こんなのを観てきました 2007年以前

こんなのを
観て来ました





ダンスをこよなく
愛するあなたへTOP



がんばれ整体
する人される人TOP




















「こんなのを観て来ました」の2007年以前のものです。

【2007年】
■『 hibi 』 Co.山田うん×deepblue 2007年1月7日  ■『 Desh 』 Rosas 2007年4月10日
■『約束の船』黒澤美香+木佐貫邦子ダンス公演 2007年9月1日
■『Moments '07』 Dance Theatre LUDENS 2007年9月6日

【2006年】
■Dance Theatre LUDENS " Moments "    ■Co.山田うん [ ges ] ゲス

■近藤良平・黒田育世『私の恋人』    ■Tokyoza Dance Department 第29回試演会 ゲネプロ
■Giardinetto − ころがる庭 −    ■Dance Theatre LUDENS ショートピース公演
■『A Page Out Of Order』 Yoshiko Chuma  ■へいせいの田楽『平家女護島』をかぶく

【2005年】
アルビンエイリー・アメリカンダンスシアター   ■FREE PACKAGE VOL.24   ■Noism 05 "Triple Bill"
第10回『新人舞踊家による作品集』

【2004年】
■ザ・ネリマ現代舞踊展 vol.19  ■「テンテコマイ」山田うん  ■D ZONE No.16  dance unite ジジ
■Circle Dance 〜疾走する街〜  Direction of Harmonization ■FREE PACKAGE VOL.22
■Play without words   ■7×7×7  ■芸術見本市 2004 東京  ■森の微笑
■DANCE EXHIBITON 2004  ■dance Selection 2004  ■『イオン』 ■Natural・Stones 旗揚げ公演 
■『ワン◆ピース』『 W.i.f.e. 』  ■『洞察ノ放ツ衝動』 

【2003年】
■トブナライマカモ・・  ■Boxing Day さえこだんす
井上恵美子ダンスカンパニー公演「花」 ■
ティアラ連続公演 『□記憶 □memory □思い出 □&追憶』
舞姫と牧神の午後 第30回現代舞踊展 FREE PACKAGEvo;l20 La Poem SKJ Studio
dance創世記2003Petit Student'sdance Concert 2003 船越桂展(番外編)
DANCE FREE 現代舞踊公演 なないろの人生


【2002年】
ローザス/ファーズ ■舞踊作家協会20周年記念公演伝統と創造
 ■RIVER 井上恵美子ダンスカンパニー公演
Dance Selection 2002 ■ネザーランド・ダンスシアターV ■日本ジャズダンス芸術協会第23回ジャズダンス・フェスティバル
舞踊作家協会主催「新人舞踊家による作品集」 ■FREE PACKAGE ■THE COLOR・SKJ DancePresents
ピナバウシュ・ヴッパタール舞踊団「七つの大罪/怖がらないで」 ■TOKYOZA・D・D 第25回試演会 ■舞踊作家協会主催テイアラこうとう連続公演5月
俳句へのイマジネーション ■ザ・ネリマ現代舞踊展 ■MoMA展(番外)

【2001年】
DancePerspective
 Rosas/DRUMING

【2007年】
■『 hibi 』 Co.山田うん×deepblue 2007年1月7日  ■『 Desh 』 Rosas 2007年4月10日
■『約束の船』黒澤美香+木佐貫邦子ダンス公演 2007年9月1日
■『Moments '07』 Dance Theatre LUDENS 2007年9月6日



■『Moments '07』 Dance Theatre LUDENS 2007年9月6日

横浜はその日台風だった。
駅から歩くと暴風雨に飛ばされそうになるのでタクシーに乗ると、今日は何もやってないでしょ、という運転手さんの言葉。
いや〜でも中止の告知もないから・・・と、会場になるレンガ館倉庫に行くった。
やっていた。
去年の正月に観たのが、『Moments』で、そのリメイク再演ということになる。
去年の感想は以下のようなことを書いていた。

****************************************************************************************

横倒しの缶を立てる少女が、暗い倉庫(横浜赤レンガ倉庫)の中の情景を一変させます。
切り取られた風景は、誰もが心にもっている原風景を思い出させるもののようです。
私とあなた、私とあなたとあのこ、あのことあなた、あなたとあっちのあのことそこのことここのこと・・切れ間無く続く花いちもんめ

どこまでも続く、ひとり陣取りゲームを始める少年
自分で作った世界を壊す少女
小動物の親子が人の気配をさけて右往左往する。
夜の浜辺を思い出させます。
ほうきをもったおねえちゃん
自分が見た夢に、泣きながら羊の数を数えだす。
下着姿でなにやら叫びながら、自分を確認する女
砂場で崩れる山をいつまでも盛り続ける子供
自分の中に入っていく、笑い笑い笑い

幾つもの情景が、確かなテクニックとメリハリのある動きで表現されて、何か懐かしいものを見せてもらったような気分になりました。
気持の良い舞台でした。


****************************************************************************************
こんな感じだったらしい。
様々な情景を彷彿とさせるシーン展開は変わっていませんでしたが、全体にクールで大人を感じさせる作品になっていました。
以前の『Moments』はどちらかというと、牧歌的な誰もがもっている心象風景というか原風景のようなものを描いていましたが、今回は日本的な童謡の世界を排除した西洋的なものを感じさせるものがありました。
張り詰めた空間にギリギリの感情を綱渡りのように見せる演出にはすばらしいものがありました。
それぞれのパートでの主題は変わらずに、印象をガラリと変えてきたところにルーデンスの進化や真骨頂を見る思いがしました。

さて、何故そう思ったかである。
前回と比べて構成的には、情景と情景を結ぶつなぎの部分を挿入することで、前回見えていた『幾つもの情景』という感じが薄れ、一つの物語というか心の様々なありようを写しているように見えたのかもしれない。
また、それぞれのパートも同じテーマやテクニックを標榜していると思うのだが、ダンサーが微妙に違ったりその日の外の天候との関係も相まってかとても大人の洗練された印象が残った。

特に前回『小動物の親子』に見えていた二人のデュオは、男女の艶かしい色を見せていたし、『ほうきをもったおねいちゃん』はこの世に取り残された魔女か妖精をイメージさせました。
『砂場で崩れる山を・・・』については、女性の狂気を見た気がしました。

いずれにしても見ごたえと心に響くものがあるすばらしい舞台でした。
心が豊かになります。



■『約束の船』 黒澤美香+木佐貫邦子ダンス公演 2007年9月1日

50年に一度のデュオダンスとある。
黒沢美香さんと木佐貫邦子さんのダンス公演『約束の船』を、三軒茶屋のシアタートラムに観に行って来た。
黒沢さんが1957年、木佐貫さんが1958年生まれだから、50年に一度の・・・のようだ。
つまり50歳の二人。
木佐貫さんは僕と同い年ダンサーなので、随分前から一方的に気にしていた。
黒沢さんは数年前、麻布の小屋で観て以来である。

舞台はのっけから、木佐貫さんのダンスに魅了され、黒沢さんの存在に釘付けにされてしまった。
どうしてここまで表現の違う二人が、バラバラにならず調和…と言うより共鳴することが出来るのか。
この年齢にして枯れている訳ではなく、しかし弾けている訳でもない。
主張する身体が、それぞれをそれぞれのスタイルとして表現している…
コンテンポラリーなんて知らないという黒澤さんと、コンテンポラリーの旗手と呼ばれていた木佐貫さん。
お互いのダンススタイルは違っていても、表現したい何かがぶつかる音を聞いたような気がした。

いくつかのエピソードをちりばめながら、それぞれの手法で観客を引き付けていく。
途中、デュオになってみたり、全くのソロを同じ舞台で同時に観せてみたりする。
お互いの表現が極端に違うと思わなかったのは年齢のなせる業なのかと思う。

何だか分かったような分からないようた感じですが、他の誰でもない黒沢と木佐貫のダンス表現だったと思います。
踊りたくなりました。
ありがとう


■『 Desh 』 Rosas 2007年4月10日

ひさしぶりのローザス
今、現在、僕が一番好きなカンパニーの一つである。
しかも、今回はケースマイケルが踊るという。
埼玉芸術劇場まで観に行ってきました。
素直な感想は・・・

良かった・・・
普通に良かった。
そして、ケースマイケル 大人になったな〜
という感じでした。
今まで何度か観た中では、ダンスの新しい表現というか、他に見たことがないという所がなく、比べられるもののあるダンスとして良いものに仕上がっていたと思います。

インド音楽を中心にジャズも取りいれたダンスは、官能的でも情熱的でもありました。
天井から吊るされた6個のランプは夏の縁日を思わせ、中央の砂埃の立つ空間は祭りの中心にある情熱的な踊りの場を思わせました。
そんな中で生命と女・女性性を表現するような肉感的な動きが展開されました。
最初は稚拙な動きが、連続されていく中で洗練されていくというよりは熟成されて行きます。
男性のソロも良かった。

しかし、新しいものはないように感じました。
ケースマイケルの表現したいものが、やっと人の情感の部分に下りてきたのかもしれません。
しかし、さわやかな良い作品でした。



■『 hibi 』 Co.山田うん×deepblue  2007年1月7日

山田うんさんの舞台を観た。
息を呑む展開の連続で、身の引き締まる思いをして帰ってきた。


すばらしい作品です。

人間の『生』『成長』『生命』『心』などについて日常を土台に、自分と内面・自分と他人を対比し同調させながら表現する様は、見ていて鬼気迫るものがありました。
甘い作品・ゆるい作品の多い昨今、こんなに真摯に舞台と人に向き合って作られる作品を観ることが出来て本当に幸せでした。

僕は舞台を観た時に、良い作品だな〜と思う一つの基準があります。
それは、観劇後に元気になるということです。
ところがこの作品は、そんな状態を超えて、魂を鷲掴みにされゆさぶられる感じで、背中を平手でバシリと叩かれたような印象でした。
力を注入された感じでしょうか。
だから元気という表面的なことではなく、生命力に直接働きかけられたような印象です。


年初にこんなすばらしい舞台を観られて、本当に良かった。
皆さんもたまには劇場まで足を運んでみてはどうですか。
今回の『 hibi 』は日本での公演は終わり、2月にベルギーでの公演が行なわれるそうです


■へいせいの田楽『平家女護島』をかぶく  2006年9月8日
両国シアター×(カイ)まで『平家女護島』を見に行った。

とにかくなんだかすごい舞台でした。
ダンスの舞台を見ているというよりは、物語を観ているような感じでした。
そしてなにより主演(!?)のエムザブロウ氏と若松美黄氏が、齢70を超えているという事実に、ただただ驚くばかりでした。

それというのも、こういう舞台でこういうダンサーを観ると、「年齢のわりにスゴイ」とか「よくあの年齢で・・」などと思うものですが、この日の舞台はそういったものではなく、とにかくその存在感と迫り来る迫力に圧倒され続けました。
年齢・性別・経験を超えて、ただすごいダンサーを観てしまったという印象が残りました。
特にエムザブロウ氏の女性とのデュオダンスのパートでは、男女の匂い立つような『色』というよりは、人間と人間との『魂のぶつかりあい』が肉感的に感じられました。
そしてもう一人、死霊(妖怪!?)を演じていたダンサーのテクニックと表現力も、すばらしいものがありました。

正直に書くと、僕自身が好んで観るタイプの舞台ではありませんでしたが、すばらしいダンサーと雰囲気をみせて頂き満腹になって帰ってきました。


■『A Page Out Of Order』 Yoshiko Chuma   2006年8月22日(火)
米国NYでThe School of hard knocks を主宰するYOSHIKO CHUMAの公演を観に行きました。
場所はアサヒ・アートスクエア(浅草)という、初めての場所で、隅田川の水上バスの船着場のそばだったので、日の出桟橋から舟に乗って行くことにしました。

会場はビールジョッキを模したビルの4階、ダンスの公演というよりは何かの演奏会や展示会の方が似合うような場所だった。
出演するアーティストはミュージッシャン・シンガー・パフォーマーといった方々で、音楽・歌・声・映像・ダンスと大きな装置が新しい世界を生み出していました。
生演奏に合わせてシンガー(おおたか静流)が声を様々な方法で出してきます。
7フィート×7フィート×7フィートのキューブ(立方体の枠)は会場の中で、整然と時には雑然と整列させられ動かされ並べられ乱れていきます。
その喧騒と静かさが並立する空間で、パフォーマーは歩き・走り・踊り・祈り・見つめあい・背けあい・寝転び・飛び・並び・包まり・放し・移動し・その場で立ち尽くします。

何故か『今まで目を背け見ようとしなかったもの』を『無理やり』に『見せられたような』、後味の悪い印象を受けました。
胸がドキドキすると言うんでしょうか、そんな感じです。
もちろんそれこそが狙いで、何かを僕の中に目覚めさせるか、あるいは芽生えさせることが目的だったのではないかと思います。
強姦された・・と言うと言いすぎかもしれませんが。
有無を言わせない何かがありました。

音楽と映像とパフォーミング(ダンス)と彫刻のコラボ!!などと言うなまやさしいもの、あるいは中途半端なものではなく、この空間自体がインスタレーションのような印象を受けました。



■Dance Theatre LUDENS ショートピース公演   2006年8月18日(金)
ルーデンスの公演は正月に観て以来2回目だ。
今回はPlan Bという小さな小屋での舞台になる
地下鉄の駅を出て坂を上ったところにあるPlanBは、スタジオしても狭い空間で壁もコンクリの打ちっ放しというよりはむき出しのままという感じだった。
しかしその空間で展開されるダンスは圧巻の一言で、特に今回は梶原作品に息を呑むほど引き込まれてしまいました。
一つずつ簡単にコメント

□Portrait (太田ゆかり)
女性のあさはかさ愚かさからくる可笑しみと、悪魔のように深遠な想いを対比させることで納得の作品でした。
太田さんの可愛さと強さを見たように思います。

□inout (伊豆牧子)
正直な感想を書くと、未熟な印象でした。
しかし、作品から伝わる純な心というものをほほえましく見せて頂きました。

□a requi M (有吉睦子)
ダンサーから受ける印象と動きの質の違いに驚きを覚えました。
主に手だけで表現するという、新鮮な手法も楽しかった。

□Petit dance (梶原暁子)
今回の中で一番好きな作品でした。
”Portrait”で見せられた女性の二面性をより細分化し、あれもそれもこれもどれも全て一人の人の中に現出させることで、女性というか人のどうしようもないとらえどころのない・・不確実なもので、確実なその人をあらわすという至難の業を成功させていたと思います。
え〜ようするに、これを観てしまうと女性が可愛くてしかも怖くなってしまうという、そして、元気を貰ってしまうとい作品でした。

□Moment (岩淵多喜子)
正月に見た作品の再演です。
やはり良い作品は何度見ても、違った側面を見せてくれます。
どこか懐かしいような何故か既視感を覚える作品です。



■Giardinetto − ころがる庭 −   2006年7月21日(金)  
青山ダンシイングスクエアの公演を観てきた。
目黒パーシモンホールには一度行ってみたかった。
実はこの場所、15年前まで僕の母校が建っていた場所なんですね。
東横線の都立大学駅から徒歩10分の坂の上にあるホールは、緑の中の劇場という感じで少し安心しました。
公演は青山ダンシングスクエアで指導している先生方の作品を並べたもので、前編非常にレベルが高く楽しませてもらえるものでした。
中で僕が好きだった作品を・・

□落下する透明 (振付:二見一幸)
美しいフレーズの繰り返しが心地良い作品。
正統派のコンテンポラリーという印象で、洗練された動きと構成が気持ちよかった。

□COURSAGE (振付:吉野早織)
これも正統派のジャズダンスということになるのか、とにかくカッコイイ!
振付・ダンサー・衣装ともにソフィスティケートされていました。
もう一つのゴスペル作品も見ていて安心感のあるものでした。

□あの人はどうして雨が降るたびにふと笑うのだろうか  (振付:近藤良平)
この作品はもう『近藤良平作品』というひとつのジャンルを示しているものだと思う。
誰もの日常の中にある舞踊性というか物語というかストーリーを見せてくれる手法は、もう脱帽と言う感じ。
ダンサーがする訓練を個人の個性に置き換えて、構想と構成で舞台を練り上げていく力量はすばらしいものがあると思います。
でも、好き嫌いは激しく出る作品だろうなともおもいます。

□sand paper (振付:上島雪オトコ
こういったパワーのあるダンサーのダンスを見ると力が沸いてきます。
昔、ソロ作品がキライだったんですが、ある時、アキオキムラのソロ作品を見て感激して以来の感激です。


■Tokyoza Dance Department 第29回試演会 ゲネプロ 2006年5月27日
僕も以前お世話になっていた、というか僕のダンスのルーツとなるカンパニーの試演会(発表会)を観にいった。
とは言っても時間の都合がつかなかったので、お願いしてゲネプロを観させて頂いた。
3部構成のうち1部の後半部分は残念ながら時間切れで観ることが出来なかったが、他のパートは全て場当りから照明付きの通し(ゲネ)まで観ることが出来た。

感想である。
正直言って書きにくい。
だって、お世話になったスタジオの発表会である。
しかし、あえて書くことにする。

先ずは良かった作品などについて。

2部3部(Tokyoza,オリジナル作品)の中では、『ソウル サガ』『ボレロ』『Fix Me Jesus』が良かった、というか好きだった。
『ソウル サガ』は5人の群舞作品で、白い箱の上に女性が乗ったままの踊りだ。
たぶん20年以上前の作品だが、はっきりとした方向性とこれだっ!という強い主張のある作品で、何度観ても印象の強い作品だと思う。
『ボレロ』は黒いドレスの女性5人の群舞
女性の美しさ強さを表現したこの作品は、今回の作品群の中でも心に残った作品になった。
『Fix Me Jesus』はユキスガヌマの独舞
ひさしぶりのソロダンスを心待ちにしていたが、今回全て見た中で唯一人”ダンサーが踊っていた”作品だと思う。
若さやテクニックをこれでもかと見せる作品も悪くはないが、こういった心に響く作品は”身体表現”としてのダンスの醍醐味を味わわせてくれるものとなったと思う。

全てのオリジナル作品を観ていて思うのは、やはり本物の良さすばらしさだと思う。
例えば、ナットキングコールやエディットピアフ・・日本で言えば美空ひばりやドリカムは、いつ聞いたって良いでしょ。
時代性があるので曲想が今風でないということはあるかもしれないが、それがどうしたというくらい良いものは良いと思う。
また、今回は全ての作品のもつムードというか時代的な統一感があって、観ていて安心していられる構成になっていたと思う。

さて、気になった点である。
上に書いたことと関係があるが、作品が作られた時代の”動き”が薄くなっていたように思う。
がんばってがんばってそのムードに追いつこうとしているのが見える人もいたが、そう見えない人も居たように思う。

しかし、何度観てもこの会は発表会と言うにはレベルの高い会だと思う。
作品のほとんどがエムザブロウ(ジュンキョウヤ改め)のオリジナル作品で構成されているということもあるし、それを踊るためのエクササイズが統一され身体が作られているからということもあると思う。
良いものをありがとうございました。



■近藤良平・黒田育世『私の恋人』 2006年5月17日

吉祥寺シアターは2度目だ。
前回は山田さんのゲス。
今回は近藤さんと黒田さんのデュオダンス。
コンドウさんも歌ってたけど「キンテツ裏は行っちゃダメヨ・・」なんて言われていた界隈で、妖しいネオンが灯り始めたころ、雨の中を当日券を求めて並んでいました。
たまたま他のチケットを予約しようと、ネットを調べていて見つけた舞台で、今年にはいってWSなどを受けていたこともあり、これは絶対に見なければ・・と気合がちょっと入ったりして。。。


小さな舞台です。
客席に入るとプランターが上下の袖に並んでいます。
水撒用のホースで、そっち(舞台)とこっち(客席)が区切られている。
こっちの現実とそっちの現実は、同じようでいて全く違うという感じ。
舞台奥には冷蔵庫・電子レンジ・椅子・アップライトのピアノ・鞄・洋服・ハンガー・などなどが、雑然と並んでいる。
そっちの現実は日常のようで、今ここにある日常とは一線を画している・・ のかな。

僕の彼女は、ケタケタ笑って手が付けられなくて怖くて、でもいつも妖艶でいつも幼稚で、んで可憐で、いつも逃げ出しそうで、追っかけるといつも迫ってくる。。
私の彼は、バカで頼りがいがなくて大きいくせに器のちっちぇえやつで、とぼけててカッコ良くていかしてて、でもダサくて、私のことばっか見てて。。

いくつかのシーンを紡ぎながら、そんなあっち側の日常の断片が、きちんと見える舞台でした。

説明的な舞台装置・道具が並んでいたので、説明的な振付・構成だったらどうしよう・・と思ってみていましたが、それは杞憂でしたね。
あれだけ具体的な”日常”を演出しながら、そこにあるど〜でもよい日常ではなく、ある種普遍的な男女の関係を描くというのは、並大抵のことではないと思います。

そして、最後のジャズ・・
これは圧巻でした。
こういう風にダンサー自身を見せられるダンスを踊るジャズダンサーって、今は少ないんだろうな。
大人の童話を見させていただいたようで、楽しい舞台でした。


そういえば3年ほど前に見た舞台を少し思い出しました。
川野眞子さんの『あたしの彼』です。
僕が見た時にはすでに20回を超える上演をされていたようで、関西弁のブルースに当て振りのような振り付けで踊られるソロダンスだったが、これも圧巻でした。
『私の恋人』もそうやって回を重ねる毎に違った味の出てくる作品のような気がします。
ぜひとも再演を見てみたいものです。
20年後くらいにね。

今回の近藤さん・黒田さんの作品の題名とも似ていることもあり、帰りのバスの中で思い出していました。
ひさしぶりの舞台で、元気を貰って帰ってきました。


■Co.山田うん [ ges ] ゲス  2006年2月17日

吉祥寺シアターというところは始めてだった。
吉祥寺には良く行くが、大塚家具(旧近鉄)裏というのは、あまり足を踏み入れたことのないエリア。

昨年に続き山田うんの作品を楽しみに行ったのだか・・

とにかく最初からイライラさせられた。
見ていて何故か腕を組んで、う〜んと唸るような舞台だった。

そんなになって自分のことばかり見ているんじゃない!
そんなになって周りのことばかり反応するんじゃない!
そんなになって人との距離ばかり気にするんじゃない!

2004年の『テンテコマイ』や2005年の『W.i.f.e.』にあった、ユーモアを通して爽快感を通して見えかくれする人の悲しさや優しさではなく、今回は、ユーモアを通しても湧き出てしまう焦燥感や孤独感・孤立感が満載で、そのこと(イライラ感)を感じさせるために構成されたと思えてしまうような舞台だった。

このいらつきが錯覚なのか本当に自分が感じているものなのかを見極めるために、1ヶ月ほど感想を書かなかったが、やっぱり今思い出してもそんないらつき感は残っている。
このいらつきは何かと考えてみると、自分の隠れた部分を見せられたからではないかと思ってしまう。
もしくは、人が誰しももっている闇というか、潜在意識に潜む陰というかそんなところ。

そこを見せて、そこから何が始まるのか・・
何かが始まるところまでは、今回は僕には見えなかった。
何かが始まるところが見たいと思ってしまうのは、春だからですかね。



■Dance Theatre LUDENS " Moments " 2006年1月27日
実は昨年末に別の舞台を見ている。
麻布die pratzeで、ダンスシアター他動式の『穴』という作品だ。
ダンサーの名前をしらない僕でさえ知っている日本を代表するようなダンサーたちが、何故か集まって人(伊藤多恵さん)の振付を踊るという。
黒沢美香・吉沢恵・野和田恵理花・松原佐紀子・池田素子・若松智子・公門美佳・・聞いただけでも身の毛が・・いやいや鳥肌が立ちそうな面々だった。
この感想を書いていない。
何故書かなかったかというと、忙しかったから・・きちんと書こうとした・・時間がなかった・・良い言葉を思いつかなかった・・などなど、いくらでも言い訳が出てくるのだが、よ〜するにサボッしまって、時期を逸してしまってずるずると来てしまったということになってしまった。

なので、今回は、とにかく書いておこうと思う。


Theatre LUDENSの舞台は始めて見る。



横倒しの缶を立てる少女が、暗い倉庫(横浜赤レンガ倉庫)の中の情景を一変させます。

切り取られた風景は、誰もが心にもっている原風景を思い出させるもののようです。

私とあなた、私とあなたとあのこ、あのことあなた、あなたとあっちのあのことそこのことここのこと・・切れ間無く続く花いちもんめ

どこまでも続く、ひとり陣取りゲームを始める少年

自分で作った世界を壊す少女

小動物の親子が人の気配をさけて右往左往する。

夜の浜辺を思い出させます。

ほうきをもったおねえちゃん

自分が見た夢に、泣きながら羊の数を数えだす。

下着姿でなにやら叫びながら、自分を確認する女

砂場で崩れる山をいつまでも盛り続ける子供

自分の中に入っていく、笑い笑い笑い


幾つもの情景が、確かなテクニックとメリハリのある動きで表現されて、何か懐かしいものを見せてもらったような気分になりました。
気持の良い舞台でした。





第10回『新人舞踊家による作品集』 2005年9月1日 
舞踊作家協会の主催する、ティアラこうとうでの連続講演も108回を数え、「新人舞踊家による作品集」も今回で10回目になるとのこと。
従来は奨励賞などを決めていたらしいが、今回は最後に一つ一つの作品に講評が行なわれた。
僕の感想と違うものもありましたが、大半は講評で語られていたのと同じような感想を持ちました。
この日僕の好きだった作品を3つ紹介します。(出演順)

□『絶対的自己領域』  ナオコ・モリ作品
この舞台の大きさが関係しているのか、作家協会の連続講演では”踊っていない”作品が多いように思う。
そういった中で、この作品は舞台の特性を活かしながら、ダンサーが充分に踊っていた作品だと思います。
そして言いたいことやりたいことが分かりやすくストレートに伝わる作品だったと思います。

□『種 〜 Source of my headache 〜』  関あゆみ作品
この作品もやりたいこと伝えたいことが明確で、見ていてすがすがしい感じを受けました。
特に作者の身体的な特徴をキャラクターは、こういった作品では生きてくると思います。

□『花蒼(かどう)』  岩瀬明日香作品
他の作品と比べコンテンポラリーテクニックを駆使した作品で、現代舞踊協会の舞台ではあまりお目にかかれない作品だったと思う。
振付が少し雑な印象を受けたのが残念だったが、動きと動きのつながりを追求して踊りとして”こなれて”くると、また、全く違った印象の作品に生まれ変わると思いました。
僕の中ではこの日の一番でした。
講評ではテクニック的な問題があるように言われていましたが、きちんとしたコンテンポラリーテクニックの訓練を積んでいることは明らかで、従来のテクニックとは違った体の使い方・表現方法を取っているのだと思います。



Noism 05 "Triple Bill"  2005年7月29日   於 世田谷パブリックシアター 

初NOISMだった。
金森穣というダンサー・振付家の名前と、りゅーとぴあというシステムのことはなんとなく聞いていたので、ちょっと肩に力が入りそうになるのを抑えて観にいってきました。
今回は金森さんはダンサーとしての参加。
アレッシオ・シルベストリン、黒田育世、近藤良平の振付作品でした。

□DOOR IN DOOR  (構成・演出・振付 アレッシオ・シルヴェストリン)
緞帳の位置に紗幕がかかった舞台に、天井から布が垂れ下がっています。
大音量の音にかき消されるように、台詞を読み上げているダンサーがいます。
短い動きのフレーズと台詞と布と紗幕で構成される舞台は、僕には見づらかった・・
台詞は音で聞き取れず、細かな動きも紗幕で見えない部分があったため、何か舞台から拒否されているような威圧感を覚えてしまいました。
この作品を見て、ずいぶん前に見て頭を抱えてしまったフォーサイスの作品を思い出してしまいました。
ダンサーの皆さんのせっかくのダンスがクリアに見えないのが、やっぱり残念です。

□ラストパイ  (構成・演出・振付  黒田育世)
下手の2メートル四方から一歩も出ずに金森さんが踊っていました。
40分間途切れることなく動き続けリズムを刻み何かを表現しようとする身体は、動きの内容(振付)や衣装や音楽とは無関係に感動をしてしまいます。
その上、松本じろという方から湧き出すようにして発散されるギターの音(音楽)は、それだけでも身体をゆさぶるような響きのあるものだったので、相乗効果というだけでは表現出来ない、大きなうねりのようなものを感じさせてもらいました。
群舞を踊っているダンサーも良かったのですが、どうしても金森というダンサーを見させられる作品でした。
この作品について言ってはいけないのかもしれませんが、ジョルジュドンのボレロをどうしても思い出してしまいました。

□犬的人生  (構成・演出・振付 近藤良平)
幕が上がる前からギターの音が・・
ギターの音と言っても前作品とは全く違い、心が砕けるというか液状化してしまうような、力が入らなくなるような”軽い”音・・
そして、近藤さんの台詞を読むような歌うような解説・・
モウチョット観テイッテネ・・

昨年暮れに別のところで別の人達と組んでやったものを観たときは、この人はやりすぎだ!と思いましたが、今回はそのやりすぎも5%くらいで留まり、面白く観ることが出来ました。
日常よく観る動作やポーズをたくみに組み合わせ、舞台に面白みを表出させることにかけては最高の振付家だと思います。
しかし、この作品に金森さんが、ひょうひょうとした顔で出てきたときは、本当にびっくりしました。
体力の問題もありますが、よくここまで表現の違う作品に出てくるな〜という印象でした。
ダンサーの皆さんも楽しそうで、その楽しさがうまく伝わってきました。

3作品を連続して観て見ると、この作品郡を同じ日に同じカンパニーが同じメンバーで上演するということが、とてもすばらしいと思いました。
とにかく、全く色の違う3作品をこれほどレベルを高く保って表現出来るとカンパニーというのは、少ないと思います。
全方向に進んでいけるという可能性を見せて頂きました。
但し、全体としては「少し若いカンパニー」という印象があります。
3作品の中では自分たちの年齢に合っているためか、3番目の犬的人生が一番大人っぽく観ることが出来ました。
次回は大人のNOISMを観ることが出来たらなと思います。



FREE PACKAGE VOL.24  2005年6月21日  於 六本木俳優座劇場 

俳優座劇場で行なわれる”FREE PACKAGE"は、新人の登竜門的な舞台だ。
ということで、出来上がってしまった振付家・ダンサーを見るというよりは、これから伸びていくであろう舞踊家を見ることが出来るのが楽しみになっている。
7作品が出品されていたので、簡単な感想を・・

□ノリエハマナカ 『不死身の花』
日常(通勤)と非日常(戦場)を交錯させる手法はうまく成功していると思う。
ただ、何かひとつ足りないような多すぎるような、カチッとはまる感じがなかったのはどうしてか・・
面白い作品だと思うので、練り直して再演というのも良いと思います。

□江積志織 『青い月』
面白い!!
秋の夜・虫の声にさそわれて、闇の中を覗いてみたら・・・という感じ。
タンクトップではなく、上半身裸でも面白かったかもと思います。

□林洋子 『旅をする −メモメモランダムメモリアルー』
う〜ん、思いつきが一人歩きをしている感じでした。
身体の使い方を、ダンスの言葉を使うのか日常の動作を言葉として使うのか、きちんと決めると見やすくなると思います。

□斉藤直子 『セルの羽根』
これから・これからという感じでした。

□江積志織 『女と金魚』
2作品出ていると、どうしても前作と比べて見られてしまいますね。
「青い月」が良かったので、最後の部分が残念でした。
しかし、これも楽しい作品でした。

□村本すみれ 『じょじょ』
題名とダンスがどうもつながらなくて、頭が混乱しているうちに終わってしまいました。
説明的である必要はありませんが、ちょっと僕には分かりにくかった。

□三浦太紀 『 double steal 』
ポアントのダンサーとジャズダンサー(?)のような方の対比は、よく見えました。
何故か安心して見られる作品でした。


アルビンエイリー・アメリカンダンスシアター  2005年5月27日 於 東京国際フォーラムC

6年ぶり10度目の来日となるアルビンを観にいきました。
良かった!
今回は・・という前置きがあってだったが、観にいった友人知人の誰もがそう感想を言っていた。

アルビンエイリー舞踊団を始めて見たのは、1984年の夏だったと思う。
神奈川県民ホールに来日公演を観にいきまhした。
このカンパニーだけは観ておきなさいと、当時、ダンスを本当に始めたばかりの僕に半ば強引に進められての観劇だった。
途中、始まった”リベレーションズ”に、本当に鳥肌が立ったのを今でも鮮明に思い出します。
腹・腕から頭に熱が抜けていくような感覚があって、鳥肌が立った肘を抱えながら食い入るように観ていました。
それから数回、アルビンの公演は観にいっていましたが、正直言ってあの時ほどの感動を覚えたことはありません。
初めて見た時の感動とまでは行きませんでしたが、しかし、今回はかなり楽しく見ることが出来ました。

アルビンエイリ舞踊団は当初黒人だけの舞踊団でした。
いくつかの作品は虐げられてきた黒人の苦しみや悲しみを表現しているものもありましたが、そのことより、ダンスを踊っているというよりは身体の中に抑えきれない情動を、普段の身体の動きやこなしを音楽に乗せて表現することで、観客に迫ってくるものがあったように思います。
それが、アルビンエイリー本人が亡くなってしばらくは、テクニックの上手なダンサーが綺麗なステップで美しいメロディーを踊っているという印象が、どうしてもぬぐえませんでした。

ところが、今回、最初に見た「ラヴ・ストーリーズ」は、アメリカの今的なダンスであるヒップホップやブレイキングなどを表現の方法として取り入れることで、若いダンサー達が自分の言葉で自分の表現をしている感じがしました。
ようするに、ダンスとして振付けられたものではなく、普段、楽しい時に身体を動かしているように、苦しいときに身悶えているように、悲しい時に打ちひしがれているように、動くことが出来たように見えたということです。
ダンスっぽくはないけれど、そこにいる人間が喜んだり悲しんだり焦ったり怒ったりする様子が見て取れたような気がします。

いや〜やっぱり舞台は良いですね。
ちゃんと観にいかなくちゃ。


■『洞察ノ放ツ衝動』   〜2004年12月14日(火) 神楽坂 die pratzs 

”美術・照明を簡素にし、そのぶん自由に、シンプルにダンスを創作したい”

このシリーズの動機のひとつはそんなことから始まったらしい。
野和田さんというダンサー・振付家の作品を何度か観たことがあって、興味を持って行ってきました。
いくつかの作品がありましたが、やはり僕には野和田さんの「カウブルース」「また逢おう、いつか」が好きでした。

「カウブルース」は紐を使って空間を区分けし、黒い舞台をより拡がりのある世界にみせていたと思います。
日本では少ないと思うのですが、ユーモアがあり、しかし幼くない、大人の童話のような作品でした。
「また逢おう、いつか」は黒子となったダンサーが、手と紙人形だけを使って見せるダンスというよりは、パフォーマンスでした。これもまた、軽く楽しめる作品になっていました。

「白1mm ・・・の期待」(奥田純子作品)「7区」(松本大樹作品)は双方とも、質の高い作品ではあったと思うのですが、僕には説明的すぎるように感じました。


■『ワン◆ピース』『 W.i.f.e. 』  〜 2004年12月10日(金) スフィアメックス 
年明けに見た『テンテコマイ』でやられてしまった山田うんの作品ということで、仕事をなんとか切り上げて天王洲まで飛んでいきました。
アートスフィアには何度か行ったことがあったが、スフィアメックスは初めての場所・・
舞台の作りは、オリベホールや北沢タウンホールという感じで、しかしもっとこじんまりとした場所でした。

先ず、『ワンピース』
5人のかわいいダンサー達が、昔、衣料品店にあったようなフィッティングルームから出たりはいったり。
出てくる娘と入っていく娘、ここでの動きとあちらでの動き、それぞれが相関関係を持って、同時進行的に、しかし徐々に展開していく。
山田のスピード感あふれる振付と、気分のどこかに引っかかるような動きが心にのこる作品でした。
ただ、少し説明的な印象が残ったのが・・残念という感じ。

そして、『 W.i.f.e. 』
この作品は僕が今年見た作品の中では3本の指に入ります。
女性二人に男性一人、チェーホフの作品に題材を得た・・と言われてもピンとは来ませんが、男性と女性のからみ、女性と女性のからみ、男女のからみを見つめる女性、女性同士のからみを見つめる男性、それぞれの関係を分り易く、しかし説明的にではなく展開する手法は・・なんてすがすがしいんだろう。
舞台装置としてピアノ、音響装置としてのピアノ、3人の関係を説明する装置としてのピアノ、そこに登場するワンピースの女性達。
そういった、舞台構成・装置などでの説明の上に、山田の”あの”振りが展開されます。
山田の振付は”奇妙な”とか、”ユーモア・ペーソスのセンス溢れる”振りだと言われることがあります。
でも、それぞれの振り(=動き)は、日常の動作を見ていれば、そこで行われていることがほとんどだと思います。
日常的な動作のおかしみや、奇妙だと思われている動きの美しさを、誰も気付かないうちから目をつけ、そして構成・展開する力は、本当にすばらしいと思います。
良質のアントーキー映画や大人の童話を見せられた感じです。

こういう、誰もが楽しめて、しかも質の高い作品は、是非、もっと沢山の観客の入る舞台で多くの方に見てもらいたいと思います。


■Natural・Stones 旗揚げ公演   〜 2004年11月23日(火) 松涛 STUDIO Ha-Ru

渋谷にある小さなスタジオに、Natural Stonesというダンス・ユニットの旗揚公演を観にいってきました。
2004年9月に結成された、ノリエハマナカ、ナオコモリによるダンスユニットで、コンテンポラリーダンスを踊っている。

舞台はかなり小さなスタジオを、客席と舞台に区切ってありスタジオパフォーマンス!?という雰囲気がムンムンとする空間でした。1時の回を見たわけですが、ホリゾントと下手の暗幕から外の光を透けていて、どうも気になってしかたがなかった。
ノリエハマナカの作品は舞台装置と演出に趣向を凝らしたもので、ダンスを見せるというよりは作品全体から何かのメッセージを伝えたいという意思が感じられるものでした。
続いてナオコモリの作品
この作品はモリの独特の作風と身体の使い方が見て取れて、僕には心地よく見ることが出来ました。
ストレートに身体の動きを見せる作品で、透けて見える暗幕を気にすることなく舞台世界に連れて行ってくれました。
賛助出演していたキミコカワソエの作品は、洗練された動きと振付で女性の美しさ力強さを表現して良い作品だと思いましたが、最初の回だったからかダンサー(本人)の体のキレが少し気になりました。
そして、最後にN.Stones二人の作品・・
今回、旗揚げ公演ということで、これから”売り出し”て行きたいユニットということですが、もう少しカラー(色)を出しても良かったのではないかと思います。
それぞれのソロにはそれぞれのカラーがあったように思いますが、二人での作品にカラーが感じられなかったのが少し残念でした。
しかし、これから!がんばるぞ!という意思と勢いを感じる良い・楽しい舞台でした。



■『イオン』 正田千鶴モダンダンスフラグメント公演  〜 2004年11月2日(火) セシオン杉並ホール 

整体院の3周年ということで、自分に休みを頂いていましたが、その間に見た舞台です。

正直に言って僕には良くわからない作品でした。
作品を見ながら、コレハ何ヲアラワシテイルノダロウ・・・と常に考えていました。
「結晶と溶解」「臨界」「位置エネルギー」「電離と結合」「エントロピー」「アルファ」という題名を見ていても、???というマークが頭の中を駆け巡っていました。

何かの本で、男女のコミュニケーションには決定的な違いがあると読んだことがあります。
女性は「感情・意思」を伝えようとし、男性は「情報」を伝えようとするというものです。
もしくは、コミュニケーション・ツールとして、女性は感情を男性は情報を使うというものです。

最近、ダンスを見ていて「これは説明的だな・・」と思うことがあります。
それはたぶん、表現したい何かを伝えるために、様々なしかけを使って情報を伝えようとしているからではないかと思いはじめています。
逆に何も考えずに見られる物は、感情や気分をそのままストレートに伝えているのだと思います。

今回の正田先生の作品は、たぶん、何か伝えたいことがあって、それを様々な方法を使って表現しようとしているのだと思いますが、そのツールとして使っているものが伝えたいものの情報や説明するための情報だったのではないかと思いました。
そして、その情報を読み取れなかったというのが正直なところなのかもしれません。



■Dance Selection 2004 スペシャル・プロジェクト  〜 2004年10月24日(日) オリベホール 
→ 11.9NEW

六本木オリベホールに行った。
かなり内容の違うというか種類が違うというかジャンルが違うというか、毛色の違ったダンス(パフォーマンス!?)を3本観ることが出来ました。

□リトルアジア・ダンスプロジェクト 『Doubling』
香港・ソウル・日本・メルボルン・台北という、それぞれ国も年齢も性別も違うダンサーが合宿をして作った作品
年齢は違うといっても中堅の部類にはいるダンサー・振付家たちで、たのしい舞台になっていました。
それぞれの持っている動きの質の違いを楽しめるように、青春群像というようなムードを作っていました。
別の作品を見終わった後に感じたことですが、この作品は「気分」「ムード」「感情」をストレートに表現していました。

『チェイサー』  新上裕也(YOUYA)
チェイサーは強い酒を飲んだあとに飲む水のことという説明
苦悩・苦悶とその開放を表現しているようだった。
Doublingと較べてしまって申し訳ないのだが、衣装や振りの一部が説明的で少し眉根にシワが寄ってしまいました。

□『夜間と
絶叫 − ROPPONGI寸景 』  21世紀舞踏 inventionの會
舞踏家の方々の作品
僕は舞踏はあまり見ませんが、表現したい気分やムードなどを説明しているようで、前2作品と対比できておもしろく見ました。
ただ、ちょっと時間が長くなったのではと思わせる部分があって残念でした。



■DANCE EXHIBITON 2004 Bプログラム(公開ゲネ)  〜2004年9月14日(火) 新国立劇場小ホール


ひょんなことから、DANCE EXHIBITON 2004 Bプロの公開ゲネを見ることが出来た。
新国立劇場小ホールはけっこう好きなホールで、楽しんできました。 以下、簡単な感想です。

LOTUS 〜花の咲く時季〜  浅野つかさ パーフェクトモダン
とて〜も不思議な世界を持った作品だと思います。
たいてダンスは、美しさや醜さであったり悲しみや喜びであったり、悩みや希望など表現したいものがあって、その”何か”を表現するものだと思うのですが、この作品からはその”何か”が感じられないのです。
だからと言って、無味乾燥で味気ない作品かというとそうでもなく、かと言って必死で何かを主張するでもない・・
ぢゃ、見ててつまんないかと言われると、そんなことはなく見入ってしまうという、ちょっと表現しがたいのですが、あっさりとして楽に見られる作品でした。

OKINA  森山開次
この作品は賛否両論に別れ、好き嫌いがはっきりと分かれる作品だと思います。
で、僕は好きです。  ひっじょ〜に楽しく見ていました。
森山さんは以前も同じ場所で拝見させて頂きましたが、今回は以前にも増して何かに取り憑かれたような表現が研ぎ澄まされ、能楽師の津村禮次郎(人間国宝)とのコントラストが強い表現となって迫ってくるような感じでした。

Swerve  Leigh Warren & Dancers
パーカッションとダンスコラボレーションでしたが、どうもどちらも中途半端で、他2作品と比べグレードに欠けるような印象を受けました。



■国際共同制作ダンス・プロジェクト 「気配の探求」シリーズU 『森の微笑』 
 〜 2004年9月2日(木)  井の頭公園

インターネットでダンス関係の検索をしていたら、”無料”という文字が目に飛び込んできました。
しかも田中aさんではありませんか。
申込期限は切れていましたが、強引にお願いして井の頭公園まで行ってきました。
いや〜すごかった!!
井の頭公園には小さなステージがあるので、そこでやるのかな・・などとのんきなことを考えていったのですが、そんなお子ちゃまのようなダンスではなかったのです。
森の中に作られた客席・・ステージは・・たぶん・・
目の前にある3メートル四方くらいの空き地なのでした。

腰から紐に繋がれた石を下げたダンサーが、非常に不自由に身を動かしながら登場します。
男と男・男と女・女と女・・
求めあうような反発しあうような動きから、絡み合い解け会う体がありました。
腰の石がなくなると、今度は布団をかつぎ・羽織り・抱きながら迫ってきます。
照明と言っても、木の上から地面を照らすだけ。
しだいに、地を這うようになっていきます。

美しいということはありません。
つらいということもありません。
当然、醜いということもありませんが、僕には少し重たい感じがしました。
そこで、頭に浮かんでいたのが、山之口獏の「座布団」という詩でした。
全編は著作権の問題があると思うので、一部抜粋します。

 座布団

 土の上には床がある
 床の上には畳がある
 畳の上にあるのが座布団でその上にあるのが楽という
 楽の上にはなんにもないのであろうか
 どうぞおしきなさいとすすめられて
 楽に座ったさびしさよ
 ・・


■芸術見本市 2004 東京    〜 2004年8月30日(月) 東京芸術劇場 小ホール2  

□Co.山田うん 『ハイカブリ』ショートヴァージョン
舞台袖で叫ぶように歌うように”何か”を口にする少女・・
前へ倣えをするように立ちならぶ少女達・・     そこから物語が始まります。
山田さんの振付は独特というか奇妙というか、”やってやる”という気負いがなく、身体から湧き出た動きをそのまま表現しているように見えます。
場面が少しずつどんどんと展開していったかと思っていると、突然、それまで口にされていた”何か”が逆戻しされ始め、御伽草子の「鉢かぶり姫」の内容が現れてきます。

それまでの動きが逆回転し始め、どんどんと物語は時間を追って戻り始めます。
動きは逆まわしに戻っているのに、台詞は「逆回し」された正しい文章が進んでいきます。
ここで、頭を後から引っ張られグルグルと奈落に引き込まれるような、不思議な感覚に陥ってしまいました。
説明はいらないのだと思います。
見て楽しければそれで良いのだと、考えれば考えるほど「考えるな!」と言われているような気がしました。

□枇杷系 『愛情十八番』ショートヴァージョン
お姉さま二人に少女二人・・
美しい動きが流れていくかと思うと、奇妙な動きコミカルな構成が現れる。
身体の中にある意思・感情が、身体を通して表現されているような、強い意思・方向性を持った動きが連なると思うと、人形浄瑠璃を思わせるようなマリオネットのような動き。
見ているものを裏切りながら、少し先を疾走していくような躍動感のある舞台でした。

テクニックがあっても表現するものを持たない作品にあきあきしていたので、こういった表現したい何かが明確な方向性を持ち、しかも確かなテクニックに裏打ちされた作品は観ていて楽しいものです。

□Ko&Edge 『美貌の青空』
舞踏というと昔見たTV番組を思い出します。
1時間くらいをかけて舞台の上手から下手までを歩く人、その後・舞台中央で寝転んでうごめくダンサー数名・・
ダンサーはほとんどが丸坊主で全裸に近い状態、身体まで白塗りだったのを覚えています。
室伏鴻という名前も知っていましたが、舞踏に対しての印象とさして変わらないものしか持っていませんでした。

ところが、かなり違ったんですね、印象が・・
正直言って、良かったです。
見終わって笑みもこぼれたし、元気になったような気にもなりました。

舞台上では畳大の真鍮板を背負った若いダンサーが、踊りというよりは身体の中から何かを振り絞るような動きを続け、ただうろうろと戸惑うように動き回るばかりでした。
そこに室伏氏が登場し、若手ダンサーとともに同じ何かを見つめるようにしていました。
一旦降りた照明が明るくなったときの、ジョンレノンのウーマンは何を意味していたのか・・
男性性に対する「ウーマン」だったのか・・などという解説もありましたが、ぼくにとってはこの声・歌は”救い”のような”開放”のような感じを受けました。
舞踏に対する意識を変えさせて頂いた作品です。



■『7×7×7The school of hard knocks  〜 71119:30  於:Super Delux
 

東京六本木ヒルズの程近く、古ぼけたビルの地下。
Super Deluxという名に反した、ひどくシンプルな空間が広がる。
コンクリート打ちっ放しの床・壁にむき出しの天井。
フロアの中央に4つの大きな立方体。
立方体は7フィートというから2メートルを越える大きさの鉄製だ。
ワラワラと観客が入り、壁際の椅子や台に腰掛け始める。
ノイズを多く含んだ音が、少し静かなピアノや波の音に変わり、薄暗い照明の調子が変わると、ダンサーが登場する。
と、行っても観客と同じような服装で、それまで椅子を直したり壁にもたれたりしていた“人”だ。

少年が床にテニスボールを置く。

コトコトという音
キューブの一面にスクリーン
少年がテニスボールを床に打ちつけキャッチする。
コトコトという音
彼の影がスクリーンに映る。
影と音に呼応するように、ダンサーがボールを持ち、床に打ち付け操り始める。

コンクリの壁にはモノクロの映像が映し出され、その映像に絡まるように、埋没するようにダンサーが佇む。
動きが起こる。
キューブに入る・出る

ダンサー同士のコンタクト・・

一つ一つの動きはどこにでもある日常の動きの延長上にあるようにも見える。
その“動き”“動作”“所作”が、キューブによって切り取られた空間のそこここで繰り返される。
独立した世界が並立しているように、いくつかの場面が交錯するように見える
世界が二重写しのように、目の錯覚なのかと思えるような瞬間・・


中馬さんは、動きの中、場面の中、人(ダンサー)の中、映像の中に、普遍を求めたのではないか。
そこにある。ここにもある。今見た。さっき見た。明日見るかもしてない瞬間を、4つのキューブとダンサー達・映像を絡み合わせることで、六本木のはずれに表出させたのではないか。

情報の氾濫が、様々な場面や空間・状況を既知のことのように思わせる。

皆、分ったような顔をして、分ったつもりになって、かくあるべき行動をとってしまう。
しかし実はその場面・空間・状況を作っているのは“人”で、生身のリアルな人間だということを強く印象づけられた作品でした。



■Play without words   〜 2004年7月8日  シアターコクーン
たまには・・ということで、『マシューボーンのプレイ・ウィズアウト・ワーズ』を観て来ました。
TVコマーシャルや前回の白鳥をビデヲで観ていたので、楽しみにしていたのですが・・

正直言って、面白くない!
これの・・どこを楽しめば良いのでしょう!?

確かに、台詞の無い(without words)・演劇(Play)でありました。
同じ役を複数のキャストが演じることで、ダンス的・視覚的な面白みを出してはいました。
しかし、大よその(しか分らなかったのですが)ストーリーは陳腐だし、フロアが狭いのでダンスは小さいし、何を見せたいと思っているのかが良くわかりませんでした。
ダンスを抑え複数キャストの動きを複合的に見せることで、しゃれた雰囲気を出し軽く観られる作品にしたということでしょうか。
であれば、料金が高すぎると思います。

毎週末にはどこかの舞台や映画を楽しむことが日常的になっているような、ほとんどの全幕もののクラシックバレエは既に観てしまったような、ミュージカルにも少し飽きてきたような、かと言って芸術性の高い難解な舞台は観たくないな・・と思っているような方々には良いのかもしれません。



■FREE PACKAGE VOL.22     〜 2004年6月28日  俳優座劇場(六本木)  
3月のダンステアトロからしばらく経ってしまいました。 
今回はここのところ毎年観させて頂いている俳優座での”FREE PACKAGE"です。
この会は新人の登竜門的意味合いが強く、完成された作品というよりは”これから”という作者・ダンサー・作品を観ることが出来ます。 6作品が発表されていました。

□井上伸子作品   『何と写楽なマジック』
日本舞踊の男性と女性コンテンポラリーダンサーの対比でしたが、僕にはあまり伝わるものはありませんでした。

□齋藤直子作品   『ONE ソング』
女性二人のデュエット作品でした。
腕を振り回して走る・飛ぶ・止まる、その場で何かに取り付かれたように腕をグルグルと振り回す。
ダンスとしては・・テクニックは・・と考えると、どうしても???と思ってしまうのですが、何故か見入ってしまう作品でした。
どこがどう面白いのかは分りませんでしたが、何故か面白い気になる作品でした。

□細川初枝作品   『無言 − ダンディズム』
具象的な衣装なのにストーリーが見えないところが少し気になりました。

□林洋子作品  『MEMO memoranndum』
・・はじけた記憶 の断片 に・・  とあるように、脈絡のない振りが並立しているような作品でした。

□キミコカワソエ作品   『かがみ』
この日の6作品の中で唯一"踊っている(ダンスをしている)”作品だったと思います。
演じる側にも観る側にも、踊る楽しさ喜びが伝わる良い作品だったと思います。
ただ、体格の違うダンサーを使って左右のシンメトリーを見せるのであれば、もう少し方向振りのこなし方に工夫があっても良かったのではないかと思います。

□吉沢恵作品   『金魚  Chapter 2 』
ずいぶん以前に観たローザスを思い出していました。
作者には失礼な書き方になるのかもしれませんが、僕の好きな作家(ケースマイケル)と作風というかムードが似ていると思います。 細かい動きを構成することで舞台を少しずつ進行させていく。一つ一つの動き・振りは無関係のようで、一つの方向性がある。(動き的にも印象的にも) 楽しく観させて頂きました。
が、一つだけ気になることが・・ ダンサーの黒のスカートの下にピンクのパンツを穿いていたのはいかがなものかと・・思います。 男性は目のやり場にこまります。





Direction of Harmonization   〜  2004331 北沢タウンホール  
 能美健志&ダンステアトロ21

小説家が小説をモノしようとする時、このテーマは誰かが何処かで既に書いてしまったのではないか・・誰もが知っているコトではないのか・・陳腐な表現・内容になってしまうのではないか・・というようなことを心に浮かべ思い悩むものだと、以前、開高健のモノした文章の中に見つけたことがある。

そして結局は「文体」だけが残り、そこに個人の存在意義があるのかもしれないというようなことを言っていたような記憶がある。

Direction of Harmonization”(調和の方向性)という能美の作品を観ていて、そんなことを思い出していた。
この作品を実は2回観ている。

昨年、10月末に池袋東京芸術劇場で能美とグループモーションカンパニーが踊ったときが最初で、今回が2回目になる。
前回の踊りを観たときのことは、あまり印象にない。
大きな違いと言えば、前回はダンサーが白人で今回は黄色人種ということと、新しいパートが増えたということらしい。
ダンスは公演チラシに書いてある通り、「点と線から見えてくる空間の中で、ノンストップで動きつづけるダンサー」「方向性、流動性を保ちながら、あたかも円を描いていくダンス」「そして、その先に見えてくるものは、静と動が織り成す調和の世界」という能美の言葉通りのものだったと思う。
シーン毎に群舞であれデュエットであれ、ダンサー個々が方向性を持って動き続けていたかと思うと、ある時はお互いに関係しあい、またある時は別のダンスを踊っているというような具合。
そんなシーンを観ているうちに感じたのが、冒頭の「小説家が小説をモノ・・」というフレーズだった。

能美のダンスには独特の動きがあるように感じる。
もちろん、どんなダンサーにも振付家にも独特の動きがあり、考え方があると思う。
では何故、能美のダンスが独特だと感じたのか。
現代舞踊と呼ばれているダンスを観にいくと、常に身体の端から端までをコントロールし、体幹のコントラクションや股関節・足関節をインに使うなどクラシックバレエとは逆の身体の使い方で、身体の内側へという方向性を見せ、内的な心情や感情といったものを表現しているように感じる。また、現代舞踊のダンサーは、体表の大きな筋肉を最初に動かすことで、身体の動きを作り出しているようにも見える。例えば、体幹・上肢の動きは、脊柱起立筋・後背筋・僧帽筋と言った筋肉群の動きが始まりとなっている。

対してコンテンポラリーと呼ばれているダンスでは、身体の中心から動きが起こり、身体のコントロールを外したような瞬間が見えることが多々ある。そしてそういった体の使い方で、心の中ではなく心の外・世の中にあるムード・情景を伝えていることが多いように感じる。
例えば、体幹・上肢の動きで言えば、腸腰筋・横隔膜などの脊柱の内側の筋肉から動きが起こり始めたり、上肢や体幹が脱力しているときにそれら体表からは見えない筋肉だけが緊張しているということだ。
今回の“Direction of Harmonization”では、ダンサーの身体は完璧にコントロールされていたが、動きは身体の表面からも中心からも始まっており、また、その表現するところは内的な心情や感情ではなく心の外・世の中のムード・情景を示していたように思う。
ここが独特だと思った点で、現代舞踊でもコンテンポラリーでもない新しい手法ではないかと感じた点だ。
能美の新しい「文体」に対する意欲を感じ、現代舞踊の新しい方向性が見えたような印象を受けた。

現代舞踊でもなくコンテンポラリーでもない能美のダンスは、これからどういった拡がりを見せるのか、また、「文体」として確立されていくのか、楽しみに観ていきたいと思います。



■Circle Dance 〜疾走する街〜  〜 2004年3月20日 麻布die pratze
麻布die pratzeはちょうど一年くらい前の正月に来て以来・・
あいかわらず、というか、春なのに何故か寒い通りを渡ってガソリンスタンドの二階によじのぼっていった。

客電も落ちないうちに、舞台上にマイミストが登場、なんとなくなさけない感じ・・だがマルソーのビップのように哀愁を漂わせてというわけでもない。
入口に戸惑ってはいたが、いつしか観客を引っ張ってそっちの世界に持って行かれた。
そこへ、客席からおひねりをもった女の子数名が舞台に入っていく・・
物語の始まりである。

とにかく場面の転換が早い。
誰かが一人で物思いに耽っていると、逆の袖では女の子同士がおしゃべりをしていたり、顔と耳をそちらに向けていると、また逆の袖からありえないポーズを取りながら一群の人たちが通り過ぎる。
中の一人が取り残されたかと思うと、別の二人連が話を始める。
街で見かける風景に、ちょっと耳を貸し首をそちらに向けてみたような変な感覚・・

この物語とあの物語は繋がっているのか・・ここにいる人とあの人は関係があるのか・・
さっきのあの人はひょっとしてこの人!?

シーン毎の主人公と思しき人が、ほとんどしゃべることなく、周りの人たちの中でその性格付けをされていく様子が、これでもかと繰り返されるのは、そういうこともあるんだよね・・なんてついうなずいてしまったりしていました。

見ている素人が言うのもなんですが、質の良い役者とレベルの高いダンサー・マイミストが集まると、こんなにすてきな舞台が出来るものなんですね。




■D ZONE No.16  dance unite ジジ  〜 2004年2月28日 セッションハウス地下スタジオ

ひさしぶりにセッションハウスで小さな舞台を観てきました。
D ZONE はセッションハウスが、都度振付家をセレクトして実施する単独公演とのこと・・

□『ジジ』 作:勝部ちこ
う〜ん・・ むむ・・ はぁっ・・ へ〜・・ ほ〜・・ へ〜・・ はは〜ん・・ ・・
女性が3人、ちょっと自分以外の二人を意識するように距離を取りながら、近づいたり離れたり、触れてみたりしながら、場面が展開されていきます。
なんだコレハ・・ う〜んとうなりつつ、ことの次第を眺めているという感じで見ていました。

そのうちに、それぞれが動き始め、互いに影響しながら、でも自分の動きの中に入っていくという構成が続きます。
コレハ 即興なのかな・・などと思いつつも、それぞれの動きの面白みに惹かれていきます。
セッションハウスに行かれたことのある方は分かると思いますが、ホリゾントがコンクリートの打ちっぱなしになっていて、床もリノリューム(グレー)という空間です。
この空間で床と壁に身体のどこかを付けたままの動きが続くと、ホリゾントの上で行われている動きが天井から舞台の上を俯瞰しているように見えたり、袖から舞台上を見ているように感じたりと、空間認識がおかしくなるような不思議な印象を受けました。
コンタクトとインプロビゼーションが組み合わされたような振りも、ダンサーの動きの質の違いがアクセントになって楽しく拝見しました。

□『WW『』 作:伊藤真喜子
舞台上のクッションでフキゲンそうにどこかを見つめる女性が客席脇からはけていったかと思うと、突然、馬の頭の被り物をかぶったワンピースの女性が登場します。
被り物とワンピースに、なんとなくの不条理感とエロティシズムを感じながら見ていましたが、動き自体は女性を感じさせるものはなく、フシギ〜な印象の作品でした。

音や仕草で観客の目を引っ張る力にはすばらしものがあると思いましたが、せっかくの「被り物+ワンピース」の示すエロティックで退廃的な印象が女性らしさを微妙に殺した動きで、少し突き抜けた感じがしなかったのが、僕には残念でした。




■「テンテコマイ」山田うん  〜 2004年1月31日 シアタートラム
今回はちょっと批評家風に・・

名前に惹かれたというのが正直なところで、山田うんというダンサーがどういったダンサーなのか、どうゆう活動をしているのかどういった評価の中にいるのかということはほとんど知らず三軒茶屋シアタートラムまで行った。
ほとんどというのは、昨年どこかの公演で配布されていた公演パンフレットの中に、「山田うん・ハイカブリ」という葉書サイズの案内が入っていたからだ。
その名前と題名(ハイカブリ)は他のおどろおどろしい印象の強い現代舞踊からは程遠く、コンテンポラリーってそういうのもありなのかと思わせてくれるものだった。

そして、今回、「テンテコマイ」である。
ちょっと耳を引っ張られるような感じでトラムの入口をくぐっていた・・

舞台は3つの部分に区切られ、中央メインが白、上下(左右)が黒、下手の黒い空間に空色の大きな2メートルほどもあるクッション。高い天井と吊られた照明器具が印象的な深い空間。
闇の中でヒューヒューと不思議な笛を鳴らす音。照明が入ると口に笛をくわえた山田が、自分の身体を制御できない様子でフキゲンそうに揺れる。
確かな足取りで歩き出すと、立ち止まり挑戦的な目で客席側のどこか一点を見つめる。
途切れ途切れの動きが繋がるかと思うと、裏切られ立ち止まる。

立ち止まるかと思うと、しゃがみ足をつかみながらジャンプ。
どれが自分の動きなのか動作なのか所作なのか・・
試しては確認し、確認しては諦め、諦めては試す。
動きは繋がっているようで途切れ、途切れているようでつながっている。
偶然なのか必然なのか、必要な動きなのか不必要な動きなのかが、だんだん分らなくなってくる。

別にそんなに考えなくてもイイジャン、と山田が教えてくれるようでもある。

この作品で山田は、子供で俳優で隣のおねえさんで、短距離走者でパントマイマーでバレリーナで体操選手で大人の女でマラソンランナーで、お休みの日に仕事をしている不機嫌で退屈した忙しいダンサーで、機嫌が良くてのんびりして安心して急いでいる・・そんな人でした。

流れやリズムを見せるダンスでもなく、身体のうねりもテクニックを押し付けることもないダンスはそれだけで潔く、物語性や意味を強要しないそこで表現されていることが、それぞれの観客のナニカにミートする感じ。
「私は私、あなたはあなた」と言われ、そうか僕は僕だったんだと再確認させてくれるような作品でした。



ポストパフォーマンス・トークで客席からの「あの部分の意図するところは・・」という問いと、武術家甲野先生の「人間というのは、こういった動きをするものなのだな・・」という感想がとても印象的で対照的でした。




■ザ・ネリマ現代舞踊展 
vol.19  〜 2004年1月28日 練馬文化センターつつじホール

練馬を中心に活動している現代舞踊家の舞踊展「ザ・ネリマ 現代舞踊展」も今回で19回とのこと。
沿線ということもあって気軽に見に行ってみた。
今回は3部構成で1部が新人、2部が中堅、3部がベテランの方々の創作ということであった。
気になった作品に、簡単に感想を・・

第一部
一部は新人の方のものが多いように感じるが、全体にコンクール出品作品のようでテクニックが前面に出ている感じを受けました。
皆さん真面目に素直に行儀良く踊っていましたが、何を見せたいのかというところが見えにくい感じがしました。

☆「それでも光は降り注ぐ あの日もそしてこれからも・・・」   中本クミコ
テクニック的なことは少し置いておくとして、この方は踊っていました。
ダンスが見えるという感じがして、ウンウンと頷きながら見させていただきました。

第二部
中堅の方々の作品群でしたが、それぞれに個性が出て好き嫌いがはっきりするような作品が多かったと思います。

☆「光はない、だが夜ではない」  池田素子
上手奥から登場したダンサー達が、くずれ・立ち直り・放たれ・駆け出し・歩き・止まり、それぞれ別々の意思をもって動き始め動きを止めていました。
一つだけ気になったのは、何故かピリッとしない。キレが感じられない、というところでした。
動きや振り・テクニックの問題かとも思いましたが、たぶん「動き始め」に対する解釈の違いじゃないかと思います。
以前、この作品を作者が出て踊っているのを見たことがありましたが、作者自身を見ていて「気がつくと」動いている途中ということがよくありました。
今回、参加されたダンサーの方々は「動き出しが見える」という点で、ちょっと違和感を感じたのかもしれません。
でも、おもしろかった、僕の好きな作品です。

第三部
ベテランの方々の作品で、さすがとうならせられるものが多かった。

☆「死するまで紅色に燃えて」   森嘉子
さすがです。
短い時間で、しかも抑えた演技・振付で、観客を引っ張っていく力はさすがだなと思いました。
でも、やっぱりもう少し長い作品の方が良いなとも思います。

☆「それぞれの刻」  藤里照子・池内新子
この日のベスト・一番の作品だと思います。
作品の良し悪しに順番はつけられませんが、完成度が高くクオリティ・レベルの高さが際立っていました。
照明・音楽・衣装・振付とも抑えたものですが、非常に気品がありシックで大人っぽく、ゆったりと楽しむことの出来る作品になっていたと思います。




■トブナライマカモ  〜 2003年12月27日(土) TOKYOZA studio dance performance  

西武池袋線富士見台にある TOKYOZA ダンススタジオのスタジオパフォーマンスに行ってきました。
スタジオパフォーマンスを見るのはひさしぶりで、「小屋」に入っていくワクワク感はたまらないものがあります。
のっけの作品はスタジオのディレクター・エムザブロウ氏の作品で、大きな舞台では掛けにくい実験的なものでした。
ダンサーとダンスというだけでなく、照明を自身が操作してコラボレートするというもので、作者の意思が明確に出ていて楽しめました。

初めて振付をしたという人も、何度も振付をしている人もいましたが、全体のレベルは高く「気の抜けた」部分のない良い会になっていたと思います。
こういった小さな舞台で作品を作りながら様々な経験をし、新しい手法や技法などを試し挑戦していくことで、何か次の流れが見えてくると良いのになと思います。

楽しい舞台でした。




Boxing Day さえこだんす  〜 2003年12月13日(土) 北沢タウンホール

ずいぶんと時間が経ってしまったのですが、昨年末に観にいった舞台のことをメモしておきます。
北沢タウンホールは僕の好きなホールで、緞帳のないフラットなスタジオ風の舞台で、客席と舞台上のダンサーの距離が近く臨場感というか緊迫感が伝わり易い舞台だと思っています。

今回の舞台は冴子さんという方の振付によるものだと思うのですが、全体としては「一生懸命やっている」という感じを受けるものでした。
好き嫌いで言うと、申し訳ないのですが、どちらでもない・・というものです。
当日パンフには「こらぼれーしょん」「あそぶ」「即興」という言葉が多く使われているように、勢いとパワーで見せようとするダンスだったと思います。
ダンスを分類して見る必要は全くありませんが、ジャズ・コンテンポラリー・モダンなどの手法・技法を「混ぜ」て構成されているようで、「融合」されているようには僕には見えませんでした。
どんなダンスでも「こなれて」いて「とけあっている」動きの中から、伝わるものがあるのではないか、とちょっと不遜にも思ってしまいました。




井上恵美子ダンスカンパニー公演 『 花 』  〜 2003年10月19日(日) アートスフィア

1984年に新宿西口に劇団四季のキャッツを観にいったのが始まりだったと思います。 
その年の夏、僕がダンスレッスンを受けていたクラスの先生の先生が在籍していた、アルビン・エイリー・アメリカン・ダンス・シアターが日本公演を行いました。
神奈川県民ホールだったと思います。
リベレーションズ・・
このダンスに衝撃を受け、僕のダンス熱は過熱したのを覚えています。
それから10年以上が経って、渋谷文化村で観たローザスの「ローザス・ダンス・ローザス」が二度目の衝撃でした。
この対極にあるダンスの双方が好きで、今までダンスを続け観続けてきました。

そして今回の「花」・・
井上先生の作品は何度か拝見させて頂いている。
今回ダンサーのテクニック・躍動感はすばらしくブラッシュアップされ、以前の作品に見られた「踊らされている感」はなくなり、全てのダンサーがダンスを自分のものとして自分の言葉で語ろうとしているのが良くわかった。
だが、である、でも、なんである。
暗い作品というのが苦手なんですね。
芸術祭参加・・だからなのか、何故か暗いんです。
こうなると僕の見る楽しみはどうしても半減してしまうんですね。
こんなことを書いてダンサーの方々には本当に申し訳ないんですが、そういった感想を持ってしまいました。
でも、本当にダンサーはすばらしく良く踊っていました。 だからなんかモッタイナイ気がしてしまうんですよね。




ティアラ連続公演初登場の作家による 『□記憶 □memory □思い出 □&追憶』
 舞踊作家協会主催 ティアラこうとう連続公演 〜 2003年10月1日(水) ティアラこうとう小ホール

昨年も見させて頂いた舞踊作家協会の連続定期公演です。
とにかく狭い舞台を使ってどのように何を表現するのか?
記憶・思い出などの「お題」に沿った作品になるのか?
本当にバラエティーに富んだ作品を見せて頂く事ができました。 ちょっとした感想を・・

■第T部 9月「新人舞踊家による作品集より」 エムザブロウ推薦による2作品
□「SAVANNA」(奨励賞次点) 平井幸作品
これだけ小さい舞台と劇場で最初の作品だけに、もう少し観客を引き込むのに時間を取っても良かったと思う。
題名から受ける印象よりも都会的な衣装で、少しアンバランスを感じていたが、それがなくなってようしこれからという時に終わってしまったような感じでした。 もう少し広い舞台で見てみたい作品です。
□「Trip-pp」(奨励賞受賞) 清家悠圭作品
この作品は好きです。 動きに始まりと終わりがきちんとあって、その動きと動きの繋がりを見せるため様々な試行錯誤の末に出てきた動きが流れを作っているようでした。ダンサーも良く跳ねる方で、ボールが反発しながら目まぐるしく空間の中を動き回る様が見ていて爽やかな印象を与えます。

■第U部
□「Full Moon」 高瀬多佳子作品
せっかくのダイナミックな動きが何故見えないんだろうと考えました。
先ず舞台が狭いというか、この人数でこの振付では動きが大きすぎて舞台に収まりきらないということと、途中から踏む足音がその前後の足音に埋もれてしまうということがあるのかなと思いました。
□「TOMOの記憶」 サチコヤマ作品
後半の無音部分が僕には良くわからなかったのですが、女性同士よりも男女の組み合わせで見てみたい作品です。
ダンサーが無表情に踊るのはそこから何か永遠というか普遍的なものを見せたいのだと思うのですが、逆に表情をつけても良かったのではと思います。
□「あかね砂子」 森谷紀久子作品
鈴を手にしたダンサーが「やっほーやっほー」と、こだまのように客席から登場する部分に客席に向けての照明は気恥ずかしい思いがありました。 鈴や声が無くても成立するのでしょうか・・

■第V部
□「残身」 〜確かなる、いにしえの日〜
竿竹屋・金魚屋・貝売りなどの声がモチーフになって、日舞とのコラボレーション。
あえて稚拙な構成で前衛を狙ったのか・・・

■第W部
□「音色」 エムザブロウ(ジュンキョウヤ改め)作品
和と洋、日本の原風景と現代、おんなの児と女、かわいらしさと妖艶さを短い時間で、説明的でなくこれでもかと繰り出されるダンスムーブメントによって表現されていて小気味の良い作品です。
明るく楽しい部分と大人のダンスを見させて頂きました。
□「空音」 ラ・水族館
ボイスパフォーマーの方と日舞をベースにされたダンサーのコラボレーション
う〜ん、僕にはちょっとわかりませんでした。
□「真夜中の午後」 アキオキムラ作品
心が揺さぶられるのを感じました。 あまりに良かったので、反則なのですが作品の解説をしてしまいます。
小さな劇場にテイクファイブのサックスの音が流れます。濃い色のスーツを着た男性がなつかしいジャズのステップを踏み始めます。ステップはどことなくぎこちなさを含み、時にストップモーションでとまどいか思い出を懐かしむように進んでいきます。 曲が終わり踊りつかれた男性がジャケットを脱ぐと、ダニーボーイの歌声・・
男はまた立ち上がり踊ろうとしますが、その動きはぎこちなさを通り越し、振り・ダンスが崩壊し、動きが崩れ、取り付かれたように足が・手が・身体が・頭が振動を始めます。 ときおりその振動がダンスステップに繋がるような動きをチラと見せますが、それもほんの一瞬で壊れていきます。
ゆったりとしたあの曲を思い浮かべてみて下さい。その曲の流れる空間で、一人の男性が狂ったように身体を振動させ引きつらせ、あらぬ方向を向いた体を立てなおしながら動き続けます。
誰かに対する思慕を含んだ、この作品を観られて本当に良かったとおもいます。

今回はこんな感じでした。
小さな舞台でしたが、参加されたダンサー・振付家の方々の熱気が伝わる良い舞台だったと思います。




舞姫と牧神達の午後    〜 2003年9月12日(金) 新国立劇場 小ホール 
7・8月と自分のリハーサル(ジャズ協)で身動きが取れずに居たので、本番が終わった瞬間に発作的に見に行ってしまいました。
新国立劇場というのは初めてで、行ったことのある人は分ると思いますが、なんとまあすごい場所でありました。
そこで6組の男女がそれぞれにデュエットを踊るというもので、出演者を見ても日本の今を代表するようなダンサーばかりでワクワクしながら見ておりました。
当然、レベルは非常に高く作品を楽しむことが出来ましたので、簡単に感想を・・

■Giselle  軽部裕美 & 島地保武
とても美しいデュエットで見ていてやさしい気持ちになれる作品でした。
ただ、導入部分の男性が”若い!”という感じがして、ぎこちなさはないのですが軽い感じがしたのが残念でした。
■Espresso  内田香 & 古賀豊
女性の美しさを際立たせる演出でしたが、客席を意識した振付は現代舞踊というよりはジャズダンスという感じがしました。
ダンスの種類を云々するつもりはありませんが、ジャズのテクニックで現代舞踊風振付をしてしまうと中途半端に見えてしまうことがあります。
ジャズダンスは思いっきりジャズしてしまえば、きちんと成立した楽しいダンスなのに・・
■弱法師(よろぼし)  加賀谷香 & 森山開次
伝統的な能の謡いをバックに、妖艶な女性(人間)と人間にあらざる者(妖怪?)が作り出す怪しい世界をダイナミックに描いていたと思います。
森山さんは初めて見ましたが、すごい!
モダンジャズのピアニストに山下洋輔というこれまたものすごい人がいますが、二人に共通することとして、今までに無い音(振り)を縦横無尽に表現しているにもかかわらず「ミスタッチ」が一度もないということが言えると思います。
ただ、あまりにも芸術性が高くすごすぎて、エンタテイメント性をあまり感じなかったのは残念でした。
■ロメオとジュリエットTU  イ・ユンキョン & リュ・ソックン
解説を見ると「第4回世界バレエ&モダンダンスコンクール、モダンダンス部門 第1位金メダル・振付特別賞受賞作品」とあります。
しかし・・・
なんというか昭和の匂いというか、テクニックはすばらしく身体もとてもよくキクのですが、具象的すぎて僕には良さがあまり分りませんでした。
■シャコンヌ  平山素子 & 能美健志
始まってすぐは、ドッテコトナイ感じだったんですが、歩いたり走ったりしながら二人の距離・方向などが変化していき、緩急をつけながら出来上がってくる流れが力強く楽しめる作品でした。
ブラボーの声もうなずける作品です。
■MAGUMA   蘭このみ & 清水典人
スペイン舞踊の女性とモダンダンサーが生ギター1本で作るダンス!
面白くないわけがありません。
エンタテイメント性にとんだ楽しい作品でしたが、もう少しダンスの質の違いを際立たせても良かったのかなと思います。

うだうだとろくでもないことを書きましたが、全体には楽しい舞台でレベルも非常に高いものでした。
ただ、これだけ個性の強いものを一同に集めるというのは、ちょっと無理があったのかな?と思います。
それぞれの振付家・ダンサーをじっくりと見たいという要望もあるのではと思いました。




第30回記念 現代舞踊展  〜 2003年7月15日(火)  メルパルク東京
現代舞踊展と題したこの公演は、30回の記念公演ということもあり、現代の日本を代表する現代舞踊作家の作品が一同に会しているとのこと。
若い世代のコンテンポラリー作品が少ない印象も受けるが、僕が見させていただいたのは初日で、その若い世代の一人である能美健志さんの作品も発表されていた。
当日は10分程度の14作品が順に踊られたが、とにかく最初と最後の2作品が絶品だった。

最初の作品は能美健志氏の作品「From point to point」で、副題として創作ノートのメモ「点 変化 流動 直線 曲線 関係性 場所 集合体 調和」が添えられていた。
幕が開くと中央に天井から下げられたライトが舞台上50センチくらいに位置し、そこでダンサーの手が動き出す。手の動きは腕に体幹に波及し、位置を変えていきます。
ダンサーの動きが別のダンサーに影響を与え波及していきながら、勢いが増しうねりへとつながっていく。
個々のダンサーの質が高く見ていて、すっきりと気持ちの良い舞台でした。
作品の意図するものかどうかはわかりませんが、動きとムードが良く表現されていて、とても好きな作品でした。

最後の作品は折田克子氏の作品で「間奏曲 パートV」というものでした。
15名くらいの女性の群舞にダンサー折田が絡むもので、この折田さんのダンスがすばらしい!
飛んだりはねたりといったテクニック云々という問題ではなく、身体から溢れるエネルギーというか身体が動くこと自体がダンスになっており表現となっている感じがしました。
うまさというよりも「すごさ」を感じました。

最初と最後にこの2つの作品を観ることができ、現在の日本のダンスシーンを少し俯瞰できたような感じがしました。

ところで、当日受付で差し入れを預かってもらおうと思ったら、直接楽屋に持って言ってくれとのこと。
本番が始まる20分程度前なので、後でもって行ってほしいとお願いをしましたが、受け入れてもらえませんでした。
現代舞踊協会の方ではなかったのですが、あれだけ多くの参加者のいる公演で花等の受け渡しが出来ないというのはいかがなものかという感じがしました。




FREE PACKAGE VOL.20  〜 2003年6月17日(火)  俳優座劇場

昨年の同時期にも俳優座でこの会のダンスを見ています。
前回の感想には「完成されていないダンサーの習作を集めたような感じで、もう少しテクニックを磨いてからでも良かったのではと思ってしまいました。」なんて恐ろしいことを書いていました。
改めて関係者の方が見ていたらごめんなさい。

で、今年である。
正直言って去年より良かったと思う。
というか、去年より良い・完成度の高い作品が多かったと思う。
ただ、今年気になったことは題名とダンスがかけ離れていて、理解しずらいものが多かったことです。
以下、それぞれの感想。

■how to be good   振付 ナオコモリ
いくつかのエピソードをつなげ・並立させて、子供の頃の楽しい思い出を「原風景」として現しているような、表現したいことが良く分かる明るく楽しい作品でした。
欲を言えば、全体を俯瞰して再構築し、振りの質の確認をするとより見やすくなるのではと思った。
■border line  振付 滝口美也子
ソロで小道具(傘)を使ってテクニックを見せるには、もう少し技術を磨いてからでも良かったのではないかと思います。
少なくとも後半息切れすることのない程度のレッスンは行うべきでは。
■ひかるはな  振付 田内祥子
僕にはこの人の言いたいことが分りません。
一生懸命ということは伝わりますが、音楽・衣装・振付をどう解釈しても「言いたいこと」につながっていきません。
■誕生   振付 原島マヤ
羊水に見立てた白い布の中から誕生する女性達。
それぞれの流れるような動きが構成され、美しい舞台になっていたと思います。
ただ、誕生した新しい命にしては衣装が装飾的なことと、最初から最後まで足音がしたことがちょっと気になりました。
■Third Stage   振付 Lingua Franca(今村よしこ/林洋子)
テーブルを中心に、表裏を現すのか善悪を現すのか、二人の女性が前後になり上下になってダンスを展開していきます。緊張感があり見ている観客を引き込む何かがあったと思います。
しかし、この題名が分らない。
分らないのは僕だけなのかもしれませんが、ダンス以外で観客に説明する唯一の手段の使い方としてはもったいないように思います。
■ひたひたと   振付 馬場ひかり
何かが「ひたひた」とやってくる
しかし、流れを見せるにはひっかかるものを無くす必要があり、軽さを見せるには重たさを見せない必要がある。

またまた、よけいなことを書いてしまったかもしれません。
これから「がんばるぞ!」という方々だと聞いているので、良くなってほしいという思いをこめて書きました。




SACHI KOYAMA JAZZ BALLET STUDIO DANCE PRESENTS
『La Poem』 
 〜 2003年6月2日(月)  セシオン杉並

昨年に続きSKJ(サチコヤマ・ジャズバレエ)スタジオの公演を観にいった。
SKJの舞台は自分もレッスンを受けていたことのあるTOKYOZAのグループでもあり、馴染み深く安心して観ることのできる舞台になっている。

安心できる舞台とは・・・
最近、様々な舞台を見るにつけ、首を傾げたくなるようなことが多く、気になっていることを書き出してみたい。
1)公演という名の発表会が多すぎるように思う。
 作品というよりはレッスンを受けている生徒さんを舞台に上げるための振付になっているような場合。
2)自己満足に陥ってしまっている舞台が多い。
 言いたいことがあるのは当然だが、手法・技術が稚拙であったりあまりにありきたりのことが多い。
 普遍化された手法を取るのであれば、公演なら一定以上のレベルが求められると思う。
3)準備が不十分
 特に群舞などでリハーサルの回数がすくないためか、細かい決め事が統一されていないことが多い。
 ダンサーの個性を出す意図があるのなら、個々のダンサーの質を高める必要がある場合など。

以上のような心配がないという意味で、安心してみることの出来る舞台である。

さて、今回は「La Poem」と題して、それぞれの踊りに題名をつけず観客に受ける印象を預けてしまうということであった。
最初の3曲はオールメンバー(7名)での群舞だったが、ここでは昨年の作品を彷彿させる作品で、ダンサーの出入り・組み合わせ・流れを楽しく見せるものになっていた。
4曲目から2〜3人のダンサーによる小品集といった趣になってくる。
いくつもの作品がならぶ様は、ポエムというようりはダンス・エッセイといった感じで、様々な情景をうまく見せていたように思う。
昨年までの振付・構成の美しさを見せるものから、ダンサーの個性を見せるような作品群になってた。
こうなってくると、女性ばかりで構成するというのには限界があり、やはり男性を絡めた作品にして「色」をつけていくことを期待してしまう。
ほとんどのダンサーがダンスを自分のものとし、個性というかそれぞれの解釈が見えるダンスになっていましたが、一部若さからか消化不良気味で終わった曲もあったのが、ちょっと残念でした。
しかし、安心してゆったりと見ることの出来る上質の時間を頂きました。




DANCE 創世記 2003  〜 2003年5月3日(土) 北沢タウンホール

 非常に質の高いエンタテイメントは芸術につながる
 そして逆もまた・・・

3連休の初日、「廻りあう軌跡、描き出す未来。」と題された表題の舞台を見に行った。
下北沢は学生時代に良く行った街だったが、最近は様変わりし(どちらが?)、おじさんにはチト不似合いな場所になっていたが、ホールの中で展開されたダンスはそれぞれにとてもすばらしいもので、ひさしぶりに良い舞台・時間を過ごさせていただいた。
好き嫌いはもちろんあるが、参加6作品が全て質が高く、それぞれの持っているものでそれぞれの表現方法を使って、それぞれの描きたい世界を一直線に見せてくれた。
あたりまえだが、どこにも言い訳がなく、出来ることを全てきちんとやってくれているのが嬉しかった。
登場順に簡単に感想。

■『波のバラード』 中野真紀子
沖縄の民謡を使って「日本人の夏の原風景」というようなものを、みごとに表現していた作品。
女性の美しさ・柔らかさ・強さ・生命力・かわいさを、存分に見せていただいた。
床がもう少し白っぽい色なら尚良かったのに、と思うのはすこし欲張りすぎか・・
■『雪の下の枯葉』 倉知外子
ソロ作品に見られる過剰表現もなく、静かに淡々と舞う枯葉を表現。
大人の女性の強さしたたかさのようなものを感じた。
■『Creek』 宮本舞
止まらない何かとシンクロし、また、しようとする疾走感。
立ち止まった瞬間に見せる、永遠につながる一瞬。
男にも女にもある何かを、中性的な表現でより鮮明に見ることが出来た。
■『コ・タ「シヴァの踊り」』 村上クラーラ
生ギターによる演奏に、ミニマルな動きを対峙させることで、見ているものに「何か」を感じさせる作品
■『0・ゼロ』 秋本美佳
何もない横たわる体から、何かが始まる。
とてもよい作品だと思うが、何かが足りないように感じるのは、肩にのこった若干のこわばりから・・・
■『Pain Solution』 勝倉寧子
それぞれの方向に進もうとする女性同士の絡み合い。
ぶつかりあい、支えあい、求め合い、反発しあう関係。
しかし、少し衣装が不釣合いのような印象もあります。

全体を通して、本当にすばらしい舞台でした。
僕にとっては好みでないものもありましたが、嫌なものはなく、楽しませていただきました。
仕事の疲れも吹っ飛んで、ニヤニヤしながらの下北沢の帰り道になりました。
次はTOKYOZA試演会。




Petit Student's dance Concert 2003
  〜 2003年4月19日(土) 国立オリンピック記念青少年総合センター(NYC)カルチャー棟大ホール

友人が出るというので、青少年舞踊研究委員会主催の、スチューデント・ダンスコンサートに行ってきた。
アンクリエイティブが企画・制作をしているこの会は、”ダンス合同発表会”と銘打たれ様々なスタジオで汗を流している一般の方々の舞台となっていた。
プログラム順に少し解説・・

■柿沢舞踊研究所 『萌出る』   振付:柿沢おゝみ
女性二人のダンス、白イレオタードに薄緑のワンピースがかわいい作品
音と振りが微妙にズレているのはねらいなのか・・
■Chiemi Dance Group 『【Rhythm】 ・・・in myself・・・inside of me』  振付:チエミオキヤマ
前後半の2部に別れたダンス、どちらか一方を展開しても充分に見ごたえのある作品になると思う。
■ Dance Harmony D-tribes 『Untitled』  振付:平多あけみ
振付家の表現したいものと、ダンサーの技量がいまいちかみ合っていないのではないか・・
■Flying cats (Aerial Art Dance Project) 『あっちむいてホイ!』  振付:若井田久美子
大勢の女性による楽しい群舞
それぞれが個性を見せようと一生懸命になっているのが分かる。
■M・Magic Project 『a view of women』  振付:溝口真弓
様々な女性の一面を見せてくれる作品群
振付家の意図していることが、ストレートに伝わってくる作品でした。
■柿沢舞踊研究所 『柿沢家の人々H 番外編 宝くじ過劇団公演 − 恋 −』 振付:柿沢みおり
ちょっと僕には良く分かりませんでした。
■Dance Studio Garden 『HANABANA -疾走する』  振付:花井利佳子
題名の通り、疾走する女性の群舞

発表会ということで作品がどうということはありませんが、ホリゾント幕がなく振付家の意図しているものが、照明などを活用して表現するというには難しいように感じました。
ダンサーの方々は一般の方々なので難しいとは思いますが、モダンダンスを表現するにあたっては、もうすこし基礎訓練をきちんと行うべきでは、という方が散見されたのが少し残念でした。
でも、ダンスは楽しいという雰囲気は充分に伝わる舞台でした。


------------------------- このページのトップへ戻る ---------------------

【番外編】
船越桂展  〜 2003年4月15日 東京都現代美術館

船越桂の展覧会をやっていると知り、いても立ってもいられなくなって、行ってしまいました。
東京都現代美術館です。 雨の火曜日でした。
最近、舞台を観ていないので、番外編として船越桂について少々・・

もう10数年も前に、銀座のギャラリーでやっていた船越桂の展覧会を見たことがある。
その前後にテレビの特番かなにかで、船越桂の特集をやっていました。
最初の印象は、「あっ甲田益也子だ!」というものでした。
ご存知の方はご存知だと思いますが、以前、「dip in the pool 」というバンドをやっていたり、その前はモデルをやっていたり、「ファンシィダンス」なんて映画でえらい坊さんなんかをやっていた方です。
ボーイッシュというか、性別を感じさせない生活観のない、透明で静かな女性です。
その女性の印象に非常に似ていたのです。

船越桂という方の作る彫刻は、ほとんどが胸像でしかも、全ての胸像は楠で、目だけが大理石で、しかも色をつけてあって、表情がなく、半眼のような目つきで、焦点が正面より少しだけ曲がって下を向いています。
等身大の顔についている目は左右の大きさが違い、瞳も微妙にずれています。
何を考えているのかわからない。
しかし、何か想いがあるような顔つきをしている。
強い想いではないが、確かな想いがある。

初期に作られた彫像は、具象的な顔に具象的な胴体がついており、それだけで出来上がったスタイルというか、ムードがありました。
しかし、今回見た最近の作品では、具象的な顔に抽象的な胴体がついており、顔が心情を胴体が風景を表しているような印象でした。

船越桂は悩んでいる。
と思います。
発表している作品を並べてみると、どれも「どこかを目指している途中」という感じがしてなりません。
彼の作品はイラストや商業デザインなどの範疇から始まって、芸術へと変わっていく途中のようです。
彼自身も自分の位置というか役割のようなものを考えてもいるようでした。(メモなどを見て)

それでも、1時間あまりの時間ボヤーッと、胸像が配置された空間に居ると、なぜか心がなごんでいきました。
意味なんか無くてもいいんです。
好きなものは好きで。
船越桂は良いです。 
時間があったら見にいってみて下さい。
東京都現代美術館のそばには、深川江戸資料館もあります。

 船越桂展 2003年4月12日〜6月22日 東京都現代美術館




DANCE FREE  〜 2003年1月29日 アートスフィア

知人から紹介を頂いて、アートスフィアに行ってきました。
ここでは以前、スティーブン・バーコフ演出で主演宮本亜門の「変身」(カフカ)を見たことがあります。
広くもなく狭くもなく、客席と舞台の距離感が好きな劇場です。
今回はDANCE・FREEと題された5組の作品です。

■井上恵美子ダンスグループ 『みかん協奏曲』
白いシャツにみかん色のスカートかわいい帽子で、暖かい柔らかなムードを演出しています。
全体から受ける印象は「モダンバレエのコンテンポラリー作品」といったもので、小品として成立していますが、僕にはちょっとクラシックな感じを受けました。
ダンサーの質は高く群舞の「かわいい」所に笑みもこぼれますが、もう少しで個性が見えるのに・・もうちょっと・・というもどかしさがありました。 シーンの移り変わりが速いのもちょっと気になります。
でも今回の作品の中で完成度が一番高いと思います。
■吉沢恵 『Il Sentimentalismo』
淡谷のりこのブルースに片足にヒールの女性・・ 群舞をまかされた生徒さん達・・
妖艶に見えなければいけないはずの女性・・ 女性という概念を象徴しなければいけないはずの女性達・・
○○でなければいけないものが、○○でない・・
目的と方法と現在の状態を直視して作品作りをされるべきでは・・
■山口久美子 『明日の風を感じたくて』
舞台下手でのグランドピアノの生演奏に、白いロングドレスの女性のダンス。
う〜ん、上手いとは思うのですが・・ 音が先に出来ていたのでしょうか・・ 
■古市昌子 『Endless sorrow』
紙風船をばらまきながら、その中でポージングする女性。
音がブツブツと切れるのと同じように、振りと動きがシンクロしない。
これが「現代舞踊」これが「前衛」というものなのでしょうか。
■グループFF 『WILD DREAM』
ロングジャケットに身をつつんだ女性達が、それぞれが自分のダンスを踊っています。
ダンサーの汗が見える作品で、躍動感のある「WILD」な作品。
群舞の楽しさが伝わってきますが、衣装が変わる意図がちょっとわかりませんでした。
最初の作品とともに完成度の高い作品。

出演者が全員女性ということで、作品の内容も限定されていたのかもしれません。
最近、年をとったのか、ちょっと辛辣な書き方になってしまうことがあるかもしれません。
出演者の方々がお読みでしたらごめんなさい。
より良いものをと思ってのことですし、そんなに気にしないで下さい!




現代舞踊公演  〜 2003年1月14日 東京国際フォーラムC 〜
 第一部 森嘉子「遠い道」、坂本眞司「移行する破線」
 第二部 田中泯 委嘱作品「イノセント・チェーホフ」

東京国際フォーラムに現代舞踊公演を観にいってきました。
今回は、現代舞踊協会が田中氏に作品を委嘱し、現代舞踊協会で活躍するダンサーとの共同振付による作品を観られるとのことで、楽しみにしておりました。
田中泯氏と言えば、最近出演された「たそがれ清兵衛」という映画でしか知らず、噂だけは聞いておりましたがどんなものになるのかと期待をしていきました。
会は2部に分かれており、一部では協会の重鎮と期待される若手の作品、二部で田中作品でした。
簡単に感想を・・

第一部
坂本眞司作品 「移行する破線」
舞台上にゴムひものようなものを渡し何本も交差しているところに、ダンサーがポツポツと立っています。
ダンサーの動きが点から線になり、ゴムひもが解かれることで、お互いの関係が生まれます。
そして動きは線から面へと「移行」していく。そんなイメージを抱かせる作品でしたが、若手の作品というにはオーソドックスで、ボキャブラリーも少し貧困なように感じました。

森嘉子作品 「遠い道」
おきまりのと言うとしかられますが、ホリゾント前をシルエットになってうつむき歩く人々、ターバンにスカートの女性が登場し心の叫びを表現する・・
と、最初の瞬間には思いましたが、作品が進むにつれてそんな薄っぺらなものではない、踊りの力というものを見せてもらいました。
ただ手をひろげ・掴み・引き・押さえ・放す。 肩がゆれ・背中が波うち、顔は天を仰ぎ地をにらむ。
繰り返される動きは、振りを超えて言葉・叫びになっているような印象を受けました。
周りをかためる群舞の方々には申し訳なかったのですが、中央で踊る森さんしか目に入らないほどの迫力を感じさせてもらいました。

田中泯 委嘱作品「イノセント・チェーホフ」
クラシックの美しく静かな調べに乗せて、様々な人が客席から登場します。
奇妙な動きと時代がかった衣装に、「前衛」という言葉が頭をよぎります。
同じ舞台上でいくつもの違ったストーリーが雑然と並行して進んでいくような展開に、高まりそうになる気持ちを強引に抑えられているような緊張感が漂います。
どのダンサーの質も高く巧妙に構成・構築されている作品で、良い作品だとは思うのですが、個人的には消化不良という感じです。
正直言うとよくわからない。
すばらしい作品できらいな作品でもありませんが、う〜んとうなってしまいました。
ただ、第一部の現代舞踊協会の若手と重鎮の作品とは全く違う方向性を持った作品だということは間違いないと思います。

今回は以前チラシをもらったときに、無料招待券が100枚あるということを知り、往復はがきを書いて応募して当選して、観ることが出来ました。
まさか当ることはないだろうと思っていたのですが、友人の分まで当ってしまってラッキーでした。
皆さんも応募してみてはどうですか? メールよりも葉書だと当りやすい気がしますよ。




なないろの人生
〜 2003年1月4日 麻布 die pratze 〜
構成・振付/野和田恵理花出演
出演・共同振付/川野眞子、高橋佳、池田素子、竹葉茂美、野中ゆかり、三浦香織

正月早々行ってきました。
麻布 die pratzeは初めてでしたが、麻布というのに大江戸線の赤羽根橋にあったりして、今までの大きな舞台とは違い、「小屋」というにふさわしい空間でした。
今回の出演者では野和田さん川野さん池田さんを以前に観ていましたが、3人ともそこに居るだけでというか板に乗っているだけで何かが伝わってくる良いダンサーで、とても楽しみにしていました。

パンフレットによれば野和田さんは今月(1月)20日に出産予定とか・・
舞台は100人も入ればいっぱいになる小屋・・
一番前の席は舞台に足を乗せている・・

なないろの人生と題した今回の舞台は、野和田さんのおばあさんの一生を題材に沢山の人々が繰り広げる、生き様というか在り方というか、様々な風景や情景をこれでもかと繰り出してきます。
ソロ・デュオ・群舞をそれぞれ質の違うダンサーが自らのボキャブラリーで舞っていきます。
それぞれのダンサーの持つボキャブラリーや質の違いが、年代や性別・国籍・話言葉の違いを象徴しているようで、雑多な感じもしましたが、雑多な風景を全体にまとめて見ごたえのあるものになっていました。
人形や国旗に見立てた布を使い、舞台の転換を早くすることで、場面毎のエピソードを際立たせており、沢山の場面をフラッシュバックで見ているようでいて、全体に統一感のある楽しい舞台でした。

ひさしぶりに小さな小屋での公演でしたが、大きな舞台とは違う臨場感もあり、おもしろかったですよ!


ローザス/ファーズ
〜 2002年12月13日 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

昨年6月のドラミングに続きローザスのファーズを観た。
今回はケースマイケル自身が踊るということで、行く前からニヤニヤとふやけた顔になり、気合を入れて前から7列目で観てしまいました。

ファーズはアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルのほとんど最初の振付で、ローザスの原点とも言われている作品で、まあそんなことはどうでも良いことなのだが、何かと話題というか「あの」という接頭語つきの作品である。
ケースマイケルは以前にも書いたかもしれないが、1960年の生まれで僕とほとんど同時代の人という感覚があり、それだけでもなにか理解出来てしまうというか「おもしろがれる」何かがあるように思っています。
作品は「ピアノ・フェイズ」「カム・アウト」「ヴァイオリン・フェイズ」「クラッピング・ミュージック」という4つの作品で構成されており、それぞれに明確な意図というか目的というか、まあやりたいことが明確にあってしかも分かるというものになっています。
1982年初演のこの作品はコンテンポラリー・ダンスの一つの出発点なんて言っている人もいたり、ケースマイケルは「構造にとりつかれている」なんて言っている人もいるようですが・・
とにかく、面白ければイイジャンという感じです。
短いフレーズの振りを2人で繰り返しながら、少しずつずれていってまたユニゾンになってしまったり、いくつかのポーズ・動きを縦横に組み合わせることで2人のそれぞれの動きを誇張して見せたり、舞台上の正確な円の上をある法則に従って動いてみたり、いくつかの同じフレーズを前後で繰り返すとどうなるのか?そしてそのまま移動したら?・・
面白いに決まってるじゃないですか!

とにかく僕は楽しませてもらいました。

20歳台前半に作られた作品なので、初演の頃はさわやかな緊張感のあった作品だと思いますが、今回観せていただいたダンスは、単純な振りを繰り返し続けることで「日常」を、そして繰り返しの中に時折見せる鮮やかな表情に「生きている」ということを現しているようで、元気をもらえた作品でした。




舞踊作家協会20周年記念公演  伝統と創造=明日へのあゆみ 
〜 2002年12月6日 ティアラこうとう


舞踊作家協会所属の方々が22作品も出しているということで、都営地下鉄住吉のティアラこうとうまで行って来ました。ここは小ホールの方は何度か入ったことがありましたが、大ホールは初めてでしたが舞台も広く客席もゆったりとした綺麗なホールでした。

20周年ということで最初に舞踊評論家の山野博大さんからのお話があり、この20年を年代を追って年毎に作品にしていくというようなことをおっしゃっていました。
と、言うことは・・
そうです、年代を追ってその年にあった事件・事象・流行などをダンスにするというのです。
少し悪い予感がしましたが、1980年から始まった舞台を観て行きました。
以下、年次と作者・作品名を紹介します。

1980年 石井清子作品        舞踊作家協会結成『祝典プロローグ』
1981年 ジュン・キョウヤ作品    ジャズダンス ロックグループより
1982年 安達哲治作品        心身症より
1983年 中島素子作品        ミュージカル「キャッツ」より
1984年 渡辺元作品          グリコ森永事件
1985年 杉原ともじ作品        豊田商事事件
1986年 青木健作品          エステティック・DCブランド
1987年 平多実千子作品       携帯電話登場
1988年 若松美黄作品        パラダイス銀河・とんぼ・乾杯
1989年 吾妻寛穂作品         天安門事件より
1990年 武元賀寿子作品       イラク軍、クウェート侵攻
1991年 河野潤作品          幸福の科学・金さん銀さん
1992年 高瀬多佳子作品       リストラの悲劇
1993年 江原朋子作品        長期不況で雇用情勢悪化
1994年 森嘉子・雑賀淑子作品   松本サリン事件
1995年 加藤きよ子作品        阪神淡路大震災
1996年 ユキ・スガヌマ作品     流行歌『Try Try TRy』
1997年 尾上菊之丞作品        たまごっち
1998年 金眞姫作品          和歌山カレー毒物混入事件
1999年 執行伸宜作品         カリスマ
2000年 雑賀淑子作品         イタメシブーム・慎吾ママのオハロック
2001年 堀内完作品          危機『Press』

これだけ並ぶと壮観ですが、現実に起きた事件や事象・流行などを題材にする場合、その題材を具象としてとらえて説明しストーリーを展開するのであればテレビや映画のドキュメンタリー映像を見た方が分かり良いのではないかと思ってしまいました。
抽象表現が全て良いというわけではありませんが、ダンス・舞踊を手段・術(すべ)として使うのであれば、やはりその事柄のもつ本質を見つめ表現すべきで、ある程度抽象的になるのはしかたのないことだと思います。
でなければ舞踊やダンスの意味というか、その方法をとる理由がなくなってしまう・・

そうは言っても全てが全てストーリーを追うというようなものではなく、個人的に極私的に好きな作品もありました。
中でもジュンキョウヤ作品・吾妻寛穂作品・武元賀寿子作品・雑賀淑子作品(オハロックの方)は、楽しくもありまた色々なことを考えさせられるもので、じっくりともう一度見てみたい作品です。
ジュンキョウヤ作品は時代のムードとその時のダンスの状況などをまとめた作品で、とてもまとまりが良くジャズダンスの楽しさを見せてくれました。
吾妻寛穂作品は日舞の創作でしたが、和服という制約された条件のゆえか、天安門事件の抑圧された状況や中国大陸の広がりといった世界観を現しており、自分自身の想像力もかきたてられました。
武元賀寿子作品は戦争を題材にしていましたが、舞台を左右に張ったビニールの膜を使って兵士や国と国との距離感・制約された行動などが感じられ、逆に奔放な動きが生命力を現しているようで秀逸でした。
雑賀淑子作品は慎吾ママのオハロックというテンポの良いリズムに合わせて、楽しい雰囲気をショーアップさせて見せていました。

今後はいくつかの違ったジャンルでのコラボレーションが見られると良いのにな・・と思う夜でした。




井上恵美子ダンスカンパニー公演 ”RIVER”
〜 2002年10月29日 俳優座劇場(六本木)


2週前に続き六本木に井上恵美子ダンスカンパニーの『RIVER』を観にいってきた。
この作品は本年度の文化庁芸術祭参加作品とのことで、5月の祭典で発表された同名の作品をさらに発展させたものとのことでした。

全体を通しては、「良く出来た作品」「衣装も振り付けも良く」「ダンサーも良く訓練され」「川の流れになぞらえて、人と人の係わり合いをきちんと表現している作品」だと思います。
川の流れ波立ちを強く弱く表現し、動と静を織り交ぜ、スピード感と観客の目をキャッチする動きを見せる場を存分に展開していたと思います。
そして、あの男性(上原かつひろさん)のダイナミックなジャンプ!
9つのシーンの中では、特に「淵」に見られた構成の妙・ダンサーのコントラストと、題名になったシーン「RIVER」のダイナミックさが印象に残りました。

が、です。
しかし、なのです。
現代舞踊・モダンダンスとして、「良い作品」「完成された作品」とは分かっても、それは僕のアタマで理解したということなのです。
正直言って、ドキドキはしませんでした。
残念ながら心を動かされるということがなかった。

何故かということを考えてみました。
1.ダンサーが本当に良く訓練され、振りの一つ・表情の一点まで研ぎ澄まされていましたが、「振り付けされた踊りを踊っている」というように見えてしまいました。
ダンサー自身が踊っているように見えなかったのです。
表情まで指導があったのだと思いますが、それが気になったのかもしれません。
2.ほとんどの振りが音楽のカウントとシンクロしており、「大人っぽさ」が見えなかった。
3.全体に色々な意味があるように感じられ、「ダンスのストーリー性」が理解出来ない僕には難しい印象があった。(これは完全に好みの問題ですけどね。)
シーンが変わる毎に、「コレハ何ヲ意味シテイルノカ・・」と腕組みしている自分がいました。
4.シーンが多く難解さが先に立って、ダンス・人の動き・躍動を見て楽しむ時間的余裕がなかった。
5.若いダンサーの首・肩に力が入ることがあり、ダンスを全体に硬く見せていた。
など、です。

肩の力が抜けたらな〜。 もうちょっとふわふわっとした感じがほしいというのが、極私的感想です。




Dance Selection 2002 SectionU PROGRAM B
〜 2002年10月13日 オリベホール(六本木)

かねてより噂を聞いていたプロジェクト銀鼓を観に六本木オリベホールに行ってきました。
銀鼓を観にと言っても、プログラムBにはあと2組参加しており、全部で3部構成のようになっていました。
オリベホールは六本木に最近出来たホールで、エントランスも美しく落ち着いて大人のムードが漂う空間でした。
以前、同じ六本木に一番街というスタジオがあったことはご存知の方も多いと思いますが、そこでやっていたサンデーパフォーマンスを行うスタジオというかホールに似た作りで小劇場のような空間が広がります。
3つのグループについてコメントを少々・・

■『FRIENDS』 R Dance Club
10歳から13歳までのダンサー(女の子)を中心に、少女たちが「遊ぶ、喋る、食べる、ケンカする、笑う・・」というようなことをテーマにダンス作品に仕上げています。
ポリポリというポプコーンを食べる音で始まり、少女とは思えないテクニックと表情で「楽しい」ムードがうまく構成されていました。
3つのグループでは当然一番若く、それぞれの純真な関係というものが見て取れました。
しかし、他のグループとこの六本木という場所でやるということには少し違和感があったように思います。

■−3つのダンス作品−  川野眞子
□空地
 薄暗い照明の中をうごめく昆虫のような影・・
 床にとどいてなお引きずるお下げは何を象徴しているのかわかりませんが、川野さんの圧倒的なテクニックが圧巻でした。
□あの子のゆくえ・・・
 コンタクトのような人形ぶりのような構成から、他人との関係で思わず動く・動かされる・思いもよらない行動が起きる。6人の関係から抜け出そうとする個人が、はかなく・たよりなげで悲しかった。
「常識のはかなさ」「ここにある身体のはかなさ」「口をついて出る言葉のはかなさ」「関係のはかなさ」「状況のはかなさ」が見て取れました。
□あたしの彼
 川野さんのソロ。日本語のブルースに乗せて、唄うように身体を使い、たのしく退廃的なムードが良く出てたと思います。

正直に言うとこういった感じのダンスはあまり好きではないと思っていましたが、作品が進むにつれ胸がドキドキするような感覚を覚えました。
言葉で説明できない感情というか、ムードというと軽すぎますが「心のありよう」のようなとても抽象的なものを、そのままダンスにして「そこ」に見せてもらったという感じがしました。
とても感激しました。

■『Fevered Reel』 プロジェクト銀鼓(ギンコ)
始まってすぐに照明のミスとやらで一旦動きを止め最初からやり直したのは、ひょっとして「そういう構成?」だったのかどうか・・
たぶんハプニングであったのだと思いますが、それにしてもこの落ち着き、完成された構成・ダンスは見ていて安心し、肩の力を抜いて見ることが出来ました。
川野さんの作品の後で観たためか、「関係の濃密さ」「はかない触れ合い(関係)の中の強固な関係」というものを感じさせられました。
お互いを意識しながら、軽いコンタクトをしているのに、お互いの関係を重視している。
これは銀鼓のダンサーが重ねてきた時間の重みというものとも関連しているのでしょうか・・・

ネザーランドを観た後だったからか、「グループ間の年齢差」と表現された「人との関係性の違い」がくっきりと見て取れました。
こういったナンバーが何時でも見られるようになったらな〜と思った公演でした。




彩の国キリアン・プロジェクト ネザーランド・ダンスシアターV (NDT V)
〜 2002年9月23日 彩の国さいたま芸術劇場


「・・NDTVが見せてくれるものは、芸術家としての人生において、ある高みに達している成熟したダンサーおよびアーティストに固有の才能と優れた経験そのものである。このカンパニーの振付に対する新しいアプローチは、ダンサーのキャリアが必ずしも40歳で終わる必要はなく、逆により経験をつんだダンサーの方がきわめて個人的なダンス・ボキャブラリーを駆使して自分を表現する手段を持っていることを示している。・・」

〜(財)埼玉芸術文化振興財団様の許可を頂いて、彩の国キリアン・プロジェクトのオフィシャルパンフレットより抜粋しました〜
   
いや〜まいりました!
NDTはTが22〜40歳、Uが17〜22歳、Vが40歳以上のダンサーで構成されていると聞き、迷わずVを観に行くことにして、この前ピナを観に行ったさいたま芸術劇場まで行ってきました。
かなり期待して行きましたが、期待にたがわずすばらしいものでした。
40歳以上とのことだったので、40歳台の「大人っぽい」ダンスが観られると思っていたのですが、それは「っぽい」なんてものではなく「大人」そのものの世界でした。
けして良いとは言いがたいスタイル・皺の刻まれた顔に白髪からは想像も出来ない滑らかな動き、そして身体が表現する感情・ユーモラスで哀愁のある一つ一つの振りに、ダンスというより会話を見ているような錯覚に陥りました。
同じダンスナンバーを若い世代がやっても全く違ったものになる、というか、この味はこの年代までダンスを愛し続けてきたから出せるものだという思いを抱きました。
若さは何者にも変えがたい「輝き」を放ちますが、大人には大人の「ダンス」「空間」「世界」「表現」があるということを知らされ突きつけられた思いです。
当日のナンバーは3本簡単に見たままを・・

■ア・ウェイ・ア・ローン 〜もはやここにはいない者に
舞台上手にキャンバス(5m×5m)のような幕がたち、下手で男女3人(男2女1)がゆるりと動き出します。
お互いの関係を感じながら、しかも自分の位置を失わない。
キャンバスに映るデジタル処理をした映像も、同時進行で処理をされアナログとデジタルが面白いように交錯します。

■フェン・タイム・テイクス・タイム (世界初演)
中ほどまで開いた緞帳に、舞台中央には真っ白な中幕が引かれています。
緞帳が上がって中幕が上がっても、舞台上1メートルちょっとで止まってしまい男女2人のダンサーは幕からみえ隠れします。
絵画的な美しさのある作品です。

■バース・デイ
一転して楽しい作品
舞台中央後に映像を写すための幕があり、中央には大きな円卓。
円卓を囲んで中世の衣装を着たダンサーが座ります。
ダンスというより、アントーキーのフィルムを観る楽しみがあります。

作品の内容というか流れを説明してしまったような格好になりましたが、想像力を駆使して舞台の状況を思い描いて見てください。
どの瞬間も美しいだけでなく大人の世界が広がります。
皆さんも機会があったら是非見に行って下さい。これはお勧めです。
そういえば10月13・14日にオリベホール(六本木)でカンパニー銀鼓(=GINKO=SilverBeat)が踊ります。
こちらは更にキャリアを積んだ60歳台の日本人のユニットです。
これも楽しみに、観に行ってきま〜す!



日本ジャズダンス芸術協会 第23回ジャズダンス・フェスティバル 
〜 2002年9月8日 メルパルク・ホール  


2週連続してダンスの公演を観に行ってしまいました。
日曜日の4時開演ということで、20分くらい前にメルパルクに到着すると、先週とは打って変わって人・人・人・・・
大盛況の中、12作品の幕が開きました。
ジャズダンスのビッグネームが一同に会して、作品を発表しあう場と思い、楽しみに見始めたのですが・・・

素人でしかも趣味でダンスをやっている者がこんなことを書いて良いのかどうかためらわれますが、のっけから指導者にスポットの当たる構成は「発表会?」と思わせるものでした。
先生や生徒の苦労を知らない部外者が何を・・・と言われるかもしれませんが、しかしそう思わせる作品がいくつかあったことは事実です。
観させて頂いて「個人的に好き」だった作品についてだけコメントをさせて頂きます。

■「もう一人のわたし、夢を追いかけ、幾歳月」 MONA ジャズダンス MTK
 ストーリー性があり展開があり、観客を引っ張る力のある作品でした。
■「下町ROCK」 ウメダヒサコ ジャズダンス ミックス ファクトリー
 着物をアレンジした和風の衣装に、スピード感あふれる振付。 キレ味良い独特のムードというか雰囲気のある作品
■「BIG SWING」 家城比呂志ジャズダンススタジオ
 これくらい徹底的にやってもらうと、観ていても楽しい作品でした。
■「kiss me much」 宮崎渥巳 ダンススタジオ
 情熱的で生命力があって躍動感があるのに、ちょっと雑に見えたのが残念です。
■「MAURICE RAVEL = BOLERO」 金子郁子&バレエキャラバン
 完成された作品です。



------------------------- このページのトップへ戻る ---------------------

舞踊作家協会主催 「新人舞踊家による作品集」
〜 2002年9月1日 ティアラこうとう小ホール


5月にも観に行った舞踊作家協会の公演です。
今回は「新人舞踊家による」というもので、総勢20人の方々が作品を発表されていました。
ティアラこうとう小ホールは前回観て知っていましたが、非常に舞台が小さく作品もかなり限定されたものが予想されました。

「新人」の方々にこの限定された空間を使わせるということに、何か意図でもあるのかな〜なんて思いつつ椅子に腰をかけました。
残念ながら3部構成の2部までしか時間がなくて見られませんでしたが、やはりちょっとこの空間は辛いという印象のものが多く見られました。
舞台経験が浅いからなのか年齢的に若いからなのか、舞台に乗った身体から緊張感が感じられない作品がけっこうありました。
また、限定された空間の中で動くためか、音を待つようなタイミングになりがちで稚拙な感じを受ける作品もありました。
せっかくですので、作者・作品名と簡単なコメントを少し・・・

第一部
■柴田郁恵作品  「19歳」
若さに好感の持てる作品ですが、終わっていないような印象を受けます。
■金眞姫作品  「終わりなき旅」
香は効果的でした。 若いのだからもっと動いても良いかな・・・
■大舘瑛子作品  「Always THey did it」
舞台の狭さからか動きが中途半端に見えました。 構成はおもしろいと思います。
■浜里美作品  「ふたり」
発表会
■岡村佳奈作品  「六条にて」
顔で踊っているような印象も受けましたが、これくらいやって丁度良いとも思います。
■和田裕子作品  「BIRD」
緊張感もあり観客をひっぱる力のある作品でした。
■ナオコモリ作品  「ユメノチカラ」
一部では唯一楽しいコミカルな作品。もう少しはじけても良かったかな。でも楽しかった。

第二部
■市川まや作品  「ほっとみるく」
ゆめうつつを表現して独特のおもしろみがあります。
■庄子美紀作品  「赤い花」
衣装・メイクと振付がシンクロして安心して見れましたが、何故あんなにスカートの中が見えるのか・・・
■門脇光美作品  「目は開いているか」
音を待つのが見えてしまう。もっともっと責めていけば、大人っぽく見えると思います。
■相部知万作品  「碧い沼」
GOOD!!
■土岐まどか作品  「まだ見ぬ光」
非常にテクニックのあるうまいダンサー。これからです。

個人的にはもっと無茶をやる人がいても面白いのにと思ってしまいました。
若いのに「きちんとしているな〜」というのが印象です。




FREE PACKAGE
〜 2002年6月24日 俳優座劇場
  

六本木と言えばサポーター、サポーターと言えば大騒ぎ、などとお上りさんのようなことを予想しながら俳優座劇場まで行ってきました。
ま、平日の夕方、ワールドカップの試合もなく、静かな六本木でありました。

FREE PACKAGEと題したこの舞台は第18回を数えるダンスの舞台で、新人とこれからのダンサー達の登竜門のような会とのことでした。
全体を見終わった感想を正直に書いてしまうと、完成されていないダンサーの習作を集めたような感じで、もう少しテクニックを磨いてからでも良かったのではと思ってしまいました。
いつも書いていることですが、ダンサー・作家の方々が一生懸命リハーサルを重ねそれぞれに万全の準備をして出ているということは理解しているつもりです。
ですが、伝えたいものとテクニック・構成・衣装などが、まだ整理できていないのではないか? もう少し見せ方を突き詰めても良いのではないか? もう少し緊張感が見える方法があるのではないか? 気の抜けたポーズがあったのではないかという印象を受けてしまいました。
出演者の方がご覧になっていたら、ごめんなさい。 不遜だとは思いましたが、次の作品のためと思い書いてしまいました。
発表順に簡単に感想を・・・

■miniature GARDEN 〜記憶の庭〜     振付木村美那子
照明のない舞台・上手奥に白い布地が3枚、そこに下手から映像が写し出される。 下手からコーティングされた白い布地に包まれた2人のダンサーが登場。
もう少し本番の緊張感のある振りを見せてもらえたらと思いました。
■明日になれば   振付田内祥子
舞台中央奥に立つ、女性。赤いタンクトップに赤いスパッツ
もう少し自分がどのように見えるのか、自分がどのように動いているのかを確認すべきでは・・・
■鳥かご  Yellow Magic Art Theater  寺山由美振付
男を幻惑する女性と、それに惑わされる男性を象徴的に表現した作品。
男性が肩下までのロングヘアーで女性がセミロングというのでは、見るほうがとまどってしまいます。
■ひんやりと湿った壁   振付ラコーナ
1人の女性を2人の男性が争うというストーリーのある作品に見えました。
何故、このストーリーを現代舞踊のテクニックで表現するのか・・・
■不可測なマリアたち   振付斉藤直子
舞台中央で向き合う2人。 白い衣装の女性が無機質な動きでコケティッシュなムードを表現。
緊張感がありムードは伝わりましたが、あまりにもポーズが多く動き(振り)とのギャップが見えればもっと良かったのにと思いました。
■シンフォニック 第1楽章 ・・・溢れいずる・・・  振付ユキスガヌマ
舞台中央にサス。10人のダンサーが天を仰ぐ。突然のプリエから崩れ堕ちるダンサー。そして次々に展開される別々のテーマ。今日、唯一広がりが見えた作品でした。
きちんとしたテクニックに裏打ちされた舞台は安心して楽しむことが出来、緊張感から表現される女性の力強さ・美しさは、ここから続く第2楽章以降を期待させるものでした。
1点だけ気になったのは、15分程度の時間にしてはテーマが多く消化不良気味になっていたのではということでした。




SACHI KOYAMA JAZZBALLET STUDIO DANCE PRESENTS
THE COLOR

〜 2002年5月24日 セシオン杉並


友人の紹介で、SKJスタジオの公演「THE COLOR」を観に行ってきました。
SKJスタジオは、サチコヤマ・ジャズバレエ・スタジオのことで、ジュンキョウヤ先生の教え子でもあるサチ先生の振付ということもあり、楽しみにして行きました。

緞帳を上げ薄暗いサスが落ちた舞台は、ホリゾントを黒い幕にし全体にスタジオ・パフォーマンスのような感じも受けるものでした。
次々に繰り出されるダンスは、構成・テクニックとも緻密に構成されたもので、息をつく暇も与えないほどの緊張感が漂っていました。
振付は体幹を存分に使う独特で力強いもので、奇妙なポーデブラと相まって、一つの世界を作っていたと思います。
THE COLORと題した舞台にも関わらず、照明は白または地明かりに近いものだけにまとめ、観客に好きな色を想像してくれというメッセージにも受け取れました。
50分という短い舞台でしたが、6人のダンサーは非常に訓練されており、行儀の良い舞台を見せていただいたという印象を受けました。
たぶん、一つの表現方法かダンススタイルの究極に近いものがあったのではと思っています。

でも、観客が少なすぎる。
せっかくこれだけの内容を作って舞台に乗せるのなら、もう少し動員に力を入れるべきだと思います。
どんなに良いものを作っても観る人がいなければ伝わらないし、観ていない人にとっては「無い」のと同然になってしまいます。
商業主義に走る必要は全く感じませんが、せめて客席を埋める努力は必要だなと痛感いたしました。




ピナバウシュ・ヴッパタール舞踊団
「七つの大罪/怖がらないで」

〜 2002年5月13日 彩の国さいたま芸術劇場大ホール


観て来ました。待ちに待ったピナです。 清水の舞台から飛び降りた甲斐がありました。
この日の作品は1976年に初演されたピナバウシュ36歳の時の作品で、だとすると芸術に燃えている時代なのか、何かに反発している時代なのか、壊したいのか、創りたいのか、別に何も考えていなくて面白いものを創りたかったのか(たぶんこれはないか?)などといらぬことも考えてしまいますが、しかし見てて単純に楽しめました。
これがこの当時新しいスタイルとして出てきたのならすごい発想だったんだろうなと思います。
日本ではバブルが膨らみ始め、ドイツは東西に分断されていた時代、デュッセルドルフから特急で20分ほどもかかる山間の街でこの作品が出来たことを思うと、また何か別の感慨も起こります。

ピナバウシュのダンスは「タンツテアター」の代表的な作品だと良く言われます。
タンツテアターとは?「演劇的なダンス」「ダンスのような演劇」などと言われているようです。
たしかに、今回観たこの作品もある女性姉妹が旅をすることを通して色々なことに出会い経験し、変化・変貌していく様を見せているようです。
しかし、そんなストーリーはどうでもいい。
歌・台詞・ダンス・芝居・衣装・舞台装置・展開が何か一つの意思をもった融合体(概念)のように迫ってきます。

舞台中央で寝そべって煙草をふかす女性・怒ったように叫ぶように謳う女性・わが身の心を楽しむように歩き走り跳びそして堕ちる。
打算が衣装を着たような群舞・欲望が衣装を着たような男性・女性二人のエピソード・男装の女性・女装の男性。
徹底的に訓練されたダンサーと歌手・俳優が、テクニックを稽古場に置いて舞台上で自分の言葉でピナの言葉をしゃべり舞う。

お笑いで考え落ちという話術があります。
海外や昔の日本の小説を読むと、読み手にある一定の知識・常識を前提として書かれたものがあります。
大人の領分というのでしょうか。
僕のようにクラシックバレエやオペラ(歌劇)の素養のない人間には、知ったかぶりを強いられるのではないかという恐怖を隣に、それでも全体の調和というか完成度というか与えられる満足感は十二分なものがありました。

最近の舞台で気になっていた、「こんなところでこんなテクニックは使わないほうが・・・」というようなことは一切なく、逆に容姿端麗(美人)の女性のほうが迫力がなくつまらない存在に見えてしまうのは、ちょっとうがった見方でしょうか。

でもな〜、こういうのは日本では生まれないんだろうな。
たぶん日本人がこういうのを表現しようとしたら、私小説的になってソロで踊ってしまうんだろうな。
何だかアメリカのミュージカルが書割(カキワリ)の絵を見ているような感じに思えてきました。
いや〜でもひさしぶりに短い2時間30分でした。




TOKYOZA DANCE DEPARTMENT
研究生・生徒による 第25回 試演会
 
〜 2002年5月6日 練馬文化会館小ホール


ここのところ立て続けに舞台を観ているので、試演会(発表会)だし次もあるしどうしようかと思いましたが、楽しい内容だったので少しだけご報告いたします。
今回は、TOKYOZA DANCE DEPARTMENT(旧JBC)の試演会ということで、自分自身が以前ここのブランチのようなスタジオでレッスンを受けていたこともあり、友人家族と7人でGWの最後の休日を楽しんできました。
舞台の構成は3部でしたので、簡単に内容を紹介させて頂きます。

PartTクラシックバレエの部 ガルシアの花祭り
明るく暖かない春の日を思わせる衣装につつまれたダンサー達が、練習の成果を一生懸命に発表しているという雰囲気がよく伝わってきました。
発表会とは言っても子供が出ていない分、あきさせない構成になっていました。

PartU 創作参加の部
TOKYOZAの元メンバーや同門系統のダンス指導者の方々が、それぞれに創作を発表していました。
同じカンパニーからこれだけ様々なダンス・スタイルが出てくるのかと驚きです。
また、カンパニーから卒業した仲間に発表の場を与えているTOKYOZAの懐の深さを感じました。

PartV TOKYOZAオリジナルダンス集
TOKYOZAの公演などで過去に発表されたオリジナルナンバーと新作のパートでした。
過去の公演で踊られたナンバーを現在のメンバーや生徒さんたちが踊るというもので、確立された作品を踊り継いでゆくというのは良いものです。
カンパニーの歴史やスタイルが分かるだけでなく、作品に対する新しい解釈なども出来てくると思います。



------------------------- このページのトップへ戻る ---------------------

伝統と創造  芸術文化振興基金 舞踊作家協会主催   
ティアラこうとう連続公演5月
開いて−閉じて  右の脳は玉手箱!左の扉はティアラスペース

〜 2002年5月1日 ティアラこうとう 小ホール

本当に長い題名で、どこで切って良いものやら分からないので全て記載してみましたが、「作家協会の連続公演」でも通じるのかもしれません。
現代舞踊・モダンの新人作家・中堅作家の作品が一同に観られるというので、ちょっと足を伸ばして来ました。
そうとうに小さい舞台だと聞いていたので、このコーナーではなく「今日のおすそ分け」で紹介しようかと思っていたのですが、10日前のなかのZEROの舞台と比べあまりにも良かったので感想を書きたくなりました。
舞台は扇型で客席側が広く、それでも3間(5.5mくらい)しかなく奥行きも1間半(2〜3m)しかありませんでした。
1・2部で12作品です。 以下は僕の個人的な感想です。

第1部 新人作家のチャレンジ
■伊澤百恵作品  「こたえはいらない・・・・」
出演 伊澤百恵
トップバッターということで観客を踊りの世界に引き込む時間を充分取って、舞台の広さ(狭さ!?)とダンサーの動きを上手く見せてもらいました。
以前はソロはあまり好きではないと公言していたのですが、このごろ作品を良く観るようになってちょっと変化して来ています。 マイムと振りが調和して安心して楽しめました。 でもこの方って新人?
■ナオコモリ作品 「   」(かっこ)
出演 キミコカワソエ・・ノリエハマナカ・・ナオコモリ
若い! はちきれるパワー ! あ〜新人作家だ!と思った作品です。
笑顔で踊っているわけではないが、本人たちが楽しくダンスをしていることが伝わりました。
本人が楽しいと観ているほうも楽しくなります。
■宮本舞作品  「Lesoleil - 太陽 - 」
確かなテクニックと奇妙な楽しい動きが、緊張感のある舞台を作っていたと思います。
以前書いた異空間というか日常と違うムードを味わうことが出来ました。
しかし、衣装がちょっとうるさいんではないかな?動きと身体のラインで充分なのに・・・
■関口淳子作品  「運命の絲」
出演 関口淳子
ちょっと驚くほど線(ライン)が美しくテクニックもある方で、びっくりしました。
たぶん、どの瞬間にシャッターを切っても写真として成立するのではと思うほどです。
しかし、途中からちょっと違和感が・・・ あまりにも美しい動きと衣装・音などが調和していないようなのでした。
彫像的な美しさはありますが、こちらに伝わるものが感じられないというのでしょうか。 でも、美しかった。
■池田素子作品  「Within Wisdom」
出演 池内新子
音と振付・衣装・表情など全てがシンクロというか調和していて、観ていてホッとするというか、心に迫るものがありました。(何かは分かりません。上質の童話・童謡のような迫り方? う〜んうまく言えない。)
1部終了後、今回の芸術監督・折田克子先生からは「枯れた作品」というような感想が聞かれましたが、僕には静かな穏やかな躍動感のようなものが感じられました。

第2部 中堅作家の変形空間への右脳運動 その1
■松永茂子作品  「日常へのメタファー」
出演 鈴木香菜子・・松永茂子
う〜ん、この作品は日常のメタファーです。(「への」ではなく「の」だと思う。)
母子関係があまりにも具象的で、以前も書きましたが何かを人の動き(ダンス・舞踊)で表現する場合、その何かが人以外でも難しいのに、日常生活をそこに登場する人で表現するというのは、ものすごく大変で難しく高度で難解なことだと思います。 僕が理解出来なかっただけかも知れませんが・・・
■松原佐紀子作品  「I am fighting」
出演 平岩佐和子・・松原佐紀子
平岩さんというボイスパフォーマーと松原さんの舞踊のコラボレーションでしたが、ボイスパフォーマーの迫力にダンサーが引っ張られているような、音(聴覚)と動き(視覚)に主従の関係が出来てしまったような感じがありました。
■井上恵美子作品  「春の柔らかな日差しは」
出演 岩永貴子・・天野美和子
舞台中央奥で1つの枕で寝ている女性。 まんがチックな感じかなと思っていたら・・・
ストップモーション・スローモーション・リフレインなど映画・映像的な手法を、カリカチュアライズされた表情で繋いだ楽しい作品でした。 観たことはないけど、歌舞伎の影響があるのかな?
「女の子独特の・・・」という形容詞が付きそうな作品でしたので、またまた同じことになりますが、テクニックですというのが分からない振りのほうが面白いのにと思いました。

その2
■時田ひとし作品  「KESHO」
出演 時田ひとし
2月28日にザ・ネリマ現代舞踊展で観た作品の再演でした。
う〜ん、ちょっとな〜という感じ。 
どうせならテクニックも音も振りも衣装もメイクも壊してしまった方が・・・
■アベ・レイ作品  「ふたり」  Solo Voice Performance
出演 アベ・レイ
ソロ・ボイスパフォーマンスです。
こういった現代芸術のような作品は、好みが合わないとつらい。
■稲葉厚子作品  「闇夜のカラスと真昼のこうもり」
出演 石崎礼子・・吉田栄子・・市川真由美・・五十嵐綾子・・稲葉厚子
舞台の広さを思い出して下さい。
この舞台でこの人数全員でこの動きはきつい。


観終わった直後の感想は「楽しかった!」でした。
前回はバレエ方面からモダン・コンテンポラリーへのアプローチで少し食傷気味でしたが、今回は現代舞踊そのままという感じで、しかもバラエティーに富んでおり楽しむことが出来ました。
この連続公演は9年ほど前から続いているとのことで、毎月1日か2日にティアラこうとう小ホール(п@03−5624−3333 )で行われています。
電話で問い合わせれば内容も分かると思いますので、時間があったらご覧になってはどうですか?
次回は、たぶんピナ!




NPO法人 NBAバレエ団 第6回コンテンポラリーダンシングセッション  
俳句へのイマジネーション
〜 2002年4月21日 なかのZERO 大ホール


ひさしぶりになかのZEROホールに行ってきました。
今回は「俳句へのイマジネーション」と題して、NBAバレエ団と他のジャンルのダンサーが「お題を頂いて」ダンスを創作するというものでした。
1部は一応コンテンポラリー・ダンス、2部は小品集、3部はNBAバレエ団の作品という構成になっていました。
全部で11作品が上演されましたが、俳句も面白いので題名(俳句)と簡単な感想を・・・
出演者が多かったので、出品(創作)者のみ記載させて頂きます。 (カッコの中は俳句の作者)

第1部
■月を笠に着て 遊ばばや 旅のそら (田上菊舎)
 出品 前田清美
 白いパンツスーツを着た女性の群舞だが、何故かワザトらしく見えるのは?
 30秒ほどの無音と単純なパーカッションのパートに見ごたえがありました。
■蛍来て ともす手相の 迷路かな (寺山修司)
 出品 三浦太紀
 女性二人のデュエットで、音響とダンスと照明をシンクロさせないことで、おもしろい効果があった。
 この構成・振付でバレエでなく、モダン・コンテンポラリーのテクニックで踊ってくれたら最高なのに・・・
 どうしてもプレパレーションやお決まりのポーズがうるさく感じてしまう。
 でも、今日の中ではほとんど一番好きでした。
■病む手もて 愛撫する妻 蝶と化す(ある愛・・・) (岸田稚魚)
 出品 榎本晴夫
 う〜ん、発表会
■やはらかに 金魚は網に さからひぬ (中村汀女)
 出品 上田仁美
 女性6人の群舞
 黄色とオレンジ色の衣装も美しく、たしかに金魚が泳いでいる様が見えました。
 モダンなのにジャズの構成法のように感じてしまったのは何故?
■不眠症 魚は遠い 海にいる (西東山鬼)
 出品 浅野つかさ
 女性6人の群舞が波を、別の1人のソロが鳥を現していたようです。
 この作品はソロでも良かったのではないかな〜
 どうも最近よく分からないのは、情景を人の動きで表現するのってどうなんでしょうか・・・
 でも、このソロの方は良く動きます。

第2部
■伸びる肉 ちぢまる肉や稼ぐ裸 (中村草田男) 〜 Nothing but meat 〜
 出品 池田素子
 とにかく、短い!
 この二人のダンサーは今日出演していた他のダンサーと異質で、動きの質の違いを感じました。
 動きの始まる点と終わる点、始まりから終わりにつながる経路が違って、良かったな〜
 短すぎたので少し消化不良の感もありましたが、再構成してもう一度観たい作品です。
 1部の蛍とあわせて今日の一番!
■碧揚羽 よるべの月に 舞い上る (石川雷児) 〜 NBAバレエ団作品 〜
 振付 執行伸宜
 蝶々の衣装を着た5人の群舞
 うまく出来ていると思います。
■花よりも 勿忘草といふ名 摘む (粟津松彩子) 〜 NBAバレエ団作品 〜
 振付 執行伸宜
 男女二人のパドゥドゥ
 う〜ん、なんでこの人がパドゥドゥなんだろう。 こういう作品でポアントが甘いのは命取りだと思う。
■霜柱 はがねのこえを はなちけり (石原八束) 〜 NBAバレエ団作品 〜
 振付 執行伸宜
 う〜ん、僕はダメです、こういうの。
 こういうのをバレエの人がやると、みんな身体の使い方が違ってちょっとイライラする。
■春の花 まばゆい程の 光かな 〜 オーディション出演者作品 〜
 振付 鈴木恵美子
 きちんと構成されたバレの作品で、安心して楽しめました。

第3部
■荒海や 佐渡によこたふ 天河 (松尾芭蕉) 〜 NBAバレエ団作品)
 振付 安達哲治
 椅子が沢山ならぶ舞台に、黒のパンツとキャミソールのような衣装の女性が10数名。
 男性のソロやデュエット、椅子を使ってのダンスと、なんだかジャズダンスのような構成。
 バレエの人がショーダンスをやっているようで、ふ〜んという感じ。
 綺麗にまとまっていて安心感もあるけど、迫力が出ないんですよね。
 特に男性はバレエのテクニックだけでは、動きの楽しさというか客席に迫る迫力が見えてこない気がします。

前回は「予定調和」だとか「現代舞踊という名の古典」だとか、言いたい放題でしたが、今回は少し解説もしてみました。
解説でも書いていますが、三浦太紀さんの蛍と池田素子さんの肉は面白かった。
他の作品は大きく分けて二つに分類できると思います。
一つは、発表会・習作という感じのものと、バレエやモダンのテクニックで作ったジャズダンス・ショーダンスというものです。(これはあくまで僕の個人的感想ですよ。)
ダンサーも振付の方々も一生懸命で文句をつけるつもりは全くありませんが、「ねらい」というか「目指すもの」というか「見せたいもの」が明確でないというか見えない気がします。
えらそうに言えば、たぶん、目的と方法がマッチングしていないんだと思います。 ホントニエラソウニ
(「目的=表現したいもの」「方法=テクニック」かな?)

でも、楽しかった、今度は何にしようかな。




------------------------- このページのトップへ戻る ---------------------

THE NERIMA ザ・ネリマ現代舞踊展
〜 2002年2月28日 練馬文化センターつつじホール 〜

施療を6時に切り上げて西武線に飛び乗り、ぎりぎりで練馬文化センターに飛び込みました。
ザ・ネリマ現代舞踊展は今回で既に17回を数え、練馬在住の舞踊家を中心にいくつかの小品の発表の場となっています。
僕も以前に2度ほど見に来たことがあり、また、自分自身もキョウヤ派(TOKYOZA=ジュンキョウヤ先生)と呼ばれていたスタジオでレッスンを受けていたこともあって、楽しみに見に行きました。

今回は2部に分かれ11作品が発表されていましたが、全てに感想を書くというより、全体を通して少し考えてしまったことがありましたので、それを載せてみたいと思います。
その前に、今回の発表作品名などを紹介します。(カッコ内は振付家名)

一部
1.故郷のうた (西村葵)
2.生命の輪舞(グエン・タン・ロク)
3.Oh my Good ! L miss you. (池田素子)
4.寂しい風景 ・月影・病葉(古荘妙子)
5.KESHO-続・止まらない感情-(時田ひとし)
6.月の舟-忘れられた風景-(石川須妹子)
二部
1.After THe Show(ジュンキョウヤ)
2.積む(ミチヨノグチ)
3.流れ行くままに PartU(藤里照子)
4.私のトポス(池内新子)
5.声なき声へのレクイエム(山田奈々子)  敬称略

ダンス・舞踊を見ると人は色々なことを言います。
「上手だった・へただった」「好きなおどり・嫌いなおどり」「きれいだった」「良かった・あんまりだった」「楽しかった」等など、それぞれに感想を持ちます。
他の人はわかりませんが、僕はダンスについては「うまいヘタ」ではなく「良い悪い」「好き嫌い」で見ているように思います。
そして良いものを見たと思ったときにはある共通点があります。
ひとつは「ダンサーが踊っている。」という場合と、「舞台の世界に引き込まれてしまう。」場合です。

ダンサーが踊っている?と疑問をお持ちの方も多いと思います。
ずいぶん昔になりますが、今回も作品を発表されていたジュンキョウヤ先生が、ゲネプロだかリハーサルで「君の踊りにはダンスがない。」とおっしゃったことがありました。
瞬間、目が点になった覚えがあります。
踊りにダンスがない?
キョウヤ先生がおっしゃっていた「ダンスがない」ということと、僕が考えている「ダンサーが踊っていない」ということは違うことを言っているようにも思いますが、どこかに共通点もあるように思います。
少なくとも、美しいポーズや衣装を見せるダンスには、僕の場合はあまり興味がないということです。
ダンサーが自分の身体の「動き」を見せてくれるときが一番楽しく元気になることが多いようです。

「舞台の世界に引き込まれる」というのは、一概にこんな時ということはありません。
舞踊の世界にも様々なコラボレーションや装置を駆使したものが沢山あります。
それらが、一つの世界観というかムードというか、「時間と空間を切り取った、非日常の何か」を見せてくれるとき、オッと言って身を乗り出しているように思います。

今回の舞台では、オッと言って身を乗り出したのは、実は数作品でした。
そして見終わった瞬間に頭の中に浮かんだ言葉は、「現代舞踊という名の古典?」でした。
古典が悪いと思っているわけではありませんが、表現手法を自分で決めたのならば、何を見せるのかということがもっとはっきりすれば良いのにと思ってしまいました。
(えらい先生が見ていないことを祈ります。)

皆、本当はどう思っているのかな?



番外編 : MoMA − ニューヨーク近代美術館名作展 −
〜 2002年1月12日(土) 上野の森美術館 〜


昨年のうちに前売り券を買っておいたMoMA展に上野まで行ってきました。
今回は番外編だから、絵に興味のない方は読み飛ばして下さい。
フジサンケイグループの販促のうまさなのか、マチスのダンス(第一作)が良かったからなのか、なにしろ見に行きたかったのです。
遠い昔、一度だけニューヨークに出かけたことがあり、その時に見たゴッホの「星月夜(月夜の糸杉の絵)」に吸付けられた記憶がよみがえって来ていたのです。

しかし、然し、シカシ、正直言って、あんまりオモシロクナカッタな〜!

入ってすぐの「オリーブの木(ゴッホ)」だって、照明の具合でか、色合いが死んでいるように見えたし、マチスのジャネットT〜D(彫刻)だって、なんで同じ題材だからといって年代順に並べる必要があるんだろう?
「コウヤッテ具象カラ抽象ニ変化シテイクノデスヨ・・・」という説明(押し付け?)が聞こえてくるようです。
展示してある作品もどういった脈絡で集められたのか良くわかりませんでした。
もちろんそれぞれにすばらしい作品だとは思うのですが、どうやって見せるかどう組み合わせるかということだって、作品を見る時の印象に大きく影響すると思うのです。
鮨屋のカウンターでおいしいアイスクリームとお抹茶と平目の縁側とトムヤムクンと日本そば出されたって、なんだかな〜ということになると思うのです。

でも、ま、好きなものは好きなものでやっぱり良いのですね。
さっきの鮨屋が本当にあったとして、やっぱり平目はいただいてしまうと思うんです。
ピカソの「マンドリンを持つ少女」はなんだか美しいし、マチスの「ダンス」や「男のモデル」はやっぱり、オッという感じがしました。

たまに美術展に行くのも、まあ良いものです。
しかし、出口外にある売店にあった、「MoMA絵馬」「MoMAお守り」というのは、どうなんでしょうか?
MoMAも許しているのかな〜
次回はたぶんダンスの舞台です。



Dance Perspective - 遠くて近い親子の距離を測る -
〜 2001年12月19日(水)赤坂・草月ホール 〜


友人の紹介で赤坂の草月ホールに出かけてきた。
ご存知のように草月ホールはこじんまりとした舞台を囲むように客席があり、ダンサーと観客の距離が近く、その息遣いや汗が直接感じられる僕の好きなホールでもある。
12月も半ばに入って寒さが厳しく、マフラーで首をグルグルまきにして、およそダンスをやっている者とは程遠い丸い背中でエントランスをくぐると、舞台の始まりを心待ちにしている客が列をなして並んでいた。
アットホームな雰囲気といった感じかな?と思いながら本番のベルをまった。
舞台の構成は前半3曲・後半3曲と等分にパートが決まっており、それぞれに個性的な内容になっていた。
1曲目から極私的な感想を少し・・・
( )内は今回出演の親子ダンサーの名前です。

「落涙」(横山慶子・横山真理) 振付・構成 横山慶子・横山真理
母を乗り越える娘を母の視点で描かれた作品と見たが、母の存在感が圧倒的で群舞がこれに負けているような印象を受けてしまった。

「マイ・ウェイ」(五十嵐瑠美子・五十嵐生野) 振付・構成 五十嵐生野
娘から見た母という視点で描かれた作品のようだったが、拍手のあるライブ音源で母のこれまでを総括してしまっても良いのかと思ったのは私だけではないと思う。

「2000通の手紙」(高瀬多佳子・高瀬譜希子) 振付・構成 高瀬多佳子
母が娘を見ている視点で作った作品(振付=母)だと思うが、構成、動きを見ていて最初は娘さんの作品だとばかり思い込んでいた。
ホリ幕をはずし会館の外からの登場は、一瞬時間を止めて観客をその世界に「引きずり込む」ということに充分成功していると思う。
目の前の男性が見えない娘、どこにいるのか分からない娘を追う男性、見えないもの同士が影響しあう関係というシチュエーションがコミカルでソフィスティケートされた動きで十二分に楽しい舞台だった。
最後に登場した方が母だと思うが、登場がなくても成立している作品だと思う。

「百代の森」(金井百枝・富士奈津子) 振付 金井百枝・池田素子(群舞) 構成 甘麻節
母から見た母(自分)の一生という印象を受ける作品。
独特の雰囲気に作品に入り込むのに時間が掛かったが、最後には韓国風の振付がいやみでなくなっていた。

「あなたへ・・・」(川村泉・川村真奈) 構成・振付 川村泉・川村真奈
自分(母)と母から見た娘という構成の作品。
前後半にブツリと途切れた印象を紙飛行機でつないでいるが、それぞれが別のダンサーという印象が強い作品だった。

「Who am I ?」(池内新子・池田素子) 構成・振付 池田素子
唯一母から見た娘という視点を娘が振付をしている作品のようにも見えたが、最終的にはレゾンデートルを探る人間存在を客観的に見た作品であったように思う。
上手にある水泡の出る透明の水槽は母の羊水を象徴して、娘である自分を子供に見立てるための演出であったが、母がそこに座ることで母もその羊水から生まれてきたということを現しているようにも見えた。
ダンスは力強く・やさしく・激しく・おだやかで、子供の中の大人・成人の中の幼児性を現しているようで、見ていてひさしぶりに力をもらってしまいました。
完成された作品という印象を受けました。

開高健が世界中の川に魚を釣りにいっていたころ、「サケは生まれた川に戻り、卵を産んで死に、卵から生まれた稚魚は川を下り海で越年し、また生まれた川に戻り、卵を産みそこで死にというくりかえしだ。太古から綿々とつながる生の連鎖だ、輪廻転生だ。」というようなことを酔って言っていたことを思い出した。

さて次回は何を見に行こうかな・・・



ローザス/ドラミング 
〜2001年6月3日(日)彩の国さいたま芸術劇場大ホール 〜

ずいぶん前になるが、入梅前の夏日ということで空はピーカン、ひさしぶりにローザスを観るには良い(!?)気候だった。
少し蒸し暑いくらいの外から会場の中に入ると、劇場独特の深く広いすこしヒンヤリとした空間が広がっていた。
舞台に緞帳・袖幕はなく開始のベルが鳴る前からダンサーが袖に立ったり座ったりしている。ちょっとありがちかななどど思いながら本番が始まるのを待った。

突然始まった本番の舞台は最初少し入り込みにくかったが、これは自分自身がダンスの舞台をひさしぶりに観るからなのかもしれない。
前回、5年程前に渋谷で"ローザス・ダンス・ローザス"を観て以来、すっかりケースマイケルに惚れ込んでしまった僕としては、ダンサー達の動きに身を乗り出していくのにさして時間はかからなかった。
振付けは「偶然から必然」「「必然から必然」「動きが動きを生み」「流れが流れを作っていく」という自分自身の好きなパターンになっていくことに気が付く。
いつも思うことだが、1960年生まれのケースマイケルは,同時代に生きている人の振付けだからか分かりやすく感じてしまう。
スピード感とダンサーの位置関係が心地よい、半ばに見せたストップモーションの多いユニゾンにもすっかりはまってしまった。
いくつかのテーマ・モチーフを使い、個人の流れと複数のダンサーの流れ、全体の流れがバラバラに動いているようで何かひとつの法則性をもって組み立てられている。
やはりこの人のもっているバランスというか、作り出すダンサーの流れ・構成は、黄金分割にはないあやうい調和を持っているようで、素直に観ていて楽しめるものであった。
しかし一時間近くも走りつづけ飛びつづけるダンサーの体力には、さすがに驚かされた今日この頃でした。
本番の舞台を観ていない人にはわかりにくい解説かもしれませんが、ローザスに感動したことだけはわかってもらいたいと思います。

------------------------- このページのトップへ戻る ---------------------


●ダンス関係のトップページに戻る(ダンスをこよなく愛するあなたへ)
●トップページに戻る