夏まで待てないダイエット


ダンスをこよなく
愛するあなたへTOP



がんばれ整体
する人される人TOP











 この季節になると、そろそろ気になるのがダイエットです。
 ダンスをダイエットの一環として始められる方も多いですね。
 そこでっ!!  僕が今までにやってきたダイエットと、その方法・考え方について少し連載してみます。
 難しいカロリー計算やトレーニング・プログラムの話は、そちら専門の先生にまかせておいて、僕は誰でも
 すぐに始められる方法を書いていきたいと思います。
 効果のほどは保証できませんが、こういう方法もあるのだなと思って読んでみて下さい。



 ■今日の体重(0.5〜1.5キロダイエット)
 
■今日の食べ物(0.5〜1.5キロダイエット)
 
■ひとつだけガマン!! (0.5〜1.5キロダイエット)




 ■ひとつだけガマン!! (0.5〜1.5キロダイエット)

 体重の3%以下・1〜1.5キロのプチダイエット・・

 毎日、ヘルスメーターに乗って口に入れた全てのものを書き出しているけど、ゼンゼン
 痩せないぢゃない!!
 と思い始めていますね。
 そりゃ、それだけしかやってなけりゃ痩せませんよ。
 だいたい、ダイエットというのは非常に簡単な公式で出来ていて、

  口に入れて体の中に取り込んだ量 − 使った量 = 残る量

 となっているのです。
 何も食べていないのに太る・・ということは100%ありません。
 必ず何かを食べているし飲んでいるのです。
 
 もし、あなたが本当に痩せたいのなら、「口に入れる量を”今より”減らす」か
 「使う量(運動量)を”今より”増やすか」しかありません。
 
 そこで、これまで書いていた毎日の体重と口に入れたものを、よ〜く見てみて
 下さい。
 体重が増えるときに、決まって「何か」を食べていませんか?
 それとも、体重が減るときに、「何か」を食べないでいませんか?
 あるいは、体重が変わるときに、「何か」を食べたり食べなかったりしていませんか?
 
 そ〜です。
 あなたにとっての、”それ”がプチダイエットのキーとなる食べ物だったのです。
 ”それ”が見つかったら、とにかく”それ”を口に入れる量を半分にしてみて下さい。
 もし根性があったら、”それ”だけは食べないようにしてみて下さい。

 僕の場合は缶コーヒーでした。
 缶コーヒーを一日に3本以上飲んでいたときに体重が増え、飲む量が減ったときに
 体重が減っていました。
 そこで、缶コーヒーを飲むのをやめ、お茶にした時期がありました。
 おおよそ2週間くらいで1.0キロのプチダイエットに成功した経験があります。

 あなたにとっての”それ”を見つけ、”それ”を1ヶ月だけガマンしてみて下さい。
 1〜1.5キロのプチダイエットが見えてきます。


 ■今日の食べ物(0.5〜1.5キロダイエット)

 今回も体重の3%以下くらいの微妙なダイエットをしたいと思ったときの方法です。
 前回は、「とにかく毎日ヘルスメーターに乗って体重を量る」ということを書きました。
 そして「量るだけではなく、ノートに書く」ということも・・
 そんなこと(体重を量る)をしばらく続けていると、なんとなく自分の体重がどういう調子の時に減り、どう
 いう時に増える傾向にあるのかということが分ってきます。 
 そしたら、「その傾向」に従って、減る傾向の何かをすれば良いんです。

 そんな・・ と、思いますよね。

 そこで、次に起こす行動は・・
 「毎日の食べ物を書き出す」ということです。
 前回の体重を記入するノートに、毎日毎日、食べたものというか「口に入れたもの」全てを書き出します。
 
 ジュースもちろん・・缶コーヒーもちろん・・ 水ももちろんです。  

 とにかく、口に入れたものを書きまくって下さい。
 そうすると、いかに自分が食べているかということが分ります。
 とても、イヤになります。
 でも、ここが重要なことなのです。
 自分はどれだけのものを食べているのか・・
 そして、毎日ヘルスメーターに乗っていると、口に入れたものと体重の相関がなんとなく見えてきます。
 そうしたら、しめたものです。

 では、ここで思い切って「○○を食べない」と決める・・かというと、そんな必要はありません。
 とにかく、毎日毎日、「体重を量り」「口に入れたものを書き出して」見てください。
 ダイエットをしたい!と本当に思っていたら、何かをしようか・・と考え始めることになります。



■今日の体重(0.5〜1.5キロダイエット)

 今回は体重の3%以下くらいの微妙なダイエットをしたいと思ったときの方法です。
 
 体重の3%以下くらいのダイエットの場合、問題は「これくらいならカンタンだ」と思ってしまう自分の心です。
 例えば体重50キロの女性がヘルスメーターに乗って、体重が1キロくらい増えていたとします。
 このとき「誤差の範囲かも・・」「さっき食事をしたから・・」「洋服の分の重さがあるから・・」などなど、つい
 自分を甘やかしてしまって、現実を見ないということなのです。
 そして「まっ1キロくらいなら『1食ぬけば』いつでも戻る・・」と思ってしまうことなのです。
 どんな風に思ってみても体重が増えているという事実は変わらないんですよ。

 そこで、毎日「体重計にのって」「ノートに毎日の体重を書く」ということをお薦めします。
 僕はだいたいこの方法で、1.5キロくらいまでの体重の調整(ダイエットと考えていない)を行っています。
 今のところそれほど体重を落とす必要がないので、ノートに書くということはしていませんが、それでもスポーツ
 クラブに行ったときには必ずヘルスメーターに乗って体重を量り、カレンダーに書き込むようにしています。
 いつもの平均から1キロ以上増えている状態が続いたら、食事を少し軽くしたりトレーニングを少し多目にしたり
 ということをやっています。
 この場合、体重を落とす方法はなんでも良いのです。
 体の状態が変わっていなければ、ベストの状態に戻すのはどんな方法ででも出来ます。

 自分の体重を毎日確認するのは、実はけっこう面倒です。
 でも、毎日続けていると、体重が増えるときには○○の傾向が・・体重が減るときには△△の傾向が・・と
 いうように、体重の上下と生活や食習慣の傾向が分ってくるようになります。
 体重の3%以下の微妙なダイエット(体重調整)の場合は、特に○○式ダイエットなどに取り組まなくても
 なんとかなるものです。





●ダンス関係のトップページに戻る(ダンスをこよなく愛するあなたへ)
●トップページに戻る
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-5443287"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}