コア・ストレッチ
〜 ストレッチ・オープンクラスで指導している内容 〜





ダンスをこよなく
愛するあなたへTOP



がんばれ整体
する人される人TOP











お問合せはこちらまで
e-mail : teate@nifty.com


ダンスをする時に動きやすい体作りのため、ストレッチ・オープンクラスをやっています。
その中でやっているダンスを解説付きで少しずつ紹介していきます。
参加された方はご自宅で、参加していない方は見よう見真似でやってみて下さい。

 注意事項
 1.力を入れない、もしくは力を抜く、もしくは抜いたような感覚でやる
 2.無理をしないで気楽にやる
 3.息を止めない
 4.無理だと思わない

 ※それぞれに理由がありますが、聞きたい人はクラスに参加して下さい。
 ※動きの名称は僕が勝手に読んでいる名前です。(自分でテキト〜につけても良いです。)

■お地蔵さん(もしくは、お婆ちゃん)
 股関節・脊柱の前後の曲げ伸ばし(屈曲・伸展)運動をしています。
 一生懸命やらず、股関節と腰の骨に血液を送ろうと重いながらやって下さい。

 @正座をして背を伸ばします。
  

 A骨盤を後ろに倒します。
  この時、なるべく腰の下の方を丸めるようにします。
  

 B丸めた腰を@に位置に戻した後、前に倒します。
  へその下を前に倒すような感じです。
  


■どうしよ・・ (名前がうまく付けられません。)
 背骨(脊柱)の動きを出していきます。
 
  @仰向けに寝て膝を立てます。(膝はかかとの上に来るようにします。)
   先ず、尾骨(びていこつ)が天井に上がるように、骨盤の足側を上げていきます。
   膝を足方向に引っ張るようにします。
   

  A背骨を腰の方から一つずつ床から離して行きます。
   

  B背中が真っ直ぐになるまで腰を持ち上げます。
   首の付け根で身体をささえています。
   
   こんどは、首の側から一つずつ背骨を床に付けていきます。
   特に腰骨のところはバタッと一度に床につきやすいので気をつけてひとつずつ付けるようにします。


■スライム
  脊柱の関節を一つずつ緩めていく運動(ストレッチ)です。
 
  @仰向けに寝て片方の手が反対の手のほうに引っ張られます。
   この時、力が入っているのは引っ張られている手の肩までです。
   

  A反対側に倒れるまで引っ張られます。
   途中で「腰やお尻や足に力を入れないと動かない」と思う位置に来ますが、そんなことはありません。
   どんどん背中の力を抜いて、背骨の関節の可動域を広げていくと、反対までいけます。
   (ただし、最初1〜2ヶ月くらいかかります。)
   

  B上にある手を頭の方から元に戻していきます。
   この時、引っ張られないのに腰や足を戻さないようにします。
   

  ※足からスライム → 上の動きを脚を動力にやってみます。
     

  さて、この動きだけでも背中の可動域は劇的に広がってきます。
  後ろに反りやすくなるかもしれないし、肺活量が増えるかもしれませんね。
  がんばらないで、だらだらとやってみて下さい。



  時間を見つけてどんどんアップしていきます。
  乞うご期待!






●ダンス関係のトップページに戻る
●トップページに戻る