てあて整体院 アレクサンダー・テクニーク



ダンスをこよなく
愛するあなたへTOP



がんばれ整体
する人される人TOP











お問合せはこちらまで
e-mail : teate@nifty.com


 アレクサンダー・テクニークは『自分の使い方』です。
 何かをするためのノウハウや手順ではなく、その何かをする体や心の使い方です。
 だからどんなことにも応用が出来ます。

 何かをする時に力が入ってしまうとか、変なクセがついているとか。
 アレクサンダー・テクニークを知り使うことで、普段身体を使っている時のやりにさ
 や使いづらさが少しやりやすく使いやすくなるかもしれません。
 欧米ではダンス・バレエや楽器演奏・俳優業など、身体を使う芸術(パフォーミング
 ・アーツ系)の教育機関では必須の課目となっています。 

 ・趣味のダンスで肩や首に力が入ってしまう。
 ・バイオリンを弾くと肩が凝ってしまうと。
 ・歩き方が変だと言われた。
 ・どうしても猫背が治らない。
 ・人前で話すと緊張してしまって上手く話せない。
 ・いつも肩に力が入る。
 ・すぐにイライラする。
 ・姿勢がよくない  などなど

 そんな方々が受けに来てくれています。
 身体のことで上手くいかない事を感じている人は、てあて整体院に問合せ下さい。

 【 てあて整体院 】

 東京 : 東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
 名古屋 : 愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
 問合 : teate@nifty.com 03-3922-7230


 アレクサンダー・テクニークで何をする!?

 自分の使い方と言っても漠然としてますね。
 実際にはどんなことをするのか。

 ハンズオン・ワーク
 身体に手で軽く触れます。
 肩口や首や頭や胴体や腰や脚・足など、様々な部位に触れることで自分の身体を
 感じてもらいます。
 自分の身体を感じることで、無駄な力や動きを感じてもらいます。
 
 ボディ・マッピング
 身体を外から見た時と実際の骨格や筋肉は違っていることがあります。
 それまでのイメージを新しいイメージに変えることで、より動きやすい身体を取り戻
 します。

 アクティビティー
 楽器を弾いている方なら演奏、ダンサーならダンス、上手くいかないことがあるのなら
 その上手く行かないことなど、問題となっている動きをテーマに、アレクサンダー・テク
 ニークを使って無駄な力や動きを止めてみることをやってみます。
 また、全く違う動きの中から、目的の動きのヒントを得るような方法もあります。
 実際に動きながら試しながら出来るので、やっていて楽しく遊びのようなワークです。

 その他にも時々にその人にあった方法を考えながら進めて行きます、。


 どんな人が受けるのか。

 アレクサンダー・テクニークは自分の使い方なので、どんな人でもどんなコトでも
 使うことが出来ます。
 音楽家やダンサーや俳優さんだけのものではなく、どんな人でどんな時でも使え
 ると言うことです。

 ・料理をする時の体の使い方
 ・座る時の体の使い方
 ・パソコンを打つ時の体の使い方
 ・立っている時の体の使い方
 ・人前で話す時の自分の(体の)使い方
 ・楽器演奏をする時の体の使い方
 ・ダンスをする時の体の使い方
 ・舞台で演じる時の体の使い方

 アレクサンダーさんは我々の存在は心と体が結びついたものだと言っています。
 体の動かし方だけでなく、考え方のクセなども体の動きや行動に繋がっている
 可能性があります。
 クセを見つけることで、クセのない本来の自分の動きや考え方を浮かび上がら
 せることが出来るようになります。

 上手く出来ないことを普通に出来るように、普通に出来ることを上手く出来るように
 なりたい方に受けて頂きたいと思います。
 

 

 ・海外でアレクサンダー・テクニークを取り入れている学校など

 ジュリアード音楽院
 ニューヨーク・アクターズ・スタジオ
 ワシントン大学
 英国王立演劇アカデミー
 ロンドン音楽演劇学院
 オーストラリア国立演劇学院 など


 ・アレクサンダー・テクニークを学んだことのある方々

 ポール・ニューマン(アカデミー主演男優賞 受賞俳優)
 ポール・マッカトニー(ミュージシャン)
 キアヌ・リーブス(俳優)
 スティング (ミュージシャン)
 ニコラス・ティンバーゲン(ノーベル医学生理学賞受賞 動物行動学者)
 鈴木重子 (日本ジャズヴォーカル大賞・新人賞 歌手)
 ロビン・ウィリアムズ(アカデミー助演男優賞受賞 俳優)
 ジョージ・バーナード・ショウ (ノーベル文学賞,アカデミー脚本賞受賞 劇作家)

 日本ではまだまだメジャーとは言えませんが、世界では確実に広まっています。


 レッスン風景

アレクサンダー・テクニークでは指導する人を教師、受ける人を生徒さんと呼びます。
整体のようなセラピー(施術)ではなく、元々備わっている動きの質を取り戻す教育
と考えています。
と言うことで、アレクサンダー・テクニークを受けることをレッスンを受けると言います。

ハンズオン・ワーク




ダンサーの生徒さん


ピアニストの生徒さん


バイオリニストの生徒さん


ヨガの先生


バレエの先生 グループ


『踊る人のためのアレクサンダー』グループレッスン


 
 アレクサンダー教師って?

 アレクサンダー教師になるには、国際的な基準を満たした教育が必要です。
 4年間1600時間を目安としたスクールが日本にも幾つかありますが、荒木は
 アレクサンダー・テクニーク東京スクール(アレクサンダー・アライアンス東京校)
 で、ディレクターの石坪佐季子さんを始めマーサ・ファートマンさん、ブルース・
 ファートマンさん、ロビン・アバロンさん、新海みどりさん、スーザン・シンクレア
 さんを始めとする多くの先生から学び、2014年にアレクサンダー教師として
 認定されました。

 現在もワークショップなどに積極的に参加して、スキルと自分自身をシンプルに
 する努力をしています。

 現在NHK文化センター光が丘でのクラスを持ち、グループレッスンの指導も
 行っています。
 ( 詳しくはコチラ >>> )
 日本では数少ないアレクサンダー教師として、この素晴らしいメソドを伝え広めて
 行くことはとても光栄なことだと思っています。

 
 姿勢の教室 モニター

バレエ指導をしている女性




初回の感想

立位での姿勢を直して頂いた後、いつもよりかなり後方に重心がある感覚。
同時に内転筋・腸腰筋が上に引き上げられているのがよくわかる。
体のどの部分にも緊張がなく、骨盤が浮遊しているような感じで、いつもより身長が伸びたんじゃないか?と思った。
その姿勢を保ったまま歩くと、脚が勝手に前に出る感覚でとても軽い。
上下の運動がいつもより少ないような感じで、水の上をスーッと移動しているような感覚。
マッピングで骨の位置を明確にイメージすることで、姿勢を無理なく意識することが出来た。

3回終了しての感想

身体に軽く触れられているだけ。
それだけで、身体が少しずつ変化していく。
ネジがキュルキュル〜と緩むように筋肉が緩んだり・・・
空気入れでシュッシュッ!!と関節に空気を入れられるように。
改めて「身体はすごい!!おもしろい!!」と思いました。

私の姿勢のクセ・意識しにくい身体の部位なども明確に把握できました。
モニターが終わってからも、気がついた時に レッスンで導いていただいた姿勢を感じるようにしています。

************************************
初回にあるように「姿勢を直す」と言うことはありません。
でも、そう感じることは良くあることです。
とても感覚の鋭い方で、少し触れるだけで大きな変化があり、それを感じてもらえたようです。
************************************

●ダンス関係のトップページに戻る
●トップページに戻る