ダンスの故障について


ダンスをこよなく
愛するあなたへTOP



がんばれ整体
する人される人TOP











ダンスのページトップに、2004.1.12〜1.23の期間、ダンスの故障についての連載をしました。
プロ・アマチュアの方別にダンスに関連した故障がどうやって起こるのか、どうすべきなのかを書いてみました。



 ■ダンスの故障について@  〜 例えばプロの方 〜
 ■ダンスの故障についてA  〜 例えばアマニュアの方 〜 
 ■ダンスの故障についてB  〜 疲労 〜



■ダンスの故障について@  〜 例えばプロの方〜 2004.1.12

 例えばプロの方・・

 ほとんど毎日の「教え」、合間を縫って「本番のリハーサル」・・休みは?と聞いてみても、次は1ヶ月後とか
 2ヶ月後とか・・
 もちろんアマチュアの方のように趣味でやっているわけでもないし、仕事としてこなさなければいけないこと
 はわかっていますが、それでは身体がモチマセン・・

 スタジオからスタジオへの移動が多くてストレッチも儘ならないとか、教えの場所が遠くて帰りが遅く睡眠
 時間が充分に取れないとか、家に帰ってからも音のチェックがあってお風呂はやめてシャワーで済ませる
 とか、何だか時間がないので食事はテキトーに済ませているとか・・
 とにかくよ〜く自分の生活を考えてみて下さい。
 
 ダンサーにとって身体は本来的な意味で「資本」です。

 自分の身体のケアは「時間を作ってでも」するべきだし、調子が悪ければ「休みもとる」べきだと思います。
 僕はダンサーにほとんど休んでくれとは言いませんが、故障をしたままでセルフケアの時間もないという
 ことなら3週間に1度程度の休みを取るようにはお願いしています。

 身体が疲労しているというのには、いくつかの要素があるようです。
 日々のレッスンで筋肉中にたまった疲労物質が、睡眠不足やレッスン後のストレッチ不足によって流れ出
 さず、身体にたまったまま次のレッスンに入ってしまう。
 いつもいつも次のレッスン内容・振付などを考えて、頭が緊張してしまっている。
 
 疲労がたまった(疲労物質の濃度が高くなった筋肉ばかりになった)体でレッスンをしても、プロであれば
 ある程度は身体が動きます。
 そしてそこに問題が出てきます。 身体は「ある程度」動くのです。
 ある程度動く体で「いつものように」レッスンをしたり、リハーサルをやっていると、弱い部分・酷使する部分
 にテンションが掛かりすぎて最終的にはその部分の故障へと繋がっていきます。

 整体院や接骨などで治療をしてその時は良くなっても、また同じ生活パターンを繰り返していれば、同じ
 ように故障を引き起こしてしまいます。
 そうなれば整体院は儲かっていいじゃない・・なんて、そんなこと言わないで下さい。
 故障はなるべくしないように、整体院などでは微調整をするくらいが調度良いと思いませんか。
 
 疲労を回復するには、先ず睡眠を充分に取りたいところですが、無理なら規則正しく取ることを心がけて
 下さい。 時間がなくてもお風呂には必ず入ってゆっくり身体を温める。(そんなに時間は掛かりません。)
 食事時間を充分に取るのは難しいと思いますので、レッスン前後に「アミノ酸飲料」で筋肉のエネルギー補給
 給を必ず行って下さい。
 ストレッチは出来るだけレッスン後に時間を取って下さい。レッスン前にやらなくたってある程度は動くでしょう。
 そして故障かなと思ったら、先ずアイシングです。
 アイシングでも痛みが抜けなかったら、知り合いの整体師・接骨師などに電話かメールをして指示を仰い
 で下さい。 メールならなんとかして答えてくれると思います。

 自分の身体をなんとか良い状態に保とうという努力を怠らないようにしてもらいたいと思います。
 それでも、どうしてもダメだと思う寸前になってしまったら、整体院や接骨院に駆け込んでみて下さい。



■ダンスの故障についてA  2004.1.16

 2回目はアマチュアの方・・

 アマチュアの方と言っても、おおむね2種類の方がいます。
 一方は週末ダンサーの方で週に1・2回レッスンを受けているという方、そしてもう一方はほとんど毎日のよう
 にレッスンを受けているダンス・ホリックというか「プロの」アマチュアダンサーという方です。

 今回は週末ダンサーの方についてです。
 「私は毎週スポーツクラブで身体を動かしているから・・」「ダンス・スタジオでレッスンしているから・・」自分は
 健康だとか、腰痛や肩凝りにはなりにくいと思っていませんか。
 運動をしていない人と較べれば健康的な生活をしているように見えますが、ダンスはそんなに軽い運動では
 ありません。
 それは、あなたが一番良く知っていると思います。

 レッスンのあった次の日の朝は、なんとなく身体が動かしにくいとか体が重いということはありませんか。
 また、週末のレッスンの時、最初のエクササイズやストレッチでは、なかなか汗が出てこなくて、なんとなく
 脚が張っているとか腰が重いとか動きが緩慢、自分の身体が思ったようにシャープに動いていないような
 感じを受けませんか。
 それは、週末に受けたレッスンの疲れ、つまり筋肉中の疲労物質が抜け切っていないということなんです。
 
 週末にレッスンを受けているから、という安心感からか日々の身体のケアがないがしろにされている方が
 多いようです。
 例えば、レッスンのある日以外は、毎日残業残業で夜遅く帰宅し、食事もそこそこに就寝するというような
 生活ではないでしょうか。
 この生活パターンは週末にためた疲労物質を、次の週末まで持ち越しているということです。

 立ったときに腰にかかる負荷を100とすると、椅子に腰掛けたときに腰に掛かる負荷は140以上と言われ
 ています。(脚にかかる負荷ではないですよ)
 また、同じ姿勢をとるためには、姿勢を保持するための筋肉が常に働いているということで、結局、一日中
 腰を中心に疲労物質をためているということになってしまいます。
 しかも、週末にはきついレッスンで筋肉を酷使している・・
 僕がよくするたとえ話に、食事とお皿の関係があります。
 「食事を作る→食べる→食器を洗う」という順にしていれば何時も流しには綺麗なお皿があることになりま
 すが、「食器を洗う→食事を作る→食べる」にすると常に汚れた食器があることになります。
 つまり、使った筋肉はそのつどケアをして、疲労物質が溜まっていない綺麗な状態にしたいということです。

 ここからはプロの方とも同じようなことになりますが、
 
 睡眠・栄養・お風呂・レッスン時のアミノ酸補給とあわせ、日々のストレッチを心がけて下さい。
 ストレッチが難しいなら、15〜20分のウォーキングでもかまいません。
 難しいことではなく、毎日、少しずつ身体を動かしておくことで、疲労物質を流すようにしてみて下さい。



■ダンスの故障についてB  2004.1.23

 プロのダンサーの方もアマチュアのダンサーの方も、故障の原因を探っていくと最終的には疲労が原因の
 大きな部分を占めているようなのです。 ダンスと故障の関係のページで部位や時期については詳述している
 のですが、疲労というあまりにも分りやすいものに行き着いてしまったので、これをなるべく多くの人に知って
 もらってというか再確認してもらって故障を少なく出来ないかな〜と思い始めました。
 で、連載を始めました。 時間がある時にでも読んでみて下さい。 更新は不定期ですのが必ず行います。
 
 3回目の今回は、ほとんど毎日レッスンを受けているという「プロの」アマチュアダンサーの方・・

 実は"プロ"のアマチュアダンサーの方にも2種類いて、週に4〜5回のレッスンを行い年に1〜2回の舞台
 に出ているというような方で、気持ち的にはアマチュアなんだかプロなんだか分らないような方と、スポーツ
 クラブややオープンクラスで週に5〜7回のレッスンを受け、たまに発表会に出ているという自他共に認める
 アマチュアなんだけれどプロ並のレッスン量をこなしているという方です。

 アマなんだかプロプロなんだか・・という方は、先生からはプロフェショナルなテクニッやレッスン量を求めら
 れながらも、普段は会社勤めをしている方が多く、レッスン時間が平日の夜に集中し勝ちです。
 こういった方が公演前になると、土日も一日中リハーサルに時間を取られ平日は仕事とレッスンで時間を
 取られということになって、睡眠時間も短く休息が取れないために体中に疲労物質が溜まりに溜まってい
 きます。
 タイミングが良ければ本番を控えていない時期に故障をすることになりますが、タイミングが悪いと本番の
 直前に腰痛・股関節痛・首が回らないなどの故障をしてしまうことになります。

 さて、こういった方はどうするか・・

 とにかく体のケアのために出来ることは全てやる、という気持ちが大切です。
 だって、出来ることを全てやったって、レッスンやリハーサルを優先させる生活では、出来ることはかなり限
 られてしまうんですから。
 ここで、いくつか方法を列挙しますから、自分に出来ることから初めて下さい。

  1)睡眠する時間・起きる時間をなるべく一定にする。(本当は睡眠時間を長くするのが一番だけど・・)
  2)レッスン前・中・後には必ずアミノ酸飲料を飲む(筋肉のエネルギー補給)
  3)新しくリハーサルに入ったら、痛くなくても腰と臀部のアイシング (家に帰ってからでもOK)
  4)朝起き抜けに布団の中で、軽い伸びとストレッチ (朝の血行改善)
  5)お風呂にゆっくり入る! (シャワーで済ませる方が多すぎます。)
  6)消化の良い食事・栄養価の高い食事を定期的に(なるべくです)

 次に、自他ともに認めるアマチュアダンサーだけど、レッスン量は半端じゃない!という方・・
 こういう方は「もっと上手に踊りたい」「あのテクニックを身に着けたい」「あの人のようになりたい」という
 向上心の強い方でダンスに対する情熱というか愛情も人一倍のものがあります。
 ただ、よく聞く言葉に「私なんかよりもっとあの人の方がレッスン量が多い」とか「まだまだ足りない」という
 ようなことがあります。
 
 でも、ちょっと考えて下さい。
 あなたはあの人とは違う人間で、違う体を持ち経験年数も違います。
 自分の体の調子をもっと良く知る必要があります。
 自分の体の状態にもう少し耳を傾けて下さい。
 
 ほとんど毎日レッスンを受けているから・・運動をしない人と較べれば格段に体を動かしているから・・
 だからと言ってレッスン前後のストレッチや体のケアを怠けがちになっていませんか。
 体を鍛えれば筋肉はどんどん付くしテクニックも右肩上がりで上達すると思っていませんか。

 僕は整体に来た患者さんにほとんど「レッスンを休んでください。」ということは言いませんが、それは
 体を休める時間を作らなくても良いという意味ではありません。
 ほとんど毎日レッスンをしているあなたには、1週間に何日かは完全休養日が必要なのかもしれません。

 完全休養日には全く体を動かさないということではなく、軽い散歩・軽いストレッチ・のんびりとお風呂と
 いった「ボディーケア」をして、自分の体をいたわることも必要です。

 故障と疲労については、だいたいここまでです。
 連載ついでに、ダンサーに多い故障について次回から書いてみます。



●ダンス関係のトップページに戻る(ダンスをこよなく愛するあなたへ)
●トップページに戻る
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-5443287"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}