もう数回で全体の流れだけは出来上がることになると思う。
友人知人の発表会であれば、このまま何度か振りを繰り返して本番ということになるのだが、今回は公演であって、そんな簡単には行かないことになっている。 と、思う。
7月後半に全体の流れを確実に自分達のものにし、8月に入ったら個々の動きや細かい振りの調整があり、振りと振りによる会話やコンタクトなどが成立するように「ツメ」が行われていくことになる。
このままの雰囲気・ムードで進むこともあるし、全トッカエになることも可能性としてはある。
いずれにしても、参加させてもらった僕としては、今与えられた動きを出来る限りやってみるということしかない。

ここのところのケアは次の通り。

 □レッスン+リハーサル : 7/2 3時間半、7/4 3時間半、7/6 7時間(休憩有)
 □身体の状態   : レッスン後は左臀部・大腿筋膜張筋・左膝下外に痛み(前回同様ですね)
              体調は少しずつ変化中、翌日は身体が重だるく、次の日に筋肉痛のようになる。
 □ケア       : 当日リハーサル後に20分程度のストレッチ
              帰宅後1時間くらいアイシング(痛みのある場所)
              寝る前にキネシオテープ

 ※臀筋にキネシオテープが効果的でした。
   リハーサル中も膝には不安解消もあり、テーピングをしています。



■6月29日 
”いよいよ”というか”とうとう”というか、リハーサルが始まった。
開始予定の1時間くらい前にスタジオについたので、ゆっくりと身体をゆるめるかなどと思っていたら、「クラスでやったところの振り移し始めてるから・・」と言われ、そのままリハーサルに入っていった。

少人数での舞台になるので、それぞれのカウントが違うところとユニゾンするところがあり、振りを頂いては通し、確認しては通し、そしてイメージと違うところは再構成して、また通しという繰り返しが続いた。
今回ダンサーとして舞台に出る者はは、いつも同じスタジオで同じレッスンを受けているというわけではない。
「ひょんなことから」一緒に舞台に出ることになった仲間である。
振付をして頂く先生にとってもそれは同じことで、振付を頂くだけでもずいぶんご迷惑をお掛けしたというか、手間を取らせてしまいました。
それでも、先生は振付の意図を説明し、キャラクターを設定し、ダンサーを動かし、限界を引き出し、粘り強く指導をしてくれました。

あっと思うと、開始から5時間近くが経過していました。
身体は当然、悲鳴を上げていますが、それでも今のところは楽しいという気分が沸いてきていました。

今回から、レッスンとリハーサルの時間・身体の状態・ケアの方法他を記載することにします。

 □レッスン+リハーサル : 5時間
 □身体の状態   : レッスン後は左臀部・大腿筋膜張筋・左膝下外に痛み
              翌日も同様の場所に痛みが出ている。筋肉痛というより「筋肉がケガをした」という感じ。
              翌々日は全身が重たく感じる
 □ケア       : 当日リハーサル後に10分程度のストレッチ
              帰宅後1.5時間くらいアイシング(痛みのある場所)
              翌日、仕事場まで30分ウォーキング、下肢にキネシオテープ

 ※アイシングはとにかく効果的です。痛みがなくても疲れやこわばり固さを抜くのにも役立ちます。
 ※大腿筋膜張筋=腕を体につけて起立の姿勢をすると、手首の当りにある足の付け根の筋肉です。
             足をアラセゴンに上げるときに痛みが出やすい場所です。


■6月25日
いよいよ今週末からリハーサルが始まります。
リハーサルが始まる前にもう一度と思い、振付をして頂ける先生のクラスを受けに行きました。
前回6月11日の日記にも書いてあるように、エクササイズを行いフロア・コンビネーションというか振付に入っていく。
今日も別の公演用の振付か?と思いながら動きを追っていた。

アラキが最初・・で、次は○○次は△△・・・・・

コンビネーションではなく振付なので、動き出しの音がそれぞれに割り振られることになった。
僕は最初のトゥーエイトを聞いて動き出すことになる。
アレ!? 何で僕が最初なんだ・・・
ひょっとして・・・
人数も今回僕が参加する舞台の人数になっていることを考えると、どうやらジャズ協用の作品の振付に入っているらしい。
クラスが終わってからも、こんな感じあんな感じとつながりと次にくるおおよそ振りを頂くことになった。
ということで、実際にはリハーサルというか作品作りが始まることになりました。

昨夜は家に帰ってからアイシングを30分行い、軽くストレッチをして寝ました。
終わって今日、あくる日です。
身体をほぐしておいた方が良いと判断して、朝は30分かけて整体院まで歩いてきました。
体調的には問題はないのですが、軽い筋肉痛と左膝脇・右股関節にちょっとした違和感があります。
詳しくは説明できませんが、身体を捻り続けて座るようなことをしていたためか、腓骨頭(※)が少し浮いているような感覚です。
股関節は、まあ最近までサボっていたので下半身が弱く、周りの筋肉が悲鳴をあげているという感じです。
それと、首の右側に緊張感があり、真っ直ぐは向いていないというのがわかります。

首で思い出しましたが、「ファイテンRAKUWAネック」(ファイルド梶@http://www.phiten.com/)というチタンでコーティングした糸で作ったチョーカーのようなものがあります。最近サッカー選手をはじめ多くのスポーツ選手が首に巻いているあの首飾りのようなものです。
これ効きます!
知り合いのダンサーなどもほとんどやっていて、ほとんど皆が「ものすごく効くというわけではないが、はずすと効いていたことがわかる」と同じようなことを言います。
僕もそう思います。
一般の方だと肩こりなどにはけっこう効果的だと思いますよ。

さて、次の日曜から本格的なリハーサルに入ります。

※腓骨=膝の下、すねの骨の外側にもう1本ある骨のことです。
      膝のお皿の下・外側に出ているグリグリが腓骨頭といって、その骨の上の端っこです。


■6月11日
振付をして下さる先生のレッスンを受けに行った。
振付自体は始まっていないが、今までその先生のクラスをほとんど受けていなかったので、身体ならしと先生に僕の動きを見て頂くためもあり、これで2回目のレッスンになる。
7時半から始まったそのレッスンは、最初の小一時間エクササイズと呼ばれるトレーニングをおこなう。
オリジナルの曲でオリジナルのエクササイズ・・
4ビートの曲に合わせて、身体の前後左右をストレッチしながら、引き伸ばし引き上げコントロールする。
よくよく考えるととても理にかなっている部分もあり、物理的解剖学的に説明出来ないようなことを要求されることもある。
エクササイズ自体をきちんと出来れば、それだけで一つの舞台を構成出来るほどの内容になっている。

しかし、動けない・・
このエクササイズを行っていて、自分自身の弱点をいやというほど知らされてしまう。
現在の僕は、股関節がまだまだ固く、ハムストリングスが良くストレッチされていないために、前屈をすると腰椎(背中の下の方)が真っ直ぐに伸びない。その上、しばらくサボっていたために、腹直筋・腸腰筋が弱く、床にお尻をつけて行うV字バランスがU字バランスになってしまう。
ハハハ
こんなことで、舞台に立てるのか非常に心配である。

エクササイズが終わると、普通のクラスではコンビネーションと言っていくつかのステップや振りを組み合わせて数エイト分の曲を練習すると思うのだが、ここでは次の公演(僕は出ませんよ)のための振付に入っていく。
カウントが分らない・・・動きが分らない・・ウ・ウ〜
うろうろしながらもなんとか付いていき、振付の導入部分の踊りを踊ることになる。
最後にはスタジオの照明を幾つかのダウンライトだけにしてしまい、舞台イメージを彷彿とさせる中でのステップというか踊りを踊っていくことになる。

そしてラストワン・・・

ひゃ〜疲れたというのが正直な感想でした。
レッスンが終わったら、ハムストリングスと臀筋・股関節のストレッチをよくやり、アミノ酸飲料をグビグビと飲んで帰宅の途につきました。 (いつも患者さんに言ってるからね)
そして今日、レッスンから中一日たって、筋肉痛が厳しくなってきました。
これはヤバイと思い、午前中に時間を作って1時間のウォーキングを行い、施療院に戻ってストレッチを行いました。
今のところ疲れよりも筋肉痛を感じている状態なので、これならなんとか乗り切れるか?と思っています。
本番に向けてのリハーサル(振付)は今月末から始まります。
それまでにもう1〜2回はレッスンを受けに行く予定です。



●ダンス関係のトップページに戻る(ダンスをこよなく愛するあなたへ)
●トップページに戻る
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-5443287"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}